Cisco Unified SIP Proxy の概要
システム設定の管理
システム設定の管理
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

システム設定の管理

システム デフォルトの復元

候補コンフィギュレーションのプレビュー

システム デフォルトの復元

手順


ステップ 1 [Administration] > [Manage Configuration] > [Restore Defaults / Rollback] を選択します。

[Manage Configuration] ページが表示されます。

ステップ 2 コンフィギュレーションを保存またはコミットする(このコンフィギュレーションを新しいスタートアップ コンフィギュレーションにする)には、次の作業を行います。

a. [Save/Commit Configuration] をクリックします。

b. 確認ウィンドウで、[OK] をクリックします。

ステップ 3 工場出荷時の状態にコンフィギュレーションを復元するには、次の手順を実行します。これは、実施した変更がすべて失われ、モジュールがリロードされることを意味します。

a. [Restore Factory Defaults] をクリックします。

b. 確認ウィンドウで、[OK] をクリックします。

ステップ 4 最新のコンフィギュレーションにシステムをロールバックするには次の手順を実行します。これは現在のコンフィギュレーションを置き換え、モジュールをリロードします。

a. [Rollback Active Configuration] をクリックします。

b. 確認ウィンドウで、[OK] をクリックします。


 

関連項目

「システム設定の管理」 の目次ページに戻る

候補コンフィギュレーションのプレビュー

候補コンフィギュレーションのコードが表示されます。


) まったく変更がなければ、そのことを示すメッセージが表示されます。


手順


ステップ 1 [Administration] > [Manage Configuration] > [Candidate Preview] を選択します。

[Candidate Configuration Preview] ページが表示されます。

ステップ 2 コンフィギュレーションを保存またはコミットする(このコンフィギュレーションを新しいスタートアップ コンフィギュレーションにする)には、次の作業を行います。

a. [Save/Commit Configuration] をクリックします。

b. 確認ウィンドウで、[OK] をクリックします。

ステップ 3 候補コンフィギュレーションのシステムをクリアする(コミットされていないすべての変更が破棄される)には、次の作業を実行します。

a. [Clear Candidate Configuration] をクリックします。

b. 確認ウィンドウで、[OK] をクリックします。


 

関連項目

「システム設定の管理」 の目次ページに戻る