Cisco Unified Presence アドミニストレーション ガイド Release 6.0(1)
権限の設定
権限の設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

権限の設定

権限の検索

権限の設定

権限の削除

権限の設定値

関連項目

権限の設定

権限を使用すると、完全な管理特権(アクセス権)を持つ Cisco Unified Presence 管理者は、エンド ユーザやアプリケーション ユーザに対してさまざまなレベルの特権を設定できます。完全な管理特権を持つ管理者が、権限とユーザ グループを設定します。また、一般に、フルアクセス権を持つ管理ユーザが、Cisco Unified Presence の管理プログラムやその他のアプリケーションに対する他の管理ユーザおよびエンド ユーザの特権を設定します。

さまざまなレベルの特権がアプリケーションごとに存在します。Cisco Unified Presence の管理アプリケーションの場合、読み取り特権と更新特権の 2 つのレベルの特権があります。これらの特権レベルの違いは、次のとおりです。

更新特権を持つユーザは、そのユーザのユーザ グループが更新特権を持つ[Cisco Unified Presenceの管理]ウィンドウを表示および変更できます。

読み取り特権を持つユーザの場合、そのユーザのユーザ グループが読み取り特権を持つ権限に属する[Cisco Unified Presence の管理]ウィンドウを表示できます。ただし、ウィンドウの読み取り特権を持つユーザは、読み取り特権だけを持つこれらの管理ウィンドウに変更を加えることはできません。読み取り特権を持つユーザの場合、Cisco Unified Presence の管理アプリケーションに、更新を行うためのボタンやアイコンが表示されません。

権限は、アプリケーションの一連のリソースからなります。インストール時に、さまざまな管理機能に対してデフォルトの標準権限が作成されます。ただし、アプリケーションのリソースのグループ分けをカスタマイズしたカスタム 権限を作成することも可能です。


) アプリケーションとリソースのいずれも関連付けられていない標準権限もあります。これらの権限は、さまざまなアプリケーションのログイン認証を行います。


権限を設定するには、次のトピックを参照してください。

「権限の検索」

「権限の設定」

「権限の削除」

「権限の設定値」

追加情報

「関連項目」を参照してください。

権限の検索

ネットワークに権限が複数存在する場合があるため、Cisco Unified Presence では、具体的な検索条件に基づいて特定の権限を検索することができます。権限を検索するには、次の手順を実行します。


) ブラウザ セッションでの作業中、Cisco Unified Presence の管理ページにより、権限の検索の設定が保存されます。他のメニュー項目に移動してからこのメニューに戻ると、検索の設定を変更するか、またはブラウザを閉じるまで、この権限の検索の設定がこのページに維持されます。


手順


ステップ 1 [ユーザ管理] >[権限] の順に選択します。

[権限の検索と一覧表示(Find and List Roles)]ウィンドウが表示されます。アクティブ(優先)クエリーのレコードもウィンドウに表示される場合があります。

ステップ 2 データベースのすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空であることを確認して、ステップ 3 に進みます。

レコードをフィルタリングするかまたは検索します。

最初のドロップダウン リスト ボックスから検索パラメータを選択します。

2 番目のドロップダウン リスト ボックスから検索パターンを選択します。

必要に応じて適切な検索テキストを指定します。


) 検索条件を追加するには、[+]ボタンをクリックします。検索条件を追加すると、指定したすべての検索条件に一致するレコードが検索されます。検索条件を削除するには、[-]ボタンをクリックして最後に追加した検索条件を削除するか、[フィルタのクリア]ボタンをクリックして追加したすべての検索条件を削除します。


ステップ 3 [検索] をクリックします。

一致するすべてのレコードが表示されます。[ページあたりの行数]ドロップダウン リストボックスで異なる値を選択すると、各ウィンドウに表示する項目の数を変更できます。


) 対象のレコードの隣にあるチェックボックスをオンにしてから[選択項目の削除]をクリックすると、複数のレコードをデータベースから削除できます。[すべてを選択]をクリックしてから[選択項目の削除]をクリックすると、この選択で設定可能なすべてのレコードを削除できます。


