Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイドIBM Lotus Domino版 Release 5.x
Cisco Unity カンバセーションの概要
Cisco Unity カンバセーションの概要
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity カンバセーションの概要

Cisco Unity のカンバセーションをカスタマイズする方法の概要

ユーザが Cisco Unity カンバセーションをカスタマイズする方法の概要

Custom Keypad Mapping ユーティリティによるカンバセーションのカスタマイズ

ユーザへの「クイック メッセージ」オプションの提供

メッセージに緊急または標準のマークを付けて優先レベルを変更するオプションのユーザへの提供

スタック内の最初または最後のメッセージに移動するオプションのユーザへの提供

ユーザの設定オプション メニューのカスタマイズ

メイン メニューでの追加オプションの提供

デフォルトのメッセージ再生速度に戻すオプションの提供

Cisco Unity カンバセーションの概要

発信者が電話で Cisco Unity にアクセスすると、あらかじめ録音されている説明とオプションのセットが再生されます。このセットは Cisco Unity カンバセーション、または TUI(Telephone User Interface)と呼ばれます。身元不明発信者には、身元不明発信者カンバセーションが再生されます。このカンバセーションを聞いた発信者は、Cisco Unity 自動受付へのアクセス、宛先検索サービスを使用したユーザ検索、着信サービス オプションの使用、およびオーディオ テキスト メッセージの再生を行うことができます。ユーザには、ユーザ カンバセーションが再生されます。このカンバセーションを聞いたユーザは、Cisco Unity へのログオン、新規ユーザ登録、メッセージの送受信、グリーティングの録音、および個人用設定の変更を行うことができます。

この章は、次の項で構成されています。

「Cisco Unity のカンバセーションをカスタマイズする方法の概要」

「ユーザが Cisco Unity カンバセーションをカスタマイズする方法の概要」

「Custom Keypad Mapping ユーティリティによるカンバセーションのカスタマイズ」

Cisco Unity のカンバセーションをカスタマイズする方法の概要

ユーザおよび身元不明発信者に再生されるカンバセーションをカスタマイズする方法は、いくつかあります。

ブロードキャスト メッセージ :ユーザが Cisco Unity を使用して次のタスクを実行できるように指定します。

同じサーバ上の他のユーザにブロードキャスト メッセージを送信する。

ローカル サーバに保管されている録音済みのブロードキャスト メッセージを更新する。

デフォルトはオフになっています。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

コール ハンドラ :あらかじめ定義されたコール ハンドラのカスタマイズ、または独自のコール ハンドラの作成ができます。コール ハンドラは、次のように使用できます。

自動受付として

事前に録音されたオーディオ テキストを提供するために

メッセージ受信者として

通話を転送するために

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

通話保留の待ち時間と保留音 :通話保留の待ち時間を構成できます。保留中に再生される保留音もカスタマイズできます。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

着信サービス :一般の着信および転送された通話を Cisco Unity で処理する方法をカスタマイズできます。

発信者の電話番号、指定したスケジュールなどの基準に基づいて、特定の通話をオペレータ コール ハンドラ、オープニング グリーティング、ユーザ グリーティング、ユーザ ログオン ガイダンスなどに転送できます。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

発信者 ID :ユーザにメッセージを残した発信者に関する追加情報をユーザに提供するように Cisco Unity を設定できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

発信者の入力 :ユーザ グリーティングでは、発信者が押すプッシュホンのキーに応答して、Cisco Unity が行う操作を定義できます。

デフォルトでは、*、0、# の各キーが使用可能で、次のように割り当てられています。

* キーは、サインイン カンバセーションを再生するように設定されています。

# キーは、グリーティングをスキップするように設定されています。

0 キーは、発信者をオペレータ コール ハンドラに送信するように設定されています。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの削除

新規メッセージまたは開封済みメッセージを削除する前に、Cisco Unity がユーザの確認を要求する機能を使用可能にする。

デフォルトはオフになっています。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

Cisco Unity で、削除されたメッセージのオプションを提供するメニューを再生するかどうかを変更する場合は、Advanced Settings ツールのヘルプを参照してください([Unity Settings]リストで、[Conversation--Do Not Offer Deleted Messages Option]をクリックします)。Advanced Settings ツールは、Tools Depot から利用できます。

ディレクトリ ハンドラ :次のことを指定できます。

検索範囲

ディレクトリ ハンドラがユーザの名と姓のどちらを先に検索するか

ディレクトリ ハンドラが一致した項目を見つけたときに、ユーザおよび発信者に再生される内容

発信者からの入力を検出できないときのディレクトリ ハンドラの処理

複数のディレクトリ ハンドラを設定して、数百から数千のユーザが存在するシステムのディレクトリ検索をすることもできます。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

初回登録 :ユーザが初めてログオンしたとき(または、適用可能な場合は次にログオンしたとき)に Cisco Unity が登録を要求するように指定できます。初回登録カンバセーションでは、ユーザは、名前とグリーティングを録音し、パスワードを設定し、宛先検索サービスに登録するかどうかを選択するように要求されます。

