Cisco Unified Mobility Advantage インストレー ション アドミニストレーション ガイド
Cisco Unified Mobility Advantage で使用 するための Cisco Unified Communications Manager の設定
Cisco Unified Mobility Advantage で使用するための Cisco Unified Communications Manager の設定
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2009/06/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Mobility Advantage で使用するための Cisco Unified Communications Manager の設定

コール ログ モニタリングの設定方法

コール ログ モニタリングの設定

CTI 対応の「スーパー ユーザ」アカウントの作成

CTI サービスに関する重要な情報

ユーザ情報を取得するための標準 AXL API アクセスの設定

アプリケーション ダイヤル ルール

推奨されるディレクトリ ルックアップ設定

でのディレクトリ ルックアップ ルールの設定

オフィス経由のダイヤル機能の設定方法

オフィス経由のダイヤルの設定

エンタープライズ機能アクセス電話番号の設定

DTMF アクセス コードに関する重要な情報

デバイス プール要件

電話機間でのアクティブ コールの転送に関する前提条件の設定

と接続する場合のサーバ セキュリティの設定方法

とのセキュア接続の設定

サーバのセキュリティ プロファイル

からの証明書の取得

CiscoUnified Operating System サーバへの証明書のインポート

のバックアップ サーバ の設定

設定の変更

ユーザおよびデバイスごとの Cisco Unified Communications Manager の設定方法

における(すべての 機能に関する)デバイスの設定要件

CTI 対応「スーパー ユーザ」の [Controlled Devices] リストへの各プライマリ フォンの追加

でのユーザ アカウントの設定

各ユーザのプライマリ デスク フォンへのソフトキー テンプレートの追加

での デバイスの設定

Cisco Unified Communications Manager の各ユーザのプレゼンス アカウントの設定

Cisco Unified Mobility Advantage で使用するための Cisco Unified Communications Manager の設定

Cisco Unified Communications Manager を設定して、Cisco Unified Mobility Advantage に主要機能を提供します。


) この操作の特定の手順は、Cisco Unified Communications Manager のリリースによって異なる場合があります。ご使用のリリースの手順については、各リリースのマニュアルを参照してください。


「コール ログ モニタリングの設定方法」

「オフィス経由のダイヤル機能の設定方法」

「電話機間でのアクティブ コールの転送に関する前提条件の設定」

「Cisco Unified Communications Manager と接続する場合のサーバ セキュリティの設定方法」

「Cisco Unified Communications Manager のバックアップ サーバ の設定」

「Cisco Unified Communications Manager 設定の変更」

「ユーザおよびデバイスごとの Cisco Unified Communications Manager の設定方法」

コール ログ モニタリングの設定方法

Cisco Unified Mobility Advantage の実行に必要な基本設定(Cisco Adaptive Security Appliance の設定、Cisco Unified Mobility Advantage のユーザの設定、携帯電話へのクライアントのインストールなど)に加えて、この機能に固有の次の手順を実行します。

「コール ログ モニタリングの設定」

「CTI 対応の「スーパー ユーザ」アカウントの作成」

「CTI サービスに関する重要な情報」

「ユーザ情報を取得するための標準 AXL API アクセスの設定」

「アプリケーション ダイヤル ルール」

「推奨されるディレクトリ ルックアップ設定」

「Cisco Unified Communications Manager でのディレクトリ ルックアップ ルールの設定」

コール ログ モニタリングの設定

手順

 

対象作業
参照

ステップ 1

実行中のシステムに対して変更を行う場合は、Cisco Unified Mobility Advantage を停止します。

これはユーザに影響を与えることに注意してください。

「Cisco Unified Mobility Advantageの停止」

ステップ 2

Cisco Unified Communications Manager でシステムレベルの要件を設定します。

「CTI 対応の「スーパー ユーザ」アカウントの作成」

「CTI サービスに関する重要な情報」

「ユーザ情報を取得するための標準 AXL API アクセスの設定」

「アプリケーション ダイヤル ルール」

Cisco Unified Communications Manager リリース 5.x 以降を使用している場合:

「推奨されるディレクトリ ルックアップ設定」

「ディレクトリ ルックアップ設定」

「Cisco Unified Communications Manager でのディレクトリ ルックアップ ルールの設定」

ステップ 3

ユーザとデバイスが Cisco Unified Communications Manager で正しく設定されていることを確認します。

「Cisco Unified Communications Manager における(すべての Cisco Unified Communications Manager 機能に関する)デバイスの設定要件」

「CTI 対応「スーパー ユーザ」の [Controlled Devices] リストへの各プライマリ フォンの追加」

「Cisco Unified Communications Manager でのユーザ アカウントの設定」

ステップ 4

Cisco Unified Mobility Advantage のインストール後、Cisco Unified Mobility Advantage を設定して Cisco Unified Communications Manager に接続します。

新規インストールの場合、インストール後に Configuration Wizard を実行する際にこれらの手順を実行します。

リリース 3.x からのアップグレードの場合、または実行中のシステムで Cisco Unified Communications Manager のリリースを変更する場合:

「エンタープライズ アダプタ設定の表示と変更」

「Cisco Unified Communications Manager のエンタープライズ アダプタの設定について」

「サーバの設定」

ステップ 5

Cisco Unified Communications Manager リリース 4.x を使用している場合、Cisco Unified Mobility Advantage でディレクトリ ルックアップ ルールを設定します。

「推奨されるディレクトリ ルックアップ設定」

「ディレクトリ ルックアップ設定」

「Cisco Unified Mobility Advantage の [Directory Lookup Settings] の設定」

ステップ 6

Cisco Unified Mobility Advantage でコール ログ モニタリングを有効にします。

新規インストールの場合、インストール後に Configuration Wizard を実行する際にこの手順を実行します。

リリース 3.x からのアップグレードの場合、または実行中のシステムでこの機能を追加または変更する場合:

「コール ログ モニタリングの有効化とオプションの設定」

ステップ 7

実行中のシステムを再設定する場合は、Cisco Unified Mobility Advantage を起動します。

「Cisco Unified Mobility Advantage の起動」

関連トピック

「コール ログの問題の解決方法」

CTI 対応の「スーパー ユーザ」アカウントの作成

Cisco Unified Mobile Communicator では、携帯電話のコールに加え、デスク フォンへのコールを含むコール ログを表示できます。この機能をサポートするには、最大 4 つの「スーパー ユーザ」アカウントを作成する必要があります。これらは End User アカウントになりますが、実在の各ユーザのアカウントとは異なります。

