Cisco Unified Personal Communicator for Macintosh ユーザガイド Release 7.0
Cisco Unified Personal Communicator を使用した メッセージの送信
Cisco Unified Personal Communicator を使用したメッセージの送信
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1,017KB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Personal Communicator を使用したメッセージの送信

インスタント メッセージの送信

インスタント メッセージの受信

メッセージ オプションの選択

メッセージの保存

すべてのメッセージ セッションの自動保存

メッセージの保存

電子メール メッセージの送信

インスタント メッセージの送信


) 組織によっては、この機能を使用できない場合があります。


手順


ステップ 1 リスト内の名前をクリックします。

ステップ 2 [IM の送信]アイコンをクリックします。

ステップ 3 メッセージを入力します。

ステップ 4 Return キーを押します。


 

トラブルシューティング ヒント

Cisco Unified Personal Communicator の設定によって、会社のディレクトリや連絡先リストのどの人物にインスタント メッセージを送信できるのかが決まります。

メッセージの受信者が Cisco Unified Personal Communicator にログインしていないときでも、 IP Phone Messaging を使用するように設定されている場合は、受信者の Cisco Unified IP Phone にメッセージを送信できます。 そうでない場合、プレゼンス ステータス がオフラインの連絡先とはインスタント メッセージを開始できません。

連絡先リストの名前をダブルクリックするとインスタント メッセージを開始するように設定できます。 相手は Cisco Unified Personal Communicator を介してインスタント メッセージを受信できる必要があります。

タブを閉じるには、タブ内のプレゼンス ステータス インジケータをクリックします。

ユーザの会社は、他の特定の会社の従業員との Cisco Unified Personal Communicator を介したインスタント メッセージの交換を許可する場合があります。 インスタント メッセージ セッションを開始するには、まず受信者を連絡先に追加する必要があります。 受信者は、受信者のプレゼンス ステータスを表示するためのユーザの要求を承認する必要があります。

関連トピック

「インスタント メッセージの受信」

「ダブルクリック操作の選択」

「インスタント メッセージに関する問題の解決方法」

「メッセージ オプションの選択」

インスタント メッセージの受信

自分とのインスタント メッセージ セッションを特定のユーザが開始できないようにすることができます。 ただし、このような相手とのインスタント メッセージ セッションを開始した場合、ユーザがセッションのメッセージ ウィンドウを閉じるまで相手は応答することができます。

デフォルトでは、すべてのインスタント メッセージ セッションを 1 つのウィンドウ内のタブに表示するように設定されています。

インスタント メッセージ セッションが進行中で、他のユーザからメッセージが届くと、既存のタブの背後に新しいタブが作成され、新しいメッセージが同じウィンドウ内に表示されます。 メッセージを表示するには、新しいタブをクリックします。

ユーザの会社が他の会社の従業員との Cisco Unified Personal Communicator を介したインスタント メッセージの交換を許可している場合、ユーザはユーザのプレゼンス ステータスを表示するための相手の要求を最初に承認する必要があります。

関連トピック

「連絡先のブロック」

「インスタント メッセージに関する問題の解決方法」

「ユーザのプレゼンス ステータスを他の会社の従業員と共有する方法」

メッセージ オプションの選択

手順


ステップ 1 [Cisco UPC]>[環境設定]の順に選択します。

ステップ 2 [IM]をクリックします。

ステップ 3 オプションを選択します。


 

トラブルシューティング ヒント

メッセージ ウィンドウ上部のツールバーをカスタマイズしたり折りたたんだりできます。 Control キーを押しながらツールバーの領域をクリックして、オプションを選択します。

Web ページなどからコピー アンド ペーストした HTML コンテンツに埋め込まれている URL を、メッセージの受信者がクリックしたり、表示したり、コピーしたりできるようにする場合は、[送信メッセージにリンクを表示する]にチェック マークを付けます。

1 つのウィンドウ内のタブに表示するのではなく、各ユーザとのセッションを独立したウィンドウに表示するには、[新規メッセージを別タブで作成する]のチェック マークを外します。

それぞれの相手とのインスタント メッセージ交換の通信履歴のテキスト(最大 99 件)を、同じコンピュータ上でのその相手との続きのセッションに含めるには、[新しいチャットの履歴メッセージを表示する]にチェック マークを付けます。 別のコンピュータを使用する場合は、このオプションをリセットする必要があります。

メッセージの保存

「すべてのメッセージ セッションの自動保存」

「メッセージの保存」

すべてのメッセージ セッションの自動保存

手順


ステップ 1 [Cisco UPC]>[環境設定]の順に選択します。

ステップ 2 [IM]をクリックします。

ステップ 3 [自動的にチャットの記録をログするフォルダロケーション]にチェック マークを付けます。

ステップ 4 (オプション)別のフォルダの場所を指定します。


 

トラブルシューティング ヒント

この設定は、このコンピュータ上の自分のセッションにのみ適用されます。

チャットの記録が保存されるデフォルトの場所は、ドキュメント フォルダ内の Cisco UPC-ChatTranscripts フォルダです。

メッセージの保存

手順


ステップ 1 保存するセッションをアクティブなウィンドウ(メッセージ ウィンドウ内で手前に表示されているタブ)にします。

ステップ 2 [ファイル]>[IM を別名で保存]の順に選択します。


 

電子メール メッセージの送信

Cisco Unified Personal Communicator にログインしていないユーザに電子メール メッセージを送信できます。 複数の連絡先を選択して、1 つの電子メールをそのすべてに送信できます。

手順


ステップ 1 名前を Control キーを押しながらクリックします。

ステップ 2 [電子メールの送信]を選択します。


 

トラブルシューティング ヒント

連絡先リストの名前をダブルクリックすると新しい電子メール メッセージを開くように設定できます(この相手の連絡先カードに電子メール アドレスが含まれている場合)。

関連トピック

「ダブルクリック操作の選択」