Cisco Unity 4.2 マニュアル追補
Cisco Unity システム アドミニスト レーション ガイド
Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド

電話メニュー コマンドの応答タイムアウトの調整

電話を通じた Cisco Unity へのパスワードの入力不要なアクセスを許可する

テキストを含むメッセージの Cisco Unity による処理方法の変更(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

テキストを含むメッセージの Cisco Unity による処理方法を、Message Store Manager を使用して変更する

テキストを含むメッセージを拒否するように Cisco Unity を設定した後、そのメッセージが処理されるしくみ

ボイス メッセージのユーザに送信された、テキストを含んでいるメッセージを Cisco Unity が拒否するように設定するためのタスク リスト

メッセージ再生スピードの変更

ユーザが「前の」メッセージを再生したときの Cisco Unity の動作を明確にする

Cisco Unity Inbox での削除の確認を無効にする(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

「発信音の後にメッセージを録音してください」というプロンプトを無効にする

「電話を転送しますので、そのままお待ちください」プロンプトを無効にする

グリーティング後録音を有効にする

オプション グリーティングの通知を有効にする(Cisco Unity Voice Messaging with Microsoft Exchange 2003 または Exchange 2000 のみ)

発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡席番号へ転送できるようにする

身元不明発信者としてメッセージを残したユーザからのメッセージに返信できるようにする

Cisco Unity システム管理および Cisco Unity サーバのデスクトップで利用できる FAQ

メッセージ ロケータ検索に受信確認を含める(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

ライブ レコード

メッセージを残すときに使用する Live Reply(「ユーザに発信」)の動作

ユーザへの「クイックメッセージ」オプションの提供

メッセージの優先度に緊急または通常のマークをつけて変更するオプションをユーザに提供する

スタック内の先頭メッセージまたは最終メッセージにジャンプするオプションをユーザに提供する

メッセージの転送時に、コメントを録音するようにユーザにプロンプトを出す

発信者情報に通知テキスト メッセージを追加する

BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセスの設定(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセスを設定するためのタスク リスト

Cisco Unity が新規および開封済みメッセージの削除をユーザに確認するよう指定する

Cisco Unity が新規メッセージを自動的に再生するように指定する

Cisco Unity がユーザに、宛先確認のプロンプトを出すよう指定する

ユーザが電話または接続を切ったとき、メッセージに開封済みのマークを付けるよう指定する

メッセージの送信、返信、転送時にユーザに案内する電話メニューのスタイルを指定する

ユーザは ## または 00 を押して検索モードを切り替えることができる

エラーおよび変更

すべての Cisco Unity ガイドに影響がある変更

システム要件ドキュメントの参照先

Exchange 5.5 のサポートの終了

Windows NT ドメインのサポートの終了

Cisco Unity コンポーネントで使用できる言語

Cisco Unity システム管理での Cisco Unity ガイダンスのスピードの変更

Cisco Unity システム管理での Cisco Unity ガイダンスの音量の変更

メッセージ ロケータ

メッセージの到着通知スケジュールの設定

カンバセーションの設定:[電話メニューの応答]フィールドの定義

システム ブロードキャスト メッセージの送信:最大メッセージ長

システム ブロードキャスト メッセージの送信:グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を使用したメッセージの送信と管理

システム ブロードキャスト メッセージの送信:あらかじめ録音されたシステム ブロードキャスト メッセージの使用

Cisco Unity のカンバセーションをカスタマイズする方法

メッセージの聞き取り中にメッセージをスキップする方法の変更(標準カンバセーション)

複数受信者へのメッセージの宛先指定の効率化

Cisco Unity がユーザに、宛先指定を継続するプロンプトを出すよう指定する

SSL 接続を使用したときのセキュリティ警告の管理

ユーザ テンプレート着信転送の設定

ユーザ テンプレート発信者の入力の設定

ユーザ着信転送の設定

コール ハンドラ着信転送の設定

レポートの表示と印刷(Domino 版 Cisco Unity のみ)

レポートの表示と印刷(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

同報リスト レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)

転送課金レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)

転送課金レポート(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

発信課金レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)

発信課金レポート(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

ポート使用状況レポート

AMIS 発信トラフィック レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)

AMIS 発信トラフィック レポート(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

コンフィギュレーション設定:[認識されたユーザ メッセージ]フィールド

コンフィギュレーション設定:[電話メニューの応答]フィールドの定義

ユーザのアドレス帳設定(Domino 版 Cisco Unity のみ)

Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド

この章は、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド Release 4.0(5) 』と併せてお読みください。新規機能については、各項に記載されています。Cisco Unity の機能が変更されたり、情報が削除されたり誤っていたために変更された『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド Release 4.0(5) 』の情報は、章の最後にある「エラーおよび変更」の項に記載されています。

Domino バージョンのマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_administration_guide_book09186a008043ea45.html で、Exchange バージョンのマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_administration_guide_book09186a008043ea39.html で、それぞれアクセスできます。

この章には次の各項があります。

「電話メニュー コマンドの応答タイムアウトの調整」

「電話を通じた Cisco Unity へのパスワードの入力不要なアクセスを許可する」

「テキストを含むメッセージの Cisco Unity による処理方法の変更(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」

「メッセージ再生スピードの変更」

「ユーザが「前の」メッセージを再生したときの Cisco Unity の動作を明確にする」

「Cisco Unity Inbox での削除の確認を無効にする(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」

「「発信音の後にメッセージを録音してください」というプロンプトを無効にする」

「「電話を転送しますので、そのままお待ちください」プロンプトを無効にする」

「グリーティング後録音を有効にする」

「オプション グリーティングの通知を有効にする(Cisco Unity Voice Messaging with Microsoft Exchange 2003 または Exchange 2000 のみ)」

「発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡席番号へ転送できるようにする」

「身元不明発信者としてメッセージを残したユーザからのメッセージに返信できるようにする」

「Cisco Unity システム管理および Cisco Unity サーバのデスクトップで利用できる FAQ」

「メッセージ ロケータ検索に受信確認を含める(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」

「ライブ レコード」

「メッセージを残すときに使用する Live Reply(「ユーザに発信」)の動作」

「ユーザへの「クイックメッセージ」オプションの提供」

「メッセージの優先度に緊急または通常のマークをつけて変更するオプションをユーザに提供する」

「スタック内の先頭メッセージまたは最終メッセージにジャンプするオプションをユーザに提供する」

「メッセージの転送時に、コメントを録音するようにユーザにプロンプトを出す」

「発信者情報に通知テキスト メッセージを追加する」

「BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセスの設定(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」

「Cisco Unity が新規および開封済みメッセージの削除をユーザに確認するよう指定する」

「Cisco Unity が新規メッセージを自動的に再生するように指定する」

「Cisco Unity がユーザに、宛先確認のプロンプトを出すよう指定する」

「ユーザが電話または接続を切ったとき、メッセージに開封済みのマークを付けるよう指定する」

「メッセージの送信、返信、転送時にユーザに案内する電話メニューのスタイルを指定する」

「ユーザは ## または 00 を押して検索モードを切り替えることができる」

「エラーおよび変更」

電話メニュー コマンドの応答タイムアウトの調整

デフォルトでは、ユーザが、複数キーの考えられる組み合わせの最初の 1 桁を表すキーを押して電話メニューに応答するとき、そのキーが動作する前に、Cisco Unity は次のキーが押されるまで 1000 ミリ秒(1 秒)待機します。たとえば、標準カンバセーションのメッセージ再生後メニューでは、ユーザが 4 を押すとメッセージに応答し、42 を押すとすべてに応答し、44 を押すとユーザを呼び出すことができます。したがって、ユーザがメッセージを聞いた後に 4 を押すと、応答を行う前に Cisco Unity は 1 秒待機して、ユーザに追加のキーを押す機会を与えます。Cisco Unity が追加のキー操作を待って応答するまでの時間をもっと短くしたい場合、またはもっと長くしたい場合、応答タイムアウトを調整できます。

応答タイムアウトを制御する設定は、「CommandInterdigit Timeout」設定です。この設定は、ユーザの押すキーが、特定電話メニューの別のキーの組み合わせで最初に押すキーと同じときにだけ、Cisco Unity が待機する時間に影響を与えます。「CommandInterdigit Timeout」設定は、「Interdigit Timeout」設定とは異なります。「Interdigit Timeout」設定は、ユーザが名前を入力したり、メッセージの宛先指定、パスワードの更新、着信転送またはメッセージの到着通知番号の変更などを行う数字を入力したりするとき、次のキーが押されるまで Cisco Unity が待機する時間を制御します。

応答タイムアウト設定を調整するには、次の 2 つの手順のいずれかを実行します。

Bulk Edit ユーティリティを使用して、個人ユーザまたはユーザの特定グループのタイムアウト値を調整します。「ユーザまたはユーザのグループのメニュー コマンドのタイムアウトを調整する」を参照してください。カンバセーションのスタイルに関係なく、変更内容は該当するユーザに適用されます。

Advanced Settings Tool を使用して、Cisco Unity サーバに関連付けられたすべてのユーザに対して 1 つのタイムアウト値を指定します。「すべてのユーザに対してメニュー コマンドのタイムアウト値を調整する」を参照してください。カンバセーションのスタイルに関係なく、変更内容は該当するユーザに適用されます(すでに Bulk Edit で調整されたタイムアウト値を持つユーザは、Advanced Settings Tool による変更では影響を受けません)。

タイムアウト値を調整する場合、サーバ上のすべてのユーザに変更を行うのではなく、ユーザまたはユーザのグループに対してのみ変更を行うことをお勧めします。

ユーザまたはユーザのグループのメニュー コマンドのタイムアウトを調整する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左ペインで、[Administrative Tools]の下の [Bulk Edit] をダブルクリックします。

ステップ 3 画面に表示される指示に従って、変更するユーザ アカウントを選択します。

ステップ 4 [ガイダンス] タブをクリックします。

ステップ 5 [電話メニュー対応の仕方アップデート] チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [メニュー コマンドを入力する待ち時間(ミリ秒)]ボックスに、250 ~ 10,000 の範囲の値(ミリ秒)を入力します(代わりに、ボックスを空白のままにして、デフォルト値の 1000 ミリ秒を使用することもできます)。


ヒント メニュー コマンドの応答タイムアウト値は 750 ~ 2000 ミリ秒にしておくことをお勧めします。これより長いタイムアウト値を設定すると、待ち時間が長くなってユーザが不満を感じます。逆に、タイムアウト値をこれより小さく設定すると、ユーザが必要な数字を打ち込む時間が足りなくなります。

ステップ 7 [終了] をクリックします。


 

すべてのユーザに対してメニュー コマンドのタイムアウト値を調整する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左ペインで、[Administrative Tools]の [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ペインで、 [Conversation-Interdigit Delay for Command Entry System Default] をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで、250 ~ 10,000 ミリ秒の間から値を選択し、 [Set] をクリックします。


ヒント メニュー コマンドの応答タイムアウト値は 750 ~ 2000 ミリ秒にしておくことをお勧めします。これより長いタイムアウト値を設定すると、待ち時間が長くなってユーザが不満を感じます。逆に、タイムアウト値をこれより小さく設定すると、ユーザが必要な数字を打ち込む時間が足りなくなります。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。変更を有効にするために Cisco Unity ソフトウェアを再起動する必要はありません。


 

電話を通じた Cisco Unity へのパスワードの入力不要なアクセスを許可する

デフォルトでは、ユーザがメッセージの確認や個人設定の変更を行うために Cisco Unity にログオンする際に、パスワードの入力を求められます。携帯電話や自宅の電話、組織内のセキュリティ保護された職場の電話から Cisco Unity に頻繁にアクセスするユーザの便宜を図るため、ユーザが主要内線番号または代行用デバイスからメールボックスにアクセスする際にパスワードの入力が求められないように Cisco Unity を設定する方法もあります。(不明な内線番号から Cisco Unity に電話をかけると、通常どおりにパスワードの入力が要求されます)。


) セキュリティ上の理由から、組織内の共有作業空間や個室、または公共の場所(ロビーや受付など)で業務をするユーザが、最初にパスワードを入力することなく、電話で Cisco Unity にアクセスできるようにするのは適切ではない場合があります。


個々のユーザが主要内線番号または代行用デバイスから電話をかけたときに、パスワードを入力せずにメッセージにアクセスできるようにするには、次の手順を実行します(ユーザのグループに対して変更を行うときは、Tools Depot にある Bulk Edit を使用します)。Cisco Unity Assistant と Cisco Unity のいずれのカンバセーションでも、ユーザが自分で設定を変更することはできません。

Cisco Unity へのログオンにパスワード入力を不要に設定しても、パスワードの期限が切れると、これまでどおりパスワードの更新が要求されます。

電話を通じた Cisco Unity へのパスワードの入力不要なアクセスを許可する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [ユーザ] >[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。次に [電話パスワード] ページを参照します。

ステップ 2 [電話パスワードの入力要求]にある [ユーザが不明な内線から発信する場合のみ] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

テキストを含むメッセージの Cisco Unity による処理方法の変更(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

組織にボイス メッセージのユーザとユニファイド メッセージのユーザの両方がいる場合、両者間でのメッセージに問題が生じることがあります。これは、ボイス メッセージのユーザが Cisco Unity カンバセーションまたは Cisco Unity Inbox を使用して電子メール メッセージ内のテキストにアクセスできないためです。また、ユニファイド メッセージのユーザが Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook を使用してボイス メッセージのユーザにメッセージを送信、返信、転送する場合のように、メッセージにボイス録音とテキストメッセージの両方が含まれている場合、Cisco Unity カンバセーションおよび Cisco Unity Inbox では、メッセージのボイス部分のみが提供されます。また、このようにメッセージのすべてまたは一部が受信者に提供されないことは、発信者と受信者のいずれにも通知されません。

ボイス メッセージのユーザ宛てに送信されたメッセージにテキストが含まれている場合には、受信を拒否するように Cisco Unity を設定できます。このように設定することで、ボイス メッセージのユーザは、すべて再生可能なメッセージのみを受け取るようになります。同時に、Cisco Unity がテキストを含むメッセージを拒否すると、ユニファイド メッセージのユーザには不達確認(NDR)が送られるため、メッセージの送信方法を適切に調整する必要があることが分かります。