Cisco Unified Communications Manager では、End User アカウントをサポートするデバイスが 250 台に制限されるため、最大 1000 人の Cisco Unified Mobility Advantage ユーザに対応するには、4 つの個別のアカウントの作成が必要になります。これらのアカウントを、Cisco Unified Mobile Communicator の各ユーザのプライマリ ディレクトリ番号(通常はデスク フォン)に関連付けます。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 [User Management] > [End User] をクリックします。

ステップ 3 [Add New] をクリックします。

ステップ 4 各 Cisco Unified Mobile Communicator ユーザのプライマリ フォン(通常はデスク フォンで、 携帯電話ではありません )を [Device Information] セクションの [Controlled Devices] リストに追加します。


ヒント ユーザおよびデバイスごとに Cisco Unified Communications Manager を設定している場合、まずテスト目的で 1 台のデバイスを追加し、後から残りのデバイスを追加することができます。


ステップ 5 End User を適切なグループおよび権限に割り当てます。

 

Cisco Unified Communications Manager のリリース
手順

4.x

[User Configuration] ウィンドウの [Enable CTI Application Use] をチェックします。

5.1

ユーザを [Standard CTI Enabled] グループに割り当てます。

ユーザが [Standard CCM End Users] グループに割り当てられていることを確認します。

[End User Configuration] ウィンドウから、このユーザの [Allow Control of Device from CTI] をチェックします(これはデフォルトです)。

6.0

7.0

1. 次のグループを [Permissions Information] セクションに追加します。

[Standard CTI Enabled]

[Standard CCM End Users]

2. [Save] をクリックします。

3. 次の権限が表示されるかどうかを確認します。

[Standard CTI Enabled]

[Standard CCMUSER Administration]

[Standard CCM End Users]

4. [Allow Control of Device from CTI] を選択します。

ステップ 6 展開の必要に応じて残りのフィールドを設定します。Cisco Unified Mobility Advantage では特に使用されません。

ステップ 7 [Save] をクリックします。

ステップ 8 これらのアカウントのユーザ名とパスワードを書き留めます。

この情報は、次の場合に必要になります。

Cisco Unified Mobility Advantage を設定する。

追加ユーザのサポートを追加する。


 

関連トピック

「CTI 対応「スーパー ユーザ」の [Controlled Devices] リストへの各プライマリ フォンの追加」

CTI サービスに関する重要な情報

CTIManager サービスが有効化されて実行されているか、またはコール ログが更新されないかを確認します。

これらの手順は Cisco Unified Communications Manager リリース 5.x 以降に適用されます。リリース 4.x については、ご使用のCisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスを開きます。ログインはしません。

ステップ 2 ページの右上隅にあるリスト ボックスから [Cisco Unified Serviceability] を選択します。

ステップ 3 [Go] をクリックします。

ステップ 4 プラットフォームの認定証を使用してログインします。

ステップ 5 [Tools] > [Service Activation] を選択します。

ステップ 6 パブリッシャ サーバを選択します。

ステップ 7 [Cisco CTIManager] を選択します。

ステップ 8 [Save] をクリックします。

ステップ 9 実行中の場合は Cisco Unified Mobility Advantage を停止してから起動します。


 

ユーザ情報を取得するための標準 AXL API アクセスの設定

Cisco Unified Mobility Advantage でプライマリ ラインなどのユーザ情報を Cisco Unified Communications Manager から取得できるようにするために、AXL API アクセスを使用してアプリケーション ユーザ アカウントを作成する必要があります。

このトピックは、Cisco Unified Communications Manager リリース 5.x ~ 7.0 に限り適用されます

(Cisco Unified CallManager リリース 4.x の場合、Active Directory の [Enterprise Adapter] ページの [Advanced Settings] タブで [Work Phone] に指定したアトリビュートを使用して、Cisco Unified Mobility Advantage でコール ログをモニタリングする回線が決定されます。デフォルトでは、「telephoneNumber」のアトリビュートです。このアトリビュートには、ユーザごとに一意の値が含まれている必要があります) 。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 [User Management] > [Application User] をクリックします。

ステップ 3 [Add New] をクリックします。

ステップ 4 このアプリケーション ユーザの情報を入力します。

ステップ 5 次のグループを [Permissions Information] セクションに追加します。

[Standard CTI Enabled]

[Standard CCM End Users]

ステップ 6 [Save] をクリックします。

ステップ 7 展開の必要に応じて残りのフィールドを設定します。Cisco Unified Mobility Advantage では特に使用されません。

ステップ 8 次の権限が表示されるかどうかを確認します。

[Standard CTI Enabled]

[Standard CCMUSER Administration]

[Standard CCM End Users]

ステップ 9 [Permissions Information] > [Roles] リストで任意の項目を選択し、[View Details] をクリックします。

ステップ 10 [Roles] の詳細表示の下部までスクロールし、[Add New] をクリックします。

ステップ 11 リストから [Cisco Call Manager AXL Database] を選択して、[Next] をクリックします。

ステップ 12 この新しい権限の名前と説明を入力します。

ステップ 13 [Allow to use API] をチェックします。

ステップ 14 [Save] をクリックします。

ステップ 15 このアカウントのユーザ名とパスワードを書き留めます。


 

次の手順

Cisco Unified Mobility Advantage をインストールまたはリリース 3.x からアップグレードした後、Application User 名とそれに関連付けられているパスワードを、Cisco Unified Communications Manager の Enterprise Adapter 設定の [Server Settings] ページに入力します。リリース 7.0(2) の場合はこの情報を「Web Services Information」セクションに入力し、リリース 7.0(1) の場合は 「SOAP Information」セクションに入力します。「Cisco Unified Communications Manager のエンタープライズ アダプタの設定について」 を参照してください。

アプリケーション ダイヤル ルール

番号をダイヤルする方法は、携帯電話からとデスク フォンからでは異なるため、Cisco Unified Communications を設定して、異なるダイヤル ルールに対応する必要があります。

