Cisco Unified Personal Communicator インストレーション ガイド Release 1.1
Cisco Unified Personal Communicator の展開
Cisco Unified Personal Communicator の展開
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 689KB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Personal Communicator の展開

使用するインストーラ パッケージの決定

Microsoft Windows 環境でのアプリケーションの展開

共有の場所への展開

クライアント PC でのインストーラの使用

ソフトウェア展開ツールの使用

Windows インストーラの問題レポート サポート エイリアスの設定

エンド ユーザへの情報の提供

Cisco Unified Personal Communicator の展開

次の各トピックで、Cisco Unified Personal Communicator を展開する方法について説明します。

「使用するインストーラ パッケージの決定」

「Microsoft Windows 環境でのアプリケーションの展開」

「エンド ユーザへの情報の提供」

展開作業を始める前に、 第2章「Cisco Unified Personal Communicator を展開するための準備」 を参照してください。展開の前に行う必要のある作業が説明されています。

使用するインストーラ パッケージの決定

Cisco Unified Personal Communicator の展開には、 表3-1 に示されているインストーラ パッケージが使用できます。

 

表3-1 インストーラ パッケージ

ファイル名
説明

CiscoUnifiedPersonalCommunicatorSetupK9.exe

この実行ファイルには、必要な Windows インストーラ エンジン、Cisco VT Camera および Cisco VT Camera II のドライバ、ユーザ インターフェイス、および展開用の関連する DLL1 が含まれています。

このパッケージは、通常、個別のユーザがアプリケーションをインストールする場合に使用します。

CiscoUnifiedPersonalCommunicatorSetupK9.msi

この Microsoft Windows Installer(MSI)パッケージには、Cisco VT Camera および Cisco VT Camera II のドライバ、ユーザ インターフェイス、および展開用の関連する DLL が含まれています。

このパッケージは、通常、IT 管理者が会社の展開ツール(Altiris、SMS、Active Directory など)を使用してエンド ユーザにインストールをプッシュする場合に使用します。

1.DLL = Dynamic Link Libraries(ダイナミック リンク ライブラリ)

関連トピック

「Microsoft Windows 環境でのアプリケーションの展開」

Microsoft Windows 環境でのアプリケーションの展開

次の各トピックで、Windows 環境でアプリケーションを展開する方法について説明します。

「共有の場所への展開」

「クライアント PC でのインストーラの使用」

「ソフトウェア展開ツールの使用」

「Windows インストーラの問題レポート サポート エイリアスの設定」

共有の場所への展開

ユーザがアクセスできる Web サーバなどの共有の場所に、実行ファイルまたは MSI パッケージを展開できます。 ユーザがインストールを完了する(インストーラを実行してインストール ウィザードに従う)ことができるように、権限を高めてインストールをプッシュする必要があります。

関連トピック

「使用するインストーラ パッケージの決定」

「Windows インストーラの問題レポート サポート エイリアスの設定」

「エンド ユーザへの情報の提供」

クライアント PC でのインストーラの使用

実行ファイルまたは MSI パッケージを、クライアント PC に直接展開できます。 ユーザがインストールを完了する(インストーラを実行してインストール ウィザードに従う)ことができるように、権限を高めてインストールをプッシュする必要があります。

また、管理者としてログインしている間は、個別のコンピュータでインストール操作を直接実行することもできます。

関連トピック

「使用するインストーラ パッケージの決定」

「Windows インストーラの問題レポート サポート エイリアスの設定」

「エンド ユーザへの情報の提供」

ソフトウェア展開ツールの使用

ソフトウェア展開ツールを使用して、Cisco Unified Personal Communicator をクライアント PC に配布できます。 ソフトウェア展開ツールには、Active Directory などのグループ ポリシーベースのツールや、Microsoft の System Management Server(SMS)などの高度なツールがあります。

この方法を使用するには、ユーザがインストールを完了する(インストーラを実行してインストール ウィザードに従う)ことができるように、権限を高めてインストールをプッシュする必要があります。


) Cisco Unified Personal Communicator では、管理者がユーザのデスクトップに配置したアイコンをユーザが開くことでアプリケーションをインストールする「アドバタイジング」方式または「パブリッシング」方式の展開はサポートされていません。


関連トピック

「使用するインストーラ パッケージの決定」

「Windows インストーラの問題レポート サポート エイリアスの設定」

「エンド ユーザへの情報の提供」

Windows インストーラの問題レポート サポート エイリアスの設定

Window OS 版の Cisco Unified Personal Communicator には、Cisco Unified Problem Reporting Tool が付属しています。 管理者(およびエンド ユーザ)は、これを使用して、Cisco Unified Personal Communicator PC クライアントで問題のトラブルシューティングを行うために必要な情報を自動的に収集できます。 このツールが生成するレポートは、クライアント PC のデスクトップに保存したり、適切なサポート エイリアスに自動的に電子メールで送信したりできます。