ユーザが名前を録音しなくても、Cisco Unity がユーザの初回登録プロセスを中止することはありません。ボイス名を録音して初回登録を完了することをユーザに要求するように、初回登録カンバセーションを変更できます。

デフォルトでは、初回登録は有効になっていますが、ユーザにボイス名の録音は要求しません。

適用範囲は、個々のユーザとグループ、各サーバのすべてのユーザ(名前の録音が必要)です。

初回登録時にすべてのユーザにボイス名の録音を要求する場合は、Advanced Settings ツールのヘルプを参照してください([Unity Settings]リストで、[Conversation--First-Time Enrollment: Require Subscribers to Record Names]をクリックします)。Advanced Settings ツールは、Tools Depot から利用できます。

メッセージの転送:ユーザへの音声コメントの録音の要求: メッセージを転送しようとするユーザに対して、Cisco Unity で音声コメントの録音を要求するように指定できます。

この設定は、ユーザに対して最初に録音を要求し、次にメッセージの宛先指定を要求するように Cisco Unity が設定されている場合、カンバセーションに適用されないことに注意してください。

デフォルトでは、Cisco Unity はユーザに音声コメントの録音を要求しません。ユーザが音声コメントを録音するには、2 を押す必要があります。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

Advanced Settings ツールのヘルプを参照してください。この設定は、[Conversation--Subscriber Forward Message Flow (Prompt for Introduction)]です。Advanced Settings ツールは、Tools Depot から利用できます。

一杯になったメールボックス :外部の発信者がユーザにメッセージを残そうとしたときに、ユーザのメールボックスが一杯かどうかを Cisco Unity で確認するように指定できます。メールボックスが一杯の場合は、ユーザ宛のメッセージを録音できないことが外部の発信者に通知されます。

デフォルトはオフになっています。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

グリーティング:オプション グリーティング通知、通知の有効化、発信者の操作の指定 :オプション グリーティングは、他のどのグリーティングよりも優先されます。このため、ユーザは、休暇、休職、休日など、さまざまな特別な状況でオプション グリーティングを使用できます。オプション グリーティングが有効になっている場合の Cisco Unity の動作について、管理者は次のことを指定できます。

ユーザに対して、各自のオプション グリーティングが有効になっていることを知らせるプロンプトを再生する。

ユーザの電話機の呼び出し音を鳴らさずに、発信者をオプション グリーティングに直接転送する。

発信者がグリーティングをスキップできないようにする。

発信者がメッセージを残すことができないようにする。

デフォルトはオフになっています。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

グリーティング:ユーザ グリーティングから緊急連絡先番号への発信者の転送の有効化 :発信者が、特定のユーザまたはユーザ グループのグリーティングを聞いているときにキーを押すと、緊急連絡先番号に転送されるように Cisco Unity を設定できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

グリーティングの最大録音時間 :ユーザ グリーティングで許容される最大録音時間を設定できます。

デフォルトは 90 秒です。

適用範囲はユーザ グループです。

グリーティング:設定 :ユーザおよびコール ハンドラごとに 5 つまでのグリーティングを有効にできます。グリーティングを有効にする長さ、グリーティングの内容、および各グリーティングの間および後に Cisco Unity が行う操作を指定します。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

識別されているユーザのメッセージ(ISM) :ISM は、ユーザがプライマリまたは代行内線番号から他のユーザに電話をかけ、相手のユーザのグリーティングに転送されたときに再生されるメッセージに影響します。ユーザがメッセージを残した場合、ISM は電話を受けたユーザが聞く内容と、メッセージを聞いたときに操作できる内容に影響します。

ISM が有効な場合、Cisco Unity は発信元内線番号がユーザに関連付けられていることを認識し、それに応じて電話を受けたユーザの内線グリーティングを再生します。さらに、電話を受けたユーザが後でメッセージを聞く場合、Cisco Unity はメッセージを残したユーザの名前の録音を再生し、電話を受けたユーザが返答を録音できるようにします。

デフォルトは[使用する]です。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

ISM がリモート ユーザを処理する方法、および ISM の設定方法については、『 Cisco Unity のネットワーク機能 』または『 Networking Guide for Cisco Unity Bridge 』のいずれか該当するドキュメントを参照してください。どちらのドキュメントも
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_feature_guides_list.html から入手可能です。

インタビュー ハンドラ :次のことを指定できます。

インタビュー ハンドラが尋ねる質問

インタビューの応答の受信者

発信者がインタビュー ハンドラにアクセスする際にダイヤルする内線番号(ある場合)

発信者がシステム プロンプトを聞く際の言語

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

言語:着信サービスとコール ハンドラの設定 :着信サービス、コール ハンドラ、インタビュー ハンドラ、およびディレクトリ ハンドラの言語設定をカスタマイズできます。

適用範囲は、個々のカンバセーション コンポーネントです。

言語:特定ユーザ用の設定 :特定のユーザにメッセージを残すときに、発信者に再生される言語を指定できます。これは、「ピッという音の後に、メッセージをお話しください。」などのメッセージに影響を与えます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

言語:システム プロンプト :すべてのユーザおよび発信者に再生されるシステム プロンプトのデフォルト言語を指定できます。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

