Cisco Unified Operating System for Cisco Unified Presence Release 8.0/8.5/8.6 メンテナンス ガイド
[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Operating System Administration)] を使用する前に
[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Operating System Administration)] を使用する前に
発行日;2012/05/11 | 英語版ドキュメント(2011/08/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Operating System Administration)] を使用する前に

[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(CiscoUnified Operating System Administration)] へのサインイン

管理者パスワードの回復

カスタマイズされたログオン メッセージの作成

[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Operating System Administration)] を使用する前に

 

[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Operating System Administration)]インターフェイスにアクセスするには、Microsoft Internet Explorer バージョン 6.0 移行のリリース、または Mozilla Firefox バージョン 3.0 移行のリリースを使用してください。それ以外のブラウザはサポートされません。

 

「[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Operating System Administration)] へのサインイン」

「管理者パスワードの回復」

「カスタマイズされたログオン メッセージの作成」

[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Operating System Administration)] へのサインイン

はじめる前に

現在 [Cisco Unified Presence の管理(Cisco Unified Presence Administration)] にサインインしている場合は、作業を進める前にサインアウトしてください。

手順


ステップ 1 次の操作を実行して、[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Operating System Administration)] にアクセスします。

a. [Cisco Unified Presence の管理(Cisco Unified Presence Administration)] ウィンドウの右上のメニューから [ナビゲーション(Navigation)] > [Cisco Unified OS の管理(Cisco Unified OS Administration)]を選択します。

b. [移動(Go)] を選択します。

ステップ 2 管理者ユーザ名とパスワードを入力します。

ステップ 3 [送信(Submit)] を選択します。


 

トラブルシューティングのヒント

また、次の URL を入力して[Cisco Unified オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Operating System Administration)] に直接アクセスすることもできます。
http:// server-name /cmplatform

管理者ユーザ名とパスワードは、インストール時に設定するか、コマンドライン インターフェイスを使用して作成します。

関連項目

Command Line Interface (CLI) Reference Guide for Cisco Unified Presence 』(Cisco.com)

管理者パスワードの回復

管理者パスワードを忘れてシステムにアクセスできない場合は、管理者パスワードをリセットできます。

はじめる前に

この手順中、物理的にシステムにアクセスできるかどうかを確認するために、有効な CD または DVD をディスク ドライブから取り出し、再挿入する必要があります。

管理者サインインは、先頭がアルファベットで 6 文字以上必要です。英数字、ハイフン、およびアンダースコアを使用できます。

手順


ステップ 1 次のユーザ名とパスワードを使用してシステムにサインインします。

ユーザ名: pwrecovery

パスワード: pwreset

ステップ 2 任意のキーを押して続行します。

ステップ 3 ディスク ドライブに CD または DVD が入っている場合は、ここで取り出します。

ステップ 4 任意のキーを押して続行します。

CD または DVD がディスク ドライブから取り出してあるかが確認されます。

ステップ 5 有効な CD または DVD をディスク ドライブに挿入します。

ステップ 6 ディスクが挿入されたことが確認されると、新しい管理者パスワードの入力を求められます。

ステップ 7 新しいパスワードを再入力します。

ステップ 8 新しいパスワードの強度が検証された後、パスワードがリセットされ、任意のキーを押してパスワード リセット ユーティリティを終了するよう指示されます。


 

トラブルシューティングのヒント

異なる管理者パスワードを設定する場合は、CLI コマンド set password を使用します。

入力した新しいパスワードの強度がチェックされます。パスワードに必要な数の異なる文字が含まれていない場合、新しいパスワードの入力を求められます。

関連項目

Command Line Interface Reference Guide for Cisco Unified Presence 』(Cisco.com)

カスタマイズされたログオン メッセージの作成

Cisco Unified Presence アプリケーションの各管理インターフェイスに表示されるカスタマイズされたログオン メッセージを含むテキスト ファイルをアップロードできます。

手順


ステップ 1 [Cisco Unified Communications OS の管理(Cisco Unified Communications Operating System Administration)] にサインインします。

ステップ 2 [ソフトウェア アップグレード(Software Upgrades)] > [ログインメッセージのカスタマイズ(Customized Logon Message)] を選択します。

ステップ 3 [参照(Browse)] を選択して、アップロードするテキスト ファイルを選択します。


) サポートされているフォーマットはテキスト ファイルのみで、10 KB 未満に制限されています。


ステップ 4 [ファイルのアップロード(Upload File)] を選択します。

ステップ 5 デフォルトのログイン メッセージに戻すには、[削除(Delete)] をクリックします。