Cisco Unified Personal Communicator for Windows ユーザガイド Release 7.0
Cisco Unified Personal Communicator を使用した会話
Cisco Unified Personal Communicator を使用した会話
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Personal Communicator を使用した会話

音声による会話

コールの開始方法

コンソールにリストされているユーザへのコール

任意の番号へのコール

を使用して Microsoft Outlook からダイヤルする方法

電子メールまたは Outlook の連絡先からのダイヤル

Outlook から任意の番号へのダイヤル

着信コールに対する応答

処理中の会話を操作する方法

プッシュホン応答の入力

会話の保留と再開

コールの転送

ソフト フォン コールの音量の変更

会話参加者リスト

会話の終了

音声による会話

同時に、次のことが行えます。

1 つのアクティブな会話。

複数の会話の保留 (組織によっては、アクティブ コールと保留コールが同時に 1 つずつしか許可されない場合もあります)。

複数のユーザによる 1 つの会話(会議コール)。

関連トピック

「Cisco Unified Personal Communicator を使用した会議コールのホスティング」

「Cisco Unified Personal Communicator を使用したメッセージの送信」

コールの開始方法

音声による会話を開始するには、次のいずれかの方法を使用します。

「コンソールにリストされているユーザへのコール」

「任意の番号へのコール」

「Cisco Unified Personal Communicator を使用して Microsoft Outlook からダイヤルする方法」


警告 緊急時にソフトフォン テクノロジーを使って 110 番などの緊急コールに対応した場合、適時かつ正確な位置データを提供できない可能性があります。 その為、コールが誤った緊急応答センターに間違って接続されたり、緊急応答センターが位置の判断を誤る場合があります。 緊急時には自己責任でソフトフォンをご利用されるものとします。 つまり、Cisco はその結果生じた誤りまたは遅延については免責されます。


コンソールにリストされているユーザへのコール

手順


ステップ 1 名前または番号を右クリックして、[コールの発信]を選択します。

ステップ 2 ダイヤルする番号を選択します。


 


ヒント 名前または番号をダブルクリックするとコールを開始するように設定できます。


関連トピック

「連絡先の検索方法」

「コール開始に関する問題の解決方法」

「ダブルクリック操作の選択」

「ビデオの表示」

任意の番号へのコール

連絡先リストからか、または検索を使用して直接コールを発信できますが、次の手順を使用してダイヤラからコールすることもできます。

手順


ステップ 1 コンソール内で[ダイヤラを開く]をクリックします。

ステップ 2 電話番号を入力します。

デスクの電話 からダイヤルする場合と同じように番号を入力します。 たとえば、社外にコールを発信するときに番号の前に 9 などをダイヤルする必要がある場合もあります。

ステップ 3 ダイヤラ内で[クリックしてダイヤル]アイコンをクリックします。


 

トラブルシューティング ヒント

最後にコールした番号をリダイヤルするには、コンソール上部のメニューバーで、[操作]>[リダイヤル]の順に選択します。

関連トピック

「連絡先の検索方法」

「プッシュホン応答の入力」

Cisco Unified Personal Communicator を使用して Microsoft Outlook からダイヤルする方法

デフォルトでは、Cisco Unified Personal Communicator をインストールすると、Microsoft Outlook にアドオンがインストールされます。 Outlook を使用している場合は、標準の Outlook ツールバーの下に Cisco Unified Personal Communicator ツールバーが表示されます。

ツールバーがインストールされると、Cisco Unified Personal Communicator を使用して Outlook の連絡先リストに登録されているユーザにダイヤルしたり、電子メール メッセージの送信者や受信者にダイヤルしたりすることができるようになります。 ダイヤルする相手が Outlook の連絡先リストに含まれていない場合は、その相手の Outlook 連絡先カードを簡単に作成できます。

番号をダイヤルしたときに Cisco Unified Personal Communicator が実行されていなかった場合は、自動的に起動されます。

Cisco Unified Personal Communicator を起動したり、番号をダイヤルせずに Cisco Unified Personal Communicator を手前に表示するには、ツールバーの左端にある[Cisco Unified Personal Communicator を開く]アイコンをクリックします。