言語:テキスト/スピーチ(TTS) :ユーザが、電話を介して電子メールを読むときに聞くデフォルトの言語を指定できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージを残す:警告音の有効化とカスタマイズ(Cisco Unified Communications Manager および SIP 電話システム連動のみ) :録音が最大許容メッセージ長に達する前に、警告音を再生するように設定できます。

別の音または短いメッセージを WAV ファイルで録音して、警告音をカスタマイズすることもできます。

デフォルトはオフになっています。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

メッセージを残す:「グリーティング後の録音再生」の有効化 :発信者に対して、サービス クラス(COS)に割り当てられているユーザにメッセージを残すことを許可する前に、Cisco Unity で何らかの録音内容を再生するかどうかを指定できます。

発信者に再生する内容は、ページ上の Media Master コントロール バーを使用して、COS ごとに録音できます。また、すべての発信者に再生するか、身元不明発信者のみに再生するかを指定できます。発信者は、ユーザ グリーティングおよびコール ハンドラ グリーティングについては # を押してスキップできますが、「グリーティング後の録音再生」はスキップできません。

デフォルトはオフになっています。

適用範囲はユーザ グループです。

メッセージを残す:身元不明発信者用のメッセージの最大録音時間 :身元不明発信者に許容されるメッセージの最大録音時間を設定できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージを残す:「ピッという音の後に、メッセージをお話しください。」プロンプトの再生 :発信者に対して、通知音が鳴ってからメッセージを録音するように伝えるかどうかを指定できます。

デフォルトでは、ユーザ グリーティングまたはコール ハンドラ グリーティングが再生された後、「ピッという音の後に、メッセージをお話しください。」というプロンプトが再生されます。ユーザによっては、メッセージを録音するタイミングについて、各自のグリーティングの中で発信者に伝えていることがあります。この場合、発信者は操作案内を 2 回聞くことになります。このため、一部またはすべてのグリーティングが再生された後、発信者が組織内の特定のユーザまたはコール ハンドラにメッセージを残すときに、このプロンプトを Cisco Unity で再生しないように指定できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージを残す:身元不明発信者ができる操作 :Cisco Unity カンバセーションが、ユーザに残したメッセージを発信者が編集できること、およびメッセージに緊急のマークを付けられることを発信者に告げるかどうかを指定できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

ライブ レコード :ライブ レコードを有効にすると、発信者と話しているユーザが会話の内容を録音できるようになります。

デフォルトはオフになっています。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

ログオフ :ユーザがユーザ カンバセーションを終了したときに Cisco Unity がユーザを転送する宛先(コール ハンドラ、インタビュー ハンドラ、ユーザ、宛先検索サービスなど)を選択できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

ログオン :各 Cisco Unity サーバ上のユーザについて、発信者の入力設定を使用して、次のことを指定できます。

ユーザ グリーティングを中断して Cisco Unity にログオンするために押すキー

ログオンするための Cisco Unity のメッセージの後で再生される内容

既知の内線番号またはデバイスから電話をかける場合、ログオン時にパスワードを入力する必要があるかどうか(デフォルトでは、ユーザは常にパスワードの入力を要求されます)

また、複数の Cisco Unity サーバに対するクロスサーバ ログオンも設定できます。クロスサーバ ログオンを使用すると、ユーザが社外から Cisco Unity にログオンするときに呼び出す 1 つの番号を複数のユーザに提供できます。

適用範囲は、単一サーバまたはネットワーク サーバの個々のユーザとグループです。

メッセージの再生:電話の切断 :ユーザが電話を切ったときや電話が切断されたときに、メッセージに開封済みのマークを付けるように指定できます。また、メッセージ再生中にドロップされたコールに対する Dropped Call Recovery を有効にすることもできます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの再生:メッセージの早送りと巻き戻し :メッセージの再生中にユーザが早送りまたは巻き戻しを実行したとき、Cisco Unity がメッセージを前または後ろにスキップする時間単位を指定できます。

デフォルトは 5 秒です。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの再生:最初または最後のメッセージへの移動 :Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用すると、メッセージを聞いているときにメッセージ スタックの最初または最後のメッセージに移動するためのオプションをユーザに提供できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの再生:メッセージ再生オプション :ユーザがメッセージを確認するときにメッセージ タイプ メニュー、メッセージ件数、およびタイムスタンプをユーザに再生するかどうかを指定したり、Cisco Unity によるメッセージの再生順序を指定したりできます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの再生:新しいメッセージの自動再生 :ユーザがログオンした後、(「新しいメッセージの聞き取りは 1 を押してください。」に従って)メイン メニューで 1 を押さなくても新しいメッセージが再生されるように指定できます。

デフォルトでは、新しいメッセージは自動再生されません。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの再生:受信メッセージの優先レベルの設定 :Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用すると、メッセージの優先レベルを通常から緊急に、または緊急から通常に切り替えるためのオプションをユーザに提供できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

名前の録音:名前の最大録音時間 :ユーザの名前の録音に許可される秒数を指定できます。

適用範囲はユーザ グループです。

録音最大時間 :次のことを指定できます。

メッセージがプッシュホンで終了されたときに、録音の最後を切断する時間

録音前、録音中、録音後の無音時間のしきい値

Cisco Unity が、短時間録音および長時間録音の区切りとして使用する時間(秒単位)

