Cisco Unified Personal Communicator トラブルシューティングガイド Release 1.1
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 363KB) | フィードバック

目次

はじめに

目的

対象読者

マニュアルの構成

表記法

技術情報の入手方法

Cisco.com

Product Documentation DVD

マニュアルの発注方法(英語版)

シスコシステムズマニュアルセンター

シスコ製品のセキュリティ概要

製品のセキュリティ問題の報告

テクニカル サポート

Cisco Technical Support & Documentation Web サイト

サービス リクエストの発行

サービス リクエストのシビラティの定義

その他の資料および情報の入手方法

はじめに

目的

このガイドでは、Cisco Unified Personal Communicator で発生した問題のトラブルシューティングに必要な情報をシステム管理者に提供します。

対象読者

このガイドは、音声およびデータのネットワーキングに関する用語や概念を十分に理解しているシステム管理者を対象にしています。 このガイドはエンド ユーザ向けのものでは ありません

このアプリケーションと Cisco Unified CallManager、Cisco Unified Presence Server、Cisco Unity Connection、Cisco Unified MeetingPlace Express は密接な関係があるので、このガイドで示されている作業の多くは、これらの製品に関する知識を必要とします。

このガイドの発行日以降に行われた製品の変更については、次の URL のリリース ノートを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6844/prod_release_notes_list.html

リリース ノートには、システム要件、製品の制限事項、制約事項、警告、およびマニュアルの最新情報に関する重要な情報が含まれています。

マニュアルの構成

表1 に、このガイドの構成を示します。

 

表1 マニュアルの構成

章およびタイトル
説明

第1章「トラブルシューティング」

このアプリケーションで発生した問題のトラブルシューティングを行う方法を説明しています。

表記法

注、注意、タイムセーバーは、次の表記法とシンボルで示しています。


「注釈」です。 役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意 「要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


ワンポイント・アドバイス 「時間を節約できる操作」の意味です。 この段落に示されている操作を実行すると、時間を節約できます。



ヒント 「役に立つヒントが含まれている情報」の意味です。


技術情報の入手方法

シスコの製品マニュアルおよび補足資料は、Cisco.com から入手できます。また、テクニカル サポートおよびテクニカル リソースは、さまざまな方法で入手できます。 ここでは、シスコシステムズから技術情報を入手する方法について説明します。

Cisco.com

次の URL から、シスコ製品の最新資料を入手できます。

http://www.cisco.com/techsupport

シスコの Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com

また、シスコの Web サイトの各国版へは、次の URL からアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

シスコ製品の最新資料の日本語版は、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp

Product Documentation DVD

Product Documentation DVD は、製品技術資料をポータブル メディアに収めた総合的なライブラリです。この DVD には、シスコのハードウェアおよびソフトウェア製品に必要なさまざまなバージョンのインストール、設定、およびコマンドに関するガイドが収録されています。また、この DVD ではインターネットに接続されていなくても、シスコの Web サイトに掲載されているのと同じマニュアルを HTML で参照できます。一部の製品については、PDF 版のマニュアルも用意されています。

Product Documentation DVD は、単独の製品または購読物として入手できます。 Cisco.com 登録ユーザ(シスコ直販のお客様)の場合、次の URL の Cisco Marketplace から Product Documentation DVD(製品番号:DOC-DOCDVD= または DOC-DOCDVD=SUB)を発注できます。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

マニュアルの発注方法(英語版)

Cisco.com の登録ユーザ様は、次の URL の Cisco Marketplace にある Product Documentation Store からシスコ製品の資料をご注文いただけます。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

Cisco.com に登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合せください。

シスコシステムズマニュアルセンター

シスコシステムズマニュアルセンターでは、シスコ製品の日本語マニュアルの最新版を PDF 形式で公開しています。また、日本語マニュアル、および日本語マニュアル CD-ROM もオンラインで発注可能です。ご希望の方は、次の URL にアクセスしてください。

http://www2.hipri.com/cisco/

また、シスコシステムズマニュアルセンターでは、日本語マニュアル中の誤記、誤植に関するコメントをお受けしています。次の URL の「製品マニュアル内容不良報告」をクリックすると、コメント入力画面が表示されます。

http://www2.hipri.com/cisco/

なお、技術内容に関するお問い合わせは、この Web サイトではお受けできませんので、製品を購入された各代理店へお問い合わせください。

シスコ製品のセキュリティ概要

シスコでは、無償のオンライン Security Vulnerability Policy ポータルを次の URL で提供しています。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_vulnerability_policy.html

このサイトでは、次の方法に関する情報を取得できます。

シスコ製品のセキュリティの脆弱性を報告する。

シスコ製品のセキュリティ問題に対するサポートを受ける。

シスコからセキュリティ情報を入手するために登録を行う。

シスコ製品に関するセキュリティ勧告、セキュリティに関する注意事項、およびセキュリティ対応についての最新リストは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/go/psirt

