Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 インストレーション ガイド
Cisco Unified Messaging Gateway の インストール
Cisco Unified Messaging Gateway のインストール
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 591KB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Messaging Gateway のインストール

新規システムにインストールする場合のタスク リスト

への IP 接続のアクティブ化

前提条件

ネットワーク モジュールとのセッションの開閉

ポストインストール設定ツールの使用方法

DNS サーバの追加

の使用方法(Cisco Unity と併用する場合)

の使用方法(Cisco Unity を併用しない場合)

Cisco Unified Messaging Gateway のインストール

Last updated: November 9, 2007

この章は、次の項で構成されています。

「新規システムにインストールする場合のタスク リスト」

「Cisco UMG への IP 接続のアクティブ化」

「ネットワーク モジュールとのセッションの開閉」

「DNS サーバの追加」

新規システムにインストールする場合のタスク リスト


) Cisco UMG を発注すると、工場でモジュールにソフトウェアがインストールされた状態で出荷されます。


1. ネットワーク モジュールをルータにインストールします。手順については、の『 Install Installing Cisco Network Modules in Cisco Access Routers
http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps2797/products_installation_guide_chapter09186a008007c8ec.html )を参照してください。

2. モジュールとルータの IP アドレスを設定します。Cisco UMG への IP 接続のアクティブ化を参照してください。

3. モジュールとのセッションを開始し、終了します。ネットワーク モジュールとのセッションの開閉を参照してください。

4. すぐにポストインストール設定ツールを使用してインストールを設定するか、またはシステムを停止します。Control+Shift+6 キーを押し、さらに x キーを押すか、または exit と入力します。を参照してください。

5. 必要な場合は、DNS サーバを追加します。DNS サーバの追加を参照してください。

Cisco UMG システムの設定を続行するには、『 Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 CLI Administrator Guide 』を参照してください。

Cisco UMG への IP 接続のアクティブ化

モジュールをルータにインストールした後、システムと Cisco UMG アプリケーションとの間の IP 通信リンクをアクティブにします。

次の手順の実行中に停電したり接続が切断されたりした場合には、通常、システムが中断を検出し、回復を試みます。回復に失敗した場合は、ブートヘルパーを使用してシステムを再インストールしてください。

前提条件

ソフトウェアをアクティブ化するには、次の情報が必要です。

Cisco UMG をホストしているシスコ ルータ上の Cisco UMG モジュールのスロット番号とポート番号

Cisco UMG をホストしているシスコ ルータの IP アドレスとサブネット マスク、またはアンナンバード インターフェイス タイプと番号

Cisco UMG モジュールの IP アドレス。この IP アドレスは、Cisco UMG をホストしているシスコ ルータと同じサブネット上に存在している必要があります。

Cisco UMG ルータのデフォルト ゲートウェイの IP アドレス。この IP アドレスは、Cisco UMG をホストしているシスコ ルータと同じ IP アドレスである必要があります。

図1 ルータおよびネットワーク モジュール インターフェイス

 

手順の要約

モジュールへの内部ルータ インターフェイスの場合:

1. enable

2. config t

3. interface integrated-Service-Engine slot/port

4. ip address router-ip-addr subnet-mask

または

ip unnumbered type number

5. service-module ip address umg-side-ip-addr subnet-mask

6. service-module ip default-gateway gw-ip-addr

7. ip route umg-side-ip-addr subnet-mask integrated-Service-Engine slot/port

8. exit

9. exit

10. ping umg-side-ip-addr

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable
 

Router> enable

EXEC モードに切り替えます。

ステップ 2

config t
 
Router# config t

コンフィギュレーション モードに切り替えます。

ステップ 3

interface integrated-Service-Engine slot/port
 
Router(config)# interface Service-Engine 2/0

インターフェイス コンフィギュレーション モードに切り替えます。

ステップ 4

ip address router-ip-addr subnet-mask
 
Router(config-if)# ip address 172.18.12.28 255.255.255.0
or
ip unnumbered type number
 
Router(config-if)# ip unnumbered FastEthernet 0/0

Cisco UMG をホストしているシスコ IOS ルータの IP アドレスとサブネット マスクを指定します。

 
 