たとえば、米国でデスク フォンからダイヤルする場合に、従業員が一般に使用する必要があるいくつかのダイヤル プレフィクスは、携帯電話のユーザは通常使用しません。

デスク フォンから同じエリア コードの社外の番号へのコールは、「9」で始まる必要がある。

デスク フォンから異なるエリア コードの社外の番号へのコールは、「91」で始まる必要がある。

デスク フォンから社外および国外の番号へのコールは「9011」で始まる必要があるが、携帯電話からの国際電話は「+」で始まることが多い。

エンドユーザがこれらの追加番号を使用せずにモバイル デバイスからダイヤルするには、国または地域に適したアプリケーション ダイヤル ルールを定義します。

これらのダイヤル ルールは、ユーザをプロビジョニングする際に指定するモバイル デバイスの電話番号にも適用されます。


) これらのダイヤル ルールは、ユーザが Cisco Unified Mobile Communicator で指定する代替コールバック番号には適用されません。ユーザは、デスク フォンからダイヤルした場合に使用する形式で代替コールバック番号を入力する必要があります。


アプリケーション ダイヤル ルールの設定の詳細については、Cisco Unified Communications Manager のオンライン ヘルプを参照してください。Cisco Unified Communications Manager 管理者と連携して、これらのルールを設定します。


) 実行中のシステムに変更を加える場合は、Cisco Unified Mobility Advantage を停止してから起動します。


推奨されるディレクトリ ルックアップ設定

Cisco Unified Mobile Communicator のコール ログには、社内ディレクトリに存在する発信者および着信者の名前と電話番号を表示できます。Cisco Unified Mobility Advantage は、ディレクトリ内の電話番号を検索することによってこれらの名前を検出します。ただし、発信者はディレクトリ内の番号パターンに厳密に一致しない番号を正常にダイヤルできるため、ディレクトリ ルックアップ ルールを作成して、ディレクトリ内の形式に一致しない形式でダイヤルされた番号に対応する必要があります。

たとえば、ディレクトリ内で番号が 5551111 と表示される人に連絡するために 95551111(9-555-1111)とダイヤルする場合、ディレクトリ内のエントリに一致するように、番号の先頭の 9 を削除してから検索するルールを作成する必要があります。

ディレクトリ ルックアップ ルールを使用して、次の番号をディレクトリ内で表示される番号に変換します。

ユーザのプライマリ デスク フォンからダイヤルされた番号

Dial-via-Office(オフィス経由のダイヤル)機能を使用して携帯電話からダイヤルされた番号(Cisco Unified Communications Manager 7.0 の場合に限る)

ユーザのプライマリの勤務先電話番号にコールする社内の発信者の番号

ユーザがホーム エリア コード外または国外へのローミング時にダイヤルする番号など、正常に接続できるすべての番号に対応するためのルールを含めます。たとえば、米国内では次を考慮します。

内線番号だけ

ホーム エリア コード内の番号

他のエリア コードからのダイヤル

他の国番号からのダイヤル

次のダイヤル プレフィックス

011 と + (米国から国際電話番号にダイヤルする場合の国際直通ダイヤル プレフィクス)

1(米国内で別のエリア コードの番号にダイヤルする場合の国内直通ダイヤル プレフィクス)

8 または 9(多くの企業で社外の番号にダイヤルする場合のダイヤル アウト プレフィクス)

各電話番号に 1 つしか適用されないように、ルールを作成します。

着信コールと発信コールに個別のルールを設定します。


ヒント 必要となるディレクトリ ルックアップ ルールを確認するため、Cisco Unified Communications Manager の Application Dial Rules を調べます。


発信コールのルールの例:

 

設定
ダイヤルした番号:
1111
ダイヤルした番号:
5551111
ダイヤルした番号:
95551111
ダイヤルした番号:
4085551111
ダイヤルした番号:
914085551111
ダイヤルした番号:
+14085551111
[Number Begins With]

ルールは不要

9555

408555

91408555

001408555

[Number of Digits]

4

8

10

12

12

[Total Digits To Be Removed]

1

3

5

5

[Prefix With Pattern]

555

[Result = Number in the directory]

5551111

5551111

5551111

5551111

5551111

5551111

Cisco Unified Mobility Advantage は、[Directory Lookup Settings] ページでリストされている順に、各電話番号をルールに対してテストします。Cisco Unified Mobility Advantage が該当するルールを検出すると、そのルールを電話番号に適用し、適用後の番号をディレクトリで検索し、一致する名前を取得して、その名前を Cisco Unified Mobile Communicator のコール ログに含めます。一致する名前がない場合、Cisco Unified Mobility Advantage は別のルールが適用されるかどうかを確認します。適用されるルールがない場合、Cisco Unified Mobility Advantage は変更されていない番号をディレクトリで検索します。

関連トピック

「ディレクトリ ルックアップ設定」

Cisco Unified Communications Manager でのディレクトリ ルックアップ ルールの設定

Cisco Unified Mobility Advantage では、ダイヤルした番号とディレクトリ内で関連付けられている名前を照合するようにディレクトリ ルックアップ ルールを設定すると、エンドユーザのコール ログで発信者と着信者の名前を特定できます。

携帯電話にダイヤルする番号、または携帯電話からダイヤルする番号は、デスク フォンからダイヤルされた番号とは異なることがあるため、モバイル コールのディレクトリ ルックアップ ルールが Cisco Unified Communications Manager で設定されている既存のディレクトリ ルックアップ ルールと異なる場合があります。ディレクトリ ルックアップ ルールを追加して、モバイル デバイスとのコールを処理する必要があります。

ディレクトリ ルックアップ ルールを変更するときは常に、Cisco Unified Mobility Advantage を停止してから起動します(実行中の場合)。

制約事項

Cisco Unified Communications Manager バージョン 5.x ~ 7.0 の場合、このトピックの手順を使用して Cisco Unified Communications Manager でディレクトリ ルックアップ ルールを設定します。

Cisco Unified CallManager リリース 4.x の場合、Cisco Unified Mobility Advantage でディレクトリ ルックアップ設定を設定します。「Cisco Unified Mobility Advantage の [Directory Lookup Settings] の設定」 を参照してください。

始める前に

追加する必要があるディレクトリ ルックアップ設定を決定します。次を参照してください。

「推奨されるディレクトリ ルックアップ設定」

「ディレクトリ ルックアップ設定」

Cisco Unified Communications Manager のディレクトリ ルックアップ ルールの設定の詳細については、Cisco Unified Communications Manager のオンライン ヘルプを参照してください。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 [Call Routing] > [Dial Rules] > [Directory Lookup Dial Rules] を選択します。

ステップ 3 [Add New] をクリックします。

ステップ 4 ルールに固有の入力を行います。

モバイル デバイスへの着信コールに適用されるルールには、 indir から始まるルール名を使用すること。たとえば indir_international となります。

モバイル デバイスからの発信コールに適用されるルールには、 outdir から始まるルール名を使用すること。たとえば outdir_internal となります。

