Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイドIBM Lotus Domino版 Release 5.x
ブロードキャスト メッセージの設定
ブロードキャスト メッセージの設定
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ブロードキャスト メッセージの設定

システム ブロードキャスト メッセージの概要

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者へのアクセスを設定および提供するためのタスク リスト

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者の設定

ユーザによるシステム ブロードキャスト メッセージの送信および更新の有効化

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者と Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者ツールを使用したメッセージ ブロードキャスト メッセージの送信と管理

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者について

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者ツールについて

ブロードキャスト メッセージの設定

システム ブロードキャスト メッセージは、組織内のすべてのユーザ(または組織内の特定のロケーション)に送信される録音済みの通知です。Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用してユーザがブロードキャスト メッセージを送信および更新できるようにするかどうかを指定します。デフォルトでは、Cisco Unity ユーザは Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用できるようには設定されていません。

この章は、次の項で構成されています。

「システム ブロードキャスト メッセージの概要」

「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者へのアクセスを設定および提供するためのタスク リスト」

「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者の設定」

「ユーザによるシステム ブロードキャスト メッセージの送信および更新の有効化」

「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者と Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者ツールを使用したメッセージ ブロードキャスト メッセージの送信と管理」

システム ブロードキャスト メッセージの概要

システム ブロードキャスト メッセージは、標準のボイス メッセージに似ているように思われる場合がありますが、大規模な同報リストに送信されるだけのボイス メッセージではありません。システム ブロードキャスト メッセージは、次の方法で一意になります。

システム ブロードキャスト メッセージは、ユーザが電話から Cisco Unity にログオンした直後に再生されます。この再生は、新規および開封済みメッセージの件数が再生される前に行われます。ログオンすると、システム ブロードキャスト メッセージの件数がユーザに再生され、Cisco Unity がメッセージを再生し始めます。

システム ブロードキャスト メッセージごとに、送信者は、Cisco Unity がメッセージをブロードキャストする期間を指定します。システム ブロードキャスト メッセージの「アクティブ」な期間として、1 日、1 週間、1 か月、または無期限のいずれかを指定できます。ユーザに再生されるシステム ブロードキャスト メッセージは、ユーザが Cisco Unity にログオンした時点でアクティブになっているものだけです。

ユーザは、システム ブロードキャスト メッセージ全体を聞いた場合に限り、Cisco Unity で新規および開封済みのメッセージを聞くことや、設定オプションを変更することが可能になります。システム ブロードキャスト メッセージを早送りまたはスキップすることはできません。

システム ブロードキャスト メッセージ全体が再生される前に電話を切った場合は、ユーザが次回電話から Cisco Unity にログオンしたときに、メッセージがもう一度再生されます(ただし、メッセージがまだアクティブになっている場合)。

システム ブロードキャスト メッセージの再生が終了したら、ユーザはメッセージを繰り返し再生するか、完全に削除することができます。システム ブロードキャスト メッセージに対して応答、転送、または保存を行うことはできません。

ユーザが受信できるシステム ブロードキャスト メッセージの数に制限はありません。

メールボックスのサイズ制限を超えたために他のメッセージを受信できなくなった場合でも、システム ブロードキャスト メッセージは受信されます。Cisco Unity サーバ上でのメッセージの保管方法が異なるため、このメッセージは各ユーザのメールボックスのサイズ合計には含まれません。

新しいユーザが Cisco Unity ユーザとして登録されると、すぐにアクティブなブロードキャスト メッセージがユーザに再生されます。

システム ブロードキャスト メッセージによって、ユーザの電話機のメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)が点灯することはありません。また、ユーザが受話器を取り上げたときに、特有のダイヤル トーンによって新しいメッセージの到着が通知されることもありません。さらに、ポケットベルや別の電話機などの代替デバイスへのメッセージ通知がトリガーされることもありません。

ユニファイド メッセージ ユーザがシステム ブロードキャスト メッセージを電子メール受信ボックスに受信することはありません。

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者へのアクセスを設定および提供するためのタスク リスト

次のタスク リストを使用して、ブロードキャスト メッセージを設定します。

1. Cisco Unity サーバごとに、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を設定します。「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者の設定」を参照してください。