ステップ 4 表示されるレコードのリストから、表示対象となるレコードのリンクをクリックします。


) ソート順序を逆にするには、必要に応じて、リストのヘッダーにある上向きまたは下向きの矢印をクリックします。


選択した項目がウィンドウに表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

権限の設定

この項では、Cisco Unified Presence の管理ページに権限を追加する方法について説明します。

手順


ステップ 1 [ユーザ管理] >[権限] の順に選択します。

[権限の検索と一覧表示(Find and List Roles)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 次のいずれかのタスクを実行します。

既存の権限をコピーするには、「権限の検索」の説明に従って対象の権限を検索し、コピーする権限の隣にある [コピー] ボタンをクリックします。表示されるポップアップ ウィンドウで、新しい権限の名前を入力し、 [OK] をクリックします。ステップ 4 に進みます。


) 権限をコピーすると、その権限に関連付けられている特権もコピーされます。


新しい権限を追加するには、[新規追加]ボタンをクリックし、ステップ 3 へ進みます。

既存の権限を更新するには、「権限の検索」の説明に従って対象の権限を検索し、ステップ 4 へ進みます。

ステップ 3 新しい権限を追加する場合は、[アプリケーション(Application)]ドロップダウン リスト ボックスからアプリケーションを選択し、 [次へ] をクリックします。

ステップ 4 表示される[権限の設定(Role Configuration)]ウィンドウで、 表40-1 の説明に従って適切な設定を入力します。

ステップ 5 権限を追加するには、 [保存] をクリックします。

新しい権限が Cisco Unified Presence のデータベースに追加されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

権限の削除

この項では、Cisco Unified Presence の管理ページから権限を削除する方法について説明します。

手順


ステップ 1 [ユーザ管理] >[権限] の順に選択します。

[権限の設定(Role Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 左側の権限のリストから、削除する権限の名前をクリックします。


) 標準の権限を削除することはできません。


選択した権限が表示されます。

ステップ 3 [削除] をクリックします。

削除するかどうか確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックします。

ウィンドウが更新され、権限がデータベースから削除されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

権限の設定値

表40-1 で、権限の設定値について説明します。関連する手順については、「関連項目」を参照してください。

 

表40-1 権限の設定値

フィールド
説明
権限情報(Role Information)

アプリケーション(Application)

ドロップダウン リスト ボックスから、この権限を関連付けるアプリケーションを選択します。

名前(Name)

権限の名前を入力します。名前は 50 文字以内にする必要があります。

説明(Description)

権限の説明を入力します。説明は 50 文字以内にする必要があります。

リソースアクセス情報(Resource Access Information)

(選択したアプリケーションのリソース名のリスト)

[リソースアクセス情報(Resource Access Information)]ペインで、この権限を追加するリソースの隣にあるチェックボックス(複数も可)をクリックします。


) 各リソースにチェックボックスが 1 つしかないアプリケーションもあります。Cisco Unified Presence の管理アプリケーションでは、読み取りと更新のチェックボックスがリソースごと割り当てられています。


すべてのアクセスを許可

このボタンをクリックすると、この権限について、このウィンドウに表示されるすべてのリソースの特権が許可されます。


) リソースのリストが複数のウィンドウにわたって表示される場合、このボタンは、現在のウィンドウに表示されるリソースに限り適用されます。他のウィンドウのリストにあるリソースのアクセス権を変更するには、それらのウィンドウを表示してからそのウィンドウでこのボタンを使用する必要があります。


すべてのアクセスを拒否

このボタンをクリックすると、この権限について、このページに表示されるすべてのリソースの特権が削除されます。


) リソースのリストが複数のウィンドウにわたって表示される場合、このボタンは、現在のウィンドウに表示されるリソースに限り適用されます。他のウィンドウのリストにあるリソースのアクセス権を変更するには、それらのウィンドウを表示してからそのウィンドウでこのボタンを使用する必要があります。