Cisco Unified SIP Proxy の概要
正規化トリガーの設定
正規化トリガーの設定
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

正規化トリガーの設定

正規化前トリガーのリストの参照

正規化後トリガーのリストの参照

正規化前トリガーの追加と編集

正規化後トリガーの追加と編集

正規化前トリガーのリストの参照

手順


ステップ 1 [Configure] > [Normalization Triggers] > [Pre-Normalization] を選択します。

[Pre-Normalization] ページが表示され、すべての正規化前トリガーが表示されます。

ステップ 2 正規化前トリガーを削除するには、次の操作を実行します。

a. 削除する正規化前トリガーの名前の横にあるボックスをオンにします。

b. [Remove] をクリックします。

c. [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。


 

関連項目

システム設定の管理

「正規化トリガーの設定」 の目次ページに戻る

正規化後トリガーのリストの参照

手順


ステップ 1 [Configure] > [Normalization Triggers] > [Post-Normalization] を選択します。

[Post-Normalization] ページが表示され、すべての正規化後トリガーが表示されます。

ステップ 2 正規化後トリガーを削除するには、次の操作を実行します。

a. 削除する正規化後トリガーの名前の横にあるボックスをオンにします。

b. [Remove] をクリックします。

c. [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。


 

正規化トリガーについて

正規化トリガーは、トリガー条件を正規化ポリシーと相互に関連付けます。正規化トリガーには、次の 2 つのタイプがあります。

ルーティング前に発生する、正規化前トリガー

ルーティング後に発生する、正規化後トリガー

特殊なポリシーでは、mid-dialog メッセージでの正規化がバイパスされます。

[Pre-Normalization Triggers] ページおよび [Post-Normalization Triggers] ページから、正規化トリガーを追加、更新、または削除できます。

関連項目

システム設定の管理

「正規化トリガーの設定」 の目次ページに戻る

正規化前トリガーの追加と編集

手順


ステップ 1 [Configure] > [Normalization Triggers] > [Pre-Normalization] を選択します。

[Pre-Normalization Triggers] ページが表示されます。

ステップ 2 正規化前トリガーを追加するには、次の操作を実行します。

a. [Add] をクリックします。[Pre-Normalization Trigger: New ] ページが表示されます。

b. ドロップダウン メニューから、正規化ポリシーを選択します。

c. ドロップダウン メニューから、トリガー条件を選択します。

d. [Add] をクリックします。

[Pre-Normalization Triggers] ページが表示され、すべてのトリガーが表示されます。

ステップ 3 正規化前トリガーのルールを追加、編集、または削除するには、 トリガーのルールの参照、追加、移動、および削除の手順に従います。

ステップ 4 正規化前トリガーを編集するには、次の操作を実行します。

a. 編集する正規化前トリガーの名前の横にあるチェックボックスをオンにします。

b. [Edit] をクリックします。[Pre-Normalization Trigger] ページが表示されます。

c. ドロップダウン メニューから、正規化ポリシーを選択します。

d. ドロップダウン メニューから、トリガー条件を選択します。

e. [Update] をクリックします。[Pre-Normalization Triggers] ページが表示され、すべてのトリガーが表示されます。

ステップ 5 複数の正規化前トリガーがある場合、次の操作を行うことによって、命令を再実行できます。


ヒント 1 つの正規化前トリガーが一致すると、その他のすべてのトリガーが無視されます。システムを最適化するには、リストの最も上で一致するよう、正規化前トリガーを設定することを推奨します。


a. 正規化前トリガーを選択します。

b. 上矢印または下矢印をクリックします。

c. [Update] をクリックします。

ステップ 6 [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。


 

関連項目

システム設定の管理

「正規化トリガーの設定」 の目次ページに戻る

正規化後トリガーの追加と編集

手順


ステップ 1 [Configure] > [Normalization Triggers] > [Post-Normalization] を選択します。

[Post-Normalization Triggers] ページが表示されます。

ステップ 2 正規化後トリガーを追加するには、次の操作を実行します。

a. [Add] をクリックします。[Post-Normalization Trigger: New ] ページが表示されます。

b. ドロップダウン メニューから、正規化ポリシーを選択します。

c. ドロップダウン メニューから、トリガー条件を選択します。

d. [Add] をクリックします。

[Post-Normalization Triggers] ページが表示され、すべてのトリガーが表示されます。

ステップ 3 正規化後トリガーのルールを追加、編集、または削除するには、 トリガーのルールの参照、追加、移動、および削除の手順に従います。

ステップ 4 正規化後トリガーを編集するには、次の操作を実行します。

a. 編集する正規化後トリガーの名前の横にあるチェックボックスをオンにします。

b. [Edit] をクリックします。[Post-Normalization Trigger] ページが表示されます。

c. ドロップダウン メニューから、正規化ポリシーを選択します。

d. ドロップダウン メニューから、トリガー条件を選択します。

e. [Update] をクリックします。[Post-Normalization Triggers] ページが表示され、すべてのトリガーが表示されます。

ステップ 5 複数の正規化後トリガーがある場合、次の操作を行うことによって、命令を再実行できます。


ヒント 1 つの正規化後トリガーが一致すると、その他のすべてのトリガーが無視されます。システムを最適化するには、リストの最も上で一致するよう、正規化後トリガーを設定することを推奨します。


a. 正規化後トリガーを選択します。

b. 上矢印または下矢印をクリックします。

c. [Update] をクリックします。

ステップ 6 [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。


 

関連項目

システム設定の管理

「正規化トリガーの設定」 の目次ページに戻る