Cisco IP Phone Messenger for Cisco Unified Presence ユーザ ガイド Release 6.0(1)
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 255KB) | フィードバック

目次

はじめに

Cisco IP Phone Messenger について

電話機または Web ページでの Cisco IP Phone Messenger の使用

Cisco IP Phone Messenger へのログイン

Cisco IP Phone Messenger からのログアウト

電話機へのテキスト入力

はじめに

Cisco IP Phone Messenger を使用すると、Cisco Unified IP Phone でインスタント メッセージの送受信と応答ができます。 これを利用できるのは、社内で Cisco Unified Presence が使用されていて、システム管理者が Cisco IP Phone Messenger を有効にしている場合だけです。Cisco IP Phone Messenger が利用可能かどうかが不明な場合は、システム管理者に確認してください。

Cisco IP Phone Messenger について

Cisco IP Phone Messenger を使用して、次のように Cisco Unified IP Phone でインスタント メッセージや連絡先を管理できます。

 

タスク
参照先

連絡先リストを作成する。

「連絡先の整理」

すべてのデバイスにプライバシ(プレゼンス)ステータスを設定する。

「プライバシの設定」

連絡先リストに登録されている社内ユーザにインスタント メッセージを送信する。

「メッセージの送信」

着信メッセージの通知方法を設定する。

「着信メッセージの処理」

Cisco IP Phone Messenger を使用している社内ユーザのプレゼンス ステータスを表示する。

「連絡先のプレゼンスの表示」

メッセージのアクセス方法と表示方法をカスタマイズする。

「メッセージの表示」

スケジュールされた日次会議を表示して参加する。

「会議の表示と参加」

電話機または Web ページでの Cisco IP Phone Messenger の使用

Cisco IP Phone Messenger サービスは、Cisco Unified IP Phone のサービス アプリケーションとユーザ オプション Web ページの 2 つのタスク管理コンポーネントで構成されています。両方で実行可能なタスクと、どちらか片方でだけ実行可能なタスクがあります。

ユーザ オプション Web ページ

一部のタスクは、Cisco IP Phone Messenger のユーザ オプション Web ページを使用して実行する必要があります。この Web ページには、各コンピュータ上でサポートされている Web ブラウザを使用してアクセスできます。ユーザ オプション Web ページは、設定のカスタマイズ、カスタム応答メッセージの作成、連絡先の整理、ブロードキャスト メッセージの送信に使用します。

サポートされる Web ブラウザは次のとおりです。

Microsoft Internet Explorer バージョン 6.0 以降

Netscape Navigator バージョン 7.1 以降

Cisco IP Phone Messenger のユーザ オプション Web ページは、Cisco CallManager のユーザ オプション Web ページとは別のサーバに配置されています。 システム管理者は設定により、これらのユーザ オプション Web ページにアクセスできるようにして、必要な情報を提供する必要があります。 ログインできなかったり、このガイドで説明されているオプションが表示されない場合は、システム管理者にお問い合せください。

ユーザ オプション Web ページの一部のフィールドは、Cisco IP Phone Messenger には適用されません。 その代わり、これらのオプションは Cisco Unified Personal Communicator に適用されます。Cisco Unified Personal Communicator は、音声、ビデオ、文書共有、および、プレゼンス情報を統合するデスクトップ アプリケーションです。

IP Phone サービス

Cisco IP Phone Messenger サービスは、Cisco Unified IP Phone で実行されるアプリケーションです(サービスとは、Cisco Unified IP Phone で実行可能な特別な種類の XML ベースのアプリケーションです)。このサービスでは、Cisco Unified IP Phone を使用して、テキストベースのインスタント メッセージを他の社内ユーザと送受信できます。 このサービスにアクセスするには、まずシステム管理者が電話機にこのサービスを割り当てる必要があります。

このサービスは、ユーザ ID に関連付けられた電話機(定義済み)と、関連付けられていない電話機(未定義)のいずれにも割り当てることができます。定義済みまたは未定義かによって、電話機から Cisco IP Phone Messenger にアクセスする際に必要な情報が異なります。

Cisco IP Phone Messenger へのログイン


) 漢字未サポートの電話機では、画面はカタカナで表示されます。


Cisco IP Phone Messenger へは、次のいずれのコンポーネントを使用してもログインできます。

ユーザ オプション Web ページ:コンピュータと Web ブラウザを使用する必要があります。

IP Phone サービス:サービスが定義済みまたは未定義かによって、次のように PIN と、場合によってはユーザ ID を入力して、サービスにログインする必要があります。

定義済み:ユーザに割り当てられた電話機でログインする場合は、ユーザ ID を入力する必要はありません。 通常、他のユーザに割り当てられている電話機では、Cisco IP Phone Messenger にログインできません。他のユーザのユーザ ID で自分の PIN を使用できないためです。ただし、電話機にエクステンション モビリティが設定されている場合は例外で、エクステンション モビリティにログインしてから、Cisco IP Phone Messenger にログインできます。

未定義:ログインにユーザ ID が必要です。未定義の電話機では、Cisco IP Phone Messenger を使用できる有効なユーザ ID と PIN があれば、だれでもログインできます。


