Cisco Unified Presence アドミニストレーション ガイド Release 6.0(1)
プロキシ サーバの設定
プロキシ サーバの設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

プロキシ サーバの設定

プロキシ サーバ設定値の設定

プロキシ サーバの設定値

プロキシ サービスの再起動

関連項目

プロキシ サーバの設定

プロキシ サーバの設定のウィンドウを使用して、SIP プロキシ サーバの設定を行います。

プロキシ サーバ設定値の設定

この項では、Cisco Unified Presence のプロキシ サーバを設定する方法について説明します。

手順


ステップ 1 [Cisco Unified Presence ]>[プロキシ サーバ]>[設定] を選択します。

[プロキシの構成設定(Proxy Configuration Settings)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [メソッド/イベントルーティングのステータス(Method/Event Routing Status)]で [オン] または[ オフ] を選択します。

ステップ 3 表11-1 の説明に従って、適切な[優先プロキシリスナー(Preferred Proxy Listener)]を選択します。

ステップ 4 設定を保存するには、ウィンドウの左上隅のツールバーに表示される [保存] アイコンをクリックします(または、ウィンドウの下部に表示される [保存] ボタンをクリックします)。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

プロキシ サーバの設定値

表11-1 で、プロキシ サーバの設定値について説明します。関連する手順については、「関連項目」を参照してください。

 

表11-1 プロキシ サーバの設定値

フィールド
説明

メソッド/イベントルーティングのステータス(Method/Event Routing Status)

このパラメータは、SIP プロキシ サーバでメソッド/イベント ルーティング モジュールを有効にするか無効にするかを指定します。

優先プロキシリスナー(Preferred Proxy Listener)

このパラメータは、どの SIP プロキシ リスナーを優先リスナーとみなすかを指定します。ドロップダウン リストには、トランスポート リスナーのウィンドウで定義した SIP プロキシ サーバのリスナーが含まれています。

プロキシ サービスの再起動

Cisco Unified Presence の管理ページで行う変更を有効にするのに、SIP プロキシ サービスの再起動が必要な場合があります。次の変更では、SIP プロキシ サービスの再起動が必要です。

システム サーバの追加、削除、または変更

SIP プロキシ サーバ設定の変更

トランスポート リスナーの追加、削除、または変更

TLS コンテキストおよび TLS ピア サブジェクトの追加、削除、または変更

プロキシ サービスを再起動するには、次の手順に従います。


警告 プロキシ サービスを再起動する間、Cisco Enterprise SIP プロキシサービスにより既存のトランザクションが停止されるため、新たな要求を受け付けることができなくなります。


手順


ステップ 1 [Cisco Unified Presence ]>[プロキシ サーバ]>[設定] を選択します。

[プロキシの構成設定(Proxy Configuration Settings)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [すべてのプロキシサービスのリスタート] をクリックします。

ステップ 3 確認のウィンドウが表示された場合は [OK] をクリックします。