セキュリティ勧告、セキュリティに関する注意事項、およびセキュリティ対応がアップデートされたときにリアルタイムに確認する場合は、Product Security Incident Response Team Really Simple Syndication(PSIRT RSS)フィードに登録してください。PSIRT RSS フィードへの登録方法は次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_psirt_rss_feed.html

この製品には、輸入、輸出、譲渡、使用を規制する米国またはその他の国の法律の対象となる暗号化機能が含まれています。シスコ暗号化製品をの出荷は、暗号化機能を輸入、輸出、配布、または使用する第三者の権限を包含するものではありません。輸入者、輸出者、配布者、およびユーザには、米国およびその他の国の法律を遵守する責任があります。この製品を使用すると、適用される法律および規則を遵守することに同意したことになります。米国およびその他の国の法律を遵守できない場合は、この製品をすぐに返品してください。

シスコ暗号化製品を規制する米国法の概要は、次の Web サイトで参照できます。

http://www.cisco.com/wwl/export/crypto/tool/stqrg.html

詳細については、 export@cisco.com に電子メールでお問い合せください。

製品のセキュリティ問題の報告

シスコではセキュアな製品の提供をコミットしています。製品のリリース前に社内でテストを実施し、すべての脆弱性を迅速に修正するように努めております。お客様がシスコ製品の脆弱性を発見したと思われる場合は、次の PSIRT にご連絡ください。

緊急度の高い問題 : security-alert@cisco.com

緊急度の高い問題とは、システムが現在攻撃を受けている場合や、深刻で緊急を要するセキュリティ上の脆弱性をご報告いただく場合です。これ以外の場合はすべて緊急度の低い問題となります。

緊急度の低い問題 : psirt@cisco.com

緊急度が高い問題の場合、電話で PSIRT に連絡することも可能です。

1 877 228-7302

1 408 525-6532


ヒント お客様がシスコに機密情報を送信される際には、Pretty Good Privacy(PGP)または PGP と互換性のある製品(GnuPG など)を使用して情報を暗号化することを推奨します。PSIRT では、PGP バージョン 2.x ~ 9.x で暗号化された情報に対応しております。

無効な暗号キーや失効した暗号キーは使用しないでください。PSIRT と通信する際は、次の URL にある Security Vulnerability Policy ページの Contact Summary セクションでリンクされている公開キーを使用してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_vulnerability_policy.html

このページに記載されているリンクから、使用されている現在の PGP キー ID が確認できます。

PGP を所有していない場合または PGP を使用しない場合は、機密情報を送信する前に前述の E メール アドレスまたは電話番号で PSIRT に連絡し、データの暗号化方法について相談してください。


テクニカル サポート

シスコ テクニカル サポートでは、24 時間体制のテクニカル サポート サービスをご利用いただけます。Cisco.com の Cisco Technical Support & Documentation Web サイトでは、広範囲にわたるオンライン サポート リソースを提供しています。 さらに、シスコと有効なサービス契約を結んでいるお客様は、Cisco Technical Assistance Center(TAC)のエンジニアによる電話サポートも受けることができます。シスコと有効なサービス契約を結んでいない場合は、担当の販売代理店までご連絡ください。

Cisco Technical Support & Documentation Web サイト

Cisco Technical Support & Documentation Web サイトでは、シスコ製品およびテクノロジーに関する技術的な問題のトラブルシューティングと解決を支援するために、オンライン ドキュメントおよびツールを提供しています。 この Web サイトは 24 時間ご利用いただけます。次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/techsupport

Cisco Technical Support & Documentation Web サイトのツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ユーザ ID またはパスワードをまだ取得されていないお客様は、次の URL で登録を行えます。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do


) Web または電話でサービス リクエストを発行する前に、Cisco Product Identification(CPI)ツールを使用して、製品のシリアル番号を事前にご確認ください。 CPI ツールにアクセスするには、Cisco Technical Support & Documentation Web サイトから、[Documentation & Tools] の下にある [Tools & Resources] リンクをクリックします。アルファベット順の索引ドロップダウン リストから Cisco Product Identification Tool を選択するか、Alerts & RMAs の下の Cisco Product Identification Tool のリンクをクリックします。 CPI ツールでは、製品 ID またはモデル名による検索、ツリービューによる検索に加えて、一部の製品では show コマンドの出力をコピー アンド ペーストして検索することもできます。検索結果では、製品に付いているシリアル番号ラベルの場所を示す図が表示されます。テクニカル サポートにお問い合せいただく前に、ご使用の製品のシリアル番号ラベルを確認して、情報を控えておいてください。


