Cisco Unified Presence コンフィギュレーション メ ンテナンス ガイド
Cisco Unified Presence の管理ページでの TLS ピア サブジェクト の設定
Cisco Unified Presence の管理ページでの TLS ピア サブジェクトの設定
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Presence の管理ページでの TLS ピア サブジェクトの設定

TLS ピア サブジェクトの設定

TLS ピア サブジェクトの検索

TLS ピア サブジェクトの削除

Cisco Unified Presence の管理ページでの TLS ピア サブジェクトの設定

「TLS ピア サブジェクトの設定」

「TLS ピア サブジェクトの検索」

「TLS ピア サブジェクトの削除」

TLS ピア サブジェクトの設定

TLS ピア サブジェクト設定では、単一の TLS コンテキストに関連付けることができるピア サブジェクトを作成および変更できます。Cisco Unified Presence で使用される TLS ピア サブジェクト名を設定できます。

始める前に

使用しているネットワークに合せて TLS コンテキストを設定します。

手順


ステップ 1 次のいずれかの操作を実行します。

操作の目的
操作

TLS ピア サブジェクトを追加する

a. [システム(System)] > [セキュリティ(Security)] > [TLS ピア サブジェクト(TLS Peer Subjects)] の順に選択します。

b. [新規追加(Add New)] をクリックします。

TLS ピア サブジェクトの更新

a. 「TLS ピア サブジェクトの検索」の説明に従ってレコードを検索します。

b. 必要に応じてレコードを編集します。

ステップ 2 表 9-1 の説明に従って TLS ピア サブジェクトの設定値を入力します。

 

表 9-1 TLS ピア サブジェクトの設定値

フィールド
説明

ピア サブジェクト名(Peer Subject Name)

TLS ピア サブジェクトに一意の名前を指定します。

最大文字数:128

説明(Description)

TLS ピア サブジェクトの説明を指定します。

最大文字数:128

ステップ 3 データを保存するには、次のいずれかの操作を実行します。

a. ウィンドウの左上隅にあるツールバーに表示されている [保存(Save)] アイコンをクリックします。

b. ウィンドウの下部にある [保存(Save)] をクリックします。


 

トラブルシューティングのヒント

TLS ピア サブジェクトに対する変更を有効にするには、SIP プロキシ サーバを再起動する必要があります。このプロキシ サーバを再起動するには、[プレゼンス(Presence)] > [ルーティング(Routing)] > [設定(Settings)] の順に選択します。

また、システム ダッシュボードを使用すると、Cisco Unified Presence でクラスタ間ピアのステータスを表示することもできます。[診断(Diagnostics)] > [システム ダッシュボード(System Dashboard)] の順に選択します。

関連項目

「Cisco Unified Presence の管理ページでの SIP プロキシ サーバの設定」

第 8 章「Cisco Unified Presence の管理ページでの TLS コンテキストの設定」

TLS ピア サブジェクトの検索

1 つまたは複数の TLS ピア サブジェクトを 1 つの TLS コンテキストにマッピングできます。ネットワークに複数の TLS ピア サブジェクトが存在する場合があるため、Cisco Unified Presence では、具体的な検索条件に基づいて特定の TLS ピア サブジェクトを検索できます。

手順


ステップ 1 [システム(System)] > [セキュリティ(Security)] > [TLS ピア サブジェクト(TLS Peer Subjects)] の順に選択します。

ステップ 2 データベースのすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空であることを確認して、ステップ 4 に進みます。

ステップ 3 レコードをフィルタリングまたは検索するには、次のいずれかの操作を実行します。

最初のリスト ボックスから検索パラメータを選択します。

2 番目のリスト ボックスから検索パターンを選択します。

必要に応じて適切な検索テキストを指定します。

ステップ 4 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 5 表示されるレコードのリストから、次の 1 つまたは複数の操作を実行します。

操作の目的
操作

レコードを表示する

該当するレコードのリンクをクリックします。

レコード リストのソート順序を逆にする

リストのヘッダーにある上向き矢印または下向き矢印をクリックします。


 

関連項目

「Web ブラウザ セッション」

TLS ピア サブジェクトの削除

手順


ステップ 1 TLS ピア サブジェクトを検索します。

ステップ 2 一致するレコードのリストから、削除する TLS ピア サブジェクトを選択します。

ステップ 3 TLS ピア サブジェクトを削除するには、次のいずれかの操作を実行します。

操作の目的
操作

選択したレコードを削除する

a. 該当するレコードをオンにします。

b. 次のいずれかの操作を実行します。

ウィンドウの下部にある [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックします。

ウィンドウの左上隅にあるツールバーに表示されている [選択項目の削除(Delete Selected)] アイコンをクリックします。

すべてのレコードを削除する

a. [すべてを選択(Select All)] をオンにします。

b. [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックします。


 

トラブルシューティングのヒント

TLS ピア サブジェクトが使用中でない場合は、Cisco Unified Presence により削除されます。使用中の場合は、メッセージが表示されます。

TLS ピア サブジェクトに対する変更を有効にするには、SIP プロキシ サーバを再起動する必要があります。このプロキシ サーバを再起動するには、[プレゼンス(Presence)] > [ルーティング(Routing)] > [設定(Settings)] の順に選択します。

関連項目

「TLS ピア サブジェクトの検索」