Cisco Unified Mobility Advantage インストレー ション アドミニストレーション ガイド
Cisco Unified Mobility Advantage のイン ストール
Cisco Unified Mobility Advantage のインストール
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2009/04/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Mobility Advantage のインストール

Cisco Unified Mobility Advantage のインストール

次の手順を使用して、オペレーティング システムおよび Cisco Unified Mobility Advantage リリース 7.0(1) を Cisco MCS サーバにインストールします。


) リリース 7.0(2) をインストールする場合は、最初にリリース 7.0(1) をインストールしてから、リリース 7.0(2) にアップグレードしてください。これは、リリース 7.0(1) ではサポートされなかった Cisco MCS サーバにインストールする場合も当てはまります。


始める前に


注意 Cisco Unified Mobility Advantage をインストールするサーバは、インストール中に再フォーマットされます。

 

対象
手順

リリース 3.1.2 からリリース 7.0(1) へのアップグレード

「アップグレードの準備方法」の手順を実行します。

リリース 7.x の新規インストール

次の手順を実行します。

「Cisco Unified Mobility Advantage のインストールまたはアップグレードの準備」

「Cisco Unified Mobility Advantage で使用するための Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)の設定」(Cisco Unified Mobility Advantage をインストールする前には実行できない証明書の操作、および TLS やMMP に関する項を除く)。

「Cisco Unified Mobility Advantage で使用するための Cisco Unified Communications Manager の設定」(Cisco Unified Mobility Advantage をインストールする前には実行できない、証明書の操作を除く)。

(該当する場合)「Cisco Unified Mobility Advantage で使用するための BlackBerry Enterprise Server の設定」

インストール手順に含まれるすべての表の「設定した値」列に値を書き留める。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Mobility Advantage をインストールするサーバの DVD-ROM ドライブに、Cisco Unified Mobility Advantage DVD を挿入します。

ステップ 2 DVD からコンピュータを起動します。

ステップ 3 [Yes] を選択して、DVD のメディア チェックを実行します。

メディア チェックには、最大 10 分かかります。

メディア チェックが失敗した場合は、サポートにご連絡ください。

ステップ 4 Product Deployment パネルの [OK] を選択します。

ステップ 5 インストールする Cisco Unified Mobility Advantage のバージョンを確認します(ハード ディスクが上書きされることに注意してください)。

ステップ 6 [Yes] を選択して続行します。

ステップ 7 Platform Installation Wizard の [Proceed] を選択し、インストールを開始します。

ステップ 8 バージョン 3.x の Cisco Unified Mobility Advantage からデータをインポートするかを選択します。

新規インストールの場合は、[No] を選択してから [Continue] を選択します。

アップグレードを実行する場合で、3.1.2 のバックアップ ファイルを作成済みの場合は、[Yes] を選択します。

バックアップ ファイルは、この手順の後半でインポートします。

アップグレードを実行する場合で、バックアップ データ ファイルを作成済みではない場合は、[Back] を選択してから [Cancel] を選択します。

バックアップ ファイルを作成し、インストーラを再び起動します。

ステップ 9 システムの時間帯を設定します。

a. 時間帯のリストをスクロールします。

b. サーバの場所に最も近い時間帯を選択します。

c. [OK] を選択します。

ステップ 10 Auto Negotiation Configuration 画面の [Yes] を選択して、イーサネット NIC のスピードおよび二重通信のオートネゴシエーションを有効にします。

ステップ 11 Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) Configuration で、[No] を選択します。

次の画面では、スタティック アドレスを入力します。

ステップ 12 サーバに関する Static Network Configuration の値を入力します。すべてのフィールドは必須です。

 

フィールド
説明
設定した値

[Host Name]

このマシンのホスト名(ドメインは入力しません)。

 

[IP Address]

ホストに割り当てられている IP アドレス。

 

[IP Mask]

ホストのサブネット マスク。

 

[GW Address]

デフォルト ゲートウェイの IP アドレス。

 

ステップ 13 [OK] を選択します。

ステップ 14 [Yes] を選択して、Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)クライアントを有効にします。

ステップ 15 値を入力します。

 

フィールド
説明
設定した値

[Primary DNS]

プライマリ DNS サーバの IP アドレス。

 

[Secondary DNS]

(オプション)セカンダリ DNS サーバの IP アドレス。

 

[Domain]

