Cisco Unified Presence Release 8.6(5) の IP アドレス、ホスト名、ドメイン名、ノード名の変更
サーバのホスト名の変更
サーバのホスト名の変更
発行日;2013/07/23 | 英語版ドキュメント(2013/04/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 833KB) | フィードバック

目次

サーバのホスト名の変更

パブリッシャ サーバ ホスト名の変更

サブスクライバ サーバ ホスト名の変更

パブリッシャ サーバ ホスト名の変更


注意 パブリッシャ ノードのホスト名を変更すると、仮想サーバのサーバ ソフトウェア ライセンスが無効になる場合があります。

クラスタにあるパブリッシャ サーバのホスト名を変更するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 「変更前のタスク」を完了します。

ステップ 2 次の操作を実行します。

a. パブリッシャ サーバの DNS レコードを変更して、新しいホスト名(たとえば newhost1)を指定します。(説明のため、この手順では newhost1 を CLI コマンドの例で使用しています)。

b. 必ず順方向(A)レコードと逆方向(PTR)レコードの両方を正しく更新します。

ステップ 3 すべてのクラスタ ノードで次の CLI コマンドを実行することにより、DNS の変更が他のノードに伝搬されていることを確認します。

utils network host newhost1

ここで、 newhost1 は新しいホスト名を意味します。

このコマンドの出力は次のようになります。

admin:utils network host newhost1
Hostname newhost1 resolves to 14.86.13.11
 

ステップ 4 パブリッシャ ノードのクラスタ トポロジ ノード名を IP アドレスで定義している場合は、ステップ 7 に進みます。それ以外の場合は、Cisco Unified Presence Administration から、パブリッシャ サーバで次のタスクを実行します。

a. [システム(System)] > [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] を選択します。

b. [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] ツリービューからパブリッシャ ノードを選択します。

c. [ノードの設定(Node Configuration)] セクションで、次のように新しいホスト名を反映するように [名前(Name)] を更新します。

サーバをホスト名で定義している場合は、古いホスト名を新しいホスト名に置き換えます。たとえば、[名前(Name)] を「old-host」から「new-host」に更新します。

サーバを FQDN で定義している場合は、古いホスト名ではなく、新しいホスト名を反映するように FQDN の値を更新します。たとえば、[名前(Name)] を「old-host.example.com」から「new-host.example.com」に更新します。

d. [保存(Save)] を選択します。

ステップ 5 Cisco Unified Communications Manager の管理から、次の作業を実行します。

a. [システム(System)] > [アプリケーション サーバ(Application Server)] を選択します。

b. [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)] ウィンドウで [検索(Find)] を選択し、サーバを表示します。

c. 新しいノード名の値がサーバのリストに表示されていることを確認します。新しいノード名の値がリストに表示されていない場合は、これを追加します。

ステップ 6 ホスト名の変更が、クラスタ内のすべてのノードに複製されることを確認します。そのためには、クラスタ内のすべてのノードで CLI から次のコマンドを入力します。

run sql select name,nodeid from ProcessNode
 

このコマンドの出力例を次に示します。

admin: run sql select name,nodeid from ProcessNode
name nodeid
================== ======
EnterpriseWideData 1
10.3.90.21 4
10.3.90.5 2
 

注意 更新されたノード名の値がクラスタ内のすべてのノードに複製されるまで次の手順に進まないでください。

ノード名がクラスタ内のすべてのノードに複製されていない場合、次のリカバリ手順を完了してください。

a. [クラスタトポロジ(Cluster Topology)] 画面で、パブリッシャ ノードの名前を古いホスト名に更新します。

b. パブリッシャ ノードで、次のコマンドを実行してデータベース レプリケーションをリセットします。

utils dbreplication reset all
 

c. パブリッシャ ノードで、次のコマンドを実行してすべてのノードで複製状態が 2 であることを確認してください。

utils dbreplication runtimestate
 

) すべてのノードで複製状態が 2 になるまで、このコマンドを繰り返し実行できます。


d. この手順のステップ 4 に戻ります。

ステップ 7 各サブスクライバ サーバに対して CLI で次のコマンドを入力することにより、クラスタ内の各サブスクライバ サーバ上のパブリッシャ サーバのホスト名を変更します。

