Cisco Unified Communications for Cisco Unified Presence Server Operating System アドミニストレーション ガイド Release 1.0(3)
システムの再起動
システムの再起動
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 743KB) | フィードバック

目次

システムの再起動

バージョンを切り替えて再起動

現在のバージョンの再起動

システムのシャットダウン

システムの再起動

この項では、次の再起動オプションを使用する手順について説明します。

バージョンを切り替えて再起動

現在のバージョンの再起動

システムのシャットダウン

バージョンを切り替えて再起動

このオプションは、新しいソフトウェア バージョンにアップグレードする場合や、前のソフトウェア バージョンにフォール バックする必要がある場合にも使用できます。アクティブなディスク パーティション上で実行されているシステムをシャットダウンし、その後、アクティブでないパーティション上のソフトウェア バージョンを使用してシステムを自動的に再起動するには、次の手順を実行します。


注意 この手順を実行すると、システムが再起動し、一時的に使用できなくなります。

手順


ステップ 1 [Cisco Unified Communicationsオペレーティングシステムの管理]ウィンドウで、 [再起動]>[バージョンの切り替え] を選択します。

[ソフトウェアバージョンの切り替え(Switch Software Version)]ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、アクティブなパーティション上とアクティブでないパーティション上のソフトウェア バージョンが表示されます。

ステップ 2 バージョンを切り替えて再起動するには、 [バージョンの切り替え] をクリックします。操作を中止するには、 [キャンセル] をクリックします。

[バージョンの切り替え] をクリックした場合、システムが再起動し、現在アクティブでないパーティションがアクティブになります。


 

現在のバージョンの再起動

バージョンを切り替えずに現在のパーティション上のシステムを再起動するには、次の手順を実行します。


注意 この手順を実行すると、システムが再起動し、一時的に使用できなくなります。

手順


ステップ 1 [Cisco Unified Communicationsオペレーティングシステムの管理]ウィンドウで、 [再起動]>[現在のバージョン] を選択します。

[現在のバージョンの再起動(Restart Current Version)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 システムを再起動する場合は [再起動] を、操作を中止する場合は [キャンセル] をクリックします。

[再起動] をクリックした場合、バージョンを切り替えずに現在のパーティションでシステムが再起動されます。


 

システムのシャットダウン


注意 サーバの電源ボタンを押すと、ただちにシステムがシャットダウンされます。

システムをシャットダウンするには、次の手順を実行します。


注意 この手順を実行すると、システムがシャットダウンされます。

手順


ステップ 1 [Cisco Unified Communicationsオペレーティングシステムの管理]ウィンドウで、 [再起動]>[システムのシャットダウン] を選択します。

[システムのシャットダウン(Shutdown System)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 システムをシャットダウンする場合は [シャットダウン] を、操作を中止する場合は [キャンセル] をクリックします。

[シャットダウン] をクリックすると、すべてのプロセスが停止し、システムがシャットダウンされます。


) ハードウェアの電源は自動的には切れません。