Cisco Unified Presence アドミニストレーション ガイド Release 6.0(1)
ファイルのアップロードとダウンロー ド
ファイルのアップロードとダウンロード
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ファイルのアップロードとダウンロード

概要

ファイルの検索

ファイルのダウンロード

ファイルのアップロード

ファイルの削除

関連項目

ファイルのアップロードとダウンロード

この章では、Cisco Unified Presence の Bulk Administration(一括管理) の概要、Cisco Unified Presence の最初のノードをアップロードする方法、およびこれらのファイルをローカル マシンにダウンロードする方法について説明します。

この章には、次の項があります。

「概要」

「ファイルの検索」

「ファイルのダウンロード」

「ファイルのアップロード」

「ファイルの削除」

概要

Bulk Administration(一括管理) は、Cisco Unified Presence と Cisco Unified Communications Manager の両方で使用できます。この機能を使用して、Cisco Unified Presence のさまざまな機能を設定できます。

Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Tool

Cisco Unified Communications Manager の Bulk Administration Tool で設定できる機能は、次のとおりです。

Cisco Unified Presence ユーザおよび Cisco Unified Personal Communicator ユーザへのエンドユーザ ライセンスの割り当て。

ユーザへのライン アピアランスのマッピング。Cisco Unified Presence サーバを Cisco Unified Communications Manager Release 6.0(1) に関連付けると、ライン アピアランスに基づいてプレゼンス情報が渡されます。

Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Tool の詳細については、『 Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド 』を参照してください。

Cisco Unified Presence Bulk Administration Tool

Cisco Unified Presence Bulk Administration Tool で設定できる機能は、次のとおりです。

Cisco Unified Personal Communicator ユーザのユーザ プロファイルの設定。

Cisco Unified Presence ユーザへの Microsoft Office Communicator の機能の割り当て。

ファイルの検索

Cisco Unified Presence サーバからダウンロードできるファイルを検索するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 [一括管理]>[ファイルのアップロード/ダウンロード] の順に選択します。

[ファイルの検索と一覧表示(Find and List Files)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [ファイルの検索と一覧表示(Find and List Files)]ウィンドウの最初のドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかのオプションを選択します。

名前

タイプ

ステップ 3 [ファイルの検索と一覧表示(Find and List Files)]ウィンドウの 2 番目のドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかのオプションを選択します。

ステップ 2 で[名前]を選択した場合、次のいずれかのオプションを選択してステップ 4 へ進みます。

が次の文字列で始まる

が次の文字列を含む

が次の文字列と等しい

が次の文字列で終わる

が空である

が空ではない

手順 2 で[タイプ]を選択した場合は、手順 4 に進みます。

ステップ 4 必要に応じて適切な検索テキストを指定します。


ヒント データベースに登録されているすべてのファイルを検索するには、検索テキストを入力せずに[検索]をクリックします。


ステップ 5 さらにクエリーを定義して複数のフィルタを追加するには、[次を使用した拡張検索]チェックボックスをオンにして、ドロップダウン リスト ボックスから AND または OR を選択し、ステップ 2 ~ 4 を繰り返します。

ステップ 6 ステップ 2 で[タイプ]を選択した場合、[項目を選択するか、検索テキストを入力してください]ドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかのオプションを選択します。

Insert Files

Export Files

Report Files

Custom Files

Log Files

BAT Excel Template

ステップ 7 [検索]をクリックします。

検出されたファイルのリストが次の条件で表示されます。

ファイル名(File Name)

機能タイプ(Function Type)

手順 2 で[タイプ]を選択した場合は、検索されたファイルのリストが次の条件で表示されます。

ファイル名(File Name)

起動日時(Launch Date and Time)


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ファイルのダウンロード

Cisco Unified Presence からファイルをダウンロードするには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 「ファイルの検索」の手順に従ってダウンロードするファイルを検索します。

ステップ 2 ダウンロードするファイルに対応するチェックボックスをオンにして、 [選択項目のダウンロード] をクリックします。


[すべてを選択]をクリックしてから[選択項目のダウンロード]をクリックすると、すべてのファイルをダウンロードできます。



) 複数のファイルを同時に選択してダウンロードすると、それらのファイルが同じ ZIP ファイルにダウンロードされます。


ステップ 3 [ファイルのダウンロード]ポップアップ ウィンドウが表示されます。 [保存] をクリックします。

ステップ 4 [名前を付けて保存]ポップアップ ウィンドウで、ファイルの保存先を選択して [保存] をクリックします。

ステップ 5 [ダウンロードの完了]ポップアップ ウィンドウが表示されます。 [ファイルを開く] をクリックしてダウンロードしたファイルを開くか、または [閉じる] をクリックして後でファイルを開きます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ファイルのアップロード

Cisco Unified Presence へファイルをアップロードするには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 [一括管理]>[ファイルのアップロード/ダウンロード] の順に選択します。[ファイルの検索と一覧表示(Find and List Files)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [新規追加] をクリックします。[ファイルのアップロードの設定(File Upload Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 [ファイル(File)]テキスト ボックスでアップロードするファイルのフル パスを入力するか、または[参照]をクリックしてファイルを探します。

ステップ 4 [ターゲットの選択(Select The Target)]ドロップダウン リスト ボックスから、ファイルを使用するターゲットを選択します。

ステップ 5 [トランザクションタイプの選択(Select Transaction Type)]ドロップダウン リスト ボックスから、ファイルを定義するトランザクション タイプを選択します。

ステップ 6 既存のファイルを同じ名前で上書きするには、[ファイルが存在する場合は上書きする。(Overwrite File if it exists.)]チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 [保存] をクリックします。ステータスでアップロードが完了したことがわかります。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ファイルの削除

ファイルを削除するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 「ファイルの検索」の手順に従って削除するファイルを検索します。

ステップ 2 [検索結果(Search Results)]エリアで、削除するファイルに対応するチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [選択項目の削除] をクリックします。


) [検索結果(Search Results)]エリアに表示されるファイルをすべて削除するには、[すべてを選択]および[選択項目の削除]をクリックします。


ステップ 4 作業を続けるには、 [OK] をクリックします。

ステップ 5 サーバからファイルが削除されます。


) 削除しようとして選択したファイルが何らかのジョブの実行に使用されている場合、これらのファイルは削除されません。



 

追加情報

「関連項目」を参照してください。