ステップ 5 [Save] ボタンをクリックします。

ステップ 6 実行中の場合は Cisco Unified Mobility Advantage を停止してから起動します。


 

オフィス経由のダイヤル機能の設定方法

Cisco Unified Communications Manager リリース 7.0(1) Service Update 1 以降では、オフィス経由のダイヤル機能が必要です。

オフィス経由のダイヤル機能を使用すると、ユーザはデスク フォンからダイヤルしているかのように携帯電話からコールできます。

「オフィス経由のダイヤルの設定」

「エンタープライズ機能アクセス電話番号の設定」

「DTMF アクセス コードに関する重要な情報」

「デバイス プール要件」

オフィス経由のダイヤルの設定

Cisco Unified Mobility Advantage の実行に必要な基本設定(Cisco Adaptive Security Appliance の設定、Cisco Unified Mobility Advantage のユーザの設定、携帯電話へのクライアントのインストールなど)に加えて、この機能に固有の次の手順を実行します。


ヒント この機能の設定は複雑です。次の手順を注意して実行し、設定漏れや設定ミスがないようにしてください。


手順

 

対象作業
参照

ステップ 1

実行中のシステムに対して変更を行う場合は、Cisco Unified Mobility Advantage を停止します。

これはユーザに影響を与えることに注意してください。

「Cisco Unified Mobility Advantageの停止」

ステップ 2

Cisco Unified Communications Manager でシステムレベルの要件を設定します。

Cisco Unified Communications Manager でコール ログ モニタリングを設定した場合、最初の 2 つはすでに対処済みです。

「CTI 対応の「スーパー ユーザ」アカウントの作成」

「ユーザ情報を取得するための標準 AXL API アクセスの設定」

「エンタープライズ機能アクセス電話番号の設定」

「DTMF アクセス コードに関する重要な情報」

「デバイス プール要件」

ステップ 3

Cisco Unified Communications Manager で各ユーザとデバイスを設定します。

Cisco Unified Communications Manager でコール ログ モニタリングを設定した場合、最初の 3 つはすでに対処済みの場合があります。

「Cisco Unified Communications Manager における(すべての Cisco Unified Communications Manager 機能に関する)デバイスの設定要件」

「CTI 対応「スーパー ユーザ」の [Controlled Devices] リストへの各プライマリ フォンの追加」

「Cisco Unified Communications Manager でのユーザ アカウントの設定」

「Cisco Unified Communications Manager での Cisco Unified Mobile Communicator デバイスの設定」

ステップ 4

Cisco Unified Mobility Advantage のインストール後、Cisco Unified Mobility Advantage を設定して Cisco Unified Communications Manager に接続します。

新規インストールの場合、インストール後に Configuration Wizard を実行する際にこれらの手順を実行します。

リリース 3.x からのアップグレードの場合、または実行中のシステムで Cisco Unified Communications Manager のリリースを変更する場合:

「エンタープライズ アダプタ設定の表示と変更」

「Cisco Unified Communications Manager のエンタープライズ アダプタの設定について」

ステップ 5

Cisco Unified Mobility Advantage のオフィス経由のダイヤル機能を有効にします。

新規インストールの場合、インストール後に Configuration Wizard を実行する際にこれらの手順を実行します。

リリース 3.x からのアップグレードの場合、または実行中のシステムでこの機能を追加または変更する場合:

「Dial Via Office 機能とオプションの有効化」

ステップ 6

実行中のシステムを再設定する場合は、Cisco Unified Mobility Advantage を起動します。

「Cisco Unified Mobility Advantage の起動」

関連トピック

「Dial Via Office 機能の問題の解決方法」

エンタープライズ機能アクセス電話番号の設定

エンタープライズ機能アクセス電話番号がすでに設定されている場合、さらに変更を加える必要はありません。

Cisco Unified Communications Manager が Dial-via-Office コールでユーザにコールバックする場合、Cisco Unified Mobility Advantage は、発信者 ID にエンタープライズ機能アクセス電話番号を使用します。この番号は、携帯電話のネイティブのコール履歴には表示されますが、Cisco Unified Mobile Communicator 内のコール ログには表示されません。

Cisco Unified Mobile Communicator ユーザが オフィス経由のダイヤル機能を使用する際に、Dual Tone MultiFrequency(DTMF)コードを使用して 通話中の機能(保留、復帰、パーク、会議)にアクセスする場合は、Cisco Unified Communications Manager のマニュアルの手順を使用して Enterprise Feature Access を設定します。それ以外の場合は、このトピックの手順を使用します。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 [Call Routing] > [Mobility Configuration] をクリックします。

ステップ 3 次のフィールドに値を入力します。

 

オプション
説明

[Handoff Number]

この値は、Enterprise Feature Access パーティションを作成するために必要です。ハンドオフ番号が必要でない場合は、有効なパーティションに関連付けられている未使用の内部 DN をダミーとして入力します。

[Handoff Number Partition]

この値は、Enterprise Feature Access パーティションを作成するために必要です。

このパーティションは、Remote Destination のインバウンドの Calling Search Space に必要です。これは Gateway または Trunk のインバウンドの Calling Search Space、または Remote Destination Calling Search Space をポイントしています。

[Enterprise Feature Access Directory Number]

エンタープライズ機能アクセスに必要な Direct Inward Dial(DID; ダイヤルイン) 番号を入力します。

この番号は一意である必要があります。

[Enterprise Feature Access Directory Number Partition]

このパーティションは、Remote Destination のインバウンドの Calling Search Space に必要です。これはGateway または Trunk のインバウンドの Calling Search Space、または Remote Destination Calling Search Space をポイントしています。


 

DTMF アクセス コードに関する重要な情報

このトピックは、Cisco Unified Communications Manager リリース 7.0 に適用されます。

Cisco Unified Communications Manager で設定するすべての DTMF アクセス コードは、相互排他的である必要があります。デフォルトのモビリティ DTMF アクセス コードが、他の通話中の DTMF アクセス コードと重複しないようにしてください。

たとえば、デフォルトで、モビリティ機能と Cisco Unity の両方で通話中の機能にアスタリスク(*)が使用されると、両アプリケーションの DTMF 機能が正しく動作しなくなります。

これは Cisco Unified Mobility Advantage に固有の問題ではありませんが、Cisco Unified Mobile Communicator ユーザがボイスメールにアクセスする場合、または通話中の機能を使用する場合に悪影響を与えます。

DTMF アクセス コードを設定するには、ご使用のリリースの Cisco Unified Communications Manager マニュアルを参照してください。