メッセージまたはグリーティングの録音時間の最小値(秒単位)

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

メッセージの再生 :ボイス メッセージを繰り返し再生するときに、メッセージ本文だけを再生するように Cisco Unity カンバセーションを変更できます。

デフォルトでは、Cisco Unity はメッセージのサマリーと本文の両方を再生します。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

Advanced Settings ツールのヘルプを参照してください。この設定は[Conversation--Do Not Replay Message Summary]です。Advanced Settings ツールは、Tools Depot から利用できます。

メッセージの返信:「Live Reply」 :各 Cisco Unity サーバ上に他のユーザからのメッセージがある場合、ユーザがそのユーザに電話をかけて応答できるようになります。

また、ネットワーク接続された Cisco Unity サーバ上のユーザに対するクロスサーバ Live Reply を有効にすることもできます。クロスサーバ Live Reply を使用すると、ダイヤル ドメインにある別の Cisco Unity サーバ上のユーザからのメッセージに対して「Live Reply」できます。

デフォルトはオフになっています。

適用範囲は、単一サーバまたはネットワーク サーバのユーザ グループです。

メッセージへの返信:身元不明発信者 :Cisco Unity カンバセーションを変更して、身元不明発信者からのメッセージに返信するためのオプションを提供できます。このオプションを提供した場合、ユーザは、身元不明発信者としてメッセージを残したユーザに対して、識別されているユーザからのメッセージに返信する場合と同じキーを押して返信できます。

デフォルトでは、身元不明発信者からのメッセージの場合、[メッセージ後]メニューに返信オプションが表示されません。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

Advanced Settings ツールのヘルプを参照してください。この設定は[Conversation--Reply to Unknown Caller]です。Advanced Settings ツールは、Tools Depot から利用できます。

電話メニューへの応答:外部発信者とユーザのタイムアウト :外部発信者および各ユーザに関して、次の項目を指定できます。

メニューの再生後に Cisco Unity が発信者またはユーザのキー入力を待つ時間。

発信者またはユーザが、ユーザ名または内線番号を入力してメッセージの宛先を指定する場合、パスワードを更新する場合、着信転送番号またはメッセージ到着通知番号を変更する場合などに、キーを押した後、Cisco Unity が次のキー入力を待つ時間。

特定の電話メニューで、入力される可能性のあるキー組み合せが複数ある場合に、発信者またはユーザがそれらの 1 桁目を表すキーを押した後、Cisco Unity が次のキー入力を待つ時間(たとえば、標準カンバセーションの[メッセージ後]メニューの場合、ユーザは 4 を押すとメッセージに返信し、42 を押すとすべてに返信し、44 を押すとユーザに電話をかけることができます)。この設定は、ユーザが ## を使用して宛先指定モードを切り替える場合にも適用されます。

発信者またはユーザがメニューに応答しない場合に Cisco Unity がメニューを繰り返す回数。

適用範囲は、各サーバの外部発信者、および個々のユーザとグループです。

メッセージの送信:宛先指定を名前にするか番号にするか :ユーザが他のユーザにメッセージを送信するときに(「メッセージを送るには 2 を押してください。」)、Cisco Unity が、内線番号の入力、名前のキー入力、姓のキー入力のどれで宛先の指定を要求するかを指定できます。

サーバで、入力した名前検索が有効になっている場合は、## または 00 を押すことにより、名前による宛先指定と内線番号による宛先指定を切り替えることができます。「入力した名前検索と宛先指定」の項も参照してください。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの送信:宛先の確認 :メッセージを送信するときに(「メッセージを送るには 2 を押してください。」)、Cisco Unity がメッセージのアドレス指定を確認する方法を変更できます。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

メッセージの送信:宛先指定の順序 :Cisco Unity がユーザにメッセージの宛先指定と録音を要求する場合の順序を変更できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの送信:電話の切断 :ユーザが電話を切った場合や電話が切断された場合に、メッセージを送信するかどうかを指定できます。また、メッセージの宛先指定中または録音中にドロップされたコールに対する Dropped Call Recovery を有効にすることもできます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの送信:宛先指定でのダブルキーの時間間隔 :ユーザが名前による宛先指定と ID による宛先指定を切り替えるときに、Cisco Unity が 2 番目の # キーまたは 0 キーを待つ時間を調整できます。

キーを押しても Cisco Unity が正常に動作しないという苦情がユーザから寄せられた場合は、2 回のキー入力を解釈するために Cisco Unity が使用する時間間隔を変更することを検討してください。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの送信:ユーザ用のメッセージの最大録音時間 :ユーザに許容されるメッセージの最大録音時間を設定できます。

デフォルトは 300 秒です。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの送信:パブリック同報リスト :パブリック同報リストにユーザがメッセージを送信できるかどうかを指定できます。