 
 

Cisco UMG をホストしているシスコ IOS ルータのインターフェイスのタイプ( type )と番号( number )を指定します。

ステップ 5

service-module ip address umg-side-ip-addr subnet-mask

 

Router(config-if)# service-module ip address 172.18.12.26 255.255.255.255

Cisco UMG モジュール インターフェイスの IP アドレスを指定します。この IP アドレスは、Cisco UMG をホストしているシスコ ルータと同じサブネット上に存在している必要があります。

ステップ 6

service-module ip default-gateway gw-ip-addr

 

Router(config-if)# ip default-gateway 172.18.12.1

Cisco UMG のデフォルト ゲートウェイを指定します。

ステップ 7

ip route umg-side-ip-addr subnet-mask integrated-Service-Engine slot/port

 

Router(config-if)# ip route 172.18.12.26 255.255.255.255 integrated-Service-Engine 2/0

Cisco UMG 側の IP ルートを指定します。

ステップ 8

exit
 

Router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 9

exit
 

Router(config)# exit

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 10

ping
 

Router# ping 172.18.12.26

IP 接続がアクティブであることを確認します。

次の show running-config コマンド出力の抜粋は、インターフェイスを設定する方法を示しています。

a)IP アドレスを使用した場合

interface integrated-Service-engine1/0
ip address 10.0.0.20 255.255.255.0
service-module integrated-service-engine external ip address 172.18.12.28 255.255.255.0
service-module integrated-service-engine ip address 172.18.12.26 255.255.255.255
service-module integrated-service-engine ip default-gateway 172.18.12.1

b)IP アンナンバードを使用した場合

interface integrated-Service-Engine2/0
ip unnumbered GigabitEthernet0/0
service-module ip address 172.18.12.26 255.255.255.255
service-module ip default-gateway 172.18.12.1

ネットワーク モジュールとのセッションの開閉

ネットワーク モジュール インターフェイスを設定すると、Cisco UMG 上でセッションを開いたり閉じたりできます。Cisco Unified Messaging Gateway ネットワーク モジュールの初回アクセス時のホスト名は、工場出荷時のデフォルト(おそらく、SE-Module)になっています。

手順の要約

ホストルータ CLI から

1. enable

2. service-module integrated-Service-Engine slot/port status

3. service-module integrated-Service-Engine slot / port session

サービスモジュール インターフェイスから

4. 設定または他の手順を実行します。

初めてセッションを開いた場合には、システムがポストインストール設定ツールを起動します。ポストインストール設定ツールの使用方法を参照してください。

使用可能な他の設定を確認するには、『 Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 CLI Administrator Guide 』を参照してください。

5. Control+Shift+6 キーを押し、さらに x キー を押すか、または exit と入力します。

ホストルータ CLI から

6. service-module integrated-Service-Engine slot/port session clear

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的
 
ホストルータ CLI から

ステップ 1

enable
 

Router> enable

ホスト ルータ上で特権 EXEC モードに切り替えます。入力が求められたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

service-module integrated-service-engine slot/port status
 

Router# service-module integrated-service-engine 2/0 status

指定されたモジュールのステータスを表示します。これによって、モジュールが稼働中(つまり、安定した状態)であることを確認できます。


) モジュールが稼働していない場合は、「ネットワーク モジュールのシャットダウンと起動」に一覧された startup コマンドのいずれかを使用してモジュールを起動します。


ステップ 3

service-module integrated-service-engine slot/port session
 

Router# service-module integrated-service-engine 1/0 session

指定されたモジュールでセッションを開始します。次のいずれかを実行します。

オートブート シーケンスを中断し、ブートローダにアクセスするには、すばやく *** を入力します。

設定セッションを開始するには、 Enter キーを押します。

 
サービスモジュール インターフェイスから

ステップ 4

 

SE-Module> configure terminal

SE-Module(config)>

.

.

.

