Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイドIBM Lotus Domino版 Release 5.x
サービス クラスで制御されるカンバ セーション設定の管理
サービス クラスで制御されるカンバセーション設定の管理
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

サービス クラスで制御されるカンバセーション設定の管理

Live Reply の有効化

グリーティング後の録音再生の有効化

サービス クラスで制御されるカンバセーション設定の管理

この章は、次の項で構成されています。

「Live Reply の有効化」

「グリーティング後の録音再生の有効化」

Live Reply の有効化

Live Reply が有効な場合、電話でメッセージを聞いているユーザは、4-4 を押して Cisco Unity がユーザを呼び出すようにすることで、ユーザ メッセージに応答できます(オプション カンバセーション 1 を使用しているユーザは、8-8 を押すと Live Reply を使用できます)。シングル サーバ インストールの場合、Cisco Unity は、メッセージを残したユーザの[電話の転送先]設定が、内線番号または別の番号の呼び出しに設定されている場合に限り、メッセージを残したユーザの内線番号をダイヤルします([電話の転送先]フィールドは、Cisco Unity システム管理の[ユーザ]>[ユーザ]>[着信転送]ページにあります)。また、メッセージを残したユーザの着信転送設定では、ユーザの電話が通話中の場合の Cisco Unity の動作や、Cisco Unity で通話スクリーニングを行うかどうかを指定します。

ユーザが Live Reply 機能を使用してユーザに折り返し電話をかけて、通話相手のユーザにメッセージを残した場合、Cisco Unity は発信者番号を使用してメッセージの発信元を識別します。つまり、Cisco Unity がメッセージの発信元を正しく識別できるのは、ユーザが各自の内線から Live Reply を使用した場合に限られます。ユーザが別の電話機から Live Reply を使用し、ユーザにメッセージを残した場合、Cisco Unity はメッセージの発信元を正しく識別しません。メッセージを残したユーザが Cisco Unity にログオンしていた場合でも、Cisco Unity はメッセージの発信元が「身元不明発信者」であると通知する可能性があります。


) デフォルトでは、Live Reply は同じ Cisco Unity サーバ上のユーザに制限されます。ネットワーク接続された複数の Cisco Unity サーバがインストールされている場合、別の Cisco Unity サーバ上のユーザへの Live Reply を有効にするには、追加の設定手順が必要になります。詳細については、該当する『Cisco Unity のネットワーク機能』の「デジタル ネットワーク」の章の「同一ダイヤル ドメイン内の Cisco Unity サーバ間での Live Reply の有効化(オプション)」の項を参照してください。このガイドは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_feature_guides_list.html から入手可能です。


Live Reply 機能が有効な場合でも Cisco Unity の主要電話メニューで Live Reply オプションが案内されないため、この機能を有効にする場合はユーザに知らせることをお勧めします。この機能については、Cisco Unity 電話通話のヘルプ メニュー、『 Cisco Unity ユーザ ガイド 』、および『 Cisco Unity 電話メニュー 』を参照してください。

グリーティング後の録音再生の有効化

サービス クラス(COS)に割り当てられているユーザに発信者がメッセージを残そうとしたとき、Cisco Unity で何らかの録音内容を事前に再生するかどうかを指定するには、Cisco Unity システム管理で、該当する[ユーザ]>[サービス クラス]>[グリーティング]ページの設定を使用します。発信者に再生する内容は、ページ上の Media Master コントロール バーを使用して、COS ごとに録音できます。また、すべての発信者に再生するか、身元不明発信者のみに再生するかを指定できます。発信者は、ユーザ グリーティングおよびコール ハンドラ グリーティングについては # を押してスキップできますが、「グリーティング後の録音再生」はスキップできません。

Cisco Unity でグリーティング後の録音再生が有効になっている場合、ユーザ グリーティングの直後に、発信者に対して録音が再生されます。これには、ユーザのどのパーソナル グリーティングが有効になっているかは関係しません。コール ハンドラがメッセージを受け付けるように設定されていて、コール ハンドラのメッセージ受信者が、録音が有効になっている COS に割り当てられているユーザである場合、グリーティング後の録音再生はコール ハンドラ グリーティングの後にも実行されます(コール ハンドラの所有者に割り当てられている COS は、録音が再生されるかどうかには影響しません)。

グリーティング後の録音再生機能は、デフォルトではすべてのサービス クラスで無効になっています。組織に応じて、および各 COS に割り当てられるユーザ アカウントのタイプに応じて、いくつかのサービス クラスでこの機能を有効にすることを検討してください。たとえば、特定のユーザ グループ(営業チーム、テクニカル サポート グループ、人事部など)に電話をかけた人に対して、録音が再生されるようにします。COS ごとに、それぞれ別の録音を作成することができます。特定の発信者を対象として、必要に応じて適切な言語を使用できます。録音の長さは、最長で 90 秒です。

たとえば、特定の COS でグリーティング後の録音再生を有効にして、個人情報の保護方針を伝えることや、メッセージへの返信がいつ頃になるかを発信者に通知することができます。また、メッセージを残そうとする発信者に対して、連絡先、送り状番号、ポリシー番号などの情報を含めるように依頼できます。逆に、法律上またはセキュリティ上、メッセージに含めてはならない情報(パスワードや金融取引の依頼など)をユーザに通知することができます。

次の場合、グリーティング後の録音再生は実行されません。

コール ハンドラのメッセージ受信者が、同報リストに割り当てられている。

ユーザが他のユーザにメッセージを送信、返信、または転送する場合に、ユーザ グリーティングの再生中にユーザがユーザの内線番号に電話をかけて、Cisco Unity にログオンし、メッセージを残す。


) 既存の COS に基づいて新しい COS を作成する場合、新しい COS には、グリーティング後の録音再生に関する設定が継承されますが、録音自体は継承されません。


サービス クラスでグリーティング後の録音再生を有効にするには、次の手順を実行します。この機能を新しい COS と既存の COS のどちらで有効にするかにかかわらず、テスト ユーザ アカウントが割り当てられている新しい COS でこの機能を有効にして、機能をテストすることを検討してください。テストを実施することで、テスト ユーザに電話をかけて、グリーティング後に録音がどのように再生されるかを確認し、発言内容を調整することができます。

サービス クラスでグリーティング後の録音再生を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当する [ユーザ]>[サービス クラス]>[グリーティング] ページに移動します。

ステップ 2 [グリーティング再生後、発信者がメッセージを残す前に録音を再生する]セクションで、次のいずれかのオプションを選択して機能を有効にし、どの発信者に録音を再生するかを指定します。

[不明な発信者にのみ録音を再生する] :外部発信者、および Cisco Unity にログオンしていない状態で外部の電話機から(またはユーザ アカウントに関連付けられていない電話機から)電話をかけたユーザは、ユーザまたはコール ハンドラのグリーティングを聞いた後、録音を聞いてからメッセージを残します。

[すべての発信者に録音を再生する] :ユーザおよび外部発信者は、ユーザまたはコール ハンドラのグリーティングを聞いた後、録音を聞いてからメッセージを残します。

ステップ 3 Media Master コントロール バーを使用して、発信者に再生する内容を録音します。または、既存の WAV ファイルを録音として指定します。

録音済みの WAV ファイルを録音として使用するには、Media Master コントロール バーのオプション メニューにある[コピー]または[ファイルからのコピー]オプションを使用します。

ステップ 4 [保存] アイコンをクリックします。