詳細については、次の各項を参照してください。

「テキストを含むメッセージの Cisco Unity による処理方法を、Message Store Manager を使用して変更する」

「テキストを含むメッセージを拒否するように Cisco Unity を設定した後、そのメッセージが処理されるしくみ」

「ボイス メッセージのユーザに送信された、テキストを含んでいるメッセージを Cisco Unity が拒否するように設定するためのタスク リスト」

テキストを含むメッセージの Cisco Unity による処理方法を、Message Store Manager を使用して変更する

Message Store Manager ユーティリティでは、割り当てられたタスクを実行するエージェントを設定できます。エージェントのメンバーとなるユーザのメールボックスを指定します。つまり、エージェントによって実行されるタスクの影響を受けるのは、指定したメールボックスのみです。

ボイス メッセージのユーザ宛に送信されたメッセージにテキストが含まれている場合にメッセージを拒否するように Cisco Unity を設定するには、2 つのエージェントを作成する必要があります。

最初のエージェントは、テキストを含むメッセージを拒否するサービスを適用します。エージェントは、エージェント メンバーとして指定されたユーザのメールボックスに、このサービスを適用します。Cisco Unity 同報リスト、サービス クラス、内線番号範囲、またはインポートされた CSV ファイルを使用して、エージェント メンバーを指定できます。ただし、同報リストまたはサービス クラスの使用をお勧めします。これは、同報リストまたはサービス クラスにメンバーを追加すると、同様にエージェントのメンバーシップも自動的に更新されるためです。

2 番めのエージェントは、最初のエージェントが適用したサービスを、そのサービスが不要になったユーザのアカウントから削除します。最初のエージェントを設定すると、2 番めのエージェントによってサービスが削除されるまで、テキストを含むメッセージの受信は拒否されます。2 番めのエージェントを設定しないと、最初のエージェントのメンバーとして指定した同報リストまたはサービス クラスからユーザを削除しても、メッセージにテキストが含まれている場合には、最初のサービスはそのユーザのメールボックスからのメッセージの受信を拒否します。両方のエージェントを同時に設定し、ボイス メッセージのユーザに関連付けられたユーザを除く、サーバ上のすべてのユーザのメールボックスからサービスを削除するように 2 番めのエージェントを設定することをお勧めします。このように設定すれば、最初のエージェントに指定した同報リストまたはサービス クラスからボイス メッセージのユーザが削除されるたびに、1 つのメールボックスからサービスを削除するための新しいエージェントを作成する必要がなくなります。

各エージェントを実行するタイミングと頻度をスケジュールします。たとえば、エージェント メンバーシップを指定するためのサービス クラスまたは同報リストからユーザを削除する頻度に応じて、エージェントを毎晩または毎週実行するように設定できます。エージェントの実行スケジュールを決定する際には、ボイス メッセージのユーザを Outlook アドレス帳に表示しないように設定していると、エージェントの実行に時間がかかることを考慮します。また、エージェントの実行中には、以前非表示にしたメールボックスがアドレス帳に表示され、その後エージェントがタスクを完了すると、メールボックスは再び非表示になることにも注意してください。このような理由から、エージェントの実行はユーザがシステムを使用する可能性の低い時間帯にスケジュールしてください(ボイス メッセージ アカウント宛てに誤って電子メール メッセージが送信されるのを防ぐために、ボイス メッセージのユーザは通常 Outlook アドレス帳に表示されないように設定されます)。

エージェントを設定するとき、ユーザ メッセージ ストアのステータス レポートをアクティブにして(または、レポートを後で実行するようにスケジュールして)、エージェントのメンバーになっている各ユーザのメールボックスの詳細データを収集できます。[VM メールボックス ルール]列の値が 1 になっている場合、最初のエージェントに関連付けられたサービスが適用されています。値が 0(ゼロ)の場合は、サービスがメールボックスに適用されていません。

Message Store Manager を使用したエージェントの設定とレポートの実行については、Message Store Manager のヘルプを参照してください。

テキストを含むメッセージを拒否するように Cisco Unity を設定した後、そのメッセージが処理されるしくみ

ボイス メッセージのユーザ宛に送信されたテキストを含むメッセージを Cisco Unity が拒否するように設定すると、ボイス メッセージのユーザは、これまでのように受信確認、ファックス、ボイス メッセージを引き続き受け取ることができますが、他の多くのタイプのメッセージは配信されなくなります。Cisco Unity がメッセージを異なる方法で処理するしくみを理解すれば、ボイス メッセージのユーザとユニファイド メッセージのユーザの両方に対する変更を準備するのに役立ちます。

表5-1 では、デフォルトで Cisco Unity がメッセージを処理するしくみと、ボイス メッセージのユーザに送信されたテキストを含むメッセージを拒否するように設定した後に Cisco Unity がメッセージを処理するしくみを比較しています。Cisco Unity がメッセージを拒否するのは、ボイス メッセージのユーザが唯一のメッセージ受信者である場合と、ユーザが多くの受信者の中の 1 人である場合(たとえば、同報リスト宛てにテキストを含むメッセージが送信された場合)です。場合によっては、Cisco Unity が予想どおりに特定タイプのメッセージを拒否しなかったり、予想していなかったタイプのメッセージを拒否したりすることもあります。

 

表5-1 テキストを含むメッセージを拒否するように Cisco Unity を設定した後、そのメッセージが処理されるしくみ

ボイス メッセージのユーザに送信されたメッセージのタイプ
メッセージの送信に使用されたアプリケーション
デフォルトで Cisco Unity が
メッセージを処理する方法
テキストを含むメッセージを拒否するように設定したとき Cisco Unity が
メッセージを処理する方法

件名行にテキストが含まれるボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、Cisco Unity Inbox でのみ件名行にアクセスできる。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

件名行にテキストが含まれるボイス メッセージ

Cisco Unity Inbox

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、Cisco Unity Inbox でのみ件名行にアクセスできる。

デフォルトと同じ。

メッセージ本文にテキストが含まれるボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

WAV 以外の添付ファイルを含むボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、添付ファイルにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

ボイス録音およびテキストをメッセージ本文に含む返信ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

メッセージ本文にテキストが含まれる返信ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージを、ボイス メッセージのユーザがアクセスできない電子メール メッセージとして配信する。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

WAV 以外の添付ファイルを含む返信ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、添付ファイルにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

ボイス録音なし、件名行への変更なし、メッセージ本文にテキストなしの返信ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージを、ボイス メッセージのユーザがアクセスできない電子メール メッセージとして配信する。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

メッセージ本文にテキストへの変更が含まれる返信ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

件名行への変更が含まれる返信ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、Cisco Unity Inbox でのみ件名行にアクセスできる。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

件名行への変更が含まれる返信ボイス メッセージ

Cisco Unity Inbox

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、Cisco Unity Inbox でのみ件名行にアクセスできる。

デフォルトと同じ。

ボイス録音と全テキストの削除を含む返信ボイスおよびテキスト メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

デフォルトと同じ。

ボイス録音を含む返信ボイスおよびテキスト メッセージ

Cisco Unityカンバセーション

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

ボイス録音を含む返信ボイスおよびテキスト メッセージ

Cisco Unity Inbox または ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

デフォルトと同じ。

ボイス録音およびメッセージ本文のテキストを含む返信電子メール メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

ボイス録音を含む返信電子メール メッセージ

Cisco Unity カンバセーションまたは ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

デフォルトと同じ。

メッセージ本文にテキストが含まれる返信電子メール メッセージ

ViewMail

メッセージを、ボイス メッセージのユーザがアクセスできない電子メール メッセージとして配信する。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

音声コメントおよびメッセージ本文のテキストを含む転送ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

メッセージ本文にテキストが含まれる転送ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

WAV 以外の添付ファイルを含む転送ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、添付ファイルにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

メッセージ本文にテキストへの変更が含まれる転送ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

件名行への変更が含まれる転送ボイス メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、Cisco Unity Inbox でのみ件名行にアクセスできる。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

件名行への変更が含まれる転送ボイス メッセージ

Cisco Unity Inbox

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、Cisco Unity Inbox でのみ件名行にアクセスできる。

デフォルトと同じ。

音声コメント付きまたは音声コメントなしの転送ボイスおよびテキスト メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

デフォルトと同じ。

音声コメント付きまたは音声コメントなしの転送ボイスおよびテキスト メッセージ

Cisco Unity カンバセーションまたは Cisco Unity Inbox

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

全テキストの削除を含む転送ボイスおよびテキスト メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。

デフォルトと同じ。

メッセージ本文にテキストが含まれる転送電子メール

ViewMail

メッセージを、ボイス メッセージのユーザがアクセスできない電子メール メッセージとして配信する。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

音声コメントおよびメッセージ本文のテキストを含む転送電子メール メッセージ

ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

音声コメントを含む転送電子メール メッセージ

Cisco Unity カンバセーションまたは ViewMail

メッセージをボイス メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、テキストにアクセスできない。

デフォルトと同じ。

件名行または追加テキストへの変更なしの転送電子メール メッセージ

Cisco Unity カンバセーションまたは ViewMail

メッセージを、ボイス メッセージのユーザがアクセスできない電子メール メッセージとして配信する。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

WAV 添付ファイル付き電子メール メッセージ

電子メール プログラム

メッセージを、ボイス メッセージのユーザがアクセスできない電子メール メッセージとして配信する。ボイス メッセージのユーザは、添付ファイルにアクセスできない。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

電子メール メッセージ

電子メール プログラム

メッセージを、ボイス メッセージのユーザがアクセスできない電子メール メッセージとして配信する。

メッセージを配信しない。発信者には NDR が送信される。

ボイス メッセージのユーザに送信された、テキストを含んでいるメッセージを Cisco Unity が拒否するように設定するためのタスク リスト

メッセージにテキストが含まれている場合に、ボイス メッセージのユーザ宛てに送信されたメッセージを拒否するように Cisco Unity を設定するには、次のタスクを実行します。

1. Cisco Unity サーバ上のボイス メッセージのユーザを確認します。たとえば、ボイス メッセージのユーザのサービス クラスまたはパブリック同報リストを作成し、Cisco Unity システム管理または Bulk Edit を使用して、該当するユーザを割り当てます(ボイス メッセージのユーザとユニファイド メッセージのユーザをどのように区別するかは、自由裁量です。ユーザを作成した方法や、ライセンスを付与した方法は、この機能に対してボイス メッセージまたはユニファイド メッセージのどちらのユーザであるかを識別するのに関係ありません)。

2. Cisco Unity が、ボイス メッセージのユーザ宛てに送信されたテキストを含むメッセージを拒否できるようにする 2 つのエージェントを設定します。「テキストが含まれるメッセージがボイス メッセージのユーザに送信された場合に、メッセージを拒否するエージェントを設定する」、および「ユニファイド メッセージのユーザがテキストを含むメッセージを受信するようにエージェントを設定する」を参照してください。

3. ViewMail for Outlook をユーザのワークステーションにインストールする際に、ボイス メッセージのユーザ宛に送信されたメッセージにテキストが含まれるかどうかを確認するようにカスタマイズします。ViewMail 4.1(1) のカスタマイズしたバージョンから ViewMail 4.2(1) にユーザのワークステーションをアップグレードする場合でも、このカスタマイズを行う必要があります。「Outlook バージョン 4.1(1) 以降の ViewMail をカスタマイズし、ユーザがボイス メッセージのユーザにメッセージを送信したときにテキストが含まれているかどうかを確認する」を参照してください。

4. ViewMail のカスタマイズしたバージョンを、すべてのユーザのワークステーションにインストールします。「カスタマイズしたバージョンの ViewMail をすべてのユーザのワークステーションにインストールする」を参照してください。


) ユーザのワークステーションに標準バージョンの ViewMail がすでにインストールされている場合、カスタマイズしたバージョンの ViewMail をインストールしただけでは、この機能を有効にすることはできません。また、既存のインストールを修復しても、この機能を有効にすることはできません。標準バージョンの ViewMail がすでにインストールされている場合にこの機能を有効にするには、それぞれのユーザのワークステーションでレジストリ キーの値を 1 に変更する必要があります。レジストリ キーは、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems\Cisco Unity\VMO\NoTextToVM です。これは DWORD キーです。各ユーザのワークステーションでレジストリを編集しても、またはソフトウェア公開ツールを使用して、すべてのユーザのワークステーションのキーの値を同時に更新することもできます。


5. Microsoft Outlook 2002 以降を使用しているユーザがカスタマイズしたバージョンの ViewMail を使用すると、Microsoft Outlook のセキュリティ警告が表示されます。ユーザには、[はい]をクリックして応答しても安全であることを知らせておきます。標準のセキュリティ警告では、アプリケーションが Outlook のアドレス帳にアクセスしようとしており、アクセスを許可するかどうか尋ねます(実際には、ViewMail はアドレス帳にアクセスするのではなく、警告の原因となった各メッセージのテキストを確認しています)。カスタマイズ方法や無効にする方法などをはじめ、Microsoft Outlook のセキュリティ機能については、Microsoft の Web サイトの『 Messaging Deployment Guide 』の「Administering Outlook Security」の章にある Microsoft Office アシスタント トピックの「Customizing the Outlook Security Features Administrative Package」を参照してください。

6. テキストが含まれるメッセージがボイス メッセージのユーザに送信された場合に Cisco Unity がメッセージを拒否するように設定したことで、どのような処理が行われるかをユーザに知らせることを検討します。テキストが含まれるメッセージを受信できないボイス メッセージのユーザが誰であるかが分かるように、ボイス メッセージのユーザのリストを各自に提供します。また、ボイス メッセージのユーザに送信したメッセージに応答して NDR を受け取った場合、メッセージを再送する前にすべてのテキストを削除する必要があることを、ユニファイド メッセージのユーザに知らせます。また、受信者のメールボックスが一杯になっている場合にも NDR が送信されることがあるという注意も与えてください。


) ある Exchange サーバから別の Exchange サーバにボイス メッセージのユーザのメールボックスを移動するとき、メールボックスに関連付けられたサービスは、移動後にも有効です。ボイス メッセージのユーザを、ある Cisco Unity サーバから別のサーバに移動したときも同じです。テキストが含まれるメッセージを拒否するように他の Cisco Unity サーバがまだ設定されていない場合には、ボイス メッセージのユーザへのメッセージが一貫して処理されるように、機能を有効にしてください。または、新しいエージェントを作成して、ユーザを別の Cisco Unity サーバに移動する前に個々のメールボックスからサービスを削除するという方法もあります。