別の電話機ですでに Cisco IP Phone Messenger にログインしている場合に、さらにログインを試みると、重複ログインを示す警告が表示されます。ログインする前に、この警告に応答する必要があります。[はい]を選択して他の電話機から自動的にログアウトするか、[いいえ]を選択して他の電話機にログインしたままにログインします。複数の電話機に同時にログインすると、すべてのインスタント メッセージが各電話機に表示されるため、プライバシー上の懸念が考えられます。


 

ログイン先
電話機での操作
ユーザ オプション Web ページでの操作

ユーザ オプション Web ページ

該当なし

1. コンピュータ上でサポートされている Web ブラウザを開きます。

2. システム管理者から提供された Web ページ アドレス(http://< CUPS server >/ccmuser のような形式)を入力します。

3. システム管理者から付与されたユーザ名とパスワードを入力します。

4. [ユーザオプション] メニューを選択すると、利用可能なオプションが表示されます。

IP Phone サービス

1. Cisco Unified IP Phone で、次の順に押します。 > Phone Messenger (またはそれに類する名前)


) このサービス名は、システム管理者がカスタマイズできるため、お使いの電話機で使用されている名前をシステム管理者に確認してください。


2. PIN とユーザ ID(要求された場合)を入力します。 テキスト入力のヒントについては、「電話機へのテキスト入力」 を参照してください。 << を押して文字を削除するか、[終了]を押してキャンセルします。

3. [送信]を押します。

Cisco IP Phone Messenger のメインメニューと次のオプションが表示されます。

[メッセージ]

[連絡先]

[設定]

[システム メッセージ]

該当なし

Cisco IP Phone Messenger からのログアウト

Cisco IP Phone Messenger からは、いつでもログアウトできます。

ユーザ オプション Web ページ:ユーザ オプション Web ページを使用して、いつでも Cisco IP Phone Messenger からログアウトできます。


ユーザ オプション Web ページからは、いつでもログアウトできます。また、セキュリティ保護のため、30 分間操作が行われない場合は、ユーザ オプション Web ページから自動的にログアウトされます。


IP Phone サービス:電話機で Cisco IP Phone Messenger からいつでもログアウトできますが、セキュリティ強化のため、最大セッション時間を設定することも可能です。 Cisco IP Phone Messenger を使用する電話機に、自分のユーザ ID が関連付けられているかどうかにより、ログアウト時に PIN の入力が必要な場合があります。

定義済み:ログアウトに PIN が必要です。

未定義:ログアウトに PIN は必要ありませんが、セキュリティ強化のため、未割り当ての電話機から自動的にログアウトするように設定できます。

 

ログアウト元
電話機での操作
ユーザ オプション Web ページでの操作

IP Phone サービス

1. Cisco IP Phone Messenger のメイン メニューで、[ログアウト]を押します。

2. PIN 入力を要求された場合は、PIN を入力します。 テキスト入力のヒントについては、「電話機へのテキスト入力」 を参照してください。 << を押して文字を削除するか、[終了]を押してキャンセルします。

3. [はい]を押してログアウトするか、[いいえ]または[キャンセル]を選択してメインメニューに戻ります。

1. [ユーザオプション]>[設定]>[IPPM設定]の順に選択します。

2. [ログアウト]をクリックします。

3. [OK]をクリックして確定するか、[キャンセル]をクリックします。


) [ログアウト]ボタンが表示されるのは、Cisco IP Phone Messenger にログインしている場合のみです。


未定義の電話機(自動ログアウトの設定)

1. >[Phone Messenger]>[設定]の順に押します。

2. ナビゲーション ボタンを使用して[セッションタイマー]までスクロールし、[選択]を押します。

3. 1 ~ 9999 の範囲の値(分)を入力します。

4. [送信]を押します。

1. [ユーザオプション]>[設定]>[IPPM設定]の順に選択します。

2. [セッションタイムアウト(分)]フィールドに、1 ~ 9999 の範囲の値(分)を入力します。

3. [保存]をクリックします。

電話機へのテキスト入力

インスタント メッセージを作成する場合や、ユーザ ID を入力して連絡先リストに連絡先を追加する場合、Cisco Unified IP Phone のダイヤル パッドを使用して、文字や数字、その他の記号などを入力できます。キーを 1 回押すと、キーに割り当てられた最初の文字が選択されます。2 回押すと 2 番目の文字、3 回押すと 3 番目の文字というように順に選択されます。

たとえば、a を入力するには 2 のキーを 1 回、b を入力するには 2 回、c は 3 回、2 は 4 回押します。

 

キー
文字

1

1 ! | ’ : ; ^

2

a b c 2 A B C

3

d e f 3 D E F

4

g h i 4 G H I

5

j k l 5 J K L

6

m n o 6 M N O

7

p q r s 7 P Q R S

8

t u v 8 T U V

9

w x y z 9 W X Y Z

0

. - _ 0 = , <スペース>

*

.@ ~ * & %

#

# + $ <ユーロ記号> £ \