Cisco Unified Communications Operating System アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified Presence Release 6.0(1)
Cisco Unified Communications オペレーティング システムの 管理ページへのログイン
Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理ページへのログイン
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 989KB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Communications

Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理ページへのログイン

管理者パスワードの回復

Cisco Unified Communications
オペレーティング システムの
管理ページへのログイン

この章では、Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理にアクセスする手順と、失われたパスワードを回復する手順について説明します。

Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理ページへのログイン

Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理ページにアクセスしてログインするには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Presenceの管理ページに現在ログインしている場合は、先に進む前にログアウトします。

ステップ 2 [Cisco Unified Presenceの管理]ウィンドウの右上にある[ナビゲーション]メニューで、 [Cisco Unified OS の管理] を選択して [移動] をクリックします。

[Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理]ログイン ウィンドウが表示されます。


) 次の URL を入力して、Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理に直接アクセスすることもできます。
http://server-name/cmplatform


ステップ 3 管理者ユーザ名とパスワードを入力します。


) 管理者ユーザ名とパスワードは、インストール時に決めるか、コマンドライン インターフェイスを使用して作成します。


ステップ 4 [ログイン] をクリックします。

[Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理]ウィンドウが表示されます。


 

管理者パスワードの回復

管理者パスワードを紛失したためにシステムにアクセスできない場合は、次の手順を実行して管理者パスワードをリセットします。


) この手順の実行中は、システムへ物理的にアクセスできることを証明するため、有効な CD または DVD をいったんディスク ドライブから取り出し、再び挿入するように求められます。


手順


ステップ 1 次のユーザ名とパスワードを使用して、システムにログインします。

ユーザ名: pwrecovery

パスワード: pwreset

[Welcome to admin password reset]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 任意のキーを押して続行します。

ステップ 3 ディスク ドライブに CD または DVD が入っている場合は取り出します。

ステップ 4 任意のキーを押して続行します。

システムは、CD または DVD がディスク ドライブから取り出されたことを確認します。

ステップ 5 有効な CD または DVD をディスク ドライブに挿入します。

システムは、ディスクが挿入されたことを確認します。

ステップ 6 システムがディスクの挿入を確認すると、新しい管理者パスワードを入力するよう指示されます。


) 管理者ユーザ名は admin にリセットされます。別の管理者ユーザ名とパスワードを設定する場合は、CLI コマンドの set password を使用します。詳細については、付録 A「コマンドライン インターフェイス」を参照してください。


ステップ 7 新しいパスワードを再度入力します。

システムは、新しいパスワードの強度をチェックします。入力したパスワードの文字の組み合わせが不十分な場合は、新しいパスワードを入力するよう指示されます。

ステップ 8 新しいパスワードの強度が確認されると、このパスワードにリセットされ、任意のキーを押してリセット ユーティリティを終了するよう指示されます。