Cisco Unified Presence アドミニストレーション ガイド Release 6.0(1)
サービス パラメータ の設定
サービス パラメータの設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

サービス パラメータの設定

サーバのサービスに対するサービス パラメータの設定

サービス パラメータの表示

関連項目

サービス パラメータの設定

Cisco Unified Presence のサービス パラメータを使用すると、選択したサーバでさまざまなサービスを設定できます。[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]ウィンドウで疑問符( ? )ボタンをクリックすると、パラメータのリストと説明を表示できます。特定のパラメータをクリックすると、そのパラメータを含むリストが先頭に表示されます。

Cisco Unified サービスアビリティを使用してサービスを無効にすると、Cisco Unified Presence で更新後のサービス パラメータ値が維持されます。サービスを再開すると、Cisco Unified Presence によりサービス パラメータが変更後の値に設定されます。

開始する前に

手順を進める前に、次の前提条件が満たされていることを確認してください。

サーバが設定されている。詳細については、「サーバの設定」を参照してください。

サーバでサービスが使用可能である。[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]ウィンドウに、使用可能なサービス(アクティブおよび非アクティブ)がすべて表示されます。


注意 サービス パラメータの一部を変更すると、システム障害を引き起こす場合があります。変更しようとしている機能を完全に理解している場合、または Cisco Technical Assistance Center(TAC)から変更の指定があった場合を除き、サービス パラメータを変更しないことをお勧めします。

サービス パラメータを設定または表示するには、次のトピックを参照してください。

「サーバのサービスに対するサービス パラメータの設定」

「サービス パラメータの表示」

サーバのサービスに対するサービス パラメータの設定

特定のサーバのサービスに対するサービス パラメータを設定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 [システム] > [サービスパラメータ] の順にクリックします。

ステップ 2 [サーバ(Server)]ドロップダウン リスト ボックスからサーバを選択します。

ステップ 3 [サービス(Service)]ドロップダウン リスト ボックスから、更新するパラメータを含むサービスを選択します。


) [サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]ウィンドウに、サービス(アクティブおよび非アクティブ)がすべて表示されます。


[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 適切なパラメータ値を更新します。このサービスのインスタンスのサービス パラメータをすべてデフォルトの値に設定するには、 [デフォルトに設定] ボタンをクリックします。


) Cisco IP Phone Messenger が正しく動作するためには、Cisco UP SIP プロキシサービスの HTTP Port パラメータ値は、関連付けられている Cisco Unified Communications Manager の Phone Service パラメータに一致する必要があります。


パラメータのリストと説明を表示するには、疑問符のボタンをクリックします(図3-1 を参照)。特定のパラメータを持つリストを上部に表示するには、[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]ウィンドウでそのパラメータをクリックします。

図3-1 [サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]ウィンドウ

 


) 一部のサービスには、ほとんど変更されることのないサービス パラメータが含まれています。Cisco Unified Presence の管理ページでは、[サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]ウィンドウにアクセスしたとき、これらのパラメータは自動的に表示されません。すべてのパラメータを表示するには、[詳細設定]をクリックします。すべてのパラメータが表示されてから[簡易設定]をクリックすると、基本パラメータを再表示できます。[詳細設定]ボタンが無効な場合、デフォルトでそのサービスのパラメータがすべて表示されます。


ステップ 5 [保存] をクリックします。

ウィンドウが更新され、ユーザが行った変更により、Cisco Unified Presence でサービス パラメータが更新されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

サービス パラメータの表示

クラスタ内のすべてのサーバで特定のサービスに属するサービス パラメータをすべて比較することが必要な場合があります。また、非同期のパラメータ(サーバ間で値が異なるサービスパラメータ)または提示された値から変更されているパラメータだけを表示することが必要な場合もあります。

クラスタ内のすべてのサーバで、特定のサービスに対するサービス パラメータを表示するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 [システム] > [サービスパラメータ] の順にクリックします。

ステップ 2 [サーバ(Server)]ドロップダウン リスト ボックスからサーバを選択します。

ステップ 3 [サービス(Service)]ドロップダウン リスト ボックスから、クラスタ内のすべてのサーバでサービス パラメータを表示するサービスを選択します。


) [サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]ウィンドウに、サービス(アクティブおよび非アクティブ)がすべて表示されます。


ステップ 4 [サービスパラメータ設定(Service Parameter Configuration)]ウィンドウが表示されたら、[関連リンク]ドロップダウン リスト ボックスの [すべてのサーバに対するパラメータ] を選択して、[移動]をクリックします。

[すべてのサーバに対するパラメータ]ウィンドウが表示されます。現在のサービスについて、リストにすべてのパラメータがアルファベット順に表示されます。各パラメータで、推奨される値がパラメータ名の隣に表示されます。各パラメータ名の下に、そのパラメータを含むサーバのリストが表示されます。各サーバ名の隣に、このサーバのパラメータの現在値が表示されます。

所定のパラメータで、サーバ名または現在のパラメータ値をクリックし、対応するサービス パラメータのウィンドウへリンクし、値を変更します。 [前へ] および [次へ] をクリックすると、[すべてのサーバに対するパラメータ]ウィンドウ間を移動できます。

ステップ 5 非同期のサービス パラメータを表示する必要がある場合、 [関連リンク] ドロップダウン リスト ボックスの[ すべてのサーバに対する同期外れパラメータ] を選択してから 移動]をクリックします。

[すべてのサーバに対する同期外れパラメータ]ウィンドウが表示されます。現在のサービスについて、サーバによって異なる値を持つサービスパラメータがアルファベット順で表示されます。各パラメータで、推奨される値がパラメータ名の隣に表示されます。各パラメータ名の下に、そのパラメータを含むサーバのリストが表示されます。各サーバ名の隣に、このサーバのパラメータの現在値が表示されます。

所定のパラメータで、サーバ名または現在のパラメータ値をクリックし、対応するサービス パラメータのウィンドウへリンクし、値を変更します。 [前へ] および [次へ] をクリックすると、[すべてのサーバに対する同期外れパラメータ]ウィンドウ間を移動できます。

ステップ 6 提示された値から変更されているサービス パラメータを表示する必要がある場合、 [関連リンク] ドロップダウン リスト ボックスの [すべてのサーバに対する変更済パラメータ] を選択してから 移動]をクリックします。

[すべてのサーバに対する変更済パラメータ]ウィンドウが表示されます。現在のサービスについて、提示された値と異なる値を持つサービスパラメータがアルファベット順で表示されます。各パラメータで、推奨される値がパラメータ名の隣に表示されます。各パラメータ名の下に、提示された値と異なる値を持つサーバのリストが表示されます。各サーバ名の隣に、このサーバのパラメータの現在値が表示されます。

所定のパラメータで、サーバ名または現在のパラメータ値をクリックし、対応するサービス パラメータのウィンドウへリンクし、値を変更します。 [前へ] および [次へ] をクリックすると、[すべてのサーバに対する変更済パラメータ]ウィンドウ間を移動できます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。