関連トピック

「エンタープライズ機能アクセス電話番号の設定」

デバイス プール要件

Cisco Unified Communications Manager のユーザごとにモバイル デバイスを設定する場合、各 Cisco Unified Mobile Communicator デバイスは Cisco Unified Mobility Advantage がポイントする Cisco Unified Communications Manager サーバを含むデバイス プールに関連付けられている必要があります。単純化するため、この目的専用のデバイス プールを作成することを検討してください。

Cisco Unified Mobility Advantage のプライマリおよびバックアップの Cisco Unified Communications Manager サーバを指定する場合は、サーバをその順序で(最初がプライマリ、次がセカンダリ)、このデバイス プールに関連付けられている Cisco Unified Communications Manager グループにリストします。

デバイス プール の詳細については、Cisco Unified Communications Manager マニュアルを参照してください。

関連トピック

「Cisco Unified Communications Manager での Cisco Unified Mobile Communicator デバイスの設定」

電話機間でのアクティブ コールの転送に関する前提条件の設定

この機能はCisco Unified Communications Manager リリース 6.x および 7.0 に限り使用できます。

デスク フォンと携帯電話間で通話中のコールを転送できるようにするには、Cisco Unified Communications Manager でモビリティ ハンドオフ機能(Desktop Call Pickup 機能とも呼ばれる)を設定します。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 [Device] > [Device Settings] > [Softkey Template] を選択します。

ステップ 3 新しいテンプレートを作成するか、既存のテンプレートを修正します。

ステップ 4 ウィンドウの右上隅にある [Related Links] メニューから、[Configure Softkey Layout] を選択します。

ステップ 5 [Go] をクリックします。

ステップ 6 [Select a call state to configure] で [Connected] を選択します。

ステップ 7 [Mobility] を選択したソフトキーに追加します。

ステップ 8 [Save] をクリックします。


 

関連トピック

「各ユーザのプライマリ デスク フォンへのソフトキー テンプレートの追加」

Cisco Unified Communications Manager と接続する場合のサーバ セキュリティの設定方法

サーバ セキュリティ機能は、Cisco Unified Communications Manager リリース 7.0(1) Service Update 1 以降に限り使用できます。

内部サーバ間のセキュア接続は、デフォルトでは Cisco Unified Mobility Advantage の動作に必須ではありません。ただし、Cisco Unified Communications Manager の設定や社内のセキュリティ ポリシーによって、Cisco Unified Mobility Advantage と Cisco Unified Communications Manager 間でセキュア接続が要求される場合があります。

「Cisco Unified Communications Manager とのセキュア接続の設定」

「Cisco Unified Mobility Advantage サーバのセキュリティ プロファイル」

「Cisco Unified Communications Manager からの証明書の取得」

「Cisco Unified Operating System サーバへの証明書のインポート」

Cisco Unified Communications Manager とのセキュア接続の設定

この一連の手順では、Cisco Unified Mobility Advantage と Cisco Unified Communications Manager 間でセキュア接続する場合の自己署名証明書の導入方法について説明しています。

Cisco Unified Mobility Advantage のインストール後に、これらの手順のいくつかを実行する必要があります。

始める前に

Cisco Unified Mobility Advantage のサーバ セキュリティの概念について詳しく理解するには、「Cisco Unified Mobility Advantage のサーバ セキュリティの管理」 を参照してください。

使用している Cisco Unified Communications Manager のセキュリティ プランにこの手順が適合しているかどうかを確認します。Cisco Unified Communications Manager のセキュリティ設定はかなり複雑です。詳細については、『 Cisco Unified Communications Manager Security Guide 』を参照してください。

サーバ セキュリティの設定を行う前に、オフィス経由のダイヤル、MobileConnect、コール ログ モニタリングが正しく機能しているかどうかを確認することをお勧めします。

手順

 

手順
詳細の参照先

ステップ 1

実行中のシステムに対して変更を行う場合は、Cisco Unified Mobility Advantage を停止します。

これはユーザに影響を与えることに注意してください。

「Cisco Unified Mobility Advantageの停止」

ステップ 2

Cisco Unified Mobility Advantage で、[Trust Policy] に対して [Trusted Certificate] を指定する Security Context を作成します。

同じセキュリティ要件のすべてのエンタープライズ サーバに、この Security Context を使用できます。

Configuration Wizard の手順に従うと、[cuma] Security Context を使用できます。

「Security Context の作成」

ステップ 3

Cisco Unified Mobility Advantage が実行中の場合は停止します。

「Cisco Unified Mobility Advantageの停止」

ステップ 4

Cisco Unified Communications Manager の Enterprise Adapter で、[Transport Type] に [TLS] を選択し、この表のステップ 2 で作成した Security Context を指定します。

「エンタープライズ アダプタ設定の表示と変更」

「Cisco Unified Communications Manager のエンタープライズ アダプタの設定について」

ステップ 5

Cisco Unified Communications Manager で、セキュアな通信を要求します。

「Cisco Unified Mobility Advantage サーバのセキュリティ プロファイル」

ステップ 6

Cisco Unified Mobility Advantage から自己署名証明書をダウンロードします。

「Cisco Unified Mobility Advantage からの自己署名証明書のダウンロード」

ステップ 7

Cisco Unified Communications Manager のトラスト ストアにこの証明書をインポートします。

「Cisco Unified Operating System サーバへの証明書のインポート」

ステップ 8

Cisco Unified Communications Manager から証明書を生成します。

「Cisco Unified Communications Manager からの証明書の取得」

ステップ 9

Cisco Unified Mobility Advantage のトラスト ストアにこの証明書をインポートします。

「信用済みサーバからの自己署名証明書のインポート」

ステップ 10

Cisco Unified Communications Manager のバックアップ サーバを設定する場合は、バックアップ サーバに対してこの手順を繰り返します。

ステップ 11

実行中のシステムを再設定する場合は、Cisco Unified Mobility Advantage を起動します。

「Cisco Unified Mobility Advantage の起動」

Cisco Unified Mobility Advantage サーバのセキュリティ プロファイル

このセクションは、Cisco Unified Communications Manager リリース 7.0 に限り適用されます。

Cisco Unified Communications Manager で Cisco Unified Mobility Advantage サーバのセキュリティ プロファイルを作成するには、『 Cisco Unified Communications Manager Security Guide 』の「Configuring a Cisco Unified Mobility Advantage Security Profile」の章を参照してください( http://cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/tsd_products_support_series_home.html?q= )。

