Real-Time Monitoring Tool アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified Presence Release 8.0、8.5、および 8.6
Real-Time Monitoring Tool(RTMT)のインストールおよび設定
Real-Time Monitoring Tool(RTMT)のインストールおよび設定
発行日;2012/06/01 | 英語版ドキュメント(2012/05/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Real-Time Monitoring Tool(RTMT)のインストールおよび設定

Real-Time Monitoring Tool(RTMT)のインストールおよびアップグレード方法

RTMT のインストール

RTMT のアップグレード

RTMT の複数インストール

サーバ上のサービス、サーブレット、およびサービス パラメータ

RTMT のナビゲート方法

RTMT の起動

RTMT インターフェイス

サーバで設定できないコンポーネント(RTMT Collector および Alert Manager)

RTMT のアンインストール

Real-Time Monitoring Tool(RTMT)のインストールおよびアップグレード方法

Cisco Unified Presence Real-Time Monitoring Tool(RTMT)は、クライアント側のアプリケーションとして実行され、Cisco Unified Presence コンポーネントのリアルタイムの動作をモニタします。Real-Time Monitoring Tool では、Hypertext Transfer Protocol Secure(HTTPS)と Transmission Control Protocol(TCP)を使用して、システム パフォーマンス、デバイス ステータス、デバイス検出、および Cisco Unified Presence 対応のコンピュータ テレフォニー インテグレーション(CTI)アプリケーションをモニタします。RTMT は、HTTPS を使用して直接デバイスに接続し、システムの問題をトラブルシューティングします。


) RTMT がデスクトップ上のアプリケーションとして動作していない場合でも、アラームやパフォーマンス モニタリングの更新などのタスクは、サーバ上でバックグラウンド処理として続行されます。


Real-Time Monitoring Tool では、次の作業を実行できます。

システムの健全性をモニタするための、事前に定義された管理オブジェクトをモニタする。

値がユーザ設定のしきい値を超えるか下回ったときに、オブジェクトのさまざまなアラートを電子メール形式で生成する。

トレースを収集し、RTMT に備わっているさまざまなデフォルト ビューアで表示する。

SysLog ビューアで syslog メッセージを表示する。

パフォーマンスモニタリング カウンタと連動する。

 

「RTMT のインストール」

「RTMT のアップグレード」

「RTMT の複数インストール」

RTMT のインストール

RTMT は 800 × 600 以上の解像度に対応し、Windows 98、Windows XP、Windows 2000、または KDE クライアントか Gnome クライアント、あるいはその両方を使用する Red Hat Linux にインストールできます。

はじめる前に

インストールする RTMT のバージョンに、クラスタで稼動している Cisco Unified Presence のバージョンとの互換性があることを確認してください。たとえば、Cisco Unified Presence 6.X をサポートする RTMT バージョンは Cisco Unified Presence 7.X をサポートしません。

Microsoft Windows 搭載の Cisco Unified Presence サーバで使用するために以前に RTMT をインストールした場合は、ローカル コンピュータの別のフォルダに Cisco Unified Presence 用の RTMT をインストールする必要があります。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Presence の管理ページで [アプリケーション(Application)] > [プラグイン(Plugins)] を選択します。

ステップ 2 [検索(Find)] を選択します。

ステップ 3 次のいずれかの操作を実行します。

a. Microsoft Windows オペレーティング システム搭載のコンピュータに RTMT ツールをインストールする場合は、Cisco Unified Presence Real-Time Monitoring Tool-Windows に対応する [ダウンロード(Download)] を選択します。

b. Linux オペレーティング システム搭載のコンピュータに RTMT ツールをインストールする場合は、Cisco Unified Presence Real-Time Monitoring Tool-Linux に対応する [ダウンロード(Download)] を選択します。

