Cisco Unified Presence Server アドミニストレーション ガイド Release 1.0(3)
サーバの設定
サーバの設定
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

サーバの設定

サーバの検索

サーバの設定

サーバの削除

サーバの設定値

関連項目

サーバの設定

サーバの設定のウィンドウを使用して、Cisco Unified Presence Server がインストールされているサーバのアドレスを指定します。ネットワークでドメイン ネーム システム(DNS)サービスを使用している場合、サーバのホスト名を指定できます。ネットワークで DNS サービスを使用していない場合、サーバのインターネット プロトコル(IP)アドレスを指定する必要があります。


) 適切な Cisco Unified Presence Server 名とアドレス情報を使用して Cisco Unified Presence Server を設定するには、これらの情報で DNS サーバを更新する必要があります。


Cisco Unified Presence Server データベースでサーバのアドレスを追加、更新、または削除する方法については、「関連項目」を参照してください。


) Cisco Unified Presence Server を新規にインストールする場合、[Cisco Unified Presence Serverの管理]の[サーバの設定(Server Configuration)]ウィンドウでセカンダリ サーバ(ノード)を定義してから、そのサーバに Cisco Unified Presence Server ソフトウェアをインストールする必要があります。後続のノードを定義するには、後述の「次のいずれかのタスクを実行します。」 で説明するとおり、[新規追加]をクリックしてサーバを設定します。セカンダリサーバを追加後、Cisco Unified Presence Server ソフトウェアをそのサーバにインストールできます。


サーバの検索

ネットワークにサーバが複数存在する場合があるため、Cisco Unified Presence Server では、具体的な検索条件に基づいて特定のサーバを検索することができます。特定のサーバを検索するには、次の手順を実行します。


) ブラウザ セッションでの作業中、クライアント マシンの cookie により、検索/一覧表示の設定が保存されます。他のメニュー項目に移動してからこのメニューに戻る、あるいは、ブラウザを閉じてから新しいブラウザ ウィンドウを開くと、検索の設定を変更するまで、Cisco Unified Presence Server の検索の設定がシステムで維持されます。


手順


ステップ 1 [システム] > [サーバ] の順に選択します。

[サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウが表示されます。2 つのドロップダウン リスト ボックスを使用してサーバを検索します。

ステップ 2 [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウの最初のドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかの検索条件を選択します。

ホスト名/IPアドレス

説明

[サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウの 2 番目のドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかの検索条件を選択します。

が次の文字列で始まる

が次の文字列を含む

が次の文字列と等しい

が次の文字列で終わる

が空である

が空ではない

ステップ 3 必要に応じて適切な検索テキストを指定し、 [検索] をクリックします。


ヒント データベースに登録されているすべてのサーバを検索するには、検索テキストを入力せずに[検索]をクリックします。

検出されたサーバのリストが次の基準で表示されます。

ホスト名/IPアドレス(Host Name/IP Address)

説明(Description)

また、[サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウでは、ページ単位で表示するアイテム数を指定できます。


) 対象のサーバの隣にあるチェックボックスをオンにしてから[選択項目の削除]をクリックすると、複数のサーバを[サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウから削除できます。 一致するレコードのタイトルバーのチェックボックスをオンにしてから[選択項目の削除]をクリックすると、すべてのサーバを削除できます。


ステップ 4 レコードのリストから、検索条件に一致するサーバ名をクリックします。

選択したサーバがウィンドウに表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

サーバの設定

この項では、Cisco Unified Presence Server データベースで、サーバのアドレスを追加または更新する方法について説明します。

開始する前に

サーバを追加する場合、次のガイドラインを適用します。

[サーバの設定(Server Configuration)]ウィンドウで各サーバが 2 度以上追加されていないことを確認します。ホスト名を使用してサーバを追加し、その後 IP アドレスを使用して同じサーバを追加すると、Cisco Unified Presence Server のアップグレード後に Cisco Unified Presence Server でそのサーバのコンポーネントのバージョンを正確に把握できない場合があります。同じサーバに対して、Cisco Unified Presence Server の管理ページに 2 つのエントリがある場合、アップグレード前にどちらかのエントリを削除する必要があります(「サーバの削除」を参照してください)。