基本的には、[CUMA Server Security Profile] ページで Device Security Mode に 「Authenticated」または「Encrypted」を指定することにより、[Transport Type] を [TLS] に設定します。

次の点に留意してください。

Cisco Unified Communications Manager の各クラスタに対して、1台の Cisco Unified Mobility Advantage サーバしか関連付けられません。

TCP(ノンセキュア)接続を許可する場合は、Cisco Unified Communications Manager の各サーバに対して 1 台の Cisco Unified Mobility Advantage に制限されることはありません。

Cisco Unified Mobility Advantage でCisco Unified Communications Manager エンタープライズ アダプタの Security Context を設定する場合、接続タイプは Cisco Unified Communications Manager で指定したものと同じである必要があります。

認証された、または暗号化された接続が必要な場合、必要な証明書を Cisco Unified Communications Manager に提供する必要があります。

指定する必要がある X.509 という値は、通常は Cisco Unified Mobility Advantage サーバのホスト名です。

関連トピック

「Cisco Unified Mobility Advantage のサーバ セキュリティの管理」

「Cisco Unified Communications Manager と接続する場合のサーバ セキュリティの設定方法」

Cisco Unified Communications Manager からの証明書の取得

このトピックは、Cisco Unified Communications Manager リリース 7.0 を使用する場合に限り適用され、Cisco Unified Communications Manager と接続する際に識別情報検証のため自己署名証明書を要求するように Cisco Unified Mobility Advantage を設定する場合以外は不要です。

始める前に

Cisco Unified Mobility Advantage でSecurity Context を作成して、[Trust Policy] を [Trusted Certificates] に設定します。「Security Context の作成」 を参照してください。

Security Context を Cisco Unified Communications Manager の Enterprise Adapter に割り当てます。「エンタープライズ アダプタ設定の表示と変更」 を参照してください。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスを開きます。ログインはしません。

ステップ 2 ページの右上隅にあるリスト ボックスから [Cisco Unified OS Administration] を選択します。

ステップ 3 Cisco Unified Communications Manager サーバのプラットフォーム管理用の認定証を使用してログインします。

ステップ 4 [Security] > [Certificate Management] を選択します。

ステップ 5 [Find] をクリックして、すべての証明書を表示します。

ステップ 6 [CallManager.pem] をクリックします。

ステップ 7 [Download] をクリックします。

ステップ 8 .cer ファイルをデスクトップに保存します。

ステップ 9 証明書のリストに戻ります。

ステップ 10 [tomcat.pem] をクリックします。

ステップ 11 [Download] をクリックします。

ステップ 12 .cer ファイルをデスクトップに保存します。


 

次の手順

「Cisco Unified Communications Manager と接続する場合のサーバ セキュリティの設定方法」 の残りの手順を続行します。

Cisco Unified Mobility Advantage を使用して Cisco Unified Communications Manager を導入する場合は、この章の他の手順を続行します。

Cisco Unified Operating System サーバへの証明書のインポート

IT セキュリティ ポリシーの要件として、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified Presence、または Cisco Unity Connection で Cisco Unified Mobility Advantage からの自己署名証明書が要求される場合は、この手順を使用して証明書をインポートします。

必要な証明書を Cisco Unified Communications Manager サーバまたは他のサーバのトラスト ストアへアップロードする方法の詳細については、各サーバの『 Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide 』の「Security」の章を参照してください。

始める前に

サーバに Cisco Unified Mobility Advantage からの証明書が必要かどうかを確認します。Cisco Unified Communications Managerについては、「Cisco Unified Mobility Advantage サーバのセキュリティ プロファイル」を参照してください。その他のサーバについては、各サーバのマニュアルを参照してください。デフォルトでは、証明書は不要です。

Cisco Unified Mobility Advantage から証明書を取得します。「Cisco Unified Mobility Advantage からの自己署名証明書のダウンロード」 を参照してください。

手順


ステップ 1 ブラウザ ウィンドウでサーバの Admin インターフェイスを開きます。

ステップ 2 ウィンドウの右上隅にある [Cisco Unified OS Administration] を選択します。

ステップ 3 [Go] をクリックします。

ステップ 4 ログインします。

ステップ 5 [Security] > [Certificate Management] を選択します。

ステップ 6 [Upload Certificate] をクリックします。

ステップ 7 次の情報を入力します。

 

項目
説明

[Certificate Name]

Cisco Unified Communications Manager サーバの場合:

リストから [CallManager-trust] を選択します。

Cisco Unified Presence サーバの場合:

リストから [sipproxy-trust] を選択します。

Cisco Unity Connection の場合:

リストから [tomcat-trust] を選択します。

[Root Certificate]

Cisco Unified Mobility Advantage 証明書の名前を入力します。

[Description]

説明を入力します。

ステップ 8 [Browse] をクリックして、Cisco Unified Mobility Advantage から証明書ファイルを選択します。

たとえば、自己署名証明書を生成した場合、保存した .cer ファイルを見つけます。

ステップ 9 [Upload File] をクリックします。

ステップ 10 サービスを再起動します。

a. ウィンドウの右上隅にあるリスト ボックスから [Cisco Unified Serviceability] を選択します。

b. [Go] をクリックします。

c. プラットフォーム管理者の認定証を使用してログインします。

d. [Tools] > [Service Activation] を選択します。

e. Cisco Unified Communications Manager の場合:

CiscoCallManager サービスを再起動します。

f. Cisco Unified Presence の場合:

Presence Engine Service Proxy Service を再起動します。

g. Cisco Unity Connection の場合:

Connection IMAP Server サービス と Connection SMTP Server サービスを再起動します。

ステップ 11 実行中の場合は Cisco Unified Mobility Advantage を停止してから起動します。


 

次の手順

サーバの証明書の導入要件を完了させます。

Cisco Unified Communications Managerについては、「Cisco Unified Communications Manager と接続する場合のサーバ セキュリティの設定方法」を参照してください。

Cisco Unified Presence については、「Cisco Unified Presence のサーバ セキュリティの設定方法」 を参照してください。

Cisco Unity Connection については、「内部サーバの自己署名証明書の導入(例)」 を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager のバックアップ サーバ の設定

Cisco Unified Communications Manager のバックアップ サーバを指定する場合は、必ずプライマリ Cisco Unified Communications Manager サーバと同一の設定にしてください。

