Cisco IP Phone Messenger ユーザ ガイド リリース 8.0、8.5、8.6
会議の設定
会議の設定
発行日;2012/12/02 | 英語版ドキュメント(2012/05/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 652KB) | フィードバック

目次

会議の設定

会議通知をオンにする

スケジュールされた会議および参加者の表示

会議への参加と、会議コールバックのスケジューリング

会議のリマインダの送受信

会議の設定

 

組織で Microsoft Exchange Server を使用している場合、Cisco IP Phone Messenger を使用すると、会議通知を Cisco Unified IP Phone で受信したり、カレンダーの会議のステータスと Cisco IP Phone Messenger のアベイラビリティ ステータスを関連付けることができます。

カレンダー統合が有効になっている場合、Exchange のカレンダーでスケジュールされた会議は、Cisco IP Phone Messenger のアベイラビリティ ステータスに次のような影響を与えます。

スケジュール済みの会議の場合、その時間のアベイラビリティ ステータスは [ハナシチュウ(Busy)] と表示されます。

[不在(Out-of-the-Office)] のマークが付けられた会議の場合、その時間のアベイラビリティ ステータスは [フザイ(Away)] と表示されます。

[空き時間(Free)] または [仮の予定(Tentative)] のマークが付けられた会議の場合、その時間のアベイラビリティ ステータスは [アキ(Free)] と表示されます。

組織で Cisco Unified MeetingPlace を使用している場合、会議 ID を入力する必要なしに、選択した音声会議に直接接続するように設定できます。自分の電話機から直接、毎日の音声会議を表示し、会議に参加することで、コンピュータのデスクトップ カレンダー ソフトウェアを開く必要がなくなります。Cisco Unified MeetingPlace の設定値は、ユーザ オプション Web インターフェイスで設定します。詳細については、『 User Guide for Cisco Unified Presence 』を参照してください。

 

「会議通知をオンにする」

「スケジュールされた会議および参加者の表示」

「会議への参加と、会議コールバックのスケジューリング」

「会議のリマインダの送受信」

会議通知をオンにする

手順


ステップ 1 > [Phone Messenger] > [セッテイ(Settings)] を選択します。

ステップ 2 [カイギツウチ(Meeting Notification)] に移動し、選択します。

ステップ 3 次のいずれかの操作を行います。

会議通知をオンにするには、[オン(On)] を選択

会議通知をオフにするには、[オフ(Off)] を選択

ステップ 4 [センタク(Select)] を押します。


 

スケジュールされた会議および参加者の表示

Cisco IP Phone Messenger を使用して、特定の日にスケジュールされた会議の概要を表示したり、会議に招待された参加者のリストを表示できます。

手順


ステップ 1 > [Phone Messenger] > [キョウノカイギ(Today's meetings)] を選択します。

ステップ 2 会議の詳細を表示するには、次の操作を実行します。

a. 会議に移動し、選択します。

b. [ショウサイ(Details)] を押します。

c. [サンカシャ(Roster)] を押して、会議に招待された参加者のリストと、この参加者のアベイラビリティ ステータスを表示します。


 

関連トピック

「会議への参加と、会議コールバックのスケジューリング」

「会議のリマインダの送受信」

会議への参加と、会議コールバックのスケジューリング

電話機から、進行中の会議またはスケジュールされた会議に参加できます。また、後で行う会議のコールバックをスケジュールすることもできます。

はじめる前に

会議通知をオンにします。

手順


ステップ 1 > [Phone Messenger] > [キョウノカイギ(Today's meetings)] を選択します。

ステップ 2 参加する会議に移動し、選択します。

ステップ 3 [ショウサイ(Details)] を押します。

ステップ 4 次のいずれかの操作を実行します。

[サンカ(Join)] を押して、現在の会議に参加します。

[ツウチ(CallBack)] を押して、後で行われる会議のコールバックをスケジュールします。


 

トラブルシューティングのヒント

[サンカ(Join)] および [ツウチ(CallBack)] キーは、電話機の回線に関連付けられていない場合、使用できないことがあります。これらのキーが使用できない場合は、システム管理者に問い合わせてください。

組織で Cisco Unified MeetingPlace を使用していない場合、会議に参加するときに、会議 ID を要求するプロンプトが表示されます。

関連トピック

「会議通知をオンにする」

「スケジュールされた会議および参加者の表示」

「会議のリマインダの送受信」

会議のリマインダの送受信

会議のリマインダを個別の会議参加者、または会議のすべての参加者に送信できます。

手順


ステップ 1 > [Phone Messenger] > [キョウノカイギ(Today's meetings)] を選択します。

ステップ 2 ナビゲーション ボタンを使用してスクロールし、表示する会議を選択します。

ステップ 3 [ショウサイ(Details)] を押します。

ステップ 4 [サンカシャ(Roster)] を押します。

ステップ 5 次のいずれかの操作を行います。

リマインダを送信する参加者を選択して、[アラーム(Reminder)] を押します。

[A アラーム(RemdAll)] を押して、会議のすべての参加者にリマインダを送信します。


 

トラブルシューティングのヒント

電話機の画面に表示されるリマインダの [サンカ(Join)] を押すと、リマインダから会議に参加できます。Cisco Unified MeetingPlace を使用している場合は、音声会議にすぐに接続します。そうでない場合は、電話機で会議 ID を入力する必要があります。

関連トピック

「スケジュールされた会議および参加者の表示」

「会議への参加と、会議コールバックのスケジューリング」