2. (オプション) Cisco Unity サーバごとに Advanced Settings ツールを使用して、次の項目を指定します。

システム ブロードキャスト メッセージの最大録音時間。デフォルトでは、メッセージの最大録音時間は 3,600,000 ミリ秒(60 分)です。この設定は、[Conversation--System Broadcast Message Maximum Recording Length]です。

Cisco Unity がユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを再生するときの順序。デフォルトでは、最も古いメッセージが最初に再生されます。この設定は、[Conversation--System Broadcast Message Playback Order]です。

Cisco Unity が期限切れのシステム ブロードキャスト メッセージをサーバ上に残す期間。デフォルトでは、Cisco Unity はメッセージに関連付けられた WAV ファイルとすべてのデータを、有効期限から 30 日後に削除します。この設定は、[Conversation--System Broadcast Message Retention Period]です。

ユーザが有効期限を指定しない場合にシステム ブロードキャスト メッセージがアクティブになる日数。デフォルトは 30 日です。この設定は、[Conversation--System Broadcast Message Default Active Days]です。

Cisco Unity が新しいシステム ブロードキャスト メッセージを確認する頻度。デフォルトでは、Cisco Unity は 5 分ごとに新しいメッセージを確認します。この設定は、[Conversation--System Broadcast Message Check Frequency]です。

設定ごとの詳細については、Advanced Settings のヘルプを参照してください。Advanced Settings ツールは、Tools Depot から利用できます。

3. ユーザがシステム ブロードキャスト メッセージを送信できるように設定します。「ユーザによるシステム ブロードキャスト メッセージの送信および更新の有効化」を参照してください。

4. 該当するユーザに、システム ブロードキャスト メッセージの送信と管理用の 2 つのツールへのアクセス方法と使用方法を通知します。「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者と Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者ツールを使用したメッセージ ブロードキャスト メッセージの送信と管理」を参照してください。

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者の設定

システム ブロードキャスト メッセージを送信する場合、Cisco Unity ユーザは、システム ブロードキャスト メッセージの送信と更新を行うための特別なカンバセーションである Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者にログオンする必要があります。Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者へのアクセス権をユーザに与えるには、次のいずれかの方法を使用します。

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者にユーザを転送するためのコール ハンドラを作成する :新しいコール ハンドラを作成して、一意の内線番号を割り当て、グリーティング再生後操作として Cisco Unity がブロードキャスト メッセージ管理者にユーザを転送するように指定できます。ユーザを迅速かつシームレスに転送するには、コール ハンドラに対して空白のグリーティングを選択します。

詳細については、「コール ハンドラの作成と修正」を参照してください。

キーをブロードキャスト メッセージ管理者にマッピングするカスタム キーパッド マッピング カンバセーションを設定し、メイン メニューでユーザに提供する :Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用して、メイン メニューでユーザに提供されるオプションにブロードキャスト メッセージ管理者を追加できます。その後、カスタム キーパッド マッピング カンバセーションを使用するようにユーザ アカウントを設定します。

詳細については、「Custom Keypad Mapping ユーティリティによるカンバセーションのカスタマイズ」を参照してください。

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者をグリーティングからの短縮ダイヤル オプションとして提供する :発信者がグリーティングの途中で特定のキーを押したときに Cisco Unity が発信者をブロードキャスト メッセージ管理者に転送するように指定できます(任意のコール ハンドラまたはユーザ グリーティングの[発信者の入力]ページ)。たとえば、ユーザがオープニング グリーティングまたは独自のグリーティングの途中で特定のキーを押したときに Cisco Unity が発信者を Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者に転送するように指定できます。

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者にアクセスするための短縮ダイヤル オプションを設定するには、コール ハンドラの発信者の入力設定を使用して、コール ハンドラ グリーティングの途中で発信者が指定されたキーを押したときに、発信者をブロードキャスト メッセージ管理者通話に転送します。次に、適切なグリーティングで発信者の入力を有効にします。オプションで、コール ハンドラ グリーティングで発信者が押すことのできるキーを通知するグリーティングを(再)録音できます(たとえば、「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者については、3 を押してください」)。