ステップ 4 実行可能ファイルを任意の場所にダウンロードします。

ステップ 5 次のいずれかの操作を実行します。

a. Windows バージョンをインストールするには、デスクトップ上に表示される RTMT アイコンをダブルクリックするか、ファイルをダウンロードしたディレクトリを見つけて RTMT インストール ファイルを実行します。抽出プロセスが開始されます。

b. Linux バージョンをインストールするには、ファイルに実行権限があることを確認します。たとえば、コマンド chmod +x CcmServRtmtPlugin.bin (大文字と小文字を区別)を入力します。

ステップ 6 [次へ(Next)] を選択します。

ステップ 7 [はい(Yes)] を選択してライセンス契約書に同意します。

ステップ 8 次のいずれかの操作を実行します。

a. RTMT をインストールする場所を選択します。

b. デフォルトの場所を使用しない場合は、[参照(Browse)] を選択して別の場所に移動します。[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 9 [次へ(Next)] を選択します。

ステップ 10 [完了(Finish)] を選択して、インストールを完了します。


 

トラブルシューティングのヒント

[セットアップ ステータス(Setup Status)] ウィンドウが表示されているときは、[キャンセル(Cancel)] を選択しないでください。

Windows Vista コンピュータに RTMT をインストールする場合、ユーザ アカウント制御のポップアップ メッセージに、「認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています(An unidentified program wants to access your computer.)」と表示されます。[許可(Allow)] を選択して RTMT の処理を続行します。

関連項目

『Serviceability Configuration and Maintenance Guide for Cisco Unified Presence

RTMT のアップグレード

RTMT を使用すると、ユーザ設定とダウンロードしたモジュールの jar ファイルはクライアント コンピュータのローカルに保存されます。ユーザが作成したプロファイルは Cisco Unified Presence データベースに保存されるので、ツールをアップグレードした後は RTMT でそれらの項目にアクセスできます。

はじめる前に

互換性を確実にするため、クラスタ内のすべてのサーバで Cisco Unified Presence のアップグレードを行ってから RTMT をアップグレードすることを推奨します。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Presence の管理ページで [アプリケーション(Application)] > [プラグイン(Plugins)] を選択します。

ステップ 2 [検索(Find)] を選択します。

ステップ 3 次のいずれかの操作を実行します。

a. Microsoft Windows オペレーティング システム搭載のコンピュータに RTMT ツールをインストールする場合は、Cisco Unified Presence Real-Time Monitoring Tool-Windows に対応する [ダウンロード(Download)] を選択します。

b. Linux オペレーティング システム搭載のコンピュータに RTMT ツールをインストールする場合は、Cisco Unified Presence Real-Time Monitoring Tool-Linux に対応する [ダウンロード(Download)] を選択します。

ステップ 4 実行可能ファイルを任意の場所にダウンロードします。

ステップ 5 次のいずれかの操作を実行します。

a. Windows バージョンをインストールするには、デスクトップ上に表示される RTMT アイコンをダブルクリックするか、ファイルをダウンロードしたディレクトリを見つけて RTMT インストール ファイルを実行します。抽出プロセスが開始されます。

b. Linux バージョンをインストールするには、ファイルに実行権限があることを確認します。たとえば、コマンド chmod +x CcmServRtmtPlugin.bin (大文字と小文字を区別)を入力します。

ステップ 6 [次へ(Next)] を選択します。

ステップ 7 アップグレードのインストールの場所は変更できないので、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 8 [完了(Finish)] を選択します。


 

トラブルシューティングのヒント

[セットアップ ステータス(Setup Status)] ウィンドウが表示されているときは、[キャンセル(Cancel)] を選択しないでください。

関連項目

『Serviceability Configuration and Maintenance Guide for Cisco Unified Presence』

RTMT の複数インストール

コンピュータに単一の RTMT をインストールした場合、一度にモニタできるのは 1 台のサーバまたは 1 つのクラスタのみになります。たとえば、次のエンティティのいずれかをモニタできます。

1 台のサーバ上の Cisco Unified Presence 製品。

クラスタの健全性をモニタするクラスタ内のノード。

異なるサーバまたはノードの製品をモニタするには、サーバまたはノードからログオフしてから、他のサーバにログインする必要があります。

コンピュータに複数の RTMT をインストールした場合、別々のサーバにインストールされている複数の Cisco Unified Presence 製品を同時にモニタできます。


