Cisco Unified Presence 展開ガイド リリース 7.0
マルチノード機能のハードウェアに関するマ トリクス
マルチノード機能のハードウェアに関するマトリクス
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

マルチノード機能のハードウェアに関するマトリクス

サポート対象のハードウェア

ハイ アベイラビリティ ユーザ割り当てのハードウェア ガイドライン

マルチノード機能のハードウェアに関するマトリクス

サポート対象のハードウェア

表 A-1 に、Cisco Unified Presence マルチノード機能のサポート対象のハードウェアを示します。


) • 表 A-1のハードウェア サポート情報は、Cisco Unified Presence マルチノード機能を使用した展開にだけ適用されます。シングル ノード設定またはデュアル ノード設定だけを展開する場合は、次の URL にある互換性マトリクスで示した一般的なハードウェア互換性ガイドラインに従ってください。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6837/products_device_support_tables_list.html

クラスタ間環境を展開する場合は、 表 A-1 のハードウェア サポート情報に従ってください。

古いプラットフォーム上のハード ドライブをアップグレードするとマルチノード機能を実行できることに注意してください。たとえば、80 GB のドライブを搭載した古い 7825H2 プラットフォームが 2 つと、160 GB のドライブを搭載した新しい 7825H3 プラットフォームが 2 つある場合、ハードウェアが混在したプラットフォームであり、マルチノード機能は実行できません。この 2 つの 7825H2 プラットフォームをアップグレードして、それぞれに新しい 160 GB のハード ドライブを搭載すると、このハードウェアでマルチノード機能を実行できます。

ドライブをアップグレードすると、マルチノードのクラスタで古いハードウェアを使用できます。ただし、最新のハードウェアは CPU が強力で、メモリ容量が多く、入力/出力処理が高速であるため、マルチノード機能に対応した最新のハードウェアを使用することをお勧めします。


 

 

表 A-1 Cisco Unified Presence マルチノード機能のサポート対象のハードウェア

プラットフォーム
ドライブの 数
ドライブ サイズ(GB)
ドライブ タイプ
オペレーティング システムに使用可能な容量(GB)
マルチノード機能のサポート

MCS 7825-H1/I1-IPC1

2

80

IDE

80

いいえ

MCS 7825-H2/I2-IPC1

2

80

SATA

80

いいえ

MCS 7825-H3/I3-IPC1

2

160

SATA

160

はい

MCS 7835-H1/I1-IPC1

2

72

Ultra320 SCSI

72

いいえ

MCS 7835 -H1 /I1 -IPC1(146 GB のドライブにアップグレード)

2

146

Ultra320 SCSI

146

はい

MCS 7835-H2/I2-IPC1

2

72

SAS

72

いいえ

MCS 7835-H2/I2-IPC1(146 GB のドライブにアップグレード)

2

146

SAS

146

はい

MCS 7845-H1/I1-IPC1

4

72

Ultra320 SCSI

144

はい

MCS 7845 -H1 /I1 -IPC1(146 GB のドライブにアップグレード)

4

146

Ultra320 SCSI

146

はい

MCS 7845-H2/I2-IPC1

4

72

SAS

144

はい

MCS 7845-H2/I2-IPC2

4

146

SAS

292

はい

ハイ アベイラビリティ ユーザ割り当てのハードウェア ガイドライン

表 A-2 に、Cisco Unified Presence マルチノード機能のユーザ割り当てガイドラインを示します。

表 A-2 ユーザ割り当てガイドライン

 

プラットフォーム
ハイ アベイラビリティ モード
ノード 1
ノード 2
サブクラスタ合計
クラスタ合計
(×3)

MCS 7845

平衡非冗長

5k

5k

10k

30k

平衡冗長

2.5k

2.5k

5k

15k

アクティブ/スタンバイ

5k

0k

5k

15k

MCS 7835

平衡非冗長

2k

2k

4k

12k

平衡冗長

1k

1k

2k

6k

アクティブ/スタンバイ

2k

0k

2k

6k

MCS 7825

平衡非冗長

1k

1k

2k

6k

平衡冗長

0.5k

0.5k

1k

3k

アクティブ/スタンバイ

1k

ok

1k

3k

MCS 7816

平衡非冗長

0.5k

0.5k

1k

3k

平衡冗長

0.25k

0.25k

0.5k

1.5k

アクティブ/スタンバイ

0.5k

0k

0.5k

1.5k


表 A-2 に示したハードウェア ガイドラインは、プレゼンスと IM サービスだけをサポートするように設定された Cisco Unified Presence サーバを対象としています。これらのガイドラインには、ドメイン間フェデレーション、プレゼンス API、予定表機能など、追加の Cisco Unified Presence 機能のアクティベーションは含まれません。