Cisco Unified SIP Proxy の概要
ルート テーブルの設定
ルート テーブルの設定
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ルート テーブルの設定

ルート テーブルの一覧の参照

ルート テーブルの追加

ルート テーブル ルートの一覧の参照

ルート テーブルへのルートの追加

ルート テーブルに関連付けられているルートの編集

ルート テーブルの一覧の参照

手順


ステップ 1 [Configure] > [Route Tables] を選択します。

表 11 に説明されているフィールドが含まれる、[Route Tables] ページが表示されます。

ステップ 2 ルート テーブルを削除するには、次の操作を実行します。

a. 削除するルート テーブルの名前の横にあるボックスを選択します。

b. [Remove] をクリックします。

c. [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。

ステップ 3 この変更内容を、最後にコミットしたときの状態に戻すには、次の手順を実行します。

a. 元に戻す変更があるルート テーブルの名前の横にあるボックスをオンにします。

b. [Revert] をクリックします。

c. [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。


 

ルート テーブルについて

SIP 要求を適切な宛先へ送るには、ルート テーブルを設定します。各ルート テーブルは、ルックアップ ポリシーに基づいて照合するキーのセットで構成されています。

たとえば、1 つのテーブルで、各キーはダイヤルされた電話番号の市外局番を表す場合があります。テーブルでは、ダイヤルされた市外局番によって、タスクが実行されます。この例では、テーブルは、ダイヤルされた電話番号が 510 で始まっている場合を除き、呼び出しに 404 メッセージ(not found)で応答する設計になっています。別のテーブルは、ダイヤルされた電話番号がエスケープ シーケンス(91)で始まっている場合を除き、呼び出しに 404 メッセージ(not found)で応答する設計になっています。

[Route Tables] ページでは、ルート テーブルを追加、更新、または削除できます。また、ルートを追加、更新、または削除することもできます。

ルート テーブル フィールド

表 11 に、[Route Tables] ページのフィールドの一覧を示します。

表 11 ルート テーブル パラメータ

パラメータ
説明

State

次のいずれかを指定できます。

[New]:新しいレコード。コミット時に、アクティブな設定に追加されます。

[Modified]:変更されたレコード。コミット時に、アクティブな設定になります。

[Deleted]:削除されたレコード。コミット時に、アクティブな設定から削除されます。

[Active]:アクティブなレコードとアクティブな設定。

Name

このルート テーブルの名前。有効な文字は、英数文字、ダッシュ、ピリオド、および下線です。

Routes

このルート テーブルに属するルート。

ルート フィールド

表 12 に、[Route Table: <ルート名> ] ページのフィールドの一覧を示します。


) 選択したルート タイプにより、これらのパラメータの一部またはすべてが表示されます。


表 12 ルート テーブルのルート パラメータ

パラメータ
説明

State

次のいずれかを指定できます。

[New]:新しいレコード。コミット時に、アクティブな設定に追加されます。

[Modified]:変更されたレコード。コミット時に、アクティブな設定になります。

[Deleted]:削除されたレコード。コミット時に、アクティブな設定から削除されます。

[Active]:アクティブなレコードとアクティブな設定。

候補値

Key

ルート テーブルの検索キー番号を指定します。検索キーは、一致している SIP メッセージの一部を表します。また、ルーティング テーブルに対して一意である必要があります。

Route Type

次のいずれかを指定できます。

[destination]

[route-group]

[route-policy]

[response]

[default-sip]

宛先ルート タイプ(オプション。[Route Type] で destination または default-sip を選択した場合のみ使用可能)

Destination Route Type

ルートのタイプ。宛先、ネクスト ホップ、またはその両方のいずれかを指定できます。

Network

SIP ネットワーク名を指定します。

宛先(オプション。[Destination Route Type] で宛先または両方を選択した場合のみ使用可能)

Host

宛先のホスト名または IP アドレス。

Port

宛先のポート。値は 1024 ~ 65535 です。

Transport Type

次のいずれかを指定できます。

[none]

[UDP]

[TCP]

[TLS]

ネクスト ホップ(オプション。[Destination Route Type] でネクスト ホップまたは両方を選択した場合のみ使用可能)

SIP URI

ネクスト ホップの URI。

ルート グループのルート タイプ(オプション。[Route Type] で route-group を選択した場合のみ使用可能)