テキストが含まれるメッセージがボイス メッセージのユーザに送信された場合に、メッセージを拒否するエージェントを設定する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左ペインで、[Administrative Tools]の下の [Message Store Manager] をダブルクリックします。

ステップ 3 [ファイル]メニューで、 [新しいエージェント] をクリックします。

ステップ 4 エージェントの名前を入力して、 [OK] をクリックします。たとえば、エージェントには「Reject Text to VM Subscribers」などの名前を付けます。

ステップ 5 [含む] フォルダを右クリックし、ボイス メッセージのユーザのみをエージェントのメンバーとするように指定するオプションをクリックします。たとえば、サーバ上のボイス メッセージのユーザを確認するサービス クラスを作成した場合は、[サービス クラスの追加]をクリックします。

ステップ 6 該当するサービス クラスまたは同報リストをクリックし、次に [OK] をクリックします。

ステップ 7 [スクリプト] ディレクトリをクリックします。

ステップ 8 右ペインに表示されるリストで、 [VM メールボックス ルールの追加] を右クリックし、 [使用する] をクリックします。

ステップ 9 [MSM Script]ダイアログボックスの中で、 [スケジュール] タブをクリックします。エージェントを実行する頻度を指定します。


) メンバーが一時的に Outlook アドレス帳で非表示になっている場合、エージェントの実行には時間がかかります。


ステップ 10 [OK] をクリックして[MSM Script]ダイアログボックスを閉じます。


 

ユニファイド メッセージのユーザがテキストを含むメッセージを受信するようにエージェントを設定する


ステップ 1 [ファイル]メニューで、 [新しいエージェント] をクリックします。

ステップ 2 エージェントの名前を入力して、 [OK] をクリックします。たとえば、エージェントには「Remove VM Subscribers Rule」などの名前を付けます。

ステップ 3 [含む] フォルダを右クリックし、すべてのユーザをエージェントのメンバーとして指定できるオプションをクリックします。たとえば、すべてのユーザの同報リストがある場合、[同報リストの追加]をクリックします。

ステップ 4 該当するサービス クラスまたは同報リストをクリックし、次に [OK] をクリックします。

ステップ 5 [除外] フォルダを右クリックし、ボイス メッセージのユーザをエージェントのメンバーから除外するように指定できるオプションをクリックします。たとえば、ボイス メッセージのユーザを確認するサービス クラスを作成した場合は、[サービス クラスの追加]をクリックします。

ステップ 6 該当するサービス クラスまたは同報リストをクリックし、次に [OK] をクリックします。

ステップ 7 [スクリプト] ディレクトリをクリックします。

ステップ 8 右ペインに表示されるリストで、 [VM メールボックス ルールの削除] を右クリックし、 [使用する] をクリックします。

ステップ 9 [MSM Script]ダイアログボックスの中で、 [スケジュール] タブをクリックし、エージェントを実行する頻度を指定します。


) メンバーが一時的に Outlook アドレス帳で非表示になっている場合、エージェントの実行には時間がかかります。


ステップ 10 [OK] をクリックして[MSM Script]ダイアログボックスを閉じます。


 

Outlook バージョン 4.1(1) 以降の ViewMail をカスタマイズし、ユーザがボイス メッセージのユーザにメッセージを送信したときにテキストが含まれているかどうかを確認する


ステップ 1 ViewMail をダウンロードするか、ある場合は Cisco Unity DVDの ViewMail ディレクトリを参照します。カスタマイズする ViewMail のバージョンに該当する『 Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook リリース ノート 』を参照してください。ドキュメントは
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_release_notes_list.html からアクセスできます。

ステップ 2 ViewMail ディレクトリで、JPN 言語フォルダを参照します。

ステップ 3 メモ帳などのテキスト エディタで、 VMOInit.VBS ファイルを開きます。

ステップ 4 次のように、End Function 行の直前に Session.Property( " NOTEXTTOVM " ) = " 1 " を入力します。

Function VMOInitFn()
rem Session.Property("EXTENSION") = ""
rem Session.Property("UNITYSERVER") = ""
Session.Property("NOTEXTTOVM") = "1"
End Function

ステップ 5 スクリプト ファイルを保存し、テキスト エディタを閉じます。

ステップ 6 コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム] >[アクセサリ] >[コマンド プロンプト] をクリックします。

ステップ 7 ViewMail > JPN ディレクトリに移動します。

ステップ 8 vmaddbin ViewMail.MSI VMOInit.VBS と入力し、 Enter キーを押します(スクリプトが完了すると、カーソルはコマンドラインに戻ります)。

ステップ 9 [コマンド プロンプト]ウィンドウを閉じます。


 

カスタマイズしたバージョンの ViewMail をすべてのユーザのワークステーションにインストールする


ステップ 1 「Outlook バージョン 4.1(1) 以降の ViewMail をカスタマイズし、ユーザがボイス メッセージのユーザにメッセージを送信したときにテキストが含まれているかどうかを確認する」 でカスタマイズした ViewMail のバージョンの要件、インストール手順、他の重要情報は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_release_notes_list.html の該当する『 Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook リリース ノート 』を確認してください。

ステップ 2 カスタマイズした ViewMail.msi ファイルを使用して、ViewMail をすべてのユーザのワークステーションにインストールします。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_release_notes_list.html の該当する
Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook リリース ノート 』で説明されているいずれかの方法を使用して ViewMail をインストールできます。


 

メッセージ再生スピードの変更

Cisco Unity システム管理の設定を変更するか、Bulk Edit ユーティリティを使用すれば、ユーザが電話で聞くメッセージの再生スピードを指定できます。指定したスピードで、Cisco Unity がユーザ メッセージの本文およびファックス メッセージの録音ガイダンスを再生する速度が決まります。テキスト/スピーチ(TTS)メッセージ、受信確認、またはメッセージ ヘッダーおよびフッターのスピードには影響を与えません(TTS メッセージは、常に通常スピードで再生されます。Cisco Unity が受信確認、メッセージ ヘッダーおよびメッセージ フッターを再生するスピードは、Cisco Unity カンバセーションに指定したスピードによって決まります)。

個々のユーザまたはユーザ テンプレートでのメッセージ再生スピードを変更するには、次の手順を実行します。ユーザのグループに対するメッセージ再生スピードを変更するには、Tools Depot にある Bulk Edit を使用します。または、ユーザ自身がメッセージ再生スピードを調整する方法がわかるように、「Cisco Unity Assistant でのメッセージの再生スピードの変更」にある情報を提供します。

メッセージの再生スピードを変更する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [プロファイル] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [プロファイル] ページを参照します。

ステップ 2 [再生速度]リストで、ユーザがすべてのメッセージを電話で聞くときに再生するスピードのレベルをクリックします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

ユーザが「前の」メッセージを再生したときの Cisco Unity の動作を明確にする

ユーザは、メッセージを聞いている間に、スタック内にある前のメッセージに戻って再生することができます。ただし、次の点に注意してください。

前のメッセージに戻るオプションは、代行キーパッド マッピング X カンバセーションでは使用できません。

ユーザが該当するキーを押して前のメッセージに戻ると、現在のメッセージはそのままの状態(新規、開封済み、または削除済み)になります。つまり、前のメッセージに戻ると、現在のメッセージをスキップすることになります。

「前の」メッセージに戻るを選択した場合の動作を明確に説明して、新規、開封済み、削除済みメッセージのスタックが動的であることをユーザが理解できるように配慮する必要があります。たとえば、ユーザが新規メッセージ スタックの中のメッセージを聞いて、そのメッセージを削除または保存すると、そのメッセージは新規ではなくなり、動的に新規メッセージ スタックから削除されます。この後でユーザが該当するキーを押して、スタック内の前のメッセージに戻ると、予期しない結果になります。直前まで再生していたメッセージを聞くことができると思っていても、メッセージの状態を変更していた場合には、そのメッセージはすでにスタックにはありません(ユーザが前のメッセージをすべて別のスタックに移動した場合、「前のメッセージはありません」というガイダンスが再生され、現在のメッセージがもう一度再生されます)。

ユーザに提供できる電話メニューおよびショートカットの更新済みリストについては、「 Cisco Unity ユーザ ガイド 」の章の「エラーおよび変更」を参照してください。

Cisco Unity Inbox での削除の確認を無効にする(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

Advanced Settings Tool を使用して、Cisco Unity Inbox がユーザに削除の確認をしないように、または項目を完全に削除しようとしたときだけ削除の確認をするように、レジストリを変更できます。デフォルトでは、ユーザがメッセージおよび他の項目を Cisco Unity Inbox から削除するとき、削除を確認する質問が表示されます。ユーザが削除済みアイテム フォルダ(ある場合)にあるアイテムを削除するときだけでなく、新規または開封済みアイテムを削除するときにも削除の確認が質問されます。

この機能の設定の詳細については、Advanced Settings Tool のヘルプを参照してください。この設定は、[Unity Inbox - Confirm Deletes]です。

「発信音の後にメッセージを録音してください」というプロンプトを無効にする

デフォルトでは、ユーザまたはコール ハンドラのグリーティングの再生後、Cisco Unity が「発信音の後にメッセージを録音してください」というプロンプトが再生されます。メッセージの録音タイミングをグリーティングで案内しているユーザもいるので、発信者は同じ指示を 2 回聞くことになります。このため、一部またはすべてのグリーティングの後のプロンプトを無効にする必要があることがあります。

ユーザ テンプレート、個々のユーザ、またはコール ハンドラの「発信音の後にメッセージを録音してください」というプロンプトを無効にするには、次の手順を実行します(ユーザのグループに対してプロンプトを無効にするときは、Tools Depot にある Bulk Edit を使用します)。

「発信音の後にメッセージを録音してください」というプロンプトを無効にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [グリーティング] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [グリーティング] ページを参照します。

既存のコール ハンドラを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [グリーティング] ページを参照します。

ステップ 2 [「発信音の後にメッセージを録音してください」のプロンプトを再生しない] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

「電話を転送しますので、そのままお待ちください」プロンプトを無効にする

デフォルトでは、着信を内線番号に転送するとき、Cisco Unity では「電話を転送しますので、そのままお待ちください」というプロンプトが再生されます。発信者の中にはこのプロンプトを聞くのが嫌いな人もいるため、プロンプトを無効にする必要がある場合があります。

ユーザ テンプレート、個々のユーザ、またはコール ハンドラの「電話を転送しますので、そのままお待ちください」というプロンプトを無効にするには、次の手順を実行します(ユーザのグループに対してプロンプトを無効にするときは、Tools Depot にある Bulk Edit を使用します)。プロンプトを無効にしても、必要に応じて発信者には Cisco CallManager から転送音が再生されます。

「電話を転送しますので、そのままお待ちください」というプロンプトを無効にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [着信転送] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [着信転送] ページを参照します。

既存のコール ハンドラを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [着信転送] ページを参照します。

ステップ 2 [転送中に発信者に通知しますか]セクションで、 [転送中のプロンプトを再生しない] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

グリーティング後録音を有効にする

Cisco Unity システム管理の該当する[ユーザ] >[サービス クラス] >[グリーティング]ページにある設定を使用して、発信者がサービス クラス(COC)に割り当てられたユーザにメッセージを残す前に、Cisco Unity が録音を再生するかどうかを指定できます。各 COS では、そのページの Media Master コントロール バーを使用して、発信者に聞かせたい内容を録音し、すべての発信者に流すのか、または身元不明発信者のみに流すのかを指定します。発信者は、# を押せばユーザまたはコール ハンドラのグリーティングをスキップできますが、グリーティング後録音はスキップできません。

Cisco Unity による再生が有効になっているとき、ユーザに対して有効になっている個人用グリーティングに関係なく、発信者にはユーザ グリーティングの直後に録音が聞こえます。また、コール ハンドラがメッセージを受信するように設定され、録音が有効になっている COS に割り当てられているユーザであるとき、グリーティング後録音は、コール ハンドラ グリーティングの後に再生されます(コール ハンドラのオーナーに割り当てられている COS は、録音を再生するかどうかでは影響を受けません)。

デフォルトでは、すべてのサービス クラスに対してグリーティング後録音の機能が無効になっています。組織および各 COS に割り当てられているユーザのタイプにより、販売チーム、テクニカル サポート グループ、または人事部門など、特定のユーザ グループの発信者が録音を聞けるように、一部のサービス クラスでこの機能を有効にすることを検討してください。各 COS では、発信者に合わせた異なる録音を適切な言語(該当する場合)で作成できます。録音は、最長 90 秒までの長さで作成できます。

たとえば、特定の COS に対してグリーティング後録音を有効にし、機密ポリシーを伝えたり、応答がいつになりそうかを知らせたりできます。また、この機能を使用して、発信者の連絡先情報、インボイス番号またはポリシー番号、その他の情報を含めるように依頼することもできます。逆に、法的またはセキュリティの問題から、パスワード、財務トランザクション要求などの情報のように、メッセージに含めるべきでない情報を発信者に忠告したい場合があります。

グリーティング後録音は、次の場合には再生されないことに注意してください。

コール ハンドラのメッセージ受信者が、同報リストに割り当てられている。

ユーザがメッセージを他のユーザに送信、返信、転送し、ユーザがユーザの内線番号に発信したとき、ユーザのグリーティング中に Cisco Unity にログオンし、メッセージを残す。


) 既存の COS に基づいて新規 COS を作成するとき、新規 COS はグリーティング後録音の設定を継承しますが、録音自体は継承しません。


サービス クラスのグリーティング後録音を有効にするには、次の手順を実行します。新規 COS の機能を有効にするにしろ、既存の COS の機能を有効にするにしろ、割り当てられたテスト ユーザ アカウントを持つ COS に対して機能を有効にして、その機能をテストすることを考慮してください。次に、テスト ユーザを呼び出し、グリーティング後に録音がどのように聞こえるかを尋ね、必要に応じて録音を調整します。

サービス クラスのグリーティング後録音を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当する [ユーザ] >[サービス クラス] >[グリーティング] ページに移動します。

ステップ 2 [グリーティング再生後、発信者がメッセージを残す前に録音を再生する] セクションで、次のいずれかのオプションを選択して機能を有効にし、録音を聞く発信者を示します。

