Manager ユーザ ガイド
IM Compliance の設定
IM Compliance の設定
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2011/12/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 598KB) | フィードバック

目次

IM Compliance の設定

IM Compliance の設定

Cisco UP XCP Message Archiver サービスの開始

Cisco Unified Presence IM Compliance の設定

この設定はクラスタ内のパブリッシャ ノードで実行することを推奨します。

始める前に

サポートされる外部データベースを 1 つ以上インストールして設定してください。『 Database Setup Guide for Cisco Unified Presence 』を参照してください。

Cisco Unified Presence で外部データベースを設定します。[Cisco Unified Presence の管理(Cisco Unified Presence Administration)] > [メッセージング(Messaging)] > [外部データベース(External Databases)] の順に選択します。

Cisco UP XCP Router サービスのトレース レベルが 「info」以上に設定されていることを確認します。

手順


ステップ 1 [Cisco Unified Presence の管理(Cisco Unified Presence Administration)] > [メッセージング(Messaging)] > [コンプライアンス(Compliance)] の順に選択します。

ステップ 2 コンプライアンス サーバの選択項目から、[Message Archiver] を選択します。

ステップ 3 (オプション)[発信メッセージのロギングの有効化(Enable Outbound Message Logging)] を選択します。

このオプションを選択すると、IM のパフォーマンスが低下する場合があります。すべての受信メッセージはすでにログに記録されているため、クラスタ間ネットワークまたは連動ネットワークで IM コンプライアンスを使用している場合を除き、この設定を有効にしないでください。

ステップ 4 個々のノードについて、外部データベース オプションからデータベースを割り当てます。

クラスタに 1 つの外部データベースを使用している場合は、すべてのノードを同じ外部データベースに割り当てます。複数の外部データベースを使用している場合は、そのデータベースの容量の要件に基づき、データベースにノードを割り当てます。

ステップ 5 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 6 Cisco UP XCP Router サービスを再起動します。


 

関連項目

「IM Compliance をサポートするためのトレース レベルの「Info」への設定」

「Cisco UP XCP Router サービスの再起動」

「IM Compliance 用サンプル トポロジーおよびメッセージ フロー」

次の作業

「Cisco UP XCP Message Archiver サービスの開始」

Cisco UP XCP Message Archiver サービスの開始

Cisco Unified Presence でコンプライアンス機能が正しく動作するには、Cisco UP XCP Message Archiver サービスが実行されている必要があります。


) コンプライアンス機能用のノードに外部データベースを割り当てていない場合は、Cisco Unified Presence で Cisco UP XCP Message Archiver サービスの開始が許可されません。


手順


ステップ 1 [Cisco Unified サービスアビリティ(Cisco Unified Serviceability)] > [Tools] > [Service Activation] の順に選択します。

ステップ 2 [Server] リスト ボックスで、サーバを選択します。

ステップ 3 [Go] をクリックします。

ステップ 4 [CUP Services] セクションで、[Cisco UP XCP Message Archiver] サービスの横にあるオプション ボタンを選択します。

ステップ 5 [Save] を選択します。


 

トラブルシューティングのヒント

Cisco UP XCP Message Archiver サービスが開始できなかった場合で、システム トラブルシュータ([Cisco Unified Presence の管理(Cisco Unity Presence Administration)] > [診断(Diagnostics)] > [システム トラブルシュータ(System Troubleshooter)] の順に選択)には、外部データベース接続のステータスが問題なしと表示されている場合は、ノードからその外部データベースの割り当てを解除して、再度割り当ててください。

関連項目

「Cisco Unified Presence IM Compliance の設定」