Cisco Unified SIP Proxy の概要
Administration Control Panel の使用
Administration Control Panel の使用
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Administration Control Panel の使用

モジュールのリロードおよび、Lite モードのイネーブル化とディセーブル化

Administration Control Panel の使用

Cisco Unified SIP Proxy モジュールのリロードおよび、Lite モードのイネーブル化とディセーブル化

制約事項

モジュールのリロードによって、すべてのユーザ セッションが終了され、すべての未保存のデータが失われます。

Lite モードをイネーブルにすると、レコードルート コンフィギュレーションが削除され、[SIP Record-Route] タブにアクセスできなくなります。[SIP Record-Route] タブの詳細については、 ネットワークの SIP レコードルートの編集を参照してください。

手順


ステップ 1 [Administration] > [Control Panel] を選択します。

[Control Panel] ページが表示されます。

ステップ 2 次のいずれかを実行します。

モジュールをリロードするには、[Reload Module] をクリックします。ダイアログボックスが表示され、システムのリロードによって、すべてのエンドユーザ セッションが終了され、すべての未保存のデータが失われることが警告されます。

Lite モードをイネーブルにするには、[enable (0 CPS)] を選択します。ダイアログボックスが表示され、Lite モードをイネーブルにするとレコード ルーティングがディセーブルになることが警告されます。

Lite モードをディセーブルにするには、[disable (0 CPS)] を選択します。ダイアログボックスが表示され、Lite モードをディセーブルにすると、ライセンスされた制限にパフォーマンスがリセットされることが警告されます。

ステップ 3 プロンプトで [OK] をクリックします。

ステップ 4 [OK] をクリックします。