適用範囲はユーザ グループです。

メッセージの送信:メッセージ再生中のクイック メッセージの送信 :Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用すると、「クイック メッセージ」を送信するためのオプションをユーザに提供できます。ユーザは、メッセージを聞いた後に該当するキーを押すと、メッセージ送信カンバセーションにすばやく切り替えて、メッセージを送信することができます。メッセージが送信されると、ユーザはメッセージ再生カンバセーションに戻されます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージの送信:連続での宛先指定 :ユーザが受信者を追加した後も継続して名前を追加できるように、Cisco Unity に指定できます。このようにすることで、ユーザが複数の受信者にメッセージを送信および転送するときの宛先指定プロセスを大幅に効率化できます。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

メッセージのスキップ(オプション カンバセーション 1 のみ) :メッセージの聞き取り中に # を押してスキップした新規メッセージを、Cisco Unity が、開封済みメッセージとして保存するか、新規メッセージとして保存するかを指定できます。

デフォルトは、新規として保存です。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

メッセージのスキップ(標準カンバセーションのみ) :メッセージの聞き取り中にユーザが # キーを押したときに、Cisco Unity が、メッセージの末尾まで早送りするか、次のメッセージにスキップするかを指定できます。

デフォルトでは、Cisco Unity はメッセージの末尾まで早送りして、[メッセージ後]メニューを再生します。メッセージの聞き取り中にユーザが ## を押すと、次のメッセージにスキップします。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

速度コントロール:ユーザ カンバセーションのプロンプト :Cisco Unity がユーザに再生するプロンプトの速度を指定できます。適用対象には、名前の録音、受信確認、メッセージのヘッダーとフッター、およびユーザ グリーティングが含まれます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

速度コントロール:ユーザ メッセージ :ユーザが電話でメッセージを再生する場合に、ユーザ メッセージの本文、およびファックス メッセージの録音済み音声コメントが再生される速度を指定できます。

管理者が指定するメッセージ再生速度は、テキスト/スピーチ(TTS)メッセージ、受信確認、およびメッセージのヘッダーとフッターの速度には適用されないことに注意してください。TTS メッセージは、常に通常速度で再生されます。受信確認、メッセージ ヘッダー、およびメッセージ フッターの再生速度は、Cisco Unity カンバセーションに対して指定したプロンプト速度によって決まります。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

入力した名前検索と宛先指定 :ユーザが入力した名前の検索、および入力した名前による別のユーザへのメッセージの宛先を指定できるかどうかを指定します。

デフォルトは[使用する]です。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザです。

すべての電話メニューのスタイル :ユーザに、フル メニューによって提供される案内のすべてを再生するか、簡易ガイダンスを再生するかを指定できます。

デフォルトは[標準ガイダンス]です。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メイン メニューのスタイル :Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用して、メイン メニューのオプションのキー マッピングを指定し、ユーザをカスタム カンバセーション スタイルに割り当てることができます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

メッセージ取得メニューのスタイル :ユーザが電話でメッセージを聞くときに再生されるカンバセーションのスタイルを選択できます。各スタイルでは、メッセージ取得メニューのキーパッド マッピングが異なります。中には、独自のキーパッド マッピングを指定できるものもあります。また、Cisco Unity Assistant でユーザがどのカンバセーション スタイルを選択できるかについても、管理者が選択できます。

その他のメニュー、つまり身元不明発信者と Cisco Unity ユーザが Cisco Unity の設定を変更するときに使用するメニューは、どのカンバセーション スタイルでも同じです。

デフォルトは[標準]です。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

送信メニューのスタイル :ユーザが電話でメッセージを送信、返信、および転送するときに再生されるメニューのスタイル(標準またはストリームライン)を選択できます。

送信メニューのスタイルを選択するときは、ストリームライン スタイルを採用すると、メッセージに緊急のマークを付ける、受信確認を要求するなどのタスクをユーザが実行する場合に、少ないキー入力で済むことを考慮してください。また、ストリームライン スタイルでは、ユーザがメッセージの宛先を指定するときのリスト ナビゲーションも容易になります。

デフォルトは[ストリームライン]です。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

転送および保留オプション :Cisco Unity が自動受付またはディレクトリ ハンドラからユーザに通話を転送するときに、ユーザおよび身元不明発信者に対して再生される内容を指定できます。これには、保留中に再生される内容も含まれます。

たとえば、Cisco Unity の設定内容と、着信転送を処理する電話システムによっては、着信転送を使用して次の操作を実行できる場合があります。

ユーザの電話が通話中の場合に Cisco Unity が再生する内容および実行する操作を選択する。

通話を転送するときに Cisco Unity が再生する内容を決定する。

通話スクリーニングを設定する。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

転送:ネットワーク上のサーバ全体 :クロスサーバ転送を使用すると、Cisco Unity サーバの自動受付またはディレクトリ ハンドラから、ダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバ上のユーザへの着信転送が可能になります。

適用範囲は、ネットワーク サーバのすべてのユーザと発信者です。

転送:ユーザ グリーティングから緊急連絡先番号への発信者の転送の有効化 :発信者が、特定のユーザまたはユーザ グループのグリーティングを聞いているときにキーを押すと、緊急連絡先番号に転送されるように Cisco Unity を設定できます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

転送:「システム転送」の提供 :Cisco Unity ユーザに関連付けられていない内線電話番号をダイヤルできるように、コール ハンドラのグリーティング、ユーザ グリーティング、着信サービスを設定できます。

