Cisco Unified SIP Proxy Release 8.5 CLI コン フィギュレーション ガイド
初期設定タスク
初期設定タスク
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/07/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 667KB) | フィードバック

目次

初期設定タスク

バックアップ パラメータの設定

バックアップ パラメータとは

前提条件

手順の概要

手順の詳細

NTP サーバの設定

NTP サーバの追加

NTP サーバの追加とは

手順の概要

手順の詳細

NTP サーバの追加例

NTP サーバの削除

手順の概要

手順の詳細

NTP サーバ情報の表示

NTP サーバ情報を表示するコマンド

NTP サーバ情報の表示例

時間帯の設定

時間帯の設定例

バックアップ パラメータの設定

「バックアップ パラメータとは」

「前提条件」

「手順の概要」

「手順の詳細」

「例」

バックアップ パラメータとは

Cisco Unified SIP Proxy のバックアップ機能および復元機能は、FTP サーバを使用してデータの保存および取得を行います。バックアップ機能によって、ファイルは Cisco Unified SIP Proxy から FTP サーバにコピーされます。復元機能によって、ファイルは FTP サーバから Cisco Unified SIP Proxy にコピーされます。FTP サーバは、バックアップ機能および復元機能が IP アドレスまたはホスト名を使用して FTP サーバにアクセスできる限り、ネットワークの任意の場所に配置できます。

すべての Cisco Unified SIP Proxy バックアップ ファイルは、指定したサーバに保存されます。バックアップ ファイルは、必要に応じて他の場所またはサーバにコピーできます。

バックアップ パラメータは、Cisco Unified SIP Proxy バックアップ ファイルの保存に使用する FTP サーバ、および最も古いファイルが上書きされるまでに保存されるバックアップの数を指定します。

前提条件

FTP 管理者または FTP サーバにログインできる他のユーザが、ファイルおよびディレクトリに対する読み取り、書き込み、上書き、作成、および削除の権限など FTP サーバに関するフル権限を持っていることを確認します。

FTP サーバの URL、FTP サーバ ログインのユーザ名およびパスワードを用意します。

最も古いバックアップが上書きされるまで保存されるリビジョンの番号を決めます。

手順の概要

1. configure terminal

2. backup server url backup-ftp-url username backup-ftp-usrname password backup-ftp-password

3. backup revisions number number

4. end

5. show backup

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal

 

se-10-0-0-0# config terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

backup server url ftp-url username ftp-username password ftp-password }

 

 

 

 

 

 

 

se-10-0-0-0(config)> backup server url ftp://main/backups username “admin” password “wxyz”

 

se-10-0-0-0(config)> backup server url ftp://192.0.2.15/backups username “admin” password “wxyz”

バックアップ パラメータを設定します。

(注) バックアップ サーバを設定しなければ、バックアップ リビジョンを設定できません。

server url ftp-url 値は、バックアップ ファイルの保存先である、ネットワーク FTP サーバの URL です。

ftp-username 値は、ネットワーク FTP サーバのユーザ名です。 ftp-password 値は、ネットワーク FTP サーバのパスワードです。

この例では、 main は FTP サーバのホスト名で、 backups はバックアップ ファイルの保存先ディレクトリです。

ステップ 3

backup revisions number

 

se-10-0-0-0(config)> backup revisions 5

保存されるバックアップ ファイルの数を設定します。このバックアップの数に達すると、システムは、保存されている最も古いファイルを削除します。

ステップ 4

end

 

se-10-0-0-0(config)> end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 5

show backup

 

se-10-0-0-0> show backup

FTP サーバの URL、利用可能なバックアップ ファイルの最大数などバックアップ サーバの設定情報を表示します。

次の例では、バックアップ サーバを設定し、 show backup の出力を表示する方法を示します。

se-10-0-0-0> enable

se-10-0-0-0# configure terminal

se-10-0-0-0(config)> backup revisions 5

se-10-0-0-0(config)> backup server url ftp://10.12.0.1/ftp username "admin" password "wxyz"

se-10-0-0-0(config)> end

se-10-0-0-0> show backup

Server URL: ftp://10.12.0.1/ftp

User Account on Server:

Number of Backups to Retain: 5

se-10-0-0-0>

関連項目

CLI コマンドについては、『 CLI Command Reference for Cisco Unified SIP Proxy Release 8.5 』を参照してください。

