Cisco Unity 4.2 マニュアル追補
Cisco Unity トラブルシューティング ガイド
Cisco Unity トラブルシューティング ガイド
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity トラブルシューティング ガイド

Google Desktop Search がインストールされていると、Media Master コントロール バーの組み込まれた Web ページが正しくロードされない

PIMG ユニットで予期せぬ結果となる

エラーおよび変更

すべての Cisco Unity ガイドに影響がある変更

システム要件ドキュメントの参照先

Exchange 5.5 のサポートの終了

Windows NT ドメインのサポートの終了

Cisco Unity サービスとその機能

Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース ログ

Cisco Unity トラブルシューティング ガイド

この章は、『 Cisco Unity トラブルシューティング ガイド Release 4.0(5) 』と併せてお読みください。新規機能については、各項に記載されています。Cisco Unity の機能が変更されたり、情報が削除されたり誤っていたために変更された『 Cisco Unity トラブルシューティング ガイド 、Release 4.0(5) 』の情報は、章の最後にある「エラーおよび変更」の項に記載されています。

Domino バージョンのマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_troubleshooting_guide_book09186a008043ea3b.html で、Exchange バージョンのマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_troubleshooting_guide_book09186a008043ea30.html で、それぞれアクセスできます。

この章には次の各項があります。

「Google Desktop Search がインストールされていると、Media Master コントロール バーの組み込まれた Web ページが正しくロードされない」

「PIMG ユニットで予期せぬ結果となる」

「エラーおよび変更」

Google Desktop Search がインストールされていると、Media Master コントロール バーの組み込まれた Web ページが正しくロードされない

Windows XP を使用するユーザのワークステーションに Google Desktop Search がインストールされていると、Cisco Personal Communications Assistant(PCA)および Cisco Unity システム管理のページがブラウザに正しくロードされません。この問題は、Media Master と Google Desktop Search の間の競合が原因で発生します(Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook は、競合の影響を受けません)。

この問題を修正または回避するには、ユーザのワークステーションにある GoogleDesktopNetwork2.dll というファイルを検索し、名前を変更します(たとえば、「OFF-GoogleDesktopNetwork2.dll」という名前のファイルに変更します)。ファイルの名前を変更した後は、Google Desktop Search の結果が Google の検索結果と連動して表示されなくなることをユーザに説明してください。ユーザは引き続きワークステーションで Google Desktop Search を使用できます。ただし、使用できるのは Google Desktop Search ページからのみとなります。

PIMG ユニットで予期せぬ結果となる

Cisco Unity が PIMG ユニット経由で回線交換電話システムと連動するとき、Cisco Unity で必要な通話または通話情報を PING ユニットが発信しない場合、製造元が推奨する PING ユニットの診断タスクを実行してください。診断タスクの詳細手順は、Intel Web サイトにある『 Intel Netstructure PBX-IP Media Gateway User's Guide 』の「Diagnostics」の章を参照してください。

エラーおよび変更

特に指定のない限り、次の項は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_troubleshooting_guide_book09186a008043ea3b.html にある『 Cisco Unity トラブルシューティング ガイド(IBM Lotus Domino 版)Release 4.0(5) 』、および
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_troubleshooting_guide_book09186a008043ea30.html
にある『 Cisco Unity トラブルシューティング ガイド (Microsoft Exchange 版)Release 4.0(5) 』に適用されます。

「すべての Cisco Unity ガイドに影響がある変更」

「Cisco Unity サービスとその機能」

「Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース ログ」

すべての Cisco Unity ガイドに影響がある変更

システム要件ドキュメントの参照先

Cisco Unity 4.x システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』の参照先については、代わりに次の資料を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity42/42reqs.htm にある『 Cisco Unity 4.2 システム要件

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity42/42lsupp.htm にある『 Cisco Unity 4.2 以降でサポートされるハードウェアとソフトウェアおよびサポート ポリシー

Exchange 5.5 のサポートの終了

Cisco Unity メッセージのメッセージ ストアにあるように、新規インストールやアップグレードなど、Exchange 5.5 へのサポートは終了しました。Cisco Unity ガイドおよびヘルプでは、Exchange 5.5 のサポートに関する記述は無視してください(一部の Cisco Unity アプリケーションには、Exchange 5.5 の参照資料が含まれていることがあります)。

Exchange 5.5 がメッセージ ストアになっていると、Cisco Unity 4.2 では、インストールおよびアップグレードが失敗します。バージョン 4.2 にアップグレードする前に、まず Exchange 2003 または Exchange 2000 にアップグレードしてください。

Windows NT ドメインのサポートの終了

Cisco Unity サーバを Windows NT ドメインでのメンバー サーバにすることは、サポートされなくなりました。Cisco Unity のガイドおよびヘルプでは、Windows NT ドメインのサポートに関する記述は無視してください(一部の Cisco Unity アプリケーションには、Windows NT ドメインの参照資料が含まれていることがあります)。

Cisco Unity サービスとその機能

「Cisco Unity サービスとその機能」の付録で、「Cisco Unity サービス」の表に Tomcat サービスを含める必要がありました。

 

サービス
機能

Tomcat

Tomcat サービスは、Cisco Personal Communications Assistant(PCA)の Web ページの生成を行います。

また Tomcat サービスは、Exchange 2003 の表、Exchange 2000 の表、Exchange 5.5 の表、Domino の表にも含まれる必要がありました。

 

サービス
ログオン アカウント
スタート アップ モード
コメント
依存関係

Tomcat

ローカル システム

自動

なし

なし

その付録の Domino バージョン へのリンクおよび その付録の Exchange バージョン へのリンク)。

Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース ログ

「診断トレース ユーティリティとログ」の章の「Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース ログ」の項で、次のマイクロ トレースがマイクロ トレースの表に含まれる必要がありました。

 

マイクロ トレース名
トレースが分析する内容

AvBAPExtSvr

Exchange 専用

Cisco Unity Blackberry 用モバイル メッセージ アクセス

AvLic

Cisco Unity ライセンス ファイルの使用

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。