手順


ステップ 1 次のいずれかのタスクを実行します。

サーバを追加するには、 [システム] > [サーバ] の順に選択し、 [新規追加] をクリックします。

サーバを更新するには、「サーバの検索」の手順に従ってサーバを検索します。

[サーバの設定(Server Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 表2-1 の説明に従って適切な設定を入力します。

ステップ 3 データを保存してサーバをデータベースに追加するには、ウィンドウの左上隅のツールバーに表示される [保存] アイコンをクリックします(または、ウィンドウの下部に表示される [保存] ボタンをクリックします)。


警告 サーバ設定の変更を有効にするには、Cisco Unified Presence Server のプロキシ サーバを再起動する必要があります。再起動の間は、Cisco Enterprise SIP Proxy サービスにより既存のトランザクションが停止されるため、新たな要求を受け付けることができなくなります。


ステップ 4 [Cisco Unified Presence Server] > [プロキシサーバ] > [設定] の順にクリックします。

[プロキシの構成設定(Proxy Configuration Settings)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 [すべてのプロキシサービスのリスタート] をクリックします。

ステップ 6 確認のウィンドウが表示されたら、 OK をクリックしてプロキシ サービスを再起動します。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

サーバの削除

この項では、Cisco Unified Presence Server データベースからサーバを削除する方法について説明します。

開始する前に

システムで依存関係レコードの機能が有効でない場合、[依存関係レコード要約]ウィンドウにメッセージが表示されます。このメッセージには、依存関係レコードを有効にするのに必要な操作と、依存関係レコードの機能に伴う CPU 消費量の増大に関する情報が表示されます。

手順


ステップ 1 「サーバの検索」の手順に従いサーバを検索します。

ステップ 2 一致するレコードのリストから、削除するサーバを選択します。

ステップ 3 サーバを削除するには、ウィンドウの左上隅のツールバーに表示される [選択項目の削除] アイコンをクリックします(または、ウィンドウの下部に表示される [選択項目の削除] ボタンをクリックします)。


警告 サーバ設定の変更を有効にするには、Cisco Unified Presence Server のプロキシ サーバを再起動する必要があります。再起動の間は、Cisco Enterprise SIP Proxy サービスにより既存のトランザクションが停止されるため、新たな要求を受け付けることができなくなります。


ステップ 4 [Cisco Unified Presence Server]>[プロキシサーバ]>[設定] の順にクリックします。

[プロキシの構成設定(Proxy Configuration Settings)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 [すべてのプロキシサービスのリスタート] をクリックします。

ステップ 6 確認のウィンドウが表示されたら、 OK をクリックしてプロキシ サービスを再起動します。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

サーバの設定値

表2-1 で、サーバの設定値について説明します。関連する手順については、「関連項目」を参照してください。

 

表2-1 サーバの設定値

[サーバ情報
(Server Information)]のフィールド
説明

ホスト名/IPアドレス

ネットワークで DNS サービスを使用している場合、Cisco Unified Presence Server サーバのホスト名を入力できます。それ以外の場合、サーバの完全な IP アドレスを入力する必要があります。


) ここで入力情報を使用するには、適切な Cisco Unified Presence Server 名とアドレス情報を使って DNS サーバを更新する必要があります。


MACアドレス
(MAC Address)

このオプションのエントリには、Cisco Unified Presence Server サーバのネットワーク インターフェイス カード(NIC)のメディア アクセス制御(MAC)アドレスを入力します。この MAC アドレスにより、NIC の固定ハードウェア アドレスが決まります。


ヒント サーバを定期的にネットワーク上の別の場所へ移動する予定がある場合、ネットワーク上の他のサービスが常にそのサーバを識別できるように、MAC アドレスを入力する必要があります。サーバを移動する計画がない場合は、MAC アドレスを入力する必要はありません。

説明

このオプションのエントリには、サーバの説明を入力します。