Cisco Unified Communications Manager 設定の変更

Computer Telephony Integration(CTI; コンピュータ/テレフォニー インテグレーション)対応の「スーパー ユーザ」アカウント、または AXL API アクセスを割り当てた Application User アカウントのユーザ名やパスワードを変更する場合は、Cisco Unified Mobility Advantage のAdmin Portal で Cisco Unified Communications Manager の Enterprise Adapter をアップデートします。

このアダプタに変更を加える前に、Cisco Unified Mobility Advantage を停止して、変更内容を送信後に Cisco Unified Mobility Advantage を再起動します。

Cisco Unified Mobility Advantage を停止すると、すべてのユーザが Cisco Unified Mobile Communicator からログアウトします。

関連トピック

「CTI 対応の「スーパー ユーザ」アカウントの作成」

「ユーザ情報を取得するための標準 AXL API アクセスの設定」

「Cisco Unified Communications Manager のエンタープライズ アダプタの設定について」

「Cisco Unified Mobility Advantageの停止」

「Cisco Unified Mobility Advantage の起動」

ユーザおよびデバイスごとの Cisco Unified Communications Manager の設定方法

Cisco Unified Communications Manager で各ユーザをプロビジョニングします。

「Cisco Unified Communications Manager における(すべての Cisco Unified Communications Manager 機能に関する)デバイスの設定要件」

「CTI 対応「スーパー ユーザ」の [Controlled Devices] リストへの各プライマリ フォンの追加」

「Cisco Unified Communications Manager でのユーザ アカウントの設定」

「各ユーザのプライマリ デスク フォンへのソフトキー テンプレートの追加」

「Cisco Unified Communications Manager での Cisco Unified Mobile Communicator デバイスの設定」

「Cisco Unified Communications Manager の各ユーザのプレゼンス アカウントの設定」

Cisco Unified Communications Manager における(すべての Cisco Unified Communications Manager 機能に関する)デバイスの設定要件

各ユーザが 機能しているアカウントと、Cisco Unified Communications Manager で設定されたプライマリ デスク フォンの番号をすでに持っていること。

これらの手順では、Primary Extension がデスク フォンのディレクトリ番号であることを前提とする。デスク フォンのオーナーのユーザ ID が設定されていること。

この章の記述に従って、該当するシステム レベルの要件が Cisco Unified Communications Manager ですべて設定されていること。

CTI 対応「スーパー ユーザ」の [Controlled Devices] リストへの各プライマリ フォンの追加

このトピックはすべての展開に適用されます。

Cisco Unified Mobile Communicator ユーザごとに、プライマリ フォン(通常はデスク フォンで、 携帯電話ではありません )を上記で作成したいずれかのCTI 対応の「スーパー ユーザ」の [Device Information] セクションに追加します。

始める前に

「CTI 対応の「スーパー ユーザ」アカウントの作成」 で作成した「スーパー ユーザ」アカウントのユーザ名が必要になります。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 [User Management] > [End User] を選択します。

ステップ 3 [Find] をクリックします。

ステップ 4 リスト内の該当する [End User] をクリックします。

ステップ 5 [Device Information] セクションにスクロールします。

ステップ 6 [Available Devices] リストの(携帯電話では なく )デスク フォンのデバイスをダブルクリックします。

電話機が [Controlled Devices] リストに移動します。

ステップ 7 各デバイスの追加を繰り返します。

ステップ 8 [Save] をクリックします。

ステップ 9 実行中の場合は Cisco Unified Mobility Advantage を停止してから起動します。


 

トラブルシューティングのヒント

[Available Devices] リストに電話機が表示されない場合は、[Find More Phones] をクリックします。詳細については、Cisco Unified Communications Manager のオンライン ヘルプを参照してください。

Cisco Unified Communications Manager でのユーザ アカウントの設定

このトピックはすべての展開に適用されます。

(Cisco Unified Communications Manager リリース 6.x 以降の場合)モビリティ機能を有効にすると、MobileConnect(発信者がデスク フォンの番号にコールすると携帯電話が鳴る)や、通話中の機能(コールの転送や保留の機能)が有効になります。

(Cisco Unified Communications Manager リリース 7.0(1) Service Update 1 の場合)モビリティ機能を有効にすると、Dial via office 機能も有効になります。

モビリティ機能を有効にすると、Device License Unit(DLU; デバイス ライセンス ユニット)が少なくなる場合があります。詳細については、Cisco Unified Communications Manager のオンライン ヘルプで「Enable Mobility」を検索してください。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 [User Management] > [End User] を選択します。

ステップ 3 設定するユーザを見つけます。

ステップ 4 [Allow Control of Device from CTI] をチェックします。

ステップ 5 [Directory Number Association] の[Primary Extension] を、プライマリ ライン(通常はデスク フォン)のディレクトリ番号に設定します。

ステップ 6 Cisco Unified Communications Manager( リリース 6.x および 7.0の場合)[Enable Mobility] をチェックします。

ステップ 7 ユーザを適切なグループおよび権限に割り当てます。

次を [Permissions Information] セクションに追加します。

グループ:

[Standard CTI Enabled]

[Standard CCM End Users]

権限:

[Standard CTI Enabled]

[Standard CCMUSER Administration]

[Standard CCM End Users]

ステップ 8 [Save] をクリックします。


 

各ユーザのプライマリ デスク フォンへのソフトキー テンプレートの追加

この機能はCisco Unified Communications Manager リリース 6.x および 7.0 に限り使用できます。

この手順によって、デスク フォンと携帯電話間でアクティブなコールを転送できます。

始める前に

「電話機間でのアクティブ コールの転送に関する前提条件の設定」の手順を完了します。

すべての携帯電話ユーザのデスク フォンに割り当てられる共通デバイス設定が設定されている場合は、この手順の説明に従って、各電話機ではなく共通デバイス設定を変更します。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 Cisco Unified Mobile Communicator ユーザのプライマリ デスク フォンに関するページに移動します。

ステップ 3 [Softkey Template] フィールドを探します。

ステップ 4 電話機間でのアクティブ コールの転送用に作成したソフトキー テンプレートを選択します。

ステップ 5 [Save] をクリックします。

ステップ 6 Cisco Unified Mobile Communicator ユーザごとにこの手順を繰り返します。


 

Cisco Unified Communications Manager での Cisco Unified Mobile Communicator デバイスの設定

この手順は、Cisco Unified Communications Manager リリース 7.0(1) Service Update 1 に限り適用されます。

Cisco Unified Communications Manager リリース 6.x の場合、Cisco Unified Communications Manager のマニュアル内のRemote Destination の設定およびMobileConnect 機能の有効化に関する手順に従ってください。