設定のバックアップおよび復元については、 「データのバックアップおよび復元」 を参照してください。

NTP サーバの設定

Cisco Unified SIP Proxy ソフトウェアのインストール時には、最大 2 つの Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)サーバを追加することもできます。追加の NTP サーバ(システムは、最大 3 つの NTP サーバをサポート)を追加し、1 つ以上の NTP サーバを削除するか、CLI を使用して NTP サーバ情報を表示できます。

「NTP サーバの追加」

「NTP サーバの削除」

「NTP サーバ情報の表示」

NTP サーバの追加とは

NTP サーバは、このサーバの IP アドレスまたはホスト名を使用して指定できます。

Cisco Unified SIP Proxy は、DNS サーバを使用してホスト名を IP アドレスに解決し、NTP サーバとして IP アドレスを保存します。DNS がホスト名を複数の IP アドレスに解決した場合、Cisco Unified SIP Proxy は NTP サーバとしてまだ指定されていない IP アドレスの 1 つをランダムに選択します。ランダムに選択しない場合は、1 つのサーバに対して prefer 属性を設定します。

1 つのホスト名に対して複数の IP アドレスを持つ NTP サーバを設定するには、同じホスト名を使用して設定手順を繰り返します。手順を繰り返すごとに、NTP サーバが残りの IP アドレスに割り当てられます。

手順の概要

1. configure terminal

2. ntp server { hostname | ip-address } [ prefer ]

3. end

4. show ntp status

5. show ntp configuration

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal

 

se-10-0-0-0# config terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ntp server { hostname | ip-address } [ prefer ]

 

se-10-0-0-0(config)> ntp server 192.0.2.14

se-10-0-0-0(config)> ntp server 192.0.2.17 prefer

NTP サーバのホスト名または IP アドレスを指定します。

複数のサーバが設定されている場合、 prefer 属性を持つサーバが他のサーバよりも先に使用されます。

ステップ 3

end

 

se-10-0-0-0(config)> exit

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

show ntp status

 

se-10-0-0-0> show ntp status

NTP サーバに関する統計情報を表示します。

ステップ 5

show ntp configuration

 

se-10-0-0-0> show ntp configuration

設定された NTP サーバを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

se-10-0-0-0> copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更部分をスタートアップのコンフィギュレーション ファイルにコピーします。

NTP サーバの追加例

次のコマンドで、NTP サーバが設定されます。

se-10-0-0-0# configure terminal
se-10-0-0-0(config)> ntp server 192.0.2.14
se-10-0-0-0(config)> exit
se-10-0-0-0>
 

show ntp status コマンドの出力は、次のように表示されます。

se-10-0-0-0> show ntp status
 
NTP reference server 1: 192.0.2.14
Status: sys.peer
Time difference (secs): 3.268110099434328E8
Time jitter (secs): 0.1719226837158203

NTP サーバの削除

NTP サーバは、このサーバの IP アドレスまたはホスト名を使用して削除できます。

「手順の概要」

「手順の詳細」

手順の概要

1. configure terminal

2. no ntp server { hostname | ip-address }

3. exit

4. show ntp status

5. show ntp configuration

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal

 

se-10-0-0-0# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

no ntp server { hostname | ip-address }

 

se-10-0-0-0(config)> no ntp server 192.0.2.14

se-10-0-0-0(config)> no ntp server myhost

削除する NTP サーバのホスト名または IP アドレスを指定します。

ステップ 3

exit

 

se-10-0-0-0(config)> exit

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 4

show ntp status

 

se-10-0-0-0> show ntp status

NTP サーバに関する統計情報を表示します。

ステップ 5

show ntp configuration

 

se-10-0-0-0> show ntp status

設定された NTP サーバを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

se-10-0-0-0> copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更部分をスタートアップのコンフィギュレーション ファイルにコピーします。

NTP サーバ情報を表示するコマンド

次のコマンドを使用することで、NTP サーバの設定情報およびステータスを表示できます。

show ntp associations

show ntp servers

show ntp source

show ntp status

NTP サーバ情報の表示例

次の例は、 show ntp associations コマンドの出力例です。

se-10-0-0-0> show ntp associations
 
ind assID status conf reach auth condition last_event cnt
===========================================================
1 61253 8000 yes yes none reject
 