デフォルトでは、アプリケーションはサポート エイリアスの設定を 行わず に展開されます。

サポート エイリアスは、アプリケーションを配布またはインストールするときに設定します。

ソフトウェア展開ツールで展開される MSI パッケージの場合は、次のコマンドを使用します。

userdrive :\CiscoUnifiedPersonalCommunicatorSetupK9.msi /qb PROBLEMREPORTMAILER=email@ your-support-alias

実行ファイル(.exe)の場合は、ユーザの PC ごとに次のコマンドを入力します。

userdrive :\CiscoUnifiedPersonalCommunicatorSetupK9.exe /s /v" /qb PROBLEMREPORTMAILER=email@ your-support-alias "

サポート エイリアスを設定しなかった場合、エラー レポートはクライアント PC のデスクトップに保存されます。

詳細は、次の URL にある Cisco Unified Personal Communicator のトラブルシューティング ガイドを参照してください。

http://cisco.com/en/US/products/ps6844/prod_troubleshooting_guides_list.html

エンド ユーザへの情報の提供

Cisco Unified Personal Communicator を展開したら、 表3-2 に示されている情報をエンド ユーザに提供します。

(

表3-2 エンド ユーザが必要な情報

提供する情報
説明
ユーザが
インストールを行う場合に提供する
管理者が
インストールを行う場合に提供する

クライアント ハードウェアおよびソフトウェアの要件に関する情報。

次の URL にあるリリース ノートの情報を利用します。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6844/prod_release_notes_list.html

はい

はい

Cisco Unified Personal Communicator インストーラの場所。

ソフトウェア実行ファイルがある共有フォルダの場所または CD を提供します。

はい

いいえ

アプリケーションをインストールおよびセットアップするための手順。

Cisco Unified Personal Communicator のユーザ ガイドを提供します。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6844/products_user_guide_list.html

概要の章のインストール情報およびセットアップの情報を読むように指示します。

はい

いいえ

ログイン情報。

次の情報を提供します。

ユーザ名。

パスワード。

ユーザ名とパスワードは Cisco Unified CallManager の管理ページで設定しています。 「Cisco Unified IP Phone とエンド ユーザの関連付けおよびグループへのエンド ユーザの追加」を参照してください。

Cisco Unified Presence Server のホスト名または IP アドレス。

はい

はい

ユーザ機能(プレゼンス、ビデオ ソフトフォン)。

各ユーザに、使用できる機能(ライセンス)に関する情報を提供します。

機能の割り当ては、Cisco Unified CallManager の管理ページで行っています(「ユーザへの機能の割り当て」を参照)。

はい

はい

サポートされる機能:ディレクトリ サービス、ボイスメールの取得と再生、および Web のみの会議へのアクセス。

LDAP ディレクトリ、Cisco Unity Connection、および Cisco Unified MeetingPlace Express との統合に基づいてサポートされる Cisco Unified Personal Communicator の機能に関する情報を、ユーザに提供します。

詳細は、「Cisco Unified Personal Communicator とネットワークの通信」を参照してください。

はい

はい

アカウント情報

プリファレンス ウィンドウに入力するアカウント情報を提供します。

Cisco Unity Connection:ユーザ名と Web パスワード(Cisco Unified Personal Communicator がサポートするボイスメール機能を使用するため)

電子メール アカウントは Cisco Unity Connection で作成しています。 詳細は、「Cisco Unity Connection の設定」を参照してください。

Cisco Unified MeetingPlace Express:ユーザ名とパスワード(Cisco Unified Personal Communicator の会話に Web 会議を追加するため)

ユーザ プロファイルは Cisco Unified MeetingPlace Express で作成しています。 詳細は、「Cisco Unified MeetingPlace Express の設定」を参照してください。

はい

はい

アプリケーションを使用するための説明。

Cisco Unified Personal Communicator のユーザ ガイドとクイック スタート ガイドを提供します。 アプリケーションに組み込まれているオンライン ヘルプが使用できることをユーザに伝えます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6844/products_user_guide_list.html

はい

はい

Cisco Unified MeetingPlace Express の会議室(および Web のみの会議で表示されるもの)に関する情報、および共有コンテンツの提示と使用に関する情報。

Cisco Unified MeetingPlace Express のユーザ ガイドを提供します。

はい

はい

アプリケーションに対する社内のサポート。

支援が必要なときに連絡する人の名前とその連絡方法をユーザに提供します。

はい

はい