[不明な発信者にのみ録音を再生する] :メッセージを残す前に、外部の発信者および Cisco Unity にログオンしていないユーザには、ユーザまたはコール ハンドラのグリーティングが再生され、次に録音が再生されます。

[すべての発信者に録音を再生する] :メッセージを残す前に、ユーザおよび外部の発信者には、ユーザまたはコール ハンドラのグリーティングが再生され、次に録音が再生されます。

ステップ 3 Media Master コントロール バーを使用して、発信者へのメッセージを録音するか、録音として既存の WAV ファイルを指定します。

録音済みの WAV ファイルを録音として使用するには、Media Master コントロール バーのオプション メニューにある[ファイルからのコピー]オプションを使用します。

ステップ 4 [保存] アイコンをクリックします。


 

オプション グリーティングの通知を有効にする(Cisco Unity Voice Messaging with Microsoft Exchange 2003 または Exchange 2000 のみ)

ユーザは、メッセージの送信、返信、転送時にメッセージの受信者のグリーティングを聞くことはないため、メッセージ受信者のオプション グリーティングが有効になっているときに通知を受けられるように、Cisco Unity サーバの「オプション グリーティングの通知」を有効にすることを検討してください。オプション グリーティングの通知は、メッセージ受信確認のタイプです。ユーザが、オプション グリーティングの有効になったユーザにメッセージを残す、または送信するとき、Cisco Unity はメッセージを配信すると同時に、送信者にオプション グリーティングの通知を送信します。オプション グリーティングの通知は、次の内容です。

「<ユーザ名または ID> へのオプション グリーティングがオンになっており、<グリーティングの有効期限> までオンのままになります。送信したメッセージは配信されましたが、受信者が再生できない可能性があります。」

グリーティングを無期限に再生するよう設定されているとき、Cisco Unity は、有効期限を再生するのではなく、無期限に再生することを知らせます。

オプション グリーティングの通知は、受信者がオプション グリーティングを有効にしている期間内に受信者に対してユーザが残した、または送信した最初のメッセージに応答して送信されます。同じ受信者に対して、ユーザがメッセージを続けて残す、または送信する場合、Cisco Unity の応答時に重ねて通知することはありません(ただし、受信者がいったんオプション グリーティングをオフにし、再び有効にした場合を除きます)。

機能が有効になっているとき、ユーザが受信者にアクセスできる場合は、電話で通知を再生したり、Cisco Unity Inbox からのテキストを確認したりできます(Advanced Settings Tool を使用すれば、サーバごとに受信者を無効にできます)。オプション グリーティングの通知は自動応答ですが、メッセージ受信者から送られるものです。したがって、ユーザはメッセージ ロケータを使用して、特定ユーザからのメッセージと通知の両方を検索できます。他のタイプの受信確認と同様、オプション グリーティング通知ではメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)は発生しません。

Cisco Unity は、システム ブロードキャスト メッセージに応答して通知を送信することはありません。また、身元不明発信者に対して通知を送信することもありません。Cisco Unity は、メッセージが個別ユーザまたは受診者がメンバーとなっている同報リストに対して宛先指定されている場合に送信者に通知を送ります。通知は、送信者および受信者が同じ Cisco Unity サーバをホームとしているか、デジタル ネットワークを構成する別個のサーバ上にあるかどうかに関係なく、送信されます(各サーバで機能が有効になっている場合)。ただし、別のネットワーク機能(AMIS、Bridge、または VPIM)が使用されている場合、リモート Cisco Unity または Cisco Unity Express ユーザ宛に残されたメッセージまたは送信されたメッセージに対してユーザが通知を受け取ることはありません。また、別のボイス メッセージ システム上のリモート ユーザに残されたメッセージまたは送信されたメッセージに対して通知を受け取ることもありません(extended-absence グリーティングなど、受信者が別のオプション グリーティングまたはこれに類似するグリーティングを有効にしている場合であっても、通知を受け取ることはありません)。

オプション グリーティングの通知は、デフォルトでは無効になっています。オプション グリーティングの通知は、サーバ単位でのみ有効にできます。特定のユーザや特定のユーザ グループに対して送信されたメッセージに応答して通知を送信するように指定したり、特定のユーザのみが通知を受信するように指定したりすることはできません。デジタル ネットワークが構成されている環境では、ネットワーク内のすべての Cisco Unity サーバで機能を有効にする必要があります。

ユーザが、オプション グリーティングが有効になっている他のユーザにメッセージを送信、返信、または転送したときに、Cisco Unity サーバがユーザに通知を送信するように設定するには、この項にある手順を実行します。次の手順を実行すると、Cisco Unity サーバに関連付けられたユーザがオプション グリーティングを有効にした場合、Cisco Unity は、ユーザにメッセージを送信するすべてのユーザにオプション グリーティングの通知を送信します(通知がオンに設定される前にすでにオプション グリーティングが有効になっていたユーザに送信されたメッセージに対しては、通知は送られません)。

ユーザが通知のしくみを理解できるように、「オプション グリーティングの通知(Exchange 版 Cisco Unity ボイス メッセージのみ)」にある情報をユーザに提供することを検討してください。

後でオプション グリーティングの通知を無効にした場合、機能を再度有効にするまで、ユーザはメールボックスにある既存の通知を利用できなくなり、ネットワーク内の他の Cisco Unity サーバで機能が有効になっていても、ユーザは通知を受け取りません。


) Cisco Unity(Exchange 5.5 システム版)では、オプション グリーティングの通知を有効にできません。また、Outlook の「Out-Of-Office」ルールと競合するため、ユニファイド メッセージ システムでオプション グリーティングの通知を有効にすることはサポートされていません。


Cisco Unity サーバのオプション グリーティングの通知を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左ペインで、[Administrative Tools]の [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ペインで、 [Conversation-Alternate Greeting Notices] をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで、 1 をクリックし、 [Set] をクリックします。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。

ステップ 7 Cisco Unity ソフトウェアを再起動します。


) 機能を有効または無効にしても、Cisco Unity ソフトウェアを再起動しないと、通知は機能しません。


ステップ 8 必要に応じて、サイトの Cisco Unity サーバそれぞれでこの手順を繰り返します。


) レジストリの変更は複製されないため、Cisco Unity フェールオーバーでは、一方の Cisco Unity サーバでレジストリを変更した場合は、手動でもう一方の Cisco Unity サーバのレジストリも変更する必要があることにも注意してください。



 

発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡席番号へ転送できるようにする

発信者に便宜を図るように、特定ユーザまたはユーザ グループのグリーティング中にキーを押すと、発信者が緊急連絡先番号に転送されるように Cisco Unity を設定できます。緊急連絡先番号は、オペレータの内線番号でも、他のユーザ(たとえば管理者や同僚)の内線番号でも、ユーザまたは他の人物に連絡が取れる別の番号でも構いません。

Cisco Unity システム管理または Bulk Edit ユーティリティを使用して、発信者が転送を行うときに押すキー、および転送先の番号を指定できます。複数ユーザに同じキーおよび緊急連絡先番号を指定することも、各ユーザに対してそれぞれ違うキーおよび緊急連絡先番号を指定することもできます。ユーザは、Cisco Unity カンバセーションまたは Cisco Unity Assistant を使用すれば、緊急連絡先番号を指定できます(緊急連絡先を指定するオプションは、発信者が押すとユーザ グリーティングから転送されるキーを指定しているかどうかに関係なく、Cisco Unity Assistant に表示されます)。緊急連絡先番号は、指定したユーザに関連付けられた転送規制テーブルで許可されている番号に限られます。

機能を有効にする際に、ユーザ自身が番号を指定できるように、転送に使用するキーを指定し、緊急連絡先番号は指定しないでおくことができます。緊急連絡先番号が指定されるまでは、Cisco Unity は、ユーザ グリーティングの最中に押して転送を行うように設定されたキーを無視します。Cisco Unity カンバセーションと Cisco Unity Assistant ではいずれも、発信者が転送を行えるように指定したキーが示されないため、グリーティングに情報を含めることができるようにユーザにキーを教えてください。発信者が緊急連絡先に転送されるとき、Cisco Unity は電話システムに通話を解放します。

発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡先に転送されるようにするには、次の手順を実行します。個々のユーザまたはユーザ テンプレートに関連付けられたユーザのグリーティングに対して動作するように機能を設定できます。また、Bulk Edit を使用して、複数ユーザのグリーティングに機能を同時に設定できます。

最後に、ユーザが緊急連絡先のしくみを理解できるように、「緊急連絡先番号の指定」にある情報をユーザに提供してください。

発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡席番号へ転送できるようにする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [発信者の入力] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [発信者の入力] ページを参照します。

ステップ 2 [入力キー一覧]またはキーパッドで、キーを 1 つ選択します。

ステップ 3 [アクション]セクションで、 [他のサービスへ移行:移行先] をクリックし、次に [緊急連絡先番号] をクリックします。

ステップ 4 [ダイヤルする番号:]フィールドに、0 ~ 9 の数字を入力し、最長 30 桁までの緊急連絡先番号を指定します。また、次の記号も使用できます。

, (カンマ)は 1 秒のポーズを追加する。

# および * は電話の # キーおよび * キーに対応する。

数字の間には、スペース、ダッシュ、括弧を入れることはできません。外線通話に必要なアクセス コード(たとえば 9)から入力を始めます。

ステップ 5 選択したキーをその操作にロックするかどうかを指定します。

ステップ 6 [保存] アイコンをクリックします。


 

身元不明発信者としてメッセージを残したユーザからのメッセージに返信できるようにする

デフォルトでは、ユーザが電話でメッセージを確認しても、メッセージが身元不明発信者からのものである場合、Cisco Unity は メッセージ再生後のメニューに返信オプションを提供しません。組織内のユーザに便宜を図るため、Advanced Settings Tool を使用して、Cisco Unity カンバセーションで身元不明発信者からのメッセージに対する返信オプションが提供されるように設定できます。このように設定すれば、認識されたユーザからのメッセージに返信する場合に押すのと同じキーを使用して、身元不明発信者が残したメッセージに返信できるようになります(全員に返信してユーザに電話をかけるオプションが利用できない場合を除き、ユーザがメッセージの転送を選択したときに Cisco Unity で再生されるのと同じプロンプトが再生されます)。

Cisco Unity で身元不明発信者からのメッセージに対する返信オプションを提供するかどうかを判別するには、Advanced Settings Tool のヘルプを参照してください。この設定は、[Conversation-Reply to Unknown Caller]です。

Cisco Unity システム管理および Cisco Unity サーバのデスクトップで利用できる FAQ

FAQ は Cisco Unity システム管理および Cisco Unity サーバのデスクトップで利用できます。FAQ のアドレスに関する質問が、Cisco Unity の管理者から数多く寄せられています。

Cisco Unity システム管理 FAQ を表示する


ステップ 1 ナビゲーション バーの一番下にある [よく寄せられる質問] リンクをクリックします。 Cisco Unity の別ウィンドウで FAQ が表示されます。

または、Cisco Unity デスクトップの [よく寄せられる質問] ショートカットをクリックします。

ステップ 2 使用できるリンクをクリックして、質問と回答を確認します。


 

メッセージ ロケータ検索に受信確認を含める(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

Cisco Unity システム管理のユーザ テンプレートまたは個々のユーザの該当する[機能]ページで、または Bulk Edit ユーティリティを使用して、新規および開封済み受信確認をメッセージ ロケータ検索に含めるかどうかを指定できます。デフォルトでは、受信確認はメッセージ ロケータ検索に含まれません。

ユーザが特定ユーザからのメッセージを検索するとき、メッセージ ロケータが受信確認を含むように設定されている場合、検索結果には、ボイス メッセージに加えて不達確認(NDR)、配達証明(読み取りと送信)、オプション グリーティング通知が含まれます。ユーザが電話でメッセージを確認するとき、または Cisco Unity Inbox で受信確認にアクセスできるかどうかに関係なく、検索結果に含まれることに注意してください(Tools Depot の Advanced Settings Tool を使用して、ユーザが受信確認にアクセスしないようにできます)。

個々のユーザまたはユーザ テンプレートのメッセージ ロケータ検索に受信確認を含めるには、次の手順を実行します(ユーザ グループの設定を変更するには、Tools Depot にある Bulk Edit ツールを使用します)。ユーザがメッセージ ロケータの使用時に予想されることを理解できるように、「メッセージ ロケータ検索に受信確認を含める(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」にある情報を該当するユーザに提供することを検討してください。

メッセージ ロケータ検索に受信確認を含める


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [機能] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [機能] ページを参照します。

ステップ 2 [検索に受信確認を含める] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

ライブ レコード

ライブ レコードでは、ユーザが発信者との通話中に会話を録音できます。録音された会話はユーザのメールボックスに保存され、ユーザは後で確認したり、別のユーザまたはユーザ グループにリダイレクトしたりできます。ライブ レコードは、組織のオペレータにとって特に便利な機能です。

ライブ レコードは、Cisco Unity が Cisco CallManager 電話システムと連動している場合に限りサポートされます。また、ライブ レコード はユーザのメールボックスが一杯になっていると動作しません。メールボックスが一杯になっているユーザが通話を録音するとき、機能は正常に動作しているように見えますが、録音された会話はメッセージとしてユーザのメールボックスに保存されていません。

Advanced Settings Tool により、通話の録音時に Cisco Unity が通知音を再生する頻度と再生する長さを指定できます。通知音を含むライブ レコードの設定については、
http://www.ciscounitytools.com/App_LiveRecord_405.htm にある Cisco Unity Tools の Web サイトを参照してください。