特別な「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者」の電話番号と着信サービスを設定する :電話システムのドキュメントを参照して、新しい電話番号を設定します。次に、Cisco Unity システム管理の[通話管理]>[着信サービス]>[一般の着信]ページで、この新しい番号に着信したすべての通話をブロードキャスト メッセージ管理者通話に転送する着信サービスを作成します。システム ブロードキャスト メッセージを送信および更新できるように設定された発信者に、新しい番号を通知します。

着信サービスの設定の詳細については、「着信サービスの作成と修正」を参照してください。

ユーザによるシステム ブロードキャスト メッセージの送信および更新の有効化

システム ブロードキャスト メッセージは時間に依存しやすい重要な情報を一度に多数のユーザに伝達するように設計されているため、Cisco Unity ユーザが Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用できるのは、Cisco Unity システム管理で使用が許可されている場合だけです。デフォルトでは、Cisco Unity ユーザは Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用して、システム ブロードキャスト メッセージを送信または更新できるようには設定されていません。

Cisco Unity システム管理では、ローカル Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザに対するシステム ブロードキャスト メッセージをユーザが送信および更新できるように設定するかどうかを指定できます。既存のユーザ グループがシステム ブロードキャスト メッセージを送信できるように設定する場合は、Tools Depot で利用できる Bulk Edit ツールを使用します。

システム ブロードキャスト メッセージの送信をどの Cisco Unity ユーザに許可するかを指定する場合、およびローカル Cisco Unity サーバに保管されているメッセージの更新をユーザに要求するかどうかを指定する場合は、社内のユーザがシステム ブロードキャスト メッセージを使用する方法を検討してください。たとえば、Cisco Unity システム管理者として、新しいシステム上のユーザに初期メッセージを送信することや、すべての Cisco Unity ユーザに自分の電話パスワードを変更するよう要求することができます。また、システム ブロードキャスト メッセージは、Cisco Unity 機能の使用方法をユーザにトレーニングする手段として、またはアップグレード後の Cisco Unity の変更点の要約を示す手段として使用することもできます。また、他の Cisco Unity ユーザ(ネットワーク管理者、経営幹部、人事部職員、および運営管理者など)も、システム ブロードキャスト メッセージを送信して、特定のロケーションのネットワーク停止計画、組織全体の目標と人事異動、支社の休日、セキュリティ警告などを通知することができます。

ユーザがシステム ブロードキャスト メッセージを送信および更新できるように設定するには、次の手順を使用します。

システム ブロードキャスト メッセージの送信と更新をユーザ グループに許可するには、
「ユーザ テンプレートにおいてシステム ブロードキャスト メッセージの送信および更新を有効にする」を実行します。テンプレートの設定を変更しても、そのテンプレートに基づく既存のユーザ アカウントは影響を受けず、テンプレートの設定の更新後に作成するアカウントのユーザだけが影響を受けることに注意してください。

システム ブロードキャスト メッセージの送信と更新を既存のユーザに許可するには、「既存のユーザによるシステム ブロードキャスト メッセージの送信および更新を有効にする」を実行します。または、一度に複数のユーザ アカウントを変更する場合は、Tools Depot の Bulk Edit ユーティリティを使用することもできます。詳細については、Bulk Edit ユーティリティのヘルプを参照してください。

ユーザ テンプレートにおいてシステム ブロードキャスト メッセージの送信および更新を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [ユーザ]>[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。

ステップ 2 [機能] ページを参照します。

ステップ 3 [ブロードキャスト メッセージ]で、適切なチェックボックスをオンにします。

[ユーザは、このサーバ上のユーザにブロードキャスト メッセージを送信できる] :このチェックボックスをオンにすると、ローカル Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザに、ユーザがシステム ブロードキャスト メッセージを送信できるようになります。

[ユーザは、サーバに保管されたブロードキャスト メッセージを更新できる] :このチェックボックスをオンにすると、ローカル Cisco Unity サーバに保管されているシステム ブロードキャスト メッセージを、ユーザが編集できるようになります。また、このチェックボックスをオンにすると、ユーザがローカル Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを送信することも可能になります。

ステップ 4 [保存] アイコンをクリックします。


 