) 次の制限事項に注意してください。

バージョンの異なる Cisco Unified Presence を同時に実行しているクラスタをモニタするには、RTMT の複数のバージョン(Cisco Unified Presence リリースごとに 1 つのバージョン)をインストールする必要があります。プラグインの複数のバージョンをインストールする場合、それらのバージョンが別々のフォルダに存在する限り、同一のクライアントにインストールできます。インストール時にフォルダ内に別のバージョンが検出されると、メッセージが表示されます。インストールを続行するには、そのバージョンを別のフォルダにインストールします。


 

1 台のコンピュータに複数の RTMT をインストールするときは、別々のフォルダにインストールする必要があります。1 台のコンピュータにインストールする RTMT は、4 つまでにすることを推奨します。

RTMT を追加インストールするとショートカット アイコンが上書きされるので、次の作業を実行してください。

1. 前のインストールの保存先フォルダにある jrtmt.exe へのショートカットを作成することによって、別のアイコンを作成します。

2. アイコンの名前を適宜変更します。

インストール時に選択したフォルダ内に別のバージョンが検出されると、メッセージが表示されます。インストールを続行するには、そのバージョンを別のフォルダにインストールします。


) コンピュータは、最後に終了した RTMT クライアントから IP アドレスや RTMT フレーム サイズなどのユーザ設定を保存します。


サーバ上のサービス、サーブレット、およびサービス パラメータ

RTMT クライアントをサポートするには、サーバ上で多数のサービスをアクティブにして、実行する必要があります。RTMT では、次のサービス/サーブレットを使用します。

Cisco AMC サービス:このサービスは、インストール後に自動的に開始されます。このサービスによって、RTMT はクラスタ内のノードに存在する情報をリアルタイムで取得できます。Cisco Unified Presence は、最初のノードを自動的にプライマリ コレクタとして割り当てます。プライマリ コレクタに障害が発生しても、RTMT で引き続き情報を取得できるよう、Cisco Unified Presence 管理ページのサービス パラメータで後続ノードをフェールオーバー コレクタとして設定する必要があります。

次のリストは、RTMT に関連付けられたいくつかの Cisco AMC サービス パラメータを示しています。パラメータの最新リストについては、Cisco Unified Presence 管理ページで [システム(System)] > [サービス パラメータ(Service Parameters)] を選択します。次に、サーバと Cisco AMC サービスを選択します。

Primary Collector

Failover Collector

Data Collection Enabled

Data Collection Polling Rate

Server Synchronization Period

RMI Registry Port Number

RMI Object Port Number

Alert Manager Enabled

Logger Enabled

これらのサービス パラメータの詳細については、Cisco Unified Presence 管理ページの [サービス パラメータ設定(Service Parameter configuration)] に表示される [?] ボタンを選択してください。

次のリストは、RTMT に関連付けられたいくつかのネットワーク サービス/サーブレットを示しています。Cisco Unified Serviceability で [ツール(Tools)] > [コントロール センターのネットワーク サービス(Control Center - Network Services)] を選択すると、これらのサービスが表示されます。

Cisco CallManager Serviceability RTMT:Cisco Unified Presence Real-Time Monitoring Tool をサポートします。このサービスは、インストール後に自動的に開始されます。

Cisco RIS Data Collector:Real-time Information Server(RIS)は、パフォーマンス カウンタ統計、生成された重大アラームなどの情報をリアルタイムで保持します。Cisco RIS Data Collector サービスは、Real-Time Monitoring Tool、SOAP アプリケーション、および AlertMgrCollector(AMC)などのアプリケーションに対して、サーバに保存された情報を取得するためのインターフェイスを提供します。

Cisco Tomcat Stats Servlet:Cisco Tomcat Stats Servlet では、RTMT またはコマンドライン インターフェイスを使用することで、Tomcat perfmon カウンタをモニタできます。このサービスが CPU 時間などのリソースを過剰に使用していると思われる場合以外は、このサービスを停止しないでください。