ユーザが機能の使用方法を理解し、次の免責条項を確認できるように、「ライブ レコードの使用」にある情報を該当するユーザに提供することを検討してください。

免責条項:監視、録音、または聴取デバイスを使用して、電話での会話または他の音声アクティビティを盗聴、監視、検索、または録音することは、同時に転送を伴っても伴わなくても、連邦、州および地域の条例のもとでは特定の状況で違法となることがあります。電話での会話の監視または録音を実践する前に、弁護士に意見を求めてください。一部の法律では、電話での会話を監視または録音する前に、通知音を鳴らしたり他の通知方法を使用したり、または電話での会話を行うすべての当事者に同意を求めたりすることで、電話での会話を行うすべての当事者に通知する形式が必要となります。これらの法律では、厳格な処罰が課せられることがあります。会話の録音中に、定期的に通知音を鳴らすことが求められる法律の場合、Cisco Unity 電話システムは、「通知音」を有効にするオプションをユーザに用意しています。Cisco Unity の通話録音機能を有効にする前に、該当するすべての管轄区の法律を確認してください。これは弁護士の意見ではなく、弁護士の意見を求めるためのものでもありません。この Unity 製品に付随する一般的な免責条項に加え、さらにシスコでは民事および刑事上のありとあらゆる責務を放棄し、この Unity 製品の無認可または不法な使用に対して責務を負いません。この責務に対する免責条項には、連邦、州および地域の該当条例に違反した電話での通話の無許可または不法な録音および監視を含みますが、必ずしもこれに限定するわけではありません。

メッセージを残すときに使用する Live Reply(「ユーザに発信」)の動作

ユーザが Live Reply 機能を使用して、あるユーザからの通話に折り返し電話をかけ、そのユーザが応答しなかったためメッセージを残すとき、Cisco Unity は発信者番号を使用してメッセージの発信者を識別します。つまり、ユーザが自身の内線番号から Live Reply を使用しているときに限り、Cisco Unity は誰からのメッセージかを正しく識別できます。

ユーザが別の電話から Live Reply を使用してユーザのメッセージを残すと、Cisco Unity は誰からのメッセージかを正しく識別しません。そのとき、メッセージを残したユーザが Cisco Unity にログオンしていた場合でも、Cisco Unity は、正しく識別する代わりに「身元不明発信者」からのメッセージであることを示す場合があります。

ユーザへの「クイックメッセージ」オプションの提供

Custom Key Map ユーティリティを使用すれば、「クイックメッセージ」を送信するオプションをユーザに提供できます。メッセージを聞いた後、ユーザは該当するキーを押して送信メッセージ カンバセーションから送信メッセージにすばやく切り替えることができます。メッセージを送信完了したら、ユーザは、クイックメッセージ送信前にいた、メッセージ再生カンバセーションのメッセージ スタック内の地点に戻ります。ユーザがクイックメッセージ用のキーを押すと、カンバセーションではユーザに対して「クイックメッセージを送信しています。」という音声アナウンスが再生され、メッセージ送信が完了すると、「次のメッセージに戻ります...」という音声アナウンスが再生されます。

この機能は、メッセージ再生後メニューが再生されている間に限り利用できます。

次の動作に注意してください。

ユーザがクイックメッセージを送信するときは、通常と同じ送信メニュー スタイルが再生され、録音および宛先の順序も同じになります。

メッセージ再生カンバセーションに戻る前にユーザが送信できるのは、1 件のクイックメッセージのみです。ユーザが追加でクイックメッセージを送信したい場合は、クイックメッセージ用の該当するキーを再度押す必要があります。

機能を設定するには、次の作業を行います。

1. Custom Key Map ユーティリティを使用して、キー シーケンスをクイック メッセージの送信アクションにマップします。ユーティリティの使用に関する詳細は、Custom Key Map ユーティリティのヘルプを参照してください。

2. Cisco Unity システム管理の[ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージの聞き取り]ページで、ユーザをカスタム キーパッド マッピング カンバセーションに割り当てます。

メッセージの優先度に緊急または通常のマークをつけて変更するオプションをユーザに提供する

Custom Key Map ユーティリティを使用すれば、メッセージの優先度を通常から緊急に、またはその逆に切り替えるオプションをユーザに提供できます。ユーザは、メッセージ再生中、またはメッセージ再生後メニューの再生時に、メッセージの優先度を切り替えることができます。ユーザが該当するキーを押したとき、現在のメッセージの優先度を切り替えられます。現在、メッセージに緊急のマークが付いている場合は通常の優先度に設定され、現在通常のマークが付いている場合は、緊急の優先度に設定されます。ガイダンスではメッセージの新しい優先度設定がアナウンスされ、その後スタックの次のメッセージに移動します。

次の動作に注意してください。

ユーザがメッセージの優先度を切り替えても、メッセージの「新規」または「開封済み」ステータスは変更されません。

ユーザがメッセージを聞きながら該当するキーを押してメッセージの優先度を変更した場合、ガイダンスはメッセージの再生を停止し、新しい優先度設定をアナウンスしてから次のメッセージに移動するため、結果としてメッセージをスキップすることになります。

ユーザ スタック内のメッセージの順序は、ユーザが電話を切るか、メイン メニューに戻るかしてスタックから出るまで、切り替えられたメッセージの新しい優先度を反映して更新されることはありません。

機能を設定するには、次の作業を行います。

1. Custom Key Map ユーティリティを使用して、キー シーケンスを緊急フラグの切り替えアクションにマップします。ユーティリティの使用に関する詳細は、Custom Key Map ユーティリティのヘルプを参照してください。

2. Cisco Unity システム管理の[ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージの聞き取り]ページで、ユーザをカスタム キーパッド マッピング カンバセーションに割り当てます。


) Cisco Unity Inbox を使用するユーザは、どのカンバセーション スタイルに割り当てられているかは関係なく、メッセージ ウィンドウの[緊急にする]チェックボックスをオンまたはオフにすることで、メッセージの優先度を設定できます。


スタック内の先頭メッセージまたは最終メッセージにジャンプするオプションをユーザに提供する

Custom Key Map ユーティリティを使用すれば、メッセージを聞いている最中にメッセージ スタック内の先頭メッセージまたは最終メッセージにジャンプするオプションをユーザに提供できます。このオプションは、新規、開封済み、および削除済みの各メッセージ スタックで使用できます。ユーザは、メッセージを聞いている間に該当するキーを押します。ガイダンスは要求されたメッセージにジャンプし、「先頭メッセージ」または「最終メッセージ」のいずれかを音声アナウンスでユーザに流します。

この機能は、メッセージ再生中、およびメッセージ再生後メニューの再生中に利用できます。

機能を設定するには、次の作業を行います。

1. Custom Key Map ユーティリティを使用して、キー シーケンスをメッセージ スタックの先頭へジャンプ アクションとメッセージ スタックの最後へジャンプ アクションの両方にマップします。ユーティリティの使用に関する詳細は、Custom Key Map ユーティリティのヘルプを参照してください。

2. Cisco Unity システム管理の[ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージの聞き取り]ページで、ユーザをカスタム キーパッド マッピング カンバセーションに割り当てます。

メッセージの転送時に、コメントを録音するようにユーザにプロンプトを出す

Cisco Unity のガイダンスが、ユーザがメッセージを録音する前に宛先指定するようプロンプトを出すように設定されているとき、ユーザがコメントなしでメッセージを転送しないように、メッセージの宛先を指定した直後に # キーを押した場合、Advanced Settings Tool を使用して、Cisco Unity がユーザによるコメントの録音を求めるプロンプトを出すように指定することができます。メッセージの送信にはユーザによるコメントの録音は必要がありませんが(# キーを再度押せばスキップできます)、Cisco Unity がコメントを求めるプロンプトを出せば、コメントを残してくれる可能性が高くなります。

転送メッセージの宛先を指定した直後にユーザが # キーを押したとき、Cisco Unity が応答する方法を変更するには、Advanced Settings Tool のヘルプを参照してください。この設定は、
[Conversation-Subscriber Forward Message Flow (Prompt for Introduction)]です。Cisco Unity が、最初にメッセージを録音し、次に宛先指定するように設定されている場合、この設定ではカンバセーションに影響を与えないことに注意します。

発信者情報に通知テキスト メッセージを追加する

Cisco Unity が到着通知メッセージをユーザ テキスト用ポケットベル、テキスト互換携帯電話、または電子メール アドレスへのテキスト メッセージ形式で送信するとき、Cisco Unity が通知に発信者情報を追加するように指定できます。発信者情報は、メッセージ数(メッセージがある場合)の後に、新しいメッセージから古いメッセージへの順番に番号が付けられて表示されます。たとえば、[テキスト]フィールドおよび[送信元]フィールドの値、メッセージ数、発信者情報を含むテキスト用ポケットベル通知は、次のようになっています。

テクニカル サポートへの緊急メッセージ
緊急メッセージ数: 1
ボイスメール数: 2
電子メール数: 2
1. Kelly Bader
2. 2065551205
3. Kelly Bader
4. 発信者情報不明
<発信元フィールドに Cisco Unity への発信呼数を表示>
 

Cisco Unity が発信者の名前および番号を提供するか、単に発信者情報が不明であると表示するかは、通知の送信を発生させるメッセージが、ユーザからであるか、身元不明発信者からであるか、またはファックス サーバからであるかによって異なります。

Cisco Unity が提供する発信者情報および機能を有効にする方法に関する詳細は、ユーザ用[メッセージの到着通知]ページにある[発信者情報を含む]チェックボックスのフィールド ヘルプ、および Cisco Unity システム管理のテンプレートを参照してください。Tools Depot にある Bulk Edit ツール を使用すれば、テキスト メッセージ通知を使用するユーザ グループの発信者情報を提供できます。

Cisco Unity Assistant でテキスト メッセージ通知の設定時に、発信者情報を含むことができるようにユーザに警告するには、ユーザに「通知テキスト メッセージに発信者情報を含める」にある情報を提供します。


ヒント 到着通知メッセージが発信者情報を含むとき、ユーザが電話で Cisco Unity にログオンしてメッセージを再生するときに、情報を再度聞きたくない場合があります。ユーザがメッセージ ヘッダーからメッセージ本文に簡単にスキップできるように、Custom Key Map ユーティリティを使用してキー(たとえば # キー)をマップすることを考慮します(ユーティリティの使用に関する詳細は、Custom Key Map ユーティリティのヘルプを参照してください)。また、ユーザは Cisco Unity Assistant を使用して、Cisco Unity がメッセージ再生前に発信者情報を再生しないように指定することができます。


BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセスの設定(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセスは、ライセンスを付与された機能ではなく、ユーザに特別なサービス クラス(COS)特権を与える必要もありません。BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセスのプラグインがインストールされた Blackberry サーバに Blackberry デバイスが接続され、デバイスが正常に設定されている限り、ユーザは Blackberry デバイスを使用して、Cisco Unity ボイス メッセージにアクセスできます。

ボイス メッセージは、他のメッセージとともに、BlackBerry 受信トレイに表示されます。Cisco Unity のボイス メッセージを再生するには、ユーザの BlackBerry デバイスを使用してメッセージを開き、関連リンクをクリックします。Cisco Unity は、メッセージ再生用に指定された電話番号に電話をかけ、ユーザが呼び出しに応答すると、メッセージの再生が開始します(ユーザのサービス クラスに関連付けられた規制テーブルで、メッセージ再生用に特定の電話番号の指定が禁止される場合があることに注意してください)。

メッセージの再生中および再生後に使用できるメニュー オプションは、ユーザが Cisco Unity にログオンして、電話でメッセージを再生するときに使用できるものと同じです。メッセージの保存または削除後、ユーザは BlackBerry 受信トレイから別のメッセージを選択するか、* を押して Cisco Unity にログオンし、他のタスクを実行できます。

BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセスを設定するためのタスク リスト

BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセスを設定するには、次のタスクを実行します。

1. オプション: Cisco Unity サーバと BlackBerry サーバ間で交換するデータが、暗号化 HTTPS 接続を介して送信されるように、BlackBerry サーバとの通信で Secure Sockets Layer(SSL)プロトコルを使用するように Cisco Unity を設定します。さらに、BlackBerry デバイスには結果のセキュリティ警告を表示させないことを検討してください。

手順の詳細は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_administration_guide_book09186a008043ea54.html にある『 Cisco Unity Security Guide , Release 4.0 』の「Using SSL to Secure
Client/Server Connections」の章の「Manually Setting Up the System to Use SSL」の項に掲載されているタスク リストを参照してください。

2. ユーザが電話機を録音再生デバイスとして使用できるようにする場合は、この用途のために少なくとも 1 つのボイスメール ポートを Cisco Unity に指定します。

詳細については、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_administration_guide_book09186a008043ea39.html にある『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド Release 4.0(5) 』の「システム設定」の中の「ボイスメール ポートの設定」の項を参照してください。

3. BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセス プラグインを BlackBerry サーバにインストールします。
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_release_note09186a008053034b.html にある『 Release Notes for Cisco Unity Mobile Message Access for BlackBerry Release 1.0(1) 』を参照してください。ドキュメントでは、BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセス プラグインのインストールに関する要件と手順が解説されています。

4. ユーザが BlackBerry ブラウザを使用するようデバイスを設定できるように、「BlackBerry 用モバイル メッセージ アクセスの使用(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」にある手順をユーザに説明します。さらに、ユーザが初めて BlackBerry デバイスを使用して Cisco Unity ボイス メッセージにアクセスするときは、メッセージを再生するために Cisco Unity がかける電話番号を指定する必要があります。

Cisco Unity が新規および開封済みメッセージの削除をユーザに確認するよう指定する

デフォルトでは、ユーザが新規メッセージまたは開封済みメッセージを電話で削除するときに、Cisco Unity は削除の確認をしません。一部のユーザは、メッセージを削除する前に Cisco Unity からの確認を希望する場合があります。メッセージの削除の確認は、削除済みメッセージへのアクセス権がないユーザには特に有効です。

ユーザに削除を確認するよう Cisco Unity に指定するには、個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレート上で、次の手順を実行します(ユーザのグループに対して変更を行うときは、Tools Depot にある Bulk Edit を使用できます)。Cisco Unity Assistant と Cisco Unity のカンバセーションでは、いずれにもユーザ自身が変更できる方法はありません。

Cisco Unity が新規および開封済みメッセージの削除をユーザに確認するよう指定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ]>[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

ステップ 2 [新規および保存済みメッセージの削除を確認する] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity が新規メッセージを自動的に再生するように指定する

デフォルトでは、ユーザが Cisco Unity にログオンした後、メイン メニューが再生されます。Cisco Unity がメイン メニューの代わりに新規メッセージを再生するように、カンバセーションをカスタマイズできます。Cisco Unity が新規メッセージを自動的に再生するように指定すると、ユーザは新規メッセージを再生するためのキーを押す(「新規メッセージは 1 を押す」)必要がなくなります。