set network cluster publisher hostname new_hostname
 

次に、例を示します。

set network cluster publisher hostname newhost1
 

ステップ 8 パブリッシャ サーバ上で、サーバのホスト名を次のように変更します。

a. CLI コマンド set network hostname newhost1 を入力します。

ここで、 newhost1 は新しいホスト名を意味します。

b. Yes と入力して Enter キーを押します。新しいホスト名を反映してサーバが自動的に再起動します。

ステップ 9 パブリッシャ ノードが再起動した後、次の CLI コマンドですべてのサブスクライバ ノードを再起動します。

utils system restart
 

ステップ 10 すべてのノードが正常に再起動した後、パブリッシャ ノードで次の CLI コマンドを実行して、レプリケーションをリセットします。

utils dbreplication reset all

) データベースのサイズによっては、レプリケーションの再確立に数分から 1 時間以上の時間を要することがあります。


ステップ 11 パブリッシャ ノードで次のコマンドを入力して、データベース レプリケーションが正常に確立されたことを確認してください。

utils dbreplication runtimestate
 

サンプル出力は次のとおりです。

DDB and Replication Services: ALL RUNNING
 
DB CLI Status: No other dbreplication CLI is running...
 
Cluster Replication State: BROADCAST SYNC Completed on 1 servers at: 2012-09-26-15-18
Last Sync Result: SYNC COMPLETED 257 tables sync'ed out of 257
Sync Errors: NO ERRORS
 
DB Version: ccm9_0_1_10000_9000
Number of replicated tables: 257
Repltimeout set to: 300s
 
Cluster Detailed View from gwydlvm020105 (2 Servers):
 
PING REPLICATION REPL. DBver& REPL. REPLICATION SETUP
SERVER-NAME IP ADDRESS (msec) RPC? STATUS QUEUE TABLES LOOP? (RTMT) & details
----------- ------------ ------ ---- ----------- ----- ------- ----- -----------------
gwydlvm020105 192.168.20.244 0.038 Yes Connected 0 match Yes (2) PUB Setup Completed
gwydlvm020106 192.168.10.201 0.248 Yes Connected 128 match Yes (2) Setup Completed
 

) すべての REPLICATION SETUP (RTMT) & details で、状態 2 が報告されていることを必ず確認してください。この値が 2 以外になっている場合は、データベースのレプリケーションに何らかの問題があるので、レプリケーションをリセットする必要があります。


レプリケーションがセット アップされない場合は、次のトラブルシューティング手順を実行してください。

a. パブリッシャ ノードで次のコマンドを入力して、レプリケーションをリセットします。

utils dbreplication reset all
 

b. パブリッシャ ノードで次のコマンドを再実行して、複製状態をチェックします。

utils dbreplication runtimestate
 

ステップ 12 「変更後のタスク」を完了します。


 

サブスクライバ サーバ ホスト名の変更

クラスタにあるサブスクライバ サーバのホスト名を変更するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 「変更前のタスク」を完了します。

ステップ 2 次の操作を実行します。

a. サブスクライバ サーバの DNS レコードを変更して、新しいホスト名(たとえば newhost1)を指定します。(説明のため、この手順では newhost1 を CLI コマンドの例で使用しています)。

b. 必ず順方向(A)レコードと逆方向(PTR)レコードの両方を正しく更新します。

ステップ 3 すべてのクラスタ ノードで次の CLI コマンドを実行することにより、DNS の変更が他のノードに伝搬されていることを確認します。

utils network host newhost1

ここで、 newhost1 は新しいホスト名を意味します。

このコマンドの出力は次のようになります。

admin:utils network host newhost1
Hostname newhost1 resolves to 14.86.13.11
 

ステップ 4 サブスクライバ ノードのクラスタ トポロジ ノード名を IP アドレスで定義している場合は、ステップ 7 に進みます。それ以外の場合は、Cisco Unified Presence Administration から、パブリッシャ サーバで次のタスクを実行します。

a. [システム(System)] > [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] を選択します。

b. [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] ツリービューからサブスクライバ ノードを選択します。

c. [ノードの設定(Node Configuration)] セクションで、次のように新しいホスト名を反映するように [名前(Name)] を更新します。

サーバをホスト名で定義している場合は、古いホスト名を新しいホスト名に置き換えます。たとえば、[名前(Name)] を「old-host」から「new-host」に更新します。