Fully Qualified Domain Name(FQDN; 完全修飾ドメイン名)のドメイン コンポーネント。

 

ステップ 16 [OK] を選択します。

ステップ 17 プラットフォームの Administrator Login の値を入力します。

 

フィールド
説明
設定した値

[Administrator ID]

コンピュータにログインするための管理者 ID。

(これは、Cisco Unified Mobility Advantage Admin Portal のログイン情報とは異なります)。

これは既存の値と一致させる必要はありません。

 

[Password]

管理者 ID のパスワード。

 

[Confirm Password]

管理者 ID のパスワードの確認。

 

ステップ 18 証明書情報に対する会社情報を入力します。

この情報はプラットフォームによって内部的に使用され、このマニュアルの証明書に関する他の手順とは関係ありません。

また、この値に関する制約事項はありません。

ステップ 19 [OK] を選択します。

ステップ 20 [Yes] を選択して、外部の Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)サーバを設定します。


) サーバの日付/時刻は、ネットワーク タイム プロトコル(NTP)を使用して自動的に同期させることをお勧めします。NTP を使用するには、タイム サーバ(正確な日付/時刻設定を、ネットワークを介して他のサーバに送信するコンピュータ)が必要です。


a. NTP Server フィールドに、NTP サーバのホスト名または IP アドレスを入力してください。

 

フィールド
説明
設定した値

[NTP Server]

Cisco Unified Mobility Advantage サーバの同期に使用する NTP サーバのホスト名または IP アドレス。

 

b. [OK] を選択します。

ステップ 21 正確な日付/時刻を入力して、ハードウェア クロックを設定します。

NTP サーバを使用してクロックを同期する場合にも、この手順を行う必要があります。

ステップ 22 内部データベースのセキュリティ パスワードを入力します。

 

フィールド
説明
設定した値

[Database password]

任意の値。

 

ステップ 23 [OK] を選択します。

ステップ 24 SMTP Host Configuration で、[No] を選択します。

ステップ 25 (アップグレードの場合だけ)バックアップ データを取得します。

a. 使用するバックアップと一致する [Data Migration Retrieval Mechanism] を選択します。

b. バックアップ ファイルの場所と情報を入力します。

次の表は、推奨の SFTP を使用してバックアップが実行されたと仮定しています。

次の値では、大文字/小文字が区別されます。

 

設定
説明
設定した値

[Remote Server Name or IP]

リリース 3.1.2 のバックアップ ファイルを保持する SFTP サーバのホスト名または IP アドレス。

 

[Remote File Path]

リリース 3.1.2 のバックアップ ファイルが保存されているサーバ上のディレクトリ。

 

[Remote File Name]

リリース 3.1.2 のバックアップ ファイル名。

 

[Remote Login ID]

SFTP ファイル転送に使用するユーザ ログイン ID。

 

[Remote Password]

SFTP ファイル転送に使用するユーザ パスワード。

 

[Confirm Password]

ユーザ パスワードの確認。

 

c. [OK] を選択します。

ステップ 26 Cisco Unified Mobility Advantage Admin Portal にアクセスするためのパスワードを入力します。

 

設定
説明
設定した値

[Cisco Unified Mobility Advantage Administrator password]

Cisco Unified Mobility Advantage Admin Portal にログインするために必要なパスワード。

これは既存の値と一致させる必要はありません。

アップグレードの場合、この情報は無視されます。旧リリースのパスワードを使用してください

 

(ユーザ ID は常に Admin です)。

ステップ 27 [OK] を選択します。

ステップ 28 [OK] を選択して、インストールを完了します。

これは、インストールをキャンセルする最後の機会です。

フォーマットが開始され、次にインストールが開始されます。

インストールが完了するまでには、45 分~ 1 時間かかります。

マシンは 1 回以上再起動します。

インストールが完了すると、メッセージが表示されます。

ステップ 29 システムによる Admin Portal へのログインの準備が完了するまで数分待ちます。


 

次の手順

新規インストールを実行している場合は、リリース 7.0(2) にアップグレードする予定の有無にかかわらず、「Cisco Unified Mobility Advantage の設定ウィザードの使用」の手順に従います。

リリース 3.x からリリース 7.0(1) へのアップグレードを実行している場合は、「アップグレード後にリリース 3.x 機能を使用するための、リリース 7.x の設定方法」の手順に従います。

アップグレードを実行している場合は、設定ウィザードを 実行しないでください