次の例は、 show ntp servers コマンドの出力例です。

se-10-0-0-0> show ntp servers
 
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
1.100.6.9 0.0.0.0 16 u - 1024 0 0.000 0.000 4000.00
space reject, x falsetick, . excess, - outlyer
+ candidate, # selected, * sys.peer, o pps.peer
 

次の例は、 show ntp source コマンドの出力例です。

se-10-0-0-0> show ntp source
 
127.0.0.1: stratum 16, offset 0.000013, synch distance 8.67201
0.0.0.0: *Not Synchronized*
 

次の例は、 show ntp status コマンドの出力例です。

se-10-0-0-0> show ntp status
 
NTP reference server : 10.100.6.9
Status: reject
Time difference (secs): 0.0
Time jitter (secs): 4.0

関連項目

CLI コマンドについては、『 CLI Command Reference for Cisco Unified SIP Proxy Release 8.5 』を参照してください。

Cisco Unified SIP Proxy システムの初期インストールおよびインストール後の設定ツールについては、『 Installation Guide for Cisco Unified SIP Proxy Release 8.5 』を参照してください。

コピーおよび設定については、「設定のコピー」を参照してください。

時間帯の設定

Cisco Unified SIP Proxy ソフトウェアのインストール時には、時間帯の設定を求めるプロンプトが表示されます。時間帯の変更が必要な場合は、Cisco Unified SIP Proxy コンフィギュレーション モードで clock timezone コマンドを使用します。

時間帯を表示するには、モジュール EXEC モードで show clock detail コマンドを使用します。

時間帯の設定例

se-10-0-0-0# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
se-10-0-0-0(config)> clock timezone
Please identify a location so that time zone rules can be set correctly.
Please select a continent or ocean.
1) Africa 4) Arctic Ocean 7) Australia 10) Pacific Ocean
2) Americas 5) Asia 8) Europe
3) Antarctica 6) Atlantic Ocean 9) Indian Ocean
>? 2
Please select a country.
1) Anguilla 18) Ecuador 35) Paraguay
2) Antigua & Barbuda 19) El Salvador 36) Peru
3) Argentina 20) French Guiana 37) Puerto Rico
4) Aruba 21) Greenland 38) St Kitts & Nevis
5) Bahamas 22) Grenada 39) St Lucia
6) Barbados 23) Guadeloupe 40) St Pierre & Miquelon
7) Belize 24) Guatemala 41) St Vincent
8) Bolivia 25) Guyana 42) Suriname
9) Brazil 26) Haiti 43) Trinidad & Tobago
10) Canada 27) Honduras 44) Turks & Caicos Is
11) Cayman Islands 28) Jamaica 45) United States
12) Chile 29) Martinique 46) Uruguay
13) Colombia 30) Mexico 47) Venezuela
14) Costa Rica 31) Montserrat 48) Virgin Islands (UK)
15) Cuba 32) Netherlands Antilles 49) Virgin Islands (US)
16) Dominica 33) Nicaragua
17) Dominican Republic 34) Panama
>? 45
Please select one of the following time zone regions.
1) Eastern Time
2) Eastern Time - Michigan - most locations
3) Eastern Time - Kentucky - Louisville area
4) Eastern Time - Kentucky - Wayne County
5) Eastern Standard Time - Indiana - most locations
6) Eastern Standard Time - Indiana - Crawford County
7) Eastern Standard Time - Indiana - Starke County
8) Eastern Standard Time - Indiana - Switzerland County
9) Central Time
10) Central Time - Michigan - Wisconsin border
11) Central Time - North Dakota - Oliver County
12) Mountain Time
13) Mountain Time - south Idaho & east Oregon
14) Mountain Time - Navajo
15) Mountain Standard Time - Arizona
16) Pacific Time
17) Alaska Time
18) Alaska Time - Alaska panhandle
19) Alaska Time - Alaska panhandle neck
20) Alaska Time - west Alaska
21) Aleutian Islands
22) Hawaii
>? 16
 
The following information has been given:
 
United States
Pacific Time
 
Therefore TZ='America/Los_Angeles' will be used.
Local time is now: Mon Aug 27 17:23:54 PDT 2007.
Universal Time is now: Tue Aug 28 00:23:54 UTC 2007.
Is the above information OK?
1) Yes
2) No
>? 1
 
Save the change to startup configuration and reload the module for the new time zone to take effect.
se-10-0-0-0(config)>