デフォルトでは、Cisco Unity は、転送を実行する前にユーザと発信者に対して入力した電話番号を確認するメッセージを再生します。このメッセージを無効にできます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

転送:「電話を転送しますので、そのままお待ちください。」プロンプトの再生 :Cisco Unity が通話を転送しているときに、転送中であることを発信者に通知するかどうかを指定できます。

デフォルトでは、Cisco Unity が通話を内線番号に転送しようとしている間、「電話を転送しますので、そのままお待ちください。」プロンプトが再生されます。発信者によっては、このプロンプトを聞くことを好まない場合もあるため、このプロンプトを再生しないように Cisco Unity で指定することができます。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

転送:電話番号の制限 :ユーザが通話の転送で使用できる電話番号を指定できます。

適用範囲はユーザ グループです。

TTY :TTY を使用するユーザおよび身元不明発信者が Cisco Unity を呼び出し、発信者が聞き取り時に使用できる機能と同じもの(いくつかの例外あり)を使用できるように、TTY プロンプトをインストールできます。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

音量:メッセージの再生(電話カード経由の連動のみ) :ユーザが電話でメッセージを再生する場合に、ユーザ メッセージの本文、およびファックス メッセージの録音済み音声コメントが再生される音量を選択できます。

管理者が指定するメッセージ再生音量は、テキスト/スピーチ(TTS)メッセージ、受信確認、およびメッセージのヘッダーとフッターの音量には適用されないことに注意してください。

適用範囲は、個々のユーザとグループです。

音量:システム プロンプト :すべての発信者に対する Cisco Unity のシステム プロンプトの音量を選択できます。

適用範囲は、各サーバのすべてのユーザと外部発信者です。

Set Volume ユーティリティのヘルプを参照してください。Set Volume ユーティリティは、Tools Depot から利用できるオーディオ管理ツールです。

ユーザが Cisco Unity カンバセーションをカスタマイズする方法の概要

ユーザは、電話または Cisco Unity Assistant を使用することで、Cisco Unity カンバセーションをカスタマイズできます。 表14-1 に、ユーザが変更できるカンバセーション設定の詳細を示します。

 

表14-1 ユーザが変更できる設定

Cisco Unity Assistant を使用して変更できる設定
電話メニューを使用して変更できる設定

[通話保留]と[通話のスクリーニング] 1

ユーザの電話が通話中のとき、Cisco Unity が間接通話を処理する方法を選択する。選択肢としては、通話を保留にする場合、発信者に保留にするかメッセージを残すかを要求する場合、および通話を直接グリーティングに送信する場合があります。

Cisco Unity が間接通話を処理する方法を選択する。選択肢としては、通話先のユーザに通知する場合、Cisco Unity が転送中であることをアナウンスする場合、ユーザに応答するかどうかを要求する場合、および発信者に名前を告げるように要求する場合があります。

[通話保留]と[通話のスクリーニング] 1

なし

[着信転送] 2

間接通話を内線に転送、またはグリーティングに送信する

転送ルールを有効化または無効化する

内線番号を変更する

[着信転送] 2

間接通話を内線に転送、またはグリーティングに送信する

転送ルールを有効化または無効化する

内線番号を変更する

[発信者の操作]

発信者にメッセージの編集を許可する

発信者にメッセージの緊急指定を許可する

[発信者の操作]

なし

[電話メニュー オプション]

Cisco Unity のプロンプトの言語を設定する

Cisco Unity の標準ガイダンス メニューまたは簡易ガイダンス メニューを選択する

カンバセーション スタイルを指定する

電話入力スタイルを有効または無効にする

ユーザが Cisco Unity を呼び出したときに、Cisco Unity が実行する操作を選択する。選択肢としては、ユーザに名前でグリーティングする場合、メッセージを自動的に再生する場合、および新しいメッセージの数をタイプごとに通知する場合があります。

プロンプト、名前の録音、およびユーザ グリーティングの再生速度を変更する

電話メニューへの応答に適用されるタイムアウト設定値を設定する

[電話メニュー オプション]

Cisco Unity の標準ガイダンス メニューまたは簡易ガイダンス メニューを選択する

電話入力スタイルを有効または無効にする

[グリーティング]

パーソナル グリーティングを録音する

グリーティングを有効化または無効化する

有効化したグリーティングの有効期限を指定する

システム プロンプトとパーソナル グリーティングを切り換える

グリーティングの再生後に、「ピッという音の後に、メッセージをお話しください。」というプロンプトを発信者に再生するかどうかを指定する

[グリーティング]

パーソナル グリーティングを録音する

グリーティングを有効化または無効化する

有効化したグリーティングの有効期限を指定する

[メッセージの到着通知]

通知デバイスを有効または無効にし、通知デバイスの番号を変更する

ダイヤルオプションを指定する

Cisco Unity がデバイスを呼び出す機会となるメッセージ タイプとメッセージの緊急度を選択する

通知スケジュールを設定し、デバイスが応答しない場合、通話中の場合、および障害の場合の処理を指定する

[メッセージの到着通知]