始める前に

この章で前述したすべての要件に対処し、すべての設定を完了しておきます。

MobileConnect 機能(以前の Single Number Reach)が Cisco Unified Mobility Advantage から独立して動作している必要があります。

Cisco Unified Mobile Communicator デバイスに使用する電話番号が、Cisco Unified Communications Manager で Remote Destination としてすでに設定されている場合、この手順を実行する前にその番号の Remote Destination を削除します。

「デバイス プール要件」 の内容についてよく理解しておきます。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 携帯電話を追加します。

a. [Device] > [Phone] を選択します。

b. [Add New] をクリックします。

c. [Phone Type] で [Cisco Unified Mobile Communicator] を選択します。

d. [Next] をクリックします。

e. 値を入力します。

 

オプション
説明

[Device Pool]

デバイス プール要件を確認する際に専用のデバイス プールを作成した場合は、デバイス プールを選択します。

専用のデバイス プールを作成しなかった場合は、Cisco Unified Communications Manager Group に Cisco Unified Communications Manager サーバを含むデバイス プールを指定します。これは Cisco Unified Mobility Advantage で後から指定します(Cisco Unified Communications Manager の Enterprise Adapter)。

[Phone Button Template]

[Standard Cisco Unified Mobile Communicator] を選択します。

[Calling Search Space]

このコーリング サーチ スペースには、Dial-via-Office 機能での使用を許可する一連の宛先番号が含まれている必要があります。これは通常、(両デバイスに同じコール特権が適用されると仮定して)Desk Phone に関連付けられる同じコーリング サーチ スペースです。

[Owner User ID]

ユーザのユーザ ID です。

[Mobility User ID]

ユーザのユーザ ID です。

[Reroute Calling Search Space]

Cisco Unified Mobile Communicator デバイス設定で、Rerouting Calling Search Space に次の両方が含まれていることを確認します。

ユーザのデスク フォン内線のパーティション

(この要件は、ルーティング コール用ではなく、オフィス経由のダイヤル機能を提供するためにシステムで使用されます)

モバイル ID 番号 と任意の Remote Destination へのルート

モバイル ID(Gateway/Trunk パーティション)へのルートは、Cisco Unified Mobile Communicator デバイスの内線のパーティションよりも優先順位が 高い必要があります

Cisco Unified Mobile Communicator では、ユーザがモバイル ID に加えて代替コールバック番号を指定することができますが、到達可能な代替コールバック番号は Rerouting Calling Search Space によって制御されることに注意してください。

[All others]

デフォルトをそのまま使用するか、社内の規定またはオンライン ヘルプの手順に従います。

f. [Save] をクリックします。

ステップ 3 携帯電話をユーザのプライマリ デスク フォンの番号に関連付けます。

a. [Line [1] - Add a New DN] をクリックします。

b. プライマリ デスク フォンの電話番号を入力します。

c. 該当する場合はルート パターンを入力します。

d. Tab キーを押します。

ページの残りのフィールドは自動的にデータが入力されます。

e. [Save] をクリックします。

ステップ 4 Cisco Unified Mobile Communicator デバイス ページに戻ります。

a. [Associated Devices] リストにスクロールします。

b. [Cisco Unified Mobile Communicator] デバイスをクリックします。

c. [Edit Device] をクリックします。

ステップ 5 携帯電話を特定します。

a. スクロール ダウンして、[Add New Mobile Identity] をクリックします。

b. 値を入力します。

 

オプション
説明

[Destination Number]

(ダイヤルアウト プレフィクスなどの)プレフィクス番号がない携帯電話番号です。

この値は、Cisco Unified Mobility Advantage Admin portal でこのユーザ用に入力した電話番号に厳密に一致している必要があります。

この番号は、Cisco Unified Mobile Communicator デバイスやリモート接続先間で一意である必要があります。

これは、Dial-via-Office 機能によってコールされるデフォルトの番号です。

[Enable Mobile Connect]

このボックスをチェックします。

[All others]

社内の設定によって異なります。デフォルトをそのまま使用するか、社内の規定またはオンライン ヘルプの手順に従います。

c. [Save] をクリックします。


) リモートの宛先を追加する場合は、このページではなくユーザのリモート接続先プロファイル([Device Settings] > [Remote Destination Profile])を使用します。


ステップ 6 発信者 ID を設定します。

a. ユーザのプライマリ ライン(通常はデスク フォン)が表示されているデバイスに対して、必要に応じて次のフィールドの Caller ID 情報(名前または電話番号)を確認します。

[Display (Internal Caller ID)]

[ASCII Display (Internal Caller ID)]

[External Phone Number Mask]

b. 発信者 ID の値のボックスをチェックして、共有デバイスを有効にします(Cisco Unified Mobile Communicator が含まれます)。

c. [Propagate Selected] をクリックします。

ステップ 7 組織のすべてのデバイスに必須または必要なその他の情報を設定します。


 

次の手順

「CTI 対応「スーパー ユーザ」の [Controlled Devices] リストへの各プライマリ フォンの追加」 を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager の各ユーザのプレゼンス アカウントの設定

プレゼンス機能を Cisco Unified Mobile Communicator に統合する場合、Cisco Unified Communications Manager でユーザごとに Cisco Unified Presence アカウントを設定します。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager Admin インターフェイスにログインします。

ステップ 2 [Device] > [Phone] を選択します。

ステップ 3 [Add New] をクリックします。

ステップ 4 [Phone Type] で [Cisco Unified Personal Communicator] を選択します。

ステップ 5 [Next] をクリックします。

ステップ 6 デバイス情報を入力します。

 

オプション
説明

[Device Name]

UPC + <ユーザID>(大文字) を入力します。

[Owner User ID]

ユーザのユーザ ID を選択します。

ステップ 7 [Save] をクリックします。

ステップ 8 携帯電話をユーザのプライマリ デスク フォンの番号に関連付けます。

a. [Line [1] - Add a New DN] をクリックします。

b. プライマリ デスク フォンの電話番号を入力します。

c. 該当する場合はルート パターンを入力します。

d. Tab キーを押します。

ページの残りのフィールドは自動的にデータが入力されます。

e. [Save] をクリックします。

ステップ 9 エンド ユーザに機能を割り当てます。

a. [System] > [Licensing] > [Capabilities Assignment] を選択します。

b. ユーザを見つけます。

c. [Enable CUP] をチェックします。

d. [Enable CUPC] をチェックします。

e. [Save] をクリックします。