Cisco Unified SIP Proxy の概要
SIP スタックの設定
SIP スタックの設定
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

SIP スタックの設定

SIP スタックの一般的な設定の参照と編集

エイリアス FQDN の追加と削除

信頼できるピアの追加と削除

SIP スタックの一般的な設定の参照と編集

手順


ステップ 1 [Configure] > [SIP Stack] > [General Settings] を選択します。

一般的な SIP 設定の一覧が示された、[SIP Stack Settings] ページが表示されます。

ステップ 2 表 1 の説明のように、値を更新します。

表 1 SIP スタックの一般的な設定

パラメータ
説明
SIP メッセージ

SIP Header Compaction

SIP ヘッダー圧縮をイネーブルにするかどうか。

イネーブルの場合、次の SIP ヘッダーに対して圧縮ヘッダー形式が使用されます。

Call-ID

Contact

Content-Encoding

Content-Length

Content-Type

From

Subject

To

Via

ヘッダー圧縮がディセーブルの場合、ヘッダー形式にかかわらず、すべての発信メッセージで SIP ヘッダー全体が使用されます。

SIP Message Logging

すべての着信および発信 SIP メッセージのロギングをイネーブルにするかどうか。

(注) SIP ロギングをオンにすると、Cisco Unified SIP Proxy のパフォーマンスに大きな影響を与えます。

SIP Statistics

アクティブな SIP キューの統計情報を表示するかどうか。

Period Time

(オプション。[SIP Statistics] をオンにした場合にのみ使用可能)peg-logging 統計情報を収集する頻度を決定します。

Reset Time

(オプション。[SIP Statistics] をオンにした場合にのみ使用可能)peg-logging 統計情報をリセットする頻度を決定します。

Max Forwards

要求が別のサーバに転送できる最大回数を指定します。要求がサーバによって受信されるたびに、この値が 1 減ります(要求に Max Forwards ヘッダーがない場合は、値に 1 が追加されます)。値が 0 になると、サーバは 483(Too Many Hops)応答で応答し、トランザクションを終了します。

Max Forwards ヘッダー フィールドを使用して、ネットワーク内の転送ループを検出できます。

指定できる値は 0 ~ 255 です。デフォルト値は 70 です。

(注) このコマンドの値は 10 以上 100 以下に設定することを推奨します。

過負荷

Reject

サーバが過負荷状態になったときに 503 (Server Unavailable)応答を送信するようにサーバを設定します。

Retry After

(オプション。[Reject] を選択した場合にのみ使用可能)

送信者がトランザクションを再度試行できる場合に指定する、503(Server Unavailable)応答の SIP Retry-After ヘッダー フィールドの送信秒数。このオプションを指定しない場合、503 (Server Unavailable)応答に Retry-After ヘッダー フィールドが含まれません。指定できる最小値は 0 です。デフォルト値は 0 です。

Redirect

サーバが過負荷状態になったときに 300(Redirect)応答を送信するようにサーバを設定します。

IP Address

(オプション。[Redirect] を選択した場合にのみ使用可能)

SIP Contact ヘッダー フィールドで送信されるリダイレクト インターフェイス ホスト名または IP アドレスです。以降の要求はこのアドレスでサーバにリダイレクトされます。

Port

(オプション。[Redirect] を選択した場合にのみ使用可能)

リダイレクト ホストのポート。有効な範囲は 1024 ~ 65535 です。デフォルトは 5060 です。

Transport Type

(オプション。[Redirect] を選択した場合にのみ使用可能)リダイレクト ホストにより使用される転送プロトコルです。UDP、TCP、または TLS の場合があります。

DNS 設定

DNS SRV Lookups

SIP DNS SRV ルックアップ コマンドを設定します。

DNS NAPTR Lookups

ドメイン ホスト名/IP アドレス マッピングの、DNS NAPTR の使用をイネーブルにします。

TCP 設定

Idle Connection Timeout

キープアライブ プローブの送信前に渡すことができる、アイドル時間の長さを設定します。

Maximum Connections

TCP/TLS 接続の最大数を設定します。TCP/TLS 接続が最大数に達した場合、パッシブ(着信)接続は受け入れられず、追加のアクティブ(発信)接続は行うことができます。

TLS 設定

TLS Settings

他の SIP エンティティとの SIP Transport Layer Security(TLS; トランスポート層セキュリティ)接続の使用をイネーブルにします。これによって、インターネット経由のセキュアな通信が実現されます。

イネーブルまたはディセーブルのいずれかに設定できます。

ステップ 3 [Update] をクリックします。


 

関連項目

「SIP スタックの設定」 の目次ページに戻る

エイリアス FQDN の追加と削除

手順


ステップ 1 [Configure] > [SIP Stack] > [Alias FQDNs] を選択します。

[Alias FQDNs] ページが表示されます。

ステップ 2 エイリアス FQDN を追加するには、次の操作を実行します。

a. 名前を入力します。

b. [Add Alias] をクリックします。

ステップ 3 エイリアス FQDN を削除するには、次の操作を実行します。

a. 削除するエイリアス FQDN の名前の横にあるボックスをオンにします。

b. [Remove] をクリックします。


 

関連項目

「SIP スタックの設定」 の目次ページに戻る

信頼できるピアの追加と削除

この手順では、1 つまたは複数の SIP TLS の信頼できるピアが作成されます。リモート側の ID と、信頼できる設定済みのピアの ID が一致しない限り、TLS 接続の確立は失敗します。信頼できるピアが設定されていない場合、TLS ハンドシェイクが成功すれば、接続は受け入れられます。

手順


ステップ 1 [Configure] > [SIP Stack] > [TLS Trusted Peers] を選択します。

[TLS Trusted Peers] ページが表示されます。

ステップ 2 TLS の信頼できるピアを追加するには、次の操作を実行します。

a. 名前を入力します。

b. [Add Trusted Peer] をクリックします。

ステップ 3 TLS の信頼できるピアを削除するには、次の操作を実行します。

a. 削除する TLS の信頼できるピアの名前の横にあるボックスをオンにします。

b. [Remove] をクリックします。


 

関連項目

「SIP スタックの設定」 の目次ページに戻る