関連トピック

「電子メールまたは Outlook の連絡先からのダイヤル」

「Outlook から任意の番号へのダイヤル」

電子メールまたは Outlook の連絡先からのダイヤル

手順


ステップ 1 次の方法で、コールする相手を Outlook の連絡先から選択します。

[受信トレイ]または[送信済みアイテム]のリストで電子メール メッセージをクリックします。

[受信トレイ]の場合は、送信者が選択されます。

[送信済みアイテム]の場合は、[宛先]リストの 1 番目の人物が選択されます。

Outlook の連絡先リスト内で連絡先をクリックします。

ステップ 2 Cisco Unified Personal Communicator ツールバーに表示されるオプションに従って、次のいずれかの操作を実行します。

[コール]をクリックし、コールする番号を入力して、[ダイヤル]をクリックします。

デフォルトでは、この操作を実行すると、その人物と電話番号の Outlook 連絡先カードも作成されます。 連絡先カードには、電話番号を入力して電話番号の種類を選択できます。

ツールバーの名前の右側で、電話番号の種類(ビジネスなど)をクリックします。

上で説明した電話番号の種類の右側にある矢印をクリックして、ダイヤルする Outlook 連絡先カードから別の番号を選択します。


 

トラブルシューティング ヒント

ログインしないとコールを発信できない場合もあります。

ダイヤルする番号は、 デスクの電話 からダイヤルする場合に使用する形式になっている必要があります。

一度ダイヤルした番号は、別の番号を選択するまで、Outlook からその人物にコールを発信する場合のデフォルトの電話番号になります。

複数の受信者が指定されているメッセージをクリックした場合は、Cisco Unified Personal Communicator ツールバーで名前をクリックして他の受信者を選択できます。

Outlook の連絡先リストでいずれかの連絡先を右クリックして[Cisco Unified Personal Communicator を使用するコール]を選択し、ダイヤルする番号を選択することもできます。

コールを発信せずに特定の人物を Outlook の連絡先リストに追加するには、メッセージをクリックし、Cisco Unified Personal Communicator ツールバーで名前をクリックして[Outlook 連絡先の作成]を選択します。

関連トピック

「Cisco Unified Personal Communicator を使用して Microsoft Outlook からダイヤルする方法」

「Outlook からのコール:セキュリティ警告が表示される」

Outlook から任意の番号へのダイヤル

手順


ステップ 1 次のいずれかの方法を使用して、ツールバーの[直接ダイヤル]ボックスに電話番号を入力します。

電話番号を入力します。

電子メール メッセージのテキストなどから電話番号をコピー アンド ペーストします。

[直接ダイヤル]ボックスの横にある矢印をクリックして既存の番号を選択します。

ステップ 2 Enter キーを押します。


 

トラブルシューティング ヒント

[直接ダイヤル]ボックスとドロップダウン リストの番号を消去するには、ボックスの横にある矢印をクリックして[すべての項目のクリア]を選択します。

関連トピック

「Cisco Unified Personal Communicator を使用して Microsoft Outlook からダイヤルする方法」

「Outlook からのコール:セキュリティ警告が表示される」

着信コールに対する応答

コールが着信したときに Cisco Unified Personal Communicator がコンピュータで稼働中の場合は、コンピュータの画面にオプション付きのポップアップ通知が表示されます。

手順

 

手順
方法

音声だけでコールに応答する。

ソフト フォン を使用して応答するには

[応答]をクリックします。

または

デスクの電話 を使用して応答するには

通常の方法で Cisco Unified IP Phone に応答します。

音声とビデオでコールに応答する。

[ビデオ応答]をクリックします。

発信者がビデオ コールとしてコールを開始していない場合、そのコールは音声だけになります。

ビデオが設定されていない場合、コールの相手は自分側に表示されますが、自分のイメージは相手側に表示されません。 「ビデオの表示」を参照してください。

コールをボイスメールへ転送する。

[ボイスメールへ転送]をクリックします。

コールを転送するように選択したことは、発信者にはわかりません。

すでに通話中の場合に、新規コールに応答する。

コールに応答します。

既存のコールはすべて自動的に保留状態になります。ただし、ソフト フォン モードを使用していて、一方のコールにソフト フォンで応答し、他方のコールにデスクの電話で応答する場合は例外です。 その場合は、両方のコールが同時にアクティブになります。