通知デバイスを有効または無効にし、通知デバイスの番号を変更する

[メッセージの聞き取り]

メッセージの再生順序を指定する

メッセージのタイム スタンプに使用する時間形式を変更する

メッセージが再生されるときに、Cisco Unity が実行する操作を選択する。選択肢としては、メッセージを残した発信者の名前と数を通知すること、およびメッセージの前または後にタイムスタンプを再生するかどうかがあります。

Cisco Unity がメッセージ タイプ メニューを再生するかどうかを指定する

電話でのメッセージの再生速度と音量を変更する 3

メッセージを巻き戻しまたは早送りしたときに、メッセージを前または後ろにスキップする時間単位を指定する

新しいメッセージおよび開封済みメッセージを削除するときに、確認するかどうかを指定する

ユーザが電話を切った場合または電話が切断された場合に、メッセージに開封済みのマークを付けることを指定する

メッセージ再生中にドロップされたコールに対する Dropped Call Recovery を有効にする

[メッセージの聞き取り]

メッセージが再生されるときの速度と音量 3

[メッセージの宛先と送信先]

送信メニューのスタイルを指定する

宛先指定と録音の順序を指定する

別のユーザへのメッセージの宛先指定を名前にするか内線番号にするかを切り替える

メッセージの宛先を指定する名前の順序(姓の後に名前、またはその逆)を指定する

名前で指定された宛先の確認を Cisco Unity でユーザに求めるように指定する

Cisco Unity で宛先を 1 つ指定した後に、続けて名前を追加できるように指定する

ユーザが電話を切った場合または電話が切断された場合に、Cisco Unity でメッセージを送信することを指定する

メッセージの宛先指定中、または録音中にドロップされたコールに対する Dropped Call Recovery を有効にする

[メッセージの宛先と送信先]

別のユーザへのメッセージの宛先指定を名前にするか内線番号にするかを切り替える(## または 00 を押す) 4

[個人設定]

名前を録音する

ファックス転送番号を指定する

ディレクトリ一覧の状態を変更する

パスワードを変更する

代行内線番号または代行デバイスを指定する

緊急連絡先番号を指定する

[個人設定]

名前を録音する

ファックス転送番号を指定する

ディレクトリ一覧の状態を変更する

パスワードを変更する

緊急連絡先番号を指定する

[プライベート同報リスト]

表示名を入力する

リスト名を録音する

メンバを追加および削除する

[プライベート同報リスト]

リスト名を録音する

メンバを追加および削除する

1.通話保留オプションおよび通話のスクリーニング オプションは、自動受付またはディレクトリ ハンドラからユーザに転送された着信通話にだけ適用され、一般の着信には適用されません。保留オプションおよびスクリーニング オプションは、外部の発信者または別のユーザが内線番号を直接ダイヤルした場合には適用されません。また、保留オプションおよびスクリーニング オプションは、転送監視が有効な場合にだけ使用できます。

2.着信転送オプションは、自動受付またはディレクトリ ハンドラからユーザに転送された着信通話にだけ適用され、一般の着信には適用されません。転送オプションは、外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合には適用されません。

3.音量を調整できるのは、電話カード経由の連動のみです。また、管理者が指定するメッセージの速度および音量は、テキスト/スピーチ(TTS)メッセージ、受信確認、およびメッセージのヘッダーとフッターには適用されません。

4.入力した名前による宛先指定を使用可能にしたかどうかによって異なります。

Custom Keypad Mapping ユーティリティによるカンバセーションのカスタマイズ

Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用すると、Cisco Unity に電話でアクセスしたユーザに再生されるキーパッド マッピングを指定できます。このユーティリティでは、メイン メニューおよびメッセージ取得メニューのキーをマップできます。また、メニュー オプションの追加と削除に使用できるほか、ユーザに配布できる財布サイズのユーザ カードの PDF を生成することができます。

カスタム マッピング スタイルは、使用可能なものがいくつか用意されています。Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用すると、カスタム キーパッド マッピング カンバセーションをリセットして、標準、オプション カンバセーション 1、代行キーパッド マッピング - N、代行キーパッド マッピング - S、または代行キーパッド マッピング - X カンバセーションで使用されているキーにすることができます。この方法は、カンバセーションに対して加える変更が少ない場合に便利です(カスタム キーパッド マッピング カンバセーションは、標準カンバセーションをひな形としています)。カスタム キーパッド マッピング カンバセーションをリセットして、シスコが社内開発で使用しているキーにすることもできます。

カスタマイズしたカンバセーション スタイルをユーザに再生できるようにするには、Cisco Unity システム管理のユーザ テンプレートおよび個々のユーザの[メッセージの聞き取り]ページで、いずれかのカスタム キーパッド マッピングをカンバセーション スタイルとして指定します。または、一度に複数のユーザのカンバセーション スタイルを変更する場合は、Bulk Edit ユーティリティを使用することもできます。ユーザも、Cisco Unity Assistant の[電話メニュー設定]ページで、カンバセーション スタイルを各自で選択できます。


) Wallet Card ウィザードを使用すると、財布サイズのカードの PDF ファイルを生成できます。このファイルは、カスタム キーパッド マッピングに基づいて生成されたもので、印刷してユーザに配布することができます。詳細については、「ユーザのオリエンテーション」を参照してください。