サービス リクエストの発行

S3 および S4 のサービス リクエストの場合は、オンラインの TAC Service Request Tool を使用すると、最もすばやくケースをオープンできます(S3 および S4 のサービス リクエストとは、ネットワークの機能低下がごくわずかである状況や、製品情報を入手する必要がある状況に該当します)。現在の状況を入力すると、推奨される解決策が TAC Service Request Tool により提示されます。提示された方法で問題が解決しなかった場合、サービス リクエストはシスコのエンジニアに割り当てられます。 TAC Service Request Tool の URL は次のとおりです。

http://www.cisco.com/techsupport/servicerequest

S1 または S2 サービス リクエストの場合、またはインターネットにアクセスできない場合は、シスコ TAC に電話でご連絡ください(S1 または S2 のサービス リクエストは、本稼働ネットワークが停止している状況、またはネットワーク機能が著しく低下している状況に該当します)。S1 および S2 のサービス リクエストの場合、お客様の円滑な業務維持を支援するために、シスコのエンジニアがただちに割り当てられます。

電話でサービス リクエストをオープンする場合の連絡先は、次のとおりです。

アジア太平洋: +61 2 8446 7411(オーストラリア:1 800 805 227)
EMEA(欧州、中東、アフリカ): +32 2 704 55 55
米国: 1 800 553-2447

Cisco TAC の連絡先は、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/techsupport/contacts

サービス リクエストのシビラティの定義

シスコでは、すべてのサービス リクエストの報告形式を標準化するために、次のようにシビラティ(影響度)を定義しています。

シビラティ 1(S1):既存のネットワークが「ダウン」した状態か、または業務に致命的な影響がある場合。お客様およびシスコが、24 時間体制でこの問題を解決する必要があると判断した場合。

シビラティ 2(S2):既存のネットワーク動作が著しく低下したか、シスコ製品が十分に機能しないため、業務に重大な影響を及ぼした場合。お客様およびシスコが、通常の業務中の全時間を費やして、この問題を解決する必要があると判断した場合。

シビラティ 3(S3):ネットワークの動作パフォーマンスが低下しているが、ほとんどの業務運用は継続できる場合。お客様およびシスコが、業務時間中にサービスを十分なレベルにまで復旧させる必要があると判断した場合。

シビラティ 4(S4):シスコ製品の機能、インストレーション、コンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。業務の運用には、ほとんど影響がありません。

その他の資料および情報の入手方法

シスコの製品、テクノロジー、およびネットワーク ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインおよび印刷物で入手できます。

Cisco Product Quick Reference Guide 』は、便利でコンパクトな参照ツールで、販売代理店から販売されているさまざまなシスコ製品の概要、主要機能、部品番号例、および簡略技術仕様が収録されています。年 2 回更新され、最新のシスコ製品に関する情報が収録されます。『 Cisco Product Quick Reference Guide 』の注文方法と詳細について詳しくは、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/go/guide

Cisco Marketplace では、シスコの書籍、リファレンス ガイド、マニュアル、およびロゴ製品を幅広く提供しています。シスコ直営店の Cisco Marketplace には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

Cisco Press では、ネットワーキング、トレーニング、および認定に関する一般的な出版物を幅広く発行しています。これらの出版物は、新しいユーザにとっても、経験豊富なユーザにとっても有益なものです。Cisco Press の最新の出版情報などについては、次の URL から Cisco Press にアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

Packet 』は、シスコが発行する技術的なユーザ誌で、インターネットおよびネットワーク投資を最大限に活用するのに役立つ情報が掲載されています。季刊誌『 Packet 』には、業界の最新トレンド、テクノロジーの進歩、シスコの製品やソリューションなどに関する記事に加え、ネットワークの開発やトラブルシューティングに関するヒント、設定例、ケース スタディ、資格認定やトレーニングに関する情報、詳細なオンライン資料へのリンクなども掲載されています。『 Packet 』には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/packet

日本語版『 Packet 』は、米国版『 Packet 』と日本版のオリジナル記事で構成されています。日本語版『 Packet 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/news/packet/

iQ Magazine 』は、シスコが発行する成長企業向けの季刊誌で、テクノロジーを利用しての収益の増加、事業の合理化、およびサービスの拡大を図る方法について学ぶことを目的としています。この雑誌は、実際のケース スタディやビジネス戦略を用いて、成長企業が直面するさまざまな課題や、問題解決の糸口となるテクノロジーを明確化し、テクノロジーの投資に関して読者が正しい決断を行う手助けをします。『 iQ Magazine 』には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/iqmagazine

または、次の URL からデジタル版を入手できます。

http://ciscoiq.texterity.com/ciscoiq/sample/

Internet Protocol Journal 』はインターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担当するエンジニア向けに、シスコが発行する季刊誌です。『 Internet Protocol Journal 』には、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/ipj

シスコシステムズが提供するネットワーキング製品およびカスタマー サポート サービスは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/index.html

Networking Professionals Connection は、ネットワーキング担当者のためのインタラクティブな Web サイトです。ネットワーキング製品やテクノロジーに関する質問、提案、および情報を、シスコの専門家や他のネットワーキング担当者と共有できます。ディスカッションに参加するには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/discuss/networking

シスコでは、ネットワーキング関係のトレーニングを世界規模で提供しています。トレーニングの最新情報については、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/learning/index.html