Cisco Trace Collection Servlet:Cisco Trace Collection Servlet は Cisco Trace Collection Service と連携してトレース収集をサポートし、ユーザが RTMT クライアントでトレースを表示できるようにします。サーバ上でこのサービスを停止すると、そのサーバ上のトレースは収集または表示ができなくなります。

Cisco Trace Collection Service:Cisco Trace Collection Service は Cisco Trace Collection Servlet と連携してトレース収集をサポートし、ユーザが RTMT クライアントでトレースを表示できるようにします。サーバ上でこのサービスを停止すると、そのサーバ上のトレースは収集または表示ができなくなります。

Cisco Log Partition Monitoring Tool:このサービスはインストール後に自動的に開始され、サーバ上のログ パーティションのディスク使用量をモニタします。

Cisco SOAP-Real-Time Service APIs:Cisco SOAP-Real-Time Service APIs は、インストール後に自動的に開始され、RTMT でデバイスや CTI アプリケーションの情報をリアルタイムで収集できるようにします。

Cisco SOAP-Performance Monitoring APIs:このサービスはインストール後に自動的に開始され、SOAP API を介したさまざまなアプリケーションのパフォーマンス モニタリング カウンタを RTMT で使用できるようにします。

Cisco RTMT Reporter サーブレット:このサービスはインストール後に自動的に開始され、RTMT に関するレポートの公開を可能にします。

RTMT のナビゲート方法

「RTMT の起動」

「RTMT インターフェイス」

RTMT の起動

はじめる前に

Cisco AMC サービスは、インストール後に自動的に開始されます。Cisco Unified Presence は、最初のノードを自動的にプライマリ コレクタとして割り当てます。プライマリ コレクタに障害が発生しても、RTMT で引き続き情報を取得できるよう、Cisco Unified Presence 管理ページで後続ノードをフェールオーバー コレクタとして設定する必要があります。

手順


ステップ 1 プラグインをインストールした後、[スタート(Start)] > [すべてのプログラム(All Programs)] > [Cisco] > [Presence Serviceability] > [Real-Time Monitoring Tool 8.5] を選択します。

ステップ 2 [ホスト IP アドレス(Host IP Address)] フィールドに、パブリッシャ ノードの IP アドレスまたはホスト名を入力します。

ステップ 3 [ユーザ名(User Name)] フィールドに CCMAdministrator アプリケーション ユーザのユーザ名を入力します。たとえば、このユーザのデフォルト ユーザ名は CCMAdministrator です。

ステップ 4 [パスワード(Password)] フィールドに、CCMAdministrator アプリケーションのユーザ名に対して設定されたユーザ パスワードを入力します。

ステップ 5 アプリケーションでサーバのリッスンに使用するポートを入力します。デフォルト ポート番号は、8443 です。

ステップ 6 [セキュア接続(Secure connection)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 [OK] を選択します。

ステップ 8 [はい(Yes)] を選択して、証明書ストアを追加します。


 

トラブルシューティングのヒント

Windows Vista オペレーティング システム搭載のコンピュータで RTMT を使用する場合、ユーザ アカウント制御のポップアップ メッセージに、「認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています(An unidentified program wants to access your computer.)」と表示されます。[許可(Allow)] を選択して RTMT の処理を続行します。

ユーザ名とパスワードの認証に失敗した場合、またはサーバが到達不能である場合、サーバと認証詳細の再入力を求めるプロンプトが表示されます。[キャンセル(Cancel)] を選択してアプリケーションを終了することもできます。

認証に成功すると、RTMT はローカル キャッシュから、またはバックエンドの Cisco Unified Presence バージョンに一致するモニタリング モジュールがローカル キャッシュに含まれていない場合にはリモート ノードから、モニタリング モジュールを起動します。