カスタム キーパッド マッピング カンバセーションを使用する場合のみ利用できる機能の詳細については、次の各項を参照してください。

「ユーザへの「クイック メッセージ」オプションの提供」

「メッセージに緊急または標準のマークを付けて優先レベルを変更するオプションのユーザへの提供」

「スタック内の最初または最後のメッセージに移動するオプションのユーザへの提供」

「ユーザの設定オプション メニューのカスタマイズ」

「メイン メニューでの追加オプションの提供」

「デフォルトのメッセージ再生速度に戻すオプションの提供」

Custom Keypad Mapping ユーティリティは、Tools Depot から利用できます。使用方法については、Custom Keypad Mapping ユーティリティのヘルプを参照してください。

ユーザへの「クイック メッセージ」オプションの提供

Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用すると、「クイック メッセージ」を送信するためのオプションをユーザに提供できます。ユーザは、メッセージを聞いた後に該当するキーを押すと、メッセージ送信カンバセーションにすばやく切り替えて、メッセージを送信することができます。メッセージが送信されると、ユーザはメッセージ再生カンバセーションに戻されます。復帰先は、クイック メッセージを送信する前にユーザが配置されていた、メッセージ スタック内の適切な位置です。ユーザがクイック メッセージ キーを押すと、「クイックメッセージを送信しています。」と通知されます。メッセージが送信されると、ユーザに対する音声案内として、「次のメッセージに戻ります...」と通知されます。

この機能を使用できるのは、[メッセージ後]メニューが再生されている間のみです。

次の動作に注意してください。

ユーザがクイック メッセージを送信するときに再生される送信メニューは、ユーザがふだん聞いているメニューと同じものであり、録音と宛先指定の順序も同じになります。

ユーザが一度に送信できるクイック メッセージは 1 つだけであり、送信後はメッセージ再生カンバセーションに戻されます。クイック メッセージをさらに送信する場合は、該当するクイック メッセージ キーを再度押す必要があります。

メッセージに緊急または標準のマークを付けて優先レベルを変更するオプションのユーザへの提供

Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用すると、メッセージの優先レベルを通常から緊急に、または緊急から通常に切り替えるためのオプションをユーザに提供できます。ユーザは、メッセージの再生中および[メッセージ後]メニューの再生中に、メッセージの優先レベルを切り替えることができます。ユーザが該当するキーを押すと、現在のメッセージの優先レベルが切り替わります。メッセージに緊急のマークが付いている場合、優先レベルは標準に設定されます。標準のマークが付いている場合は、優先レベルが緊急に設定されます。メッセージの新しい優先レベル設定が通知され、カンバセーションはスタック内の次のメッセージに移動します。

次の動作に注意してください。

ユーザがメッセージの優先レベルを切り替えたとき、メッセージの「新規」または「開封済み」ステータスは変化しません。

メッセージの再生中に、ユーザが該当するキーを押して優先レベルを変更した場合は、メッセージの再生が停止して、新しい優先レベル設定が通知され、カンバセーションは次のメッセージに移動するので、メッセージが実質上スキップされます。

ユーザが電話を切るか、メイン メニューに戻ってユーザ スタックを離れるまでは、スタック内でのメッセージの順序は更新されず、切り替えられた新しいメッセージ優先レベルは反映されません。

スタック内の最初または最後のメッセージに移動するオプションのユーザへの提供

Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用すると、メッセージの再生中にメッセージ スタックの最初または最後のメッセージに移動するためのオプションをユーザに提供できます。このオプションを使用できるのは、新規、開封済み、および削除済みメッセージのスタック内です。ユーザは、メッセージの再生中に該当するキーを押します。カンバセーションは、要求されたメッセージに移動し、ユーザに対する音声案内として「最初のメッセージ」または「最後のメッセージ」のいずれかが通知されます。

この機能を使用できるのは、メッセージの再生中および[メッセージ後]メニューの再生中です。

ユーザの設定オプション メニューのカスタマイズ

Custom Keypad Mapping ユーティリティを使用すると、次のオプションを設定オプション メニューの一部としてユーザに提供するかどうかを指定できます。

グリーティング

メッセージ設定

メッセージの到着通知

ファックス送信

メニュー スタイル

プライベート同報リストの選択

個人用設定

転送設定

グリーティング、個人用設定、および転送設定のメニューを指定した場合は、これらのメニューのすべてのオプションも含まれます。オプションを個々に指定できるのは、メッセージ設定メニューのみです。

メイン メニューでの追加オプションの提供

Custom Keypad Mapping ツールを使用すると、次のオプションをメイン メニューに追加するかどうかを指定できます。

ユーザ システム転送

グリーティング管理者

ブロードキャスト メッセージ管理者

デフォルトのメッセージ再生速度に戻すオプションの提供

Custom Keypad Mapping ツールを使用すると、メッセージの再生中に、再生速度をユーザのデフォルト再生速度に戻すためのキーをマップできます。このキーは、メッセージを聞いている間に再生速度を変更したユーザが、デフォルトの速度に戻す場合に使用します。