Cisco Unity が新規メッセージを自動的に再生するように設定しても、ユーザに再生されるカンバセーションは内容も動作も同じです。

Cisco Unity は指定に従って、録音された名前、オプション グリーティング通知、新しいメッセージの数、メッセージ タイプ メニューを再生します。

Cisco Unity は、システム ブロードキャスト メッセージ、フル メールボックスの警告、パスワード リセットのリマインダ、その他のプロンプトなどを、新規メッセージの前に再生します。

Cisco Unity が次の新規メッセージを再生する前に、ユーザは、メッセージを保存するか、または削除するかを指示する必要があります。

ユーザは、いつでもメッセージの再生を終了して、メイン メニューを聞くことができます。

また、ユーザ宛ての新規メッセージがない場合は、通常のようにメイン メニューが再生されます。

Cisco Unity が新規メッセージを自動的に再生するように指定するには、個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレート上で、次の手順を実行します(ユーザのグループに対して変更を行うときは、Tools Depot にある Bulk Edit を使用できます)。Cisco Unity Assistant と Cisco Unity のカンバセーションでは、いずれにもユーザ自身が変更できる方法はありません。

機能を有効にした後、ユーザが電話でメッセージを確認するために Cisco Unity にログオンしたときに予想されることを理解できるように、「Cisco Unity が新規メッセージを自動再生するときの電話によるメッセージ確認」にある情報をユーザに提供することを検討します。

Cisco Unity が新規メッセージを自動的に再生するように指定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ]>[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ]>[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

ステップ 2 [新しいメッセージを自動的に再生する] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity がユーザに、宛先確認のプロンプトを出すよう指定する

デフォルトでは、ユーザが電話でメッセージを送信、転送、返信するときに、ユーザの内線番号を入力してメッセージの宛先を指定した場合でも、Cisco Unity は追加したそれぞれの宛先の確認を尋ねません。名前による各宛先を Cisco Unity に確認してもらいたいユーザのために(宛先の追加方法に関係なく)、宛先が追加されるたびに Cisco Unity が「<ユーザ名> が追加されました」というアナウンスを流すように指定できます。

ユーザに名前による宛先確認のプロンプトを出すよう Cisco Unity に指定するには、個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレートで、次の手順を実行します(ユーザのグループに対して変更を行うときは、Tools Depot にある Bulk Edit を使用できます)。Cisco Unity Assistant と Cisco Unity のカンバセーションでは、いずれにもユーザ自身が変更できる方法はありません。

Cisco Unity がユーザに、名前による宛先確認のプロンプトを出すよう指定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ]>[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

ステップ 2 [受信者を名前で確認する] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

ユーザが電話または接続を切ったとき、メッセージに開封済みのマークを付けるよう指定する

デフォルトでは、電話または接続を切る前にユーザが別の動作を指定していない限り、Cisco Unity は、ユーザがメッセージ本文を電話で聞くときにメッセージをそのままの状態(新規メッセージまたは開封済みメッセージのいずれか)で保持します。ただし、メッセージ本文にアクセスした時点ですべてのメッセージに開封済みのマークを付けることを希望するユーザもいます。

ユーザが電話または接続を切ったとき、メッセージに開封済みのマークが付くように指定するには、個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレートで次の手順を実行します(ユーザのグループに対して変更を行うときは、Tools Depot にある Bulk Edit を使用できます)。Cisco Unity Assistant と Cisco Unity のいずれのカンバセーションでも、ユーザが自分で設定を変更することはできません。

機能を有効にしたら、必ずユーザに変更を知らせてください。

ユーザが電話または接続を切ったとき、メッセージに開封済みのマークを付けるよう指定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ]>[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ]>[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

ステップ 2 [切断時にメッセージを保存済みとしてマークする] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

メッセージの送信、返信、転送時にユーザに案内する電話メニューのスタイルを指定する

電話によるメッセージの送信、返信、転送時にユーザに案内されるメニューを指定できます。送信メニューのスタイルによって、メッセージの録音および宛先指定の後にユーザに案内される内容が変わります。

デフォルトでは、ユーザに案内されるメニューはストリームライン送信メニューです。標準送信メニュー スタイルで提供される段階的なメニューに対して、ストリームライン送信メニューは、ユーザがメッセージの宛先指定や録音を終えた後で、少ないキー操作でメッセージに緊急のマークを付けたり、受信確認を要求したり、他のタスクを実行したりできるように設計されています。次の表は、2 つの送信メニュー スタイルの比較です。

 

ストリームライン送信メニュー
標準送信メニュー
 
# - メッセージの送信
1 - 緊急
2 - 受信確認の返信
3 - プライベート
4 - 時間指定送信(Exchange のみ)
5 - 録音の確認
6 - 再録音
7 - 追加録音
91 - 名前の追加
92 - すべての名前を確認(および削除)
 
# - メッセージの送信
1 - メッセージ オプション
1 - 宛先の変更
1 - 名前の追加
2 - すべての名前を確認
3 - 名前の削除
2 - 録音の変更
1- 録音の確認
2 - 録音の保存
3 - 再録音
4 - 追加録音
3 - 特殊配信の設定
1 - 緊急
2 - 受信確認の返信
3 - プライベート
4 - 時間指定送信(Exchange のみ)
4 - メッセージの確認
# - メッセージの送信

) 標準送信メニューからストリームライン送信メニューに切り替えた後でも、ユーザは以前のショートカットをそのまま使用して、メッセージの送信前に特殊配信オプションを設定することがあります。たとえば、メッセージに緊急のマークを付けて送信するのに、いつもの癖で 131# を押してしまうことが考えられます。ストリームライン送信メニューでこのショートカットを使用すると、メッセージに緊急、プライベートのマークが付き、送信前にメッセージに再び通常のマークが付きます。したがって、送信者が意図した緊急メッセージではなく、プライベート メッセージが受信者に送信されます。他のカンバセーションの変更と同様に、標準送信メニューからストリームライン送信メニューに変更することの意味をユーザが理解し、変更に応じて操作を調整できるように配慮してください。


また、ストリームライン送信メニューでは、リストを簡単にナビゲートして、メッセージの宛先を指定できます。

 

ストリームライン送信メニューでのリスト ナビゲーション
標準送信メニューでのリスト ナビゲーション

Cisco Unity では、リストから名前を選択する「スキップ & スキャン」方式を使用します。一致リスト全体が提示され、ユーザは目的の名前が聞こえたときに # を押して選択します。(リストを確認しながら 3 を押すと、名前が削除されます)。また、ユーザが 7 または 9 を押すと、それぞれリストの直前または直後の名前にスキップでき、7-7 または 9-9 を押すと、リストの先頭または最後にスキップできます。

このように、ユーザはすばやく効率的に長いリストをナビゲートして名前を選択でき、メッセージの宛先指定に要する時間を短縮できます。

ユーザが名前リストから宛先を選択する場合、Cisco Unity は同時に 6 つの名前を提示します。希望する名前が聞こえたら、ユーザはその名前に対応する番号(1 ~ 6)を押して選択します。選択を行わないと、Cisco Unity は次の 6 つの名前を提示します。


) いずれのメニュー スタイルを選択しても、ユーザが他のユーザにメッセージを送信または転送するときに Cisco Unity が宛先指定と録音をユーザに要求する順番や、Cisco Unity がユーザに宛先指定を継続するよう求めるかどうかには影響しません。(宛先指定の順番を指定するには、Advanced Settings Tool を使用して、[Conversation-Subscriber Send Message Flow]設定を変更します。連続した宛先指定についての詳細は、「複数受信者へのメッセージの宛先指定の効率化」を参照してください)。


個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレートで送信メニュー スタイルを変更するには、次の手順を実行します。ユーザのグループに対して変更を行うときは、Tools Depot にある Bulk Edit を使用します。また、ユーザが Cisco Unity Assistant を使用して目的の送信メニュー スタイルを指定できるように、「メッセージの送信、返信、転送時に再生される送信メニューの指定」にある情報をユーザに提供します。

送信メニュー スタイルを指定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

ステップ 2 [送信メッセージの形式]リストで、ユーザに案内するメニュー スタイルをクリックします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

ユーザは ## または 00 を押して検索モードを切り替えることができる

Cisco Unity を使用してメッセージの宛先指定、プライベート リストの編集、または電話によるメッセージの検索を行う場合には、名前のスペルを入力するか、内線番号を入力してユーザを検索します。## または 00 を押すと、検索モードを切り替えることができます。Cisco Unity はデフォルトでどちらのキーの組合せにも応答するように設定されているため、特に設定する必要はありません。

ただし、00 を押して検索モードを切り替えると、Cisco Unity が応答するまでに遅延が発生するので注意する必要があります。この遅延を回避するには、00 ではなく ## を押します。またはCisco Unity がキー操作を待つ時間を短かくして、00 を押したときにユーザに遅延が生じないようにすることができます。

Cisco Unity が次のキー操作を待つ時間を短縮すれば、ユーザが 00 を押して検索モードを切り替えるときに遅延が生じなくなります。ただし、ユーザがメッセージの宛先指定やパスワードの更新、着信転送、到着通知番号の変更などを行うときにも、Cisco Unity が次のキー操作を待つ時間が短くなります。このため、Cisco Unity サーバに関連付けられているすべてのユーザではなく、00 を使用する可能性の高いユーザのみを対象に、[ユーザが最初のキーを入力後、追加のキーを入力するまでの時間]フィールド(Interdigit Timeout 設定とも呼ばれます)の値を小さくすることをお勧めします。

[ユーザが最初のキーを入力後、追加のキーを入力するまでの時間]フィールドは、Cisco Unity システム管理の各ユーザの[メッセージの聞き取り]ページに表示されます。デフォルトでは、Cisco Unity は次のキーが押されるまで 3000 ミリ秒待ってから動作します。

エラーおよび変更

特に指定のない限り、次の項は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_administration_guide_book09186a008043ea45.html にある『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド (IBM Lotus Domino 版) Release 4.0(5) 』および
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_administration_guide_book09186a008043ea39.html にある『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド (Microsoft Exchange 版) Release 4.0(5) 』に適用されます。

「すべての Cisco Unity ガイドに影響がある変更」

「Cisco Unity コンポーネントで使用できる言語」

「Cisco Unity システム管理での Cisco Unity ガイダンスのスピードの変更」

「Cisco Unity システム管理での Cisco Unity ガイダンスの音量の変更」

「メッセージ ロケータ」

「メッセージの到着通知スケジュールの設定」

「カンバセーションの設定:[電話メニューの応答]フィールドの定義」

「システム ブロードキャスト メッセージの送信:最大メッセージ長」

「システム ブロードキャスト メッセージの送信:グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を使用したメッセージの送信と管理」

「システム ブロードキャスト メッセージの送信:あらかじめ録音されたシステム ブロードキャスト メッセージの使用」

「Cisco Unity のカンバセーションをカスタマイズする方法」

「メッセージの聞き取り中にメッセージをスキップする方法の変更(標準カンバセーション)」

「複数受信者へのメッセージの宛先指定の効率化」

「SSL 接続を使用したときのセキュリティ警告の管理」

「ユーザ テンプレート着信転送の設定」

「ユーザ テンプレート発信者の入力の設定」

「ユーザ着信転送の設定」

「コール ハンドラ着信転送の設定」

「レポートの表示と印刷(Domino 版 Cisco Unity のみ)」

「レポートの表示と印刷(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」

「同報リスト レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)」

「転送課金レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)」

「転送課金レポート(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」

「発信課金レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)」

「発信課金レポート(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」

「ポート使用状況レポート」

「AMIS 発信トラフィック レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)」

「AMIS 発信トラフィック レポート(Exchange 版 Cisco Unity のみ)」

「コンフィギュレーション設定:[認識されたユーザ メッセージ]フィールド」

「コンフィギュレーション設定:[電話メニューの応答]フィールドの定義」

「ユーザのアドレス帳設定(Domino 版 Cisco Unity のみ)」

すべての Cisco Unity ガイドに影響がある変更

システム要件ドキュメントの参照先

Cisco Unity 4.x システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』の参照先については、代わりに次の資料を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity42/42reqs.htm にある『 Cisco Unity 4.2 システム要件

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity42/42lsupp.htm にある『 Cisco Unity 4.2 以降でサポートされるハードウェアとソフトウェアおよびサポート ポリシー

Exchange 5.5 のサポートの終了

Cisco Unity メッセージのメッセージ ストアにあるように、新規インストールやアップグレードなど、Exchange 5.5 へのサポートは終了しました。Cisco Unity ガイドおよびヘルプでは、Exchange 5.5 のサポートに関する記述は無視してください(一部の Cisco Unity アプリケーションには、Exchange 5.5 の参照資料が含まれていることがあります)。

Exchange 5.5 がメッセージ ストアになっていると、Cisco Unity 4.2 では、インストールおよびアップグレードが失敗します。バージョン 4.2 にアップグレードする前に、まず Exchange 2003 または Exchange 2000 にアップグレードしてください。

Windows NT ドメインのサポートの終了

Cisco Unity サーバを Windows NT ドメインでのメンバー サーバにすることは、サポートされなくなりました。Cisco Unity のガイドおよびヘルプでは、Windows NT ドメインのサポートに関する記述は無視してください(一部の Cisco Unity アプリケーションには、Windows NT ドメインの参照資料が含まれていることがあります)。

Cisco Unity コンポーネントで使用できる言語

「ユーザ ワークステーションでの Cisco Unity アプリケーションの設定」の章、および「言語数」の章では、ViewMail、IBM Lotus Domino Unified Communications (DUC) for Cisco、および Cisco Personal Communications Assistant(PCA)で使用可能な全言語のリストに関して、いずれも誤って『 Cisco Unity システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』を参照していました。

情報は、 http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity42/cu421rn.htm にある『 Cisco Unity Release 4.2(1) リリース ノート 』の「Cisco Unity コンポーネントで使用できる言語」の項を参照してください。

そのガイドの Domino バージョン へのリンクおよび そのガイドの Exchange バージョン へのリンク)。

Cisco Unity システム管理での Cisco Unity ガイダンスのスピードの変更

Cisco Unity ガイダンス 」、「 ユーザ テンプレートの設定 」、「 ユーザ設定 」の各章には、スピード設定が Cisco Unity Assistant の[メッセージの聞き取り]ページにあると記述されていますが、これは誤りでした。設定は、テンプレートおよびユーザの[プロファイル]ページに移動され、その目的が明確になるように名前が変更されました。この設定は「通話速度」と呼ばれます。