RTMT インターフェイス

[RTMT] ウィンドウは、次のメイン コンポーネントで構成されます。

メニュー バー:次のメニュー オプションが含まれています。

[ファイル(File)]:既存の RTMT プロファイルの保存、復元、削除、Java ヒープ メモリ使用量のモニタリング、証明書の管理、Cisco Unified Reporting Tool へのアクセス、Cisco Unified Serviceability の [サービスアビリティ レポートのアーカイブ(Serviceability Report Archive)] ウィンドウへの移動、および RTMT からのログオフまたは終了を可能にします。

[システム(System)]:システム概要のモニタリング、サーバ リソースのモニタリング、パフォーマンス カウンタの使用、アラートの使用、トレースの収集、syslog メッセージの表示、およびプラグインへのアクセスを可能にします。

[CUP]:サーバ上の Cisco Unified Presence および Cisco Jabber の要約情報の表示を可能にします。

[編集(Edit)]:カテゴリの設定(表形式用)、デバイスとパフォーマンス モニタリング カウンタに対するポーリング レートの設定、クリック起動チャネルの非表示化、および RTMT のトレース設定の編集を可能にします。

[ウィンドウ(Window)]:1 つの RTMT ウィンドウまたはすべての RTMT ウィンドウを閉じる操作を可能にします。

[アプリケーション(Application)]:管理およびサービスアビリティの Web ページ参照とダウンロードする RTMT プラグインへのアクセスを可能にします。

[ヘルプ(Help)]:RTMT のマニュアルおよびオンライン ヘルプへのアクセスと RTMT バージョンの表示を可能にします。

クイック起動チャネル:[RTMT] ウィンドウの左側にあるペインです。タブを選択し、サーバの情報やアプリケーションの情報を表示できます。タブには複数のアイコンがあり、これらのアイコンを選択して各種のオブジェクトをモニタできます。

モニタ ペイン:[RTMT] ウィンドウの右側にあるペインです。モニタリング結果が表示されます。

サーバで設定できないコンポーネント(RTMT Collector および Alert Manager)

RTMT Collector コンポーネントは、アプリケーションとともに自動的にインストールされます。同じく自動的にインストールされる Alert Manager がアラート履歴をログ ファイルに記録するのに対し、RTMT Collector は事前設定されたモニタリング オブジェクトの情報をログに記録します。

また、重要な perfmon オブジェクト値はパフォーマンス ログ ファイルに記録されます。


ヒント 実行が必要な設定タスクはありませんが、RTMT Collector および Alert Manager は冗長性をサポートします。プライマリ コレクタまたはマネージャに何らかの障害が発生した場合でも、プライマリ サポートが可能になるまで、セカンダリ コレクタおよびマネージャがタスクを実行します。RTMT Collector および Alert Manager は、パフォーマンスへの影響を最小限にするために最初のノードで実行されます。

RTMT のアンインストール

RTMT を使用すると、ユーザ設定とモジュールの jar ファイル(キャッシュ)はクライアント コンピュータのローカルに保存されます。また、キャッシュはサーバ データベースに保存されます。RTMT をアンインストールする際は、キャッシュを削除するか、または保存するかを選択します。

手順


ステップ 1 次のいずれかの操作を実行して、RTMT をアンインストールします。

a. [スタート(Start)] > [すべてのプログラム(All Programs)] > [Cisco] > [Presence Serviceability] > [Real-Time Monitoring Tool 8.5 のアンインストール(Uninstall Real-Time Monitoring Tool 8.5)] を選択します。

b. KDE クライアントか Gnome クライアント、またはその両方を使用する Red Hat Linux で [スタート(Start)] > [アクセサリ(Accessories)] > [Real-time Monitoring Tool のアンインストール(Uninstall Real-time Monitoring tool)] を選択します。

ステップ 2 プラグインのアンインストールを終了します。


 

トラブルシューティングのヒント

Windows Vista コンピュータで RTMT をアンインストールする場合、ユーザ アカウント制御のポップアップ メッセージに、「認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています(An unidentified program wants to access your computer.)」と表示されます。[許可(Allow)] を選択して RTMT の処理を続行します。