Cisco Unified Presence Server アドミニストレーション ガイド Release 1.0(3)
ステータス
ステータス
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ステータス

システム ステータスの表示

ライセンス済みユーザの検索

ステータス

ステータスのウィンドウを使用して、Cisco Unified Presence Server System のステータスを表示します。

システム ステータスの表示

システム ステータスを表示するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 [システム] >[ステータス] の順に選択します。

[Unified Presence Serverシステムステータス(Unified Presence Server System Status)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 ステータス パラメータの説明については、 表6-1 を参照してください。


 

 

表6-1 システム ステータス パラメータ

パラメータ
説明

同期情報
(Sync Information)

同期が発生すると、この読み取り専用フィールドにパブリッシャ サーバの IP アドレスが表示されます。

システム情報
(System Information)

[システム情報(System Information)]には、次の読み取り専用フィールドが表示されます。

エンドユーザ数(No. End-users)

電話デバイス数(No. Phone Devices)

ライセンス済UPSエンドユーザ数(No. Licensed UPS End-users)

ライセンス済UPCエンドユーザ数(No. Licensed UPC End-users)

割り当て済MOCエンドユーザ数(No. Assigned MOC End-users)

ライセンス済みユーザの検索

ライセンス済みユーザを検索するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 [Unified Presence Serverシステムステータス(Unified Presence Server System Status)]ウィンドウの最初のドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかの検索条件を選択します。

が次の文字列で始まる

が次の文字列を含む

が次の文字列と等しい

が次の文字列で終わる

が空である

が空ではない

ステップ 2 必要に応じて適切な検索テキストを指定し、 [検索] をクリックします。


ヒント データベースに登録されているすべてのライセンス済みユーザを検索するには、検索テキストを入力せずに[検索]をクリックします。

検出されたライセンス済みユーザのリストが表示されます。検索結果のパラメータの説明については、 表6-2 を参照してください。

ステップ 3 ユーザに関連付けられているデバイスを表示するには、 [デバイス] リンクをクリックします。


 

 

表6-2 システムステータスの検索結果パラメータ

パラメータ
説明

ユーザID(User ID)

ユーザID が表示されます。


) Cisco Unified Presence Server ではなく Cisco Unified CallManager にユーザを作成します。


プライマリ内線
(Primary Extension)

このユーザに関連付けられているプライマリ内線が表示されます。

デバイス(Devices)

このユーザにリンクとして関連付けられているデバイスの合計数が表示されます。デバイスのリストを含むポップアップ ウィンドウを表示するには、リンクをクリックします。

連絡先(Contacts)

このユーザにリンクとして関連付けられている連絡先の合計数が表示されます。連絡先のリストを含むポップアップ ウィンドウを表示するには、リンクをクリックします。ユーザは、[Cisco Unified Presence Server ユーザの連絡先]ウィンドウで連絡先を追加できます。

ウォッチャ(Watchers)

このユーザにリンクとして関連付けられているウォッチャの合計数が表示されます。ウォッチャのリストを含むポップアップ ウィンドウを表示するには、リンクをクリックします。


) ウォッチャとは、連絡先リストに特定のユーザを含むユーザのことで、事実上、このユーザを監視します。


ライセンス済UPC
(Licensed UPC)

このユーザが Cisco Unified Personal Communicator の使用ライセンスを持っている場合、黒いチェック マークが表示されます。

MOCを使う(MOC Enabled)

このユーザが CTI Gateway Microsoft Office Communicator 機能の使用を許可されている場合、黒いチェック マークが表示されます。