また、これらの章では、設定が録音済みのボイス名のスピードおよびユーザ グリーティングのスピードには影響を与えないと記述されていますが、これも誤りでした。実際には、設定は、プロンプト、録音済みのボイス名、受信確認、メッセージ ヘッダーおよびフッター、ユーザ グリーティングなど、Cisco Unity ガイダンスのすべての要素のスピードを制御します。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、情報が修正されていることに注意してください。

そのガイドの Domino バージョン へのリンクおよび そのガイドの Exchange バージョン へのリンク)。

Cisco Unity システム管理での Cisco Unity ガイダンスの音量の変更

Cisco Unity ガイダンス 」、「 ユーザ テンプレートの設定 」、「 ユーザ設定 」の各章には、Cisco Unity システム管理の音量調節により、ユーザは Cisco Unity ガイダンスの音量を調整できると記述されていますが、これは誤りでした。実際には、メッセージ再生の音量が制御されます。

また、これらの章では、[音量]設定が Cisco Unity システム管理の[メッセージの聞き取り]ページにあると記述されていますが、これも誤りでした。設定は、テンプレートおよびユーザの[プロファイル]ページに移動され、その目的が明確になるように名前が変更されました。設定は「メッセージの再生音量」と呼ばれるようになりました。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、情報が修正されていることに注意してください。

そのガイドの Domino バージョン へのリンクおよび そのガイドの Exchange バージョン へのリンク)。

メッセージ ロケータ

Cisco Unity ガイダンス 」、「 ユーザ テンプレートの設定 」、「 ユーザ設定 」の各章には、メッセージ ロケータが有効になっているとき、すべてのカンバセーション スタイルのメイン メニューで、Cisco Unity がユーザに対して「メッセージを検索するには 5 を押してください」というプロンプトを出すと記述されていますが、これは誤りでした。実際には、代行キーパッド マッピング X および代行キーパッド マッピング S に関して、Cisco Unity がユーザに 8 を押すようプロンプトを出します。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

そのガイドの Domino バージョン へのリンクおよび そのガイドの Exchange バージョン へのリンク)。

メッセージの到着通知スケジュールの設定

「Subscriber Template Settings」 および 「Subscriber Settings」 の章では、メッセージの到着通知スケジュールが機能するしくみが明確に説明されていません。到着通知スケジュールがアクティブに設定された時間中に新しいメッセージが到着すると、Cisco Unity により通知呼び出しが行われます。非アクティブに設定された時間中に新しいメッセージが到着すると、次のアクティブ時間の開始時に、Cisco Unity によりメッセージ通知が送信されます。これらの章では、特定のメッセージに対してすでに到着通知を受け取っていたとしても、ユーザ スケジュールの次のアクティブ設定時間の開始時に新規のマークが付いたあらゆるメッセージに関して、Cisco Unity がメッセージの到着確認を送信することを明記していませんでした。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、内容が明確にされていることに注意してください。

そのガイドの Domino バージョン へのリンクおよび そのガイドの Exchange バージョン へのリンク)。

カンバセーションの設定:[電話メニューの応答]フィールドの定義

「Subscriber Template Settings」 および 「Subscriber Settings」 の各章の[電話メニューの応答]フィールドの説明に誤りがありました。正しい説明は次のとおりです。

ユーザごとに、次の項目を指定できます。

メニューの再生後に Cisco Unity がユーザの最初のキー入力を待つ時間。この設定は「最初の桁のタイムアウト」とも呼ばれます。有効なエントリの範囲は 500 ~ 10,000 ミリ秒です。デフォルトは 5000 ミリ秒です。

ユーザが、メッセージの宛先指定、パスワードの更新、着信転送またはメッセージ到着通知番号の変更などを行うために、ユーザ名または内線番号を入力するとき、あるキーを押したあとに、次のキーを押すまで Cisco Unity が待機する時間。この設定は「桁間タイムアウト」とも呼ばれます。有効なエントリの範囲は 1,000 ~ 10,000 ミリ秒です。デフォルトは 3,000 ミリ秒です。

ユーザがメニューに応答しない場合に Cisco Unity がメニューを繰り返す回数。有効なエントリの範囲は 0 ~ 250 です。デフォルトは 1 です。


) Cisco Unity がユーザにメニューを繰り返す回数を大幅に増やす場合は注意が必要です。ユーザが Cisco Unity への通話を保留にして元に戻すのを忘れた場合、またはユーザが電話を切ったとき、予想に反して回線が切断されなかった場合、Cisco Unity が電話メニューを繰り返して、ボイス ポートを長時間占有する可能性があります。


上の設定に指定した値は、ユーザ ID およびパスワードを確認するために再生されるメニューを除き、すべてのユーザ カンバセーションの電話メニュー(たとえば、メイン メニュー、メッセージ再生メニュー、メッセージ再生後メニュー、設定オプションのメニュー)を制御します。

フィールドを空白のままにすると、[システム] >[コンフィギュレーション] >[設定]ページに指定されている設定によって、Cisco Unity がユーザを待つ時間およびメニューを繰り返す回数が決まります。

[電話メニューの応答]フィールドは、ユーザおよびテンプレート両方の Cisco Unity システム管理の[メッセージの聞き取り]ページに表示されます。Cisco Unity システム管理のヘルプは、すべての変更点を反映するように更新されていないことに注意してください。

そのガイドの Domino バージョン へのリンクおよび そのガイドの Exchange バージョン へのリンク)。

システム ブロードキャスト メッセージの送信:最大メッセージ長

「Cisco Unity ガイダンス」の章の「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者へのアクセスを設定および提供するためのタスク リスト」の項では、最大録音長について誤った情報が提供されていました。ガイドでは、Advanced Settings Tool で可能なシステム ブロードキャスト メッセージの最大録音長は 360,000 ミリ秒までとなっていますが、これは誤りでした。実際には、最大録音長は Tool を使用して 3,600,000 ミリ秒(60 分)まで指定できます。

Advanced Settings Tool は、Tools Depot から利用できます。この設定は、[Conversation--System Broadcast Message Maximum Recording Length]です。

Advanced Settings Tool および Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

システム ブロードキャスト メッセージの送信:グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)を使用したメッセージの送信と管理

「Cisco Unity ガイダンス」の章の「システム ブロードキャスト メッセージの送信」の項では、システム ブロードキャスト メッセージの送信および管理に使用するツールには 2 つあることを説明していませんでした。該当の項では、ブロードキャスト メッセージを電話で送信および管理できる特別なカンバセーションである Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用する方法のみ説明しています。

この項では、ローカル Cisco Unity サーバのシステム ブロードキャスト メッセージを送信および管理するには、グラフィカル インターフェイスを使用したブロードキャスト メッセージ管理者ツールも使用できることに触れていません。ブロードキャスト メッセージ管理者ツールのグラフィカル インターフェイスは、新規システム ブロードキャスト メッセージの録音とスケジュールの指定、アクティブ システム ブロードキャスト メッセージの再生および再生した人の確認、システム ブロードキャスト メッセージの削除を行うための簡単な方法を提供しています。ツールの使用には、サービス クラス権限は必要ありませんが、管理者は Cisco Unity サーバにログオンして使用できる必要があります。

このツールは Tools Depot から利用できます。使用方法については、ブロードキャスト メッセージ管理者ツールのヘルプを参照してください。

Cisco Unity システム管理のヘルプは、次回のリリースで修正される予定です。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

システム ブロードキャスト メッセージの送信:あらかじめ録音されたシステム ブロードキャスト メッセージの使用

「Cisco Unity ガイダンス」の章の「システム ブロードキャスト メッセージの送信」の項では、あらかじめ録音されたシステム ブロードキャスト メッセージを使用できることが説明されていませんでした。ユーザに新規システムの概要を説明したり、更新後の Cisco Unity の変更点をまとめたりする場合に、あらかじめ録音されたメッセージの 1 つを送信できます。あらかじめ録音されたメッセージは、Cisco Unity サーバの次のディレクトリに、G711 および G729a 形式で置かれています。

CommServer\Utilities\BMManager\Example Messages\711

CommServer\Utilities\BMManager\Example Messages\729a

また、ExampleMessagesScript.txt ファイルで詳細が説明されている録音スクリプトを変更し、独自のシステム ブロードキャスト メッセージを録音できます。スクリプト ファイルは、Cisco Unity サーバの CommServer\Utilities\BMManager\Example Messages ディレクトリにあります。

Cisco Unity システム管理のヘルプは、次回のリリースで修正される予定です。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

Cisco Unity のカンバセーションをカスタマイズする方法

「Cisco Unity Conversation」 の章の「Cisco Unity のカンバセーションをカスタマイズする方法」の項にある表には、次のような不完全で誤った情報が掲載されていました。

ダブルキーの時間間隔の説明で、Cisco Unity が 2 番めのキー操作を待ってから最初のキー操作に反応する時間を調整するには、Advanced Settings Tool の[Conversation--Set "Double Key Press" Time]を使用すると記述されていますが、これは誤りです。Cisco Unity 4.2(1) のリリースでは、この設定は、宛先指定モードの変更の[Conversation--Set "Double Key Press" Time]と呼ばれます。また、この設定では、ユーザが名前による宛先指定と ID による宛先指定を切り替えるときに、2 番めの # または 0 キーが押されるのを Cisco Unity が待つ時間のみを制御します。

「電話メニューへの応答:ユーザのタイムアウト」の説明では、ユーザがキーを押した後に、次の数字を Cisco Unity が待つ時間の長さに指定した値で、カンバセーションがどのような影響を受けるかが説明されていません。値は、ユーザが名前を入力したり、メッセージの宛先指定、パスワードの更新、着信転送またはメッセージの到着通知番号の変更などを行う数字を入力したりするとき、次のキーが押されるまで Cisco Unity が待機する時間を制御します。

この値は、ユーザが複数のメニュー コマンドにマップされたキーを押したとき(たとえばユーザは、標準カンバセーション スタイルの使用時、4 を押せば返信、42 を押せば全員に返信できる)に、次の数字を Cisco Unity が待つ時間の長さを制御することはありません。ユーザがコマンドに応答し、最初のキー操作で動作する前に、Cisco Unity が 2 番めのキーを待つ時間を制御する設定についての詳細は、「電話メニュー コマンドの応答タイムアウトの調整」を参照してください。

Cisco Unity システム管理のヘルプは、次回のリリースで修正される予定です。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

メッセージの聞き取り中にメッセージをスキップする方法の変更(標準カンバセーション)

「ガイダンス」の章の「メッセージの聞き取り中にメッセージをスキップする方法の変更」の項では、次のメッセージにスキップする # を設定するようにレジストリを変更するとき、ユーザは 99 を押せばメッセージの最後まで早送りできると記述されていますが、これは誤りでした。実際は、レジストリを変更したら、ユーザはメッセージの最後まで早送りできなくなります。代わりに、99 を押すとメッセージの 10 秒先まで早送りします。ユーザがメッセージの最後まで早送りできるキーはマップされていません。

キー操作およびそれぞれに関連付けられたタスクの正しい表は、 表5-2 を参照してください。

 

表5-2 メッセージ再生中の # の動作を変更した場合に影響を受けるショートカット キー

タスク
レジストリ値が O のときにユーザが押すキー1
レジストリ値が 1 のときにユーザが押すキー

メッセージをスキップし、現状のまま保存する

##

#

メッセージの最後まで早送り(Cisco Unity はメッセージ再生後メニューを再生)

#

<対応キーなし>

メッセージの最後まで早送りし、開封済みとして復元する(Exchange のみ)

#2

<対応キーなし>

メッセージの最後まで早送りして返信する

#4

<対応キーなし>

メッセージの最後まで早送りして全員に返信する

#42

<対応キーなし>

メッセージの最後まで早送りし、メッセージを転送する

#5

<対応キーなし>

メッセージの最後まで早送りし、新規として保存する(Exchange の場合のみ、新規として復元する)

#6

<対応キーなし>

メッセージの最後まで早送りし、電子メール/ファックスをファックスに送信する

#8

<対応キーなし>

メッセージの最後まで早送りし、メッセージ プロパティを再生する

#9

<対応キーなし>

1.Cisco Unity 電話メニュー』、『Cisco Unity 電話メニューとショートカット』、および『Cisco Unity ユーザ ガイド』は、レジストリ値が 0 に設定されているときにユーザが使用するキー割り当てを反映しています。

また、「メッセージの聞き取り中にメッセージをスキップする方法の変更」の項では、次の推奨事項が省略されていました。


ヒント メッセージの再生中に # の動作を調整するには、Advanced Settings Tool ではなく、Custom Keypad Map ユーティリティを使用することをお勧めします。Custom Keypad Map を使用するときは、ユーザがメッセージの最後まで早送りできるようにキーをマップすることもできます(Cisco Unity システム管理の[ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージの聞き取り]ページでユーザを Custom Keypad Mapping カンバセーションに割り当てます)。


Cisco Unity システム管理のヘルプは、次回のリリースで修正される予定です。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

複数受信者へのメッセージの宛先指定の効率化

「ガイダンス」の章の「複数受信者へのメッセージの宛先指定の効率化」の項の内容は、次の内容に差し替える必要があります。

Cisco Unity がユーザに、宛先指定を継続するプロンプトを出すよう指定する

デフォルトでは、ユーザが電話でメッセージを宛先指定する場合(「送るには 2 を押してください。」またはメッセージの転送時)、Cisco Unity は、単一の受信者の追加を受け付けた後、次に行う操作を示すよう要求します(「別の受信者を追加するには 1 を押してください。メッセージ オプションについては 3 を押してください。録音するには # を押してください。」)。複数の受信者にメッセージを送信および転送するユーザは、各受信者を追加してから 1 を押して宛先指定を続行するのは面倒で時間がかかると感じる場合があります。これが組織内のユーザにとって問題となる場合、Cisco Unity に、ユーザが各受信者の後に続けて名前を追加できるように指定することもできます。このようにすることで、ユーザが複数の受信者にメッセージを送信および転送するときの宛先指定プロセスを効率化でき、日常的に複数の受信者にメッセージを送信するようなユーザには、歓迎すべき変更となる場合があります。