Route Group

ルート グループの名前。

応答ルート タイプ(オプション。[Route Type] で response を選択した場合のみ使用可能)

Response

ルーティング テーブル内のルックアップ キーに対して応答コードを指定します。

ルート ポリシーのルート タイプ(オプション。[Route Type] で route-policy を選択した場合のみ使用可能)

Lookup Route Policy

ルーティング テーブルで使用するルート検索ポリシーを指定します。

Default SIP Route

RFC 3263 に準拠した簡易ルーティング。

関連項目

「システム設定の管理」

「ルート テーブルの設定」 の目次ページに戻る

ルート テーブルの追加

手順


ステップ 1 [Configure] > [Route Tables] を選択します。

[Route Tables] ページが表示されます。

ステップ 2 [Add] をクリックします。

[Route Tables] ページが表示されます。

ステップ 3 このルート テーブルの名前を入力します。

ステップ 4 [Add] をクリックします。

新しいルート テーブルの一覧が含まれる、[Route Tables] ページが表示されます。

ステップ 5 [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。


 

関連項目

「システム設定の管理」

「ルート テーブルの設定」 の目次ページに戻る

ルート テーブル ルートの一覧の参照

手順


ステップ 1 [Configure] > [Route Tables] を選択します。

表 11 に説明されているフィールドが含まれる、[Route Tables] ページが表示されます。

ステップ 2 見出し [Routes] の下で、ルート テーブルに関連付けられているルートを参照するには、[click here] をクリックします。

表 12 に説明されている一部またはすべてのフィールドが含まれる、[Route Table: <ルート テーブル名> ] ページが表示されます。

ステップ 3 各ページで異なるルート番号を参照するには、右上のドロップダウン ボックスから別の番号を選択し、[Go] をクリックします。10、25、50、100、またはすべてのルートを参照するよう、選択できます。

ステップ 4 他のページに移動するには、右下にある左右矢印ボタンを使用するか、または他のページ番号を入力して Enter を押します。

ステップ 5 ルートを削除するには、次の操作を実行します。

a. 削除するルートの名前の横にあるボックスを選択します。

b. [Remove] をクリックします。

c. [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。

ステップ 6 この変更内容を、最後にコミットしたときの状態に戻すには、次の手順を実行します。

a. 元に戻す変更があるルート テーブルの名前の横にあるボックスをオンにします。

b. [Revert] をクリックします。

c. [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。


 

関連項目

「システム設定の管理」

「ルート テーブルの設定」 の目次ページに戻る

ルート テーブルへのルートの追加

始める前に

ファイルから 1 つまたは複数のルートをインポートする場合、ファイルを pfs:/cusp/routes/ ディレクトリに置きます。

手順


ステップ 1 [Configure] > [Route Tables] を選択します。

[Route Tables] ページが表示されます。

ステップ 2 強調表示されている、ルートを追加するルート テーブルの名前をクリックします。

[Route Table: <ルート テーブル名> ] ページが表示されます。

ステップ 3 [Add] をクリックします。

[Route Table: <ルート テーブル名> ] > [Route (New)] ページが表示されます。

ステップ 4 表 12 の説明のように、ルートに関する情報を入力します。

ステップ 5 [Add] をクリックします。

ステップ 6 ファイルからルート テーブルのルートをロードするには、[Import] をクリックします。

ステップ 7 ファイルの名前を入力します。


) ファイルは、ディレクトリ pfs:/cusp/routes/ にある必要があります。


ステップ 8 [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。


 

関連項目

「システム設定の管理」

「ルート テーブルの設定」 の目次ページに戻る

ルート テーブルに関連付けられているルートの編集

手順


ステップ 1 [Configure] > [Route Tables] を選択します。

[Route Tables] ページが表示されます。

ステップ 2 強調表示されている、編集するルートが含まれているルート テーブルの名前をクリックします。

[Route Table: <ルート テーブル名> ] ページが表示されます。

ステップ 3 強調表示されている、編集するルートのキーの名前をクリックします。

[Route Table: <ルート テーブル名> ] > [Route] ページが表示されます。

ステップ 4 値を変更します。

ステップ 5 [Update] をクリックします。

ステップ 6 [Cisco Unified SIP Proxy] ヘッダーで、[Commit Candidate Configuration] をクリックして、変更をコミットします。


 

関連項目

「システム設定の管理」

「ルート テーブルの設定」 の目次ページに戻る