Cisco Unified Mobility Advantage インストレー ション アドミニストレーション ガイド
Cisco Unified Mobility Advantage での Windows Mobile 搭載電話機のプロビジョニ ング
Cisco Unified Mobility Advantage での Windows Mobile 搭載電話機のプロビジョニング
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2009/04/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Mobility Advantage での Windows Mobile 搭載電話機のプロビジョニング

Windows Mobile 搭載電話機の初回プロビジョニング

Windows Mobile 搭載電話機の Cisco Unified Mobile Communicator のアップグレード

Windows Mobile 搭載電話機の初回プロビジョニング

この項の手順に従ってプロビジョニング プロセスを実行できます。また、ユーザが Cisco Unified Mobile Communicator User Portal でプロビジョニング プロセスを実行することもできます。ユーザ用の手順については、『 Quick Start Guide for Cisco Unified Mobile Communicator for Windows Mobile Phones 』を参照してください。いずれの場合でも、「始める前に」の項の要件を完了します。

始める前に

クライアント ソフトウェアを Cisco Unified Mobility Advantage にアップロードします。「Cisco Unified Mobile Communicator リリースのアップロード」を参照してください。

「ユーザの追加方法とデバイスを追加する準備方法」 を参照してください。

ユーザのデバイスを設定します。 「Cisco Unified Communications Manager での Cisco Unified Mobile Communicator デバイスの設定」 を参照してください。

自分で電話機をプロビジョニングする場合は、電話機が手元にあり、データを送受信できることを確認します。

手順


ステップ 1 [End Users] の横の [+] をクリックします。

ステップ 2 [Search Maintenance] をクリックします。

ステップ 3 ユーザを検索します。

ステップ 4 ユーザの横の [Edit] をクリックします。

ステップ 5 [Add Phone] をクリックします。

ステップ 6 必要な情報を入力または選択します。

 

オプション
説明

[Country]

サービス プロバイダーの国を選択します。

[Service Provider]

電話のサービス プロバイダーを選択します。

[Phone Make/Model]

リリース 7.0(1) の場合:電話モデルを選択します。

リリース 7.0(2) の場合:Windows Mobile オペレーティング システムのリリースを選択します。

[Language]

言語を選択します。

[Phone Number]

追加する電話機の市外局番と電話番号を 5555555555 の形式で入力します。この電話番号は、ユーザのデバイスを設定したときに [Mobile Identity] に入力した Destination Number と厳密に一致する必要があります。

ステップ 7 電話機の電源を入れます。

ステップ 8 Admin Portal で [Next] をクリックします。

ステップ 9 ポータルに表示される電話機のプロビジョニング情報を書き留めます。この情報は、次で説明するように、Cisco Unified Mobile Communicator をダウンロードして電話機にインストールするときに必要です。

ステップ 10 電話機のポータルに表示された URL を開きます。

a. 電話機のブラウザを開きます。

b. URL を入力します。

ステップ 11 ユーザ名と PIN を入力し、[Submit] をクリックします。

ステップ 12 Cisco Unified Mobile Communicator をダウンロードするように求めるプロンプトが表示されたら、[Yes] をクリックします。完了したら、正常にインストールされたことを示すメッセージが表示されます。

ステップ 13 電話機の End キーまたは Back キーを押してメイン メニューに戻ります。

ステップ 14 電話機をユーザに配布します。これで、ユーザは Cisco Unified Mobile Communicator を起動し、ログインできます。ユーザに『 User Guide for Cisco Unified Mobile Communicator for Windows Mobile Phones 』を参照するよう指示してください。


 

関連トピック

「Cisco Unified Mobile Communicator の BlackBerry および Symbian デバイスへの導入」

Windows Mobile 搭載電話機の Cisco Unified Mobile Communicator のアップグレード

この項の前提条件を実行した後に、各デバイスのクライアント ソフトウェアをアップグレードします。

Windows Mobile ユーザが自分でアップグレードを実行する場合は、この手順の前提条件を実行してから、『 Quick Start Guide for Cisco Unified Mobile Communicator for Windows Mobile Phones, Release 7.x 』のアップグレード手順に従うようユーザに指示します。

始める前に

新しいクライアント ソフトウェアを入手します。「クライアント ソフトウェアとアップグレードの入手方法」 を参照してください。

サポートされているデバイスの Cisco Unified Mobile Communicator アップグレード ファイルを Cisco Unified Mobility Advantage サーバにアップロードします。「Cisco Unified Mobile Communicator リリースのアップロード」 を参照してください。

アップグレードを実行する場合は、次の項目を確認します。

デバイスが手元にあり、電源が入っている

バッテリが充電されている

デバイスがインターネットに接続できる

手順


ステップ 1 Admin Portal の [End Users] の横の [+] をクリックします。

ステップ 2 [Search/Maintenance] をクリックして、アクティブなユーザのリストを表示します。

ステップ 3 リストをスクロールしてユーザを検索するか、または名前や携帯電話番号で検索して、[Search] をクリックします。

ステップ 4 ユーザ名の横の [Edit] をクリックします。

ステップ 5 アップグレードする電話機の横の [Upgrade] をクリックします。

[Upgrade] アイコンが表示されるのは、デバイスにインストールされている Cisco Unified Mobile Communicator よりも新しいバージョンがサーバから入手可能になっている場合だけです。

ステップ 6 [Yes] をクリックし、アップグレードを確認します。

ステップ 7 プロンプトに応答し、アップグレードを実行します。

ステップ 8 アップグレードが完了したら、[Finish] をクリックします。

ステップ 9 モバイル デバイスをユーザに配布し、Cisco Unified Mobile Communicator にログインするようにユーザに指示します。