ただし、変更を行うときは、ユーザが 1 人の受信者に対してメッセージの宛先を指定するとき、次のような場合に、メッセージを送信するために追加でキーを押す必要があることを考慮します。

ユーザが 1 人の受信者にメッセージを転送するとき、追加のキーを 1 つ押す必要があります。

ユーザが 1 人の受信者にメッセージを送信するとき、宛先を指定する前にメッセージの録音を要求するように Cisco Unity が設定されている場合、ユーザは追加のキーを 1 つ押す必要があります。

Cisco Unity が、続けて宛先指定を行うようにユーザにプロンプトを出すよう指定するには、個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレートで次の手順を実行します(ユーザのグループに対して変更を行うときは、Tools Depot にある Bulk Edit を使用できます)。Cisco Unity Assistant と Cisco Unity のカンバセーションでは、いずれにもユーザ自身が変更できる方法はありません。

連続(または「効率化」)宛先指定は、すべてのカンバセーションおよび送信メニュー スタイルで使用できます。


) Cisco Unity がユーザに連続の宛先指定を要求するプロンプトを出すよう指定しても、ユーザが他のユーザにメッセージを送信または転送するときに Cisco Unity がユーザに宛先指定と録音を要求する順序には影響を与えません(宛先指定の順番を指定するには、Advanced Settings Tool を使用して、[Conversation-Subscriber Send Message Flow]設定を変更します。)


Cisco Unity がユーザに、宛先指定を継続するプロンプトを出すよう指定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、 [ユーザ] >[ユーザ テンプレート] ページに移動し、変更するテンプレートを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、 [ユーザ]>[ユーザ] ページに移動し、該当するユーザを探します。 [メッセージの聞き取り] ページを参照します。

ステップ 2 [継続して宛先の後に名前を追加する] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity システム管理のヘルプは、次回のリリースで修正される予定です。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

SSL 接続を使用したときのセキュリティ警告の管理

「ユーザ ワークステーションでの Cisco Unity アプリケーションの設定」の章の「SSL 接続を使用したときのセキュリティ警告の管理」の項は削除する必要があります。

最新の概念情報および手順は、『 Cisco Unity Security Guide 』の「Using SSL to Secure Client/Server Connections」の章を参照してください。Exchange 版のマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_administration_guide_book09186a008043ea54.html から入手可能です。Domino 版のマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_administration_guide_book09186a008043ea53.html から入手可能です。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

ユーザ テンプレート着信転送の設定

「ユーザ テンプレートの設定」の章の「ユーザ テンプレート着信転送の設定」の項で、相手先応答の検出が動作するしくみに関する説明に誤りがあります。[転送のタイプ]フィールドで、転送のタイプ機能では、ユーザの内線番号で有効になっていない着信転送が必要となることが示されていませんでした。

正しい説明は次のとおりです。

[相手先応答の検出]:Cisco Unity は、転送を処理する受付係として機能します。電話が通話中または応答がない場合は(電話システムではなく)Cisco Unity が、通話をユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングに転送します。着信転送がユーザの内線番号で有効になっていないときに限り、相手先応答の検出を使用します。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

ユーザ テンプレート発信者の入力の設定

「ユーザ テンプレートの設定」の章の「ユーザ テンプレート発信者入力の設定」の項にある「キー操作を定義する」手順には、次の注意書きが含まれていますが、これは誤りでした。


) Cisco Unity システム管理では、同一の操作を複数のキーに割り当てることはできません。したがって、すでに別のキーに割り当てられている操作を選択した場合は、Cisco Unity は、ステップ 2 で選択したキーを操作に割り当てます。それ以外のキーには割り当てられません。


実際は、発信者の入力設定を使用して、同じ動作を複数のキーにマップできます。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

ユーザ着信転送の設定

「ユーザ設定」の章の「ユーザ着信転送の設定」の項で、相手先応答の検出が動作するしくみに関する説明に誤りがあります。[転送のタイプ]フィールドで、転送のタイプ機能では、ユーザの内線番号で有効になっていない着信転送が必要となることが示されていませんでした。

正しい説明は次のとおりです。

[相手先応答の検出]:Cisco Unity は、転送を処理する受付係として機能します。電話が通話中または応答がない場合は(電話システムではなく)Cisco Unity が、通話をユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングに転送します。着信転送がユーザの内線番号で有効になっていないときに限り、相手先応答の検出を使用します。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

コール ハンドラ着信転送の設定

「コール ハンドラの設定」の章の「コール ハンドラ着信転送の設定」の項で、相手先応答の検出が動作するしくみについての説明に誤りがありました。[転送のタイプ]フィールドで、転送のタイプ機能では、ユーザの内線番号で有効になっていない着信転送が必要となることが示されていませんでした。

正しい説明は次のとおりです。

[相手先応答の検出]:Cisco Unity は、転送を処理する受付係として機能します。電話が通話中または応答がない場合は(電話システムではなく)Cisco Unity が、通話をユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングに転送します。着信転送がユーザの内線番号で有効になっていないときに限り、相手先応答の検出を使用します。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

レポートの表示と印刷(Domino 版 Cisco Unity のみ)

レポート 」の章の「レポートの表示と印刷」の項で、次の情報が省略されていました。

レポートの生成が完了すると、レポートを生成したユーザに対して Cisco Unity から電子メールが送信されます。電子メールを受信するには、レポートを実行している人が Cisco Unity のユーザであるか、Cisco Unity のユーザ アカウントに関連付けられているかのいずれかである必要があります。Cisco Unity システム管理へのログオンに使用するアカウントが、ユーザ アカウントに関連付けられていない場合、GrantUnityAccess ユーティリティを使用して、Cisco Unity システム管理へのシステム アクセス権を持つサービス クラスにあるユーザ アカウントにそのアカウントを関連付けます。

また、「レポートを表示する」の手順に誤りがあります。

代わりに次の手順を実行してください。

レポートを表示する


ステップ 1 電子メール メッセージ内のリンクをクリックします。

ステップ 2 レポートが Web ページ形式の場合、ブラウザが自動的に起動して情報が表示されます。レポートがコンマ区切り形式の場合、情報を表示するアプリケーションの選択が求められます。


 

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

レポートの表示と印刷(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

レポート 」の章の「レポートの表示と印刷」の項で、次の情報が省略されていました。

レポートの生成が完了すると、レポートを生成したユーザに対して Cisco Unity から電子メールが送信されます。電子メールを受信するには、レポートを実行している人が Cisco Unity のユーザであるか、Cisco Unity のユーザ アカウントに関連付けられているかのいずれかである必要があります。Cisco Unity システム管理へのログオンに使用するアカウントが、ユーザ アカウントに関連付けられていない場合、GrantUnityAccess ユーティリティを使用して、Cisco Unity システム管理へのシステム アクセス権を持つサービス クラスにあるユーザ アカウントにそのアカウントを関連付けます。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

同報リスト レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)

レポート 」の章の「同報リスト レポート」の項で、同報リスト メンバーをレポートに含むことが可能で、これを実行するために[各同報リストのメンバー一覧を出力]チェックボックスをオンにするよう指示していますが、これは誤りでした。

実際は、同報リスト メンバーをレポートに含めることはできず、Cisco Unity システム管理には該当するオプションのチェックボックスがありません。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

転送課金レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)

レポート 」の章の「転送課金レポート」の項の最初の段落が正確ではなく、次の段落と差し替える必要があります。

「[転送課金]レポートを使用すると、ユーザまたはコール ハンドラから電話に転送される通話についての情報を取得できます。グリーティングまたは他のコール ハンドラに転送される通話に関する情報は、レポートに含まれません。このレポートを、課金目的に、または長距離電話番号への転送の追跡に使用できます。すべてのユーザ、選択したユーザ、すべての課金 ID、選択した課金 ID、すべてのコール ハンドラ、または単一のコール ハンドラに対してレポートを生成できます。」

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

転送課金レポート(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

レポート 」の章の「転送課金レポート」の項の最初の段落が正確ではなく、次の段落と差し替える必要があります。

「[転送課金]レポートを使用すると、ユーザまたはコール ハンドラから電話に転送される通話についての情報を取得できます。グリーティングまたは他のコール ハンドラに転送される通話に関する情報は、レポートに含まれません。このレポートを、課金目的に、または長距離電話番号への転送の追跡に使用できます。すべてのユーザ、選択したユーザ、すべての課金 ID、選択した課金 ID、単一の同報リスト、すべてのコール ハンドラ、または単一のコール ハンドラに対してレポートを生成できます。」

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

発信課金レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)

レポート 」の章の「発信課金レポート」の項に、ユーザ、課金 ID、または同報リストに対してレポートを生成できるという記述がありますが、これは誤りでした。

実際は、レポートを生成できるのは、ユーザまたは課金 ID に対してのみです。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

発信課金レポート(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

レポート 」の章の「発信課金レポート」の項の 2 番めの段落で、[ダイアル時間]オプションでは、課金 ID が 0(ゼロ)のユーザは除外されると記述されていますが、これは誤りでした。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

ポート使用状況レポート

「レポート」の章の「ポート使用状況レポート」の項で、[総通話時間]フィールドが指定された期間の時間単位、日単位、または週単位のポートの総通話時間(ミリ秒)と定義されていますが、これは誤りでした。

正しくは、フィールド値が表すのはミリ秒単位ではなく、秒単位の時間の長さであるという定義になります。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

AMIS 発信トラフィック レポート(Domino 版 Cisco Unity のみ)

レポート 」の章の「AMIS 発信トラフィック レポート」の項で、[提出日/時間]フィールドは AMIS メッセージ転送が完了した日時だと説明していますが、これは誤りでした。

代わりに「メッセージが UAmis メール ファイルに送信された日付および時間」とする必要があります。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

AMIS 発信トラフィック レポート(Exchange 版 Cisco Unity のみ)

レポート 」の章の「AMIS 発信トラフィック レポート」の項で、[提出日/時間]フィールドは AMIS メッセージ転送が完了した日時だと説明していますが、これは誤りでした。

代わりに「メッセージが UAmis メールボックスに送信された日付および時間」とする必要があります。

Cisco Unity システム管理のヘルプでは、エラーが修正されていることに注意してください。

コンフィギュレーション設定:[認識されたユーザ メッセージ]フィールド

Cisco Unity システム管理の[システム] >[コンフィギュレーション] >[設定]ページで、[認識されたユーザ メッセージ]に関連するフィールドが、チェックボックスの制御する内容を明確に表す名前に変更されました。以前のフィールド名は[ユーザはログオンした場合にのみ、メッセージ送信者として識別される]でした。このフィールド名が[認識されたユーザ メッセージの無効化]に変更されました。

「システム設定 」の章の「コンフィギュレーション設定」の項では、以前のフィールド名を参照しています。

Cisco Unity システム管理のヘルプは、新しいフィールド名を反映するように更新されたことに注意してください。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

コンフィギュレーション設定:[電話メニューの応答]フィールドの定義

「システム設定」 の章の[電話メニューの応答]フィールドの説明に誤りがありました。正しい説明は次のとおりです。

発信者ごとに、次の項目を指定できます。

メニューの再生後に Cisco Unity がユーザの最初のキー入力を待つ時間。この設定は「最初の桁のタイムアウト」とも呼ばれます。有効なエントリの範囲は 500 ~ 10,000 ミリ秒です。デフォルトは 5000 ミリ秒です。

ユーザが、メッセージの宛先指定、パスワードの更新、着信転送またはメッセージ到着通知番号の変更などを行うために、ユーザ名または内線番号を入力するとき、あるキーを押した後に、次のキーを押すまで Cisco Unity が待機する時間。この設定は「桁間タイムアウト」とも呼ばれます。有効なエントリの範囲は 1,000 ~ 10,000 ミリ秒です。デフォルトは 3,000 ミリ秒です。

ユーザがメニューに応答しない場合に Cisco Unity がメニューを繰り返す回数。有効なエントリの範囲は 0 ~ 250 です。デフォルトは 1 です。


) Cisco Unity がユーザにメニューを繰り返す回数を大幅に増やす場合は注意が必要です。ユーザが Cisco Unity への通話を保留にして元に戻すのを忘れた場合、またはユーザが電話を切ったとき、予想に反して回線が切断されなかった場合、Cisco Unity が電話メニューを繰り返して、ボイス ポートを長時間占有する可能性があります。


上記設定に指定した値は、外部の発信者およびユーザに再生されるガイダンスの電話メニューを制御します。

[電話メニューの応答]フィールドは、Cisco Unity システム管理の[システム] >[コンフィギュレーション]ページに表示されます。

Cisco Unity システム管理のヘルプは、次回のリリースで修正される予定です。

その章の Domino バージョン へのリンクおよび その章の Exchange バージョン へのリンク)。

ユーザのアドレス帳設定(Domino 版 Cisco Unity のみ)

「システム設定」 の章の「ユーザのアドレス帳設定」の項では、次の情報が省略されていました。

DUC for Cisco ヘルプ ファイルには、セカンダリのユーザ アドレス帳を追加するとき手動で csAdmin(Cisco 用 DUC 管理コンポーネント)をインストールする手順が収録され、このヘルプ ファイルは csUCAdminGuide.nsf という名前で DUC for Cisco インストール メディアに含まれています。ヘルプ ファイルにアクセスするには、Domino Administrator で csUCAdminGuide.nsf データベースを開きます。

Cisco Unity にセカンダリのユーザ アドレス帳を追加する前に、リストになっている手順の他に、Cisco Unity サーバがアドレス帳と、ユーザのインポートに使用する Domino ドメインを相互に関連付けるように、Server ドキュメントをセカンダリのアドレス帳データベース(たとえば、contacts.nsf)に追加する必要があります。Server ドキュメントをセカンダリのアドレス帳の $Servers ビューに追加する必要があります。セカンダリのアドレス帳に追加される Server ドキュメントは、プライマリ メール サーバとして Cisco Unity がパートナーになっているのと同じ Domino サーバのドキュメントである必要があります。この手順が必要でありながらまだ実行していない場合、アドレス帳をセカンダリのユーザ アドレス帳として追加しようとすると、Cisco Unity は次のエラーを表示します。

「アドレス帳は、Unity サーバ アカウントと同じドメインに存在する必要があるため、ユーザ アドレス帳 <名前> を追加できませんでした。」