Cisco Unified Presence コンフィギュレーション メ ンテナンス ガイド
Cisco Unified Presence の管理ページでの サービス パラメータ の設定
Cisco Unified Presence の管理ページでのサービス パラメータの設定
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Presence の管理ページでのサービス パラメータの設定

サービス パラメータを設定するための前提条件

サーバに対するサービス パラメータの設定

サービス パラメータの表示

サービス パラメータを設定するための前提条件

サービス パラメータを設定する前に、次の前提条件が満たされていることを確認してください。

サーバが設定されている。

サーバでサービスが使用可能である。[サービス パラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウに、使用可能なサービス(アクティブおよび非アクティブ)がすべて表示されます。


注意 サービス パラメータに加える変更の内容によっては、システムに障害が発生する場合があります。変更しようとしている機能を完全に理解している場合と、Cisco Technical Assistance Center(TAC)から変更の指定があった場合を除いて、サービス パラメータに変更を加えないようにしてください。

サーバに対するサービス パラメータの設定

Cisco Unified Presence のサービス パラメータを使用すると、選択したサーバでさまざまなサービスを設定できます。

手順


ステップ 1 [システム(System)] > [サービス パラメータ(Service Parameters)] の順に選択します。

ステップ 2 [サーバ(Server)] リスト ボックスからサーバを選択します。

ステップ 3 更新するパラメータを含むサービスを [サービス(Service)] リスト ボックスから選択します。

ステップ 4 次のいずれかの操作を実行します。

a. 適切なパラメータ値を更新します。

b. このサービス インスタンスのサービス パラメータをすべてデフォルト値に設定するには、[デフォルトに設定(Set to Default)] ボタンをクリックします。

ステップ 5 各パラメータとその説明を一覧表示するには、[サービス パラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウで次のいずれかの操作を実行します。

a. 疑問符アイコンをクリックします

b. 特定のパラメータをクリックします。

ステップ 6 [保存(Save)] をクリックします。


 

トラブルシューティングのヒント

[サービス パラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウに、使用可能なサービス(アクティブおよび非アクティブ)がすべて表示されます。

Cisco UP SIP プロキシ サービス用に [プロキシ ドメイン(Proxy Domain)] パラメータを設定する必要がある場合は、IP アドレスではなくドメイン名を入力します。IP アドレスを入力すると、Cisco Unified Presence と統合されているクライアント アプリケーションでホスト名が解決されない場合があります。

一部のサービスには、ほとんど変更されることのないサービス パラメータが含まれています。Cisco Unified Presence の管理ページには、[サービス パラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウにアクセスした場合にこれらのパラメータが自動的に表示されません。すべてのパラメータを表示するには、[詳細設定(Advanced)] をクリックします。すべてのパラメータが表示されてから [簡易設定(Condensed)] をクリックすると、基本パラメータを再表示できます。[詳細設定(Advanced)] ボタンが無効な場合、デフォルトでそのサービスのパラメータがすべて表示されます。

Cisco Unified Serviceability を使用してサービスを無効にすると、Cisco Unified Presence で更新後のサービス パラメータ値が維持されます。サービスを再開すると、Cisco Unified Presence によってサービス パラメータが変更後の値に設定されます。

Cisco IP Phone Messenger(IPPM)が正しく動作するには、Cisco UP SIP プロキシ サービス用の HTTP ポート パラメータの値が、関連付けられた Cisco Unified Communications Manager の電話サービス パラメータの値と一致している必要があります。

関連項目

「Cisco Unified Presence の管理ページでのシステム トポロジの設定」

サービス パラメータの表示

クラスタ内のすべてのサーバで特定のサービスに属するサービス パラメータをすべて比較する必要がある場合があります。また、同期外れパラメータ(サーバ間で値が異なるサービス パラメータ)または提示された値から変更されているパラメータだけを表示する必要がある場合もあります。

手順


ステップ 1 [システム(System)] > [サービス パラメータ(Service Parameters)] の順に選択します。

ステップ 2 [サーバ(Server)] リスト ボックスからサーバを選択します。

ステップ 3 [サービス(Service)] リスト ボックスから、クラスタ内のすべてのサーバに対するサービス パラメータを表示するサービスを選択します。

ステップ 4 次の 1 つまたは複数の操作を実行します。

操作の目的
操作

すべてのサーバに対するパラメータを表示する

[サービス パラメータ設定(Service Parameters Configuration)] ウィンドウで次の操作を実行します。

a. [関連リンク(Related Links)] リスト ボックスから [すべてのサーバに対するパラメータ(Parameters for All Servers)] を選択します。

b. [移動(Go)] をクリックします。

現在のサービスに対するパラメータを(アルファベット順に)表示する

[すべてのサーバに対するパラメータ(Parameters for All Servers)] ウィンドウで次の操作を実行します。

a. 特定のパラメータに関して、サーバ名をクリックするか、対応する [サービス パラメータ(Service Parameter)] ウィンドウに表示する現在のパラメータ値をクリックします。

b. [前へ(Previous)] と [次へ(Next)] をクリックすると、[すべてのサーバに対するパラメータ(Parameters for All Servers)] ウィンドウ間を移動できます。

同期外れサービス パラメータを表示する

[サービス パラメータ設定(Service Parameters Configuration)] ウィンドウで次の操作を実行します。

a. [関連リンク(Related Links)] リスト ボックスから [すべてのサーバに対する同期外れパラメータ(Out of Sync Parameters for All Servers)] を選択します。

b. [移動(Go)] をクリックします。

サーバごとに値の異なるサービス パラメータを(アルファベット順に)表示する

[すべてのサーバに対する同期外れパラメータ(Out of Sync Parameters for All Servers)] ウィンドウで次の操作を実行します。

a. 特定のパラメータに関して、サーバ名をクリックするか、対応する [サービス パラメータ(Service Parameter)] ウィンドウに表示する現在のパラメータ値をクリックします。

b. [前へ(Previous)] と [次へ(Next)] をクリックすると、[すべてのサーバに対する同期外れパラメータ(Out of Sync Parameters for All Servers)] ウィンドウ間を移動できます。

提示された値から変更されているサービス パラメータを表示する

[サービス パラメータ設定(Service Parameters Configuration)] ウィンドウで次の操作を実行します。

a. [関連リンク(Related Links)] リスト ボックスから
[すべてのサーバに対する変更済みパラメータ(Modified Parameters for All Servers)] を選択します。

b. [移動(Go)] をクリックします。

提示された値と異なる値が設定されたサービス パラメータを(アルファベット順に)表示する

[すべてのサーバに対する変更済みパラメータ(Modified Parameters for All Servers)] ウィンドウで次の操作を実行します。

a. 特定のパラメータに関して、サーバ名をクリックするか、対応する [サービス パラメータ(Service Parameter)] ウィンドウに表示する現在のパラメータ値をクリックします。

b. [前へ(Previous)] と [次へ(Next)] をクリックすると、[すべてのサーバに対する変更済みパラメータ(Modified Parameters for All Servers)] ウィンドウ間を移動できます。


 

トラブルシューティングのヒント

[サービス パラメータ設定(Service Parameter Configuration)] ウィンドウに、使用可能なサービス(アクティブおよび非アクティブ)がすべて表示されます。

パラメータ ウィンドウに一覧表示されているパラメータごとに、提示された値がそのパラメータの名前の横に表示されます。各パラメータ名の下に、そのパラメータを含むサーバのリストが表示されます。各サーバ名の横に、このサーバのパラメータの現在値が表示されます。