既存のユーザによるシステム ブロードキャスト メッセージの送信および更新を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [ユーザ]>[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。

ステップ 2 [機能] ページを参照します。

ステップ 3 [ブロードキャスト メッセージ]で、適切なチェックボックスをオンにします。

[ユーザは、このサーバ上のユーザにブロードキャスト メッセージを送信できる] :このチェックボックスをオンにすると、ローカル Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザに、ユーザがブロードキャスト メッセージを送信できるようになります。

[ユーザは、サーバに保管されたブロードキャスト メッセージを更新できる] :このチェックボックスをオンにすると、ローカル Cisco Unity サーバに保管されているシステム ブロードキャスト メッセージを、ユーザが編集できるようになります。また、このチェックボックスをオンにすると、ユーザがローカル Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを送信することも可能になります。

ステップ 4 [保存] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者と Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者ツールを使用したメッセージ ブロードキャスト メッセージの送信と管理

この項では、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者(電話機でブロードキャスト メッセージの送信と管理が行える特別なカンバセーション)と、ブロードキャスト メッセージ管理者ツール(ローカル Cisco Unity サーバ用のシステム ブロードキャスト メッセージの送信と管理が行えるグラフィカル インターフェイスを備えたツール)の使用方法について説明します。

次の各項を参照してください。

「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者について」

「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者ツールについて」

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者について

システム ブロードキャスト メッセージを送信できるように設定されたユーザは、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用して、次のタスクを実行できます。

システム ブロードキャスト メッセージを録音および送信する。システム ブロードキャスト メッセージを送信する前にユーザが電話を切った場合や切断された場合、Cisco Unity は録音を削除します。

システム ブロードキャスト メッセージがアクティブになる時期と期間を定義する。ユーザが特に指定しない限り、各メッセージは、ただちにブロードキャストされるように設定され、さらに 30 日間アクティブになるように設定されます。ユーザは、メッセージをブロードキャストする日時を事前に(最大で 1 年前から)設定できます。また、システム ブロードキャスト メッセージの「アクティブ」な期間として、1 日、1 週間、1 か月、または無期限のいずれかを指定できます。日時は、メッセージを受信するユーザのタイム ゾーンではなく、送信するユーザのタイム ゾーンを反映します。


) システム ブロードキャスト メッセージの配信が失敗した場合、メッセージを送信したユーザは不達確認(NDR)を受信します。NDR は、配信が失敗したこと、および失敗した理由(判明した場合)を示します。ただし、他のボイス メッセージの送信プロセスとは異なり、NDR の再生後にユーザがシステム ブロードキャスト メッセージを再送信することはできません。代わりに、ユーザは Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者にログオンし、メッセージを再録音してからもう一度送信する必要があります。


システム ブロードキャスト メッセージを更新できるように設定されたユーザは、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用して、ローカル Cisco Unity サーバ上で次のタスクを実行できます。

アクティブなメッセージを確認する。アクティブなメッセージが複数存在する場合、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者では、開始日時に基づいて最新のメッセージから順に再生されます。

アクティブなメッセージの終了日時を変更する。

将来のメッセージの録音を変更または追加する。Cisco Unity では、メッセージに情報を追加する場合でもメッセージ合計長の制限が適用されます。

将来のメッセージの開始日時と終了日時を変更する。ユーザが開始日時を変更し、終了日時を変更しなかった場合、終了日時が自動的に調整されることはありません。

アクティブなメッセージと将来のメッセージを削除する。Cisco Unity では、どのユーザがアクティブなメッセージをすでに再生したかは報告されません。

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者ツールについて

ブロードキャスト メッセージ管理者ツールのグラフィカル インターフェイスを使用すると、新しいシステム ブロードキャスト メッセージの録音とスケジュールの指定、アクティブなシステム ブロードキャスト メッセージの再生とどのユーザがその再生をしたかの確認、およびシステム ブロードキャスト メッセージの削除が簡単に行えます。このツールを使用するためにサービス クラス権限は必要ありませんが、管理者は Cisco Unity サーバにログオンする必要があります。

このツールは Tools Depot から利用できます。使用方法については、ブロードキャスト メッセージ管理者ツールのヘルプを参照してください。