サーバを FQDN で定義している場合は、古いホスト名ではなく、新しいホスト名を反映するように FQDN の値を更新します。たとえば、[名前(Name)] を「old-host.example.com」から「new-host.example.com」に更新します。

d. [保存(Save)] を選択します。

ステップ 5 Cisco Unified Communications Manager の管理から、次の作業を実行します。

a. [システム(System)] > [アプリケーション サーバ(Application Server)] を選択します。

b. [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)] ウィンドウで [検索(Find)] を選択し、サーバを表示します。

c. 新しいノード名の値がサーバのリストに表示されていることを確認します。新しいノード名の値がリストに表示されていない場合は、これを追加します。

ステップ 6 ホスト名の変更が、クラスタ内のすべてのノードに複製されることを確認します。そのためには、クラスタ内のすべてのノードで CLI から次のコマンドを入力します。

run sql select name,nodeid from ProcessNode
 

このコマンドの出力例を次に示します。

admin: run sql select name,nodeid from ProcessNode
name nodeid
================== ======
EnterpriseWideData 1
10.3.90.21 4
10.3.90.5 2
 

注意 更新されたノード名の値がクラスタ内のすべてのノードに複製されるまで次の手順に進まないでください。

ノード名がクラスタ内のすべてのノードに複製されていない場合、次のリカバリ手順を完了してください。

a. [クラスタトポロジ(Cluster Topology)] 画面で、サブスクライバ ノードの名前を古いホスト名に更新します。

b. パブリッシャ ノードで、次のコマンドを実行してデータベース レプリケーションをリセットします。

utils dbreplication reset all
 

c. パブリッシャ ノードで、次のコマンドを実行してすべてのノードで複製状態が 2 であることを確認してください。

utils dbreplication runtimestate
 

) すべてのノードで複製状態が 2 になるまで、このコマンドを繰り返し実行できます。


d. この手順のステップ 4 に戻ります。

ステップ 7 サブスクライバ サーバ上で、サーバのホスト名を次のように変更します。

a. CLI コマンド set network hostname newhost1 を入力します。

ここで、 newhost1 は新しいホスト名を意味します。

b. Yes と入力して Enter キーを押します。新しいホスト名を反映してサーバが自動的に再起動します。

ステップ 8 次のコマンドで、クラスタ内のパブリッシャ ノードを再起動します。

utils system restart
 

ステップ 9 次のコマンドで、クラスタ内の他のすべてのサブスクライバ ノードを再起動します。

utils system restart
 

ステップ 10 すべてのノードが正常に再起動した後、パブリッシャ ノードで次の CLI コマンドを実行して、レプリケーションをリセットします。

utils dbreplication reset all

) データベースのサイズによっては、レプリケーションの再確立に数分から 1 時間以上の時間を要することがあります。


ステップ 11 パブリッシャ ノードで次のコマンドを入力して、データベース レプリケーションが正常に確立されたことを確認してください。

utils dbreplication runtimestate
 

サンプル出力は次のとおりです。

DDB and Replication Services: ALL RUNNING
 
DB CLI Status: No other dbreplication CLI is running...
 
Cluster Replication State: BROADCAST SYNC Completed on 1 servers at: 2012-09-26-15-18
Last Sync Result: SYNC COMPLETED 257 tables sync'ed out of 257
Sync Errors: NO ERRORS
 
DB Version: ccm9_0_1_10000_9000
Number of replicated tables: 257
Repltimeout set to: 300s
 
Cluster Detailed View from gwydlvm020105 (2 Servers):
 
PING REPLICATION REPL. DBver& REPL. REPLICATION SETUP
SERVER-NAME IP ADDRESS (msec) RPC? STATUS QUEUE TABLES LOOP? (RTMT) & details
----------- ------------ ------ ---- ----------- ----- ------- ----- -----------------
gwydlvm020105 192.168.20.244 0.038 Yes Connected 0 match Yes (2) PUB Setup Completed
gwydlvm020106 192.168.10.201 0.248 Yes Connected 128 match Yes (2) Setup Completed
 

) すべての REPLICATION SETUP (RTMT) & details で、状態 2 が報告されていることを必ず確認してください。この値が 2 以外になっている場合は、データベースのレプリケーションに何らかの問題があるので、レプリケーションをリセットする必要があります。


レプリケーションがセット アップされない場合は、次のトラブルシューティング手順を実行してください。

a. パブリッシャ ノードで次のコマンドを入力して、レプリケーションをリセットします。

utils dbreplication reset all
 

b. パブリッシャ ノードで次のコマンドを再実行して、複製状態をチェックします。

utils dbreplication runtimestate
 

ステップ 12 複数のサブスクライバ ノードのホスト名を変更した場合は、変更する各サブスクライバ ノードでこの手順を繰り返して行ってください。

ステップ 13 「変更後のタスク」を完了します。