コールをボイスメールへ転送します。

関連トピック

「呼び出しデバイスと音量の指定」

「会話の保留と再開」

「ビデオの表示」

「着信コールに関する問題の解決方法」

処理中の会話を操作する方法

「プッシュホン応答の入力」

「会話の保留と再開」

「コールの転送」

「ソフト フォン コールの音量の変更」

「会話参加者リスト」

「会話の終了」

プッシュホン応答の入力

ソフト フォン での通話中に、オプションを選択したり、パスワードなどの番号を入力するように音声で指示された場合は、次の手順に従ってください。

手順


ステップ 1 会話ウィンドウ がアクティブなウィンドウであることを確認します。

ステップ 2 コンピュータのキーボードで数字または文字を入力して、プッシュホン応答を入力します。

標準のキー入力音が聞こえない場合は、会話ウィンドウのタイトル バーをクリックして会話ウィンドウをアクティブにし、再度試行します。


 

会話の保留と再開

手順

 

手順
方法

会話を保留する

1. 保留するコールをクリックして、アクティブな 会話ウィンドウ にします。

2. [コールの保留/再開]アイコンをクリックします。

複数の Web 会議ウィンドウを、アクティブなままにしておくことができます。

保留中のコールを再開する

保留した 会話ウィンドウ で[コールの保留/再開]アイコンをクリックします。

保留中の会話を再開すると、他のアクティブな会話は自動的に保留状態にされます。

関連トピック

「コールの結合」

コールの転送

コールを転送するには、コールを結合する場合と同じ手順を使用します。 自分自身、転送するコールの発信者、およびコールの転送先のユーザを含む電話会議を作成します。 すべての通話者が会話に参加した後、自分の電話を切れば、残りの通話者は会話を続けることができます。

関連トピック

「コールの結合」

ソフト フォン コールの音量の変更


電話モード[デスクの電話]に設定されている場合は、電話機に付属するマニュアルを参照してください。


電話モードが ソフト フォン に設定されている場合は、次の手順を使用します。

手順

 

手順
方法

参加者に聞こえないように音声をミュートする

アクティブな 会話ウィンドウ で[音声ミュート]アイコンをクリックします。

音声のミュートを解除するには、アイコンを再度クリックします。

音量を変更する

アクティブな 会話ウィンドウ で音量スライダをドラッグします。

自分の声が参加者に聞こえやすくなるように音量を変更する

口元からマイクまでの距離を調節します。

関連トピック

「オーディオ デバイスとビデオ デバイスの指定」

「音声が聞こえないか、音量が小さすぎる」

「自分の声が他の参加者に聞こえない、または音質が良くない」

「音声が大きすぎる」

会話参加者リスト

参加者リストには、音声とビデオで会話に参加している参加者が表示されます。 ディレクトリまたは連絡先一覧に参加者が含まれている場合は、名前が表示されます。 そうでない場合は、電話番号が表示されます。 リスト内の名前を右クリックして、操作を実行します。

会話への参加差リストを表示するには、 会話ウィンドウ で[参加者リストを開く]アイコンをクリックします。

会話の終了

手順

 

手順
方法

会話を終了する

1. コールが保留中の場合は、コールを再開します。

再開しないままコールを終了すると、その通話を切った後も、相手は保留されたままになります。

2. 会話ウィンドウで[コールの終了]アイコンをクリックします。

会議コールに参加していて電話を切った場合、会議の他の参加者は会話を続けられます。

会話ウィンドウのクローズの設定を指定する

1. [ファイル]>[設定]の順に選択し、[プロファイル]をクリックして、次のオプションを選択します。

切断時に会話ウィンドウを閉じる

アクティブな会話ウィンドウを閉じる前に警告を表示する

2. [OK]をクリックします。

アクティブな 会話ウィンドウ を閉じると、コールが終了します。

関連トピック

「会話の保留と再開」

「Cisco Unified Personal Communicator を使用した会議コールのホスティング」