Cisco Unified Communications オペレーティング システム アドミニストレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 679KB) | フィードバック

目次

概要

概要

ブラウザの要件

オペレーティング システムのステータスと設定

設定

セキュリティ設定

ソフトウェア アップグレード

サービス

コマンドライン インターフェイス

マニュアルの更新

概要

Cisco Unified Communications オペレーティング システム アドミニストレーションでは、Cisco Unified Communications オペレーティング システムの設定と管理ができます。管理タスクの例として、次のようなものがあげられます。

ソフトウェアとハードウェアのステータスを確認する。

IP アドレスの確認と更新を行う。

他のネットワーク デバイスに ping を送信する。

NTP サーバを管理する。

システム ソフトウェアを管理する。

リモート サポート アカウントを管理する。

システムを再起動する。

次の各項では、オペレーティング システムの各機能の詳細について説明します。

ブラウザの要件

Cisco Unified Communications オペレーティング システムにアクセスするには、次のブラウザが必要です。

Microsoft Internet Explorer バージョン 6.x または 7.x

Netscape Navigator バージョン 7.1 以降


) シスコでは他のブラウザ(Mozilla Firefox など)のサポートやテストはしていません。


製品のすべての機能が正常に動作するには、ブラウザの「信頼済みサイト」や「ローカル イントラネット サイト ゾーン」に Cisco Unified Communications オペレーティング システム サーバの URL( https:// サーバ名 )が含まれている必要があります。

オペレーティング システムのステータスと設定

[Show] メニューから、オペレーティング システムの次のような各種のコンポーネントのステータスを確認できます。

サーバ ID

ハードウェア

ネットワーク

システム

インストールされているソフトウェア

詳細については、「ステータスと設定」を参照してください。

設定

[Settings] メニューから、オペレーティング システムに関する次の設定の表示と更新ができます。

[IP]:アプリケーションのインストール時に入力された IP アドレスを更新します。

[NTP Server] 設定:外部 NTP サーバの IP アドレスの設定、および NTP サーバの追加と削除ができます。

詳細については、「設定」を参照してください。

[Settings] > [Version] ウィンドウでは、システムの再起動やシャットダウンに関する次のオプションを選択できます。

[Switch Version]:アクティブなディスク パーティションと非アクティブなディスク パーティションを切り替えて、システムを再起動します。通常、このオプションを選択するのは、非アクティブなパーティションを更新し、新しいバージョンのソフトウェアを実行する場合です。

[Current Version]:パーティションを切り替えずにシステムを再起動します。

[Shutdown System]:実行中のソフトウェアをすべて停止し、サーバをシャットダウンします。


) このコマンドではサーバの電源は切断されません。サーバの電源を切断するには、電源ボタンを押します。


詳細については、「システムの再起動」を参照してください。

セキュリティ設定

これらのオプションはCisco Unified Mobility Advantageでは使用しません。

ソフトウェア アップグレード

ソフトウェア アップグレード オプションを使用すると、オペレーション システム上で実行中のソフトウェアのバージョンをアップグレードできます。

[Install/Upgrade] メニュー オプションで、ローカル ディスクまたはリモート サーバからシステム ソフトウェアをアップグレードできます。アップグレードされたソフトウェアは非アクティブなパーティションにインストールされ、その後でシステムの再起動とパーティションの切り替えができます。これにより、システムは新しいソフトウェアのバージョンで再起動します。

詳細については、「ソフトウェア アップグレード」を参照してください。

サービス

このアプリケーションでは、次のオペレーティング システム ユーティリティを使用できます。

ping:他のネットワーク デバイスとの接続を確認します。

リモート サポート:シスコのサポート担当者がシステムへのアクセスに使用するアカウントを設定できます。このアカウントは、指定した日数が経過すると自動的に失効します。

詳細については、「サービス」を参照してください。

コマンドライン インターフェイス

コマンドライン インターフェイスにアクセスするには、コンソールを使用するか、サーバにセキュア シェル接続します。詳細については、『 Command Line Interface Reference Guide for Cisco Unified Solutions 』を参照してください。

マニュアルの更新

このマニュアルの最新版は、 http://www.cisco.com/en/US/products/ps7270/prod_maintenance_guides_list.html で入手できます。