SE-Module(config)> exit

SE-Module> write

必要に応じて、モジュール上で設定コマンドを入力します。

使用できる設定コマンドは、ルータ上で使用可能な設定コマンドと同様です。 configure terminal コマンドを使用して、グローバル コンフィギュレーション モードにアクセスします。設定コマンドを入力します。 exit コマンドでグローバル コンフィギュレーション モードを終了し、 write コマンドで新しい設定を保存します。

ステップ 5

Control+Shift+6 キーを押し、さらに x キーを押します。

サービスモジュール セッションを閉じ、ルータ CLI に戻ります。


) サービスモジュール セッションは、次の手順でセッションを切断するまでアップしたままになります。アップ状態の間は、ルータ CLI で Enter キーを押すとセッションに戻ることができます。


 
ホストルータ CLI から

ステップ 6

service-module service-engine slot /0 session clear

 

Router# service-module service-engine 1/0 session clear

指定されたモジュールのサービスモジュール セッションを切断します。このコマンドの実行の確定を求められたら、 Enter キーを押します。

ポストインストール設定ツールの使用方法

最初のセッションを開くと、ポストインストール設定ツールが起動され、すぐに設定を開始するかどうかの確認が表示されます。

[...]
IMPORTANT:: Welcome to Cisco Systems Service Engine
IMPORTANT:: post installation configuration tool.
IMPORTANT::
IMPORTANT:: This is a one time process which will guide
IMPORTANT:: you through initial setup of your Service Engine.
IMPORTANT:: Once run, this process will have configured
IMPORTANT:: the system for your location.
IMPORTANT::
IMPORTANT:: If you do not wish to continue, the system will be halted
IMPORTANT:: so it can be safely removed from the router.
IMPORTANT:: Do you wish to start configuration now (y,n)? y
 

該当する応答(y または n)を入力します。 n を入力すると、システムは停止します。 y を入力すると、確認が求められ、その後、インタラクティブなポストインストール設定プロセスが開始されます。

 
Are you sure (y,n)? y
Enter Hostname
(my-hostname, or enter to use se-1-100-70-169): umg-1
Enter Domain Name
(mydomain.com, or enter to use localdomain): mycompany.com
IMPORTANT:: DNS Configuration:
IMPORTANT::
IMPORTANT:: This allows the entry of hostnames, for example foo.cisco.com, instead
IMPORTANT:: of IP addresses like 1.100.10.205 for application configuration. In order
IMPORTANT:: to set up DNS you must know the IP address of at least one of your
IMPORTANT:: DNS Servers.
Would you like to use DNS (y,n)?n
WARNING: If DNS is not used, IP addresses will be required.
Are you sure (y,n)? y
Enter IP Address of the Primary NTP Server
(IP address, or enter for 1.100.70.1): 192.0.2.15
Found server 192.0.2.15
Enter IP Address of the Secondary NTP Server
(IP address, or enter to bypass):
Please identify a location so that time zone rules can be set correctly.
Please select a continent or ocean.
1) Africa 4) Arctic Ocean 7) Australia 10) Pacific Ocean
2) Americas 5) Asia 8) Europe
3) Antarctica 6) Atlantic Ocean 9) Indian Ocean
#? 2
Please select a country.
1) Anguilla 18) Ecuador 35) Paraguay
2) Antigua & Barbuda 19) El Salvador 36) Peru
3) Argentina 20) French Guiana 37) Puerto Rico
4) Aruba 21) Greenland 38) St Kitts & Nevis
5) Bahamas 22) Grenada 39) St Lucia
6) Barbados 23) Guadeloupe 40) St Pierre & Miquelon
7) Belize 24) Guatemala 41) St Vincent
8) Bolivia 25) Guyana 42) Suriname
9) Brazil 26) Haiti 43) Trinidad & Tobago
10) Canada 27) Honduras 44) Turks & Caicos Is
11) Cayman Islands 28) Jamaica 45) United States
12) Chile 29) Martinique 46) Uruguay
13) Colombia 30) Mexico 47) Venezuela
14) Costa Rica 31) Montserrat 48) Virgin Islands (UK)
15) Cuba 32) Netherlands Antilles 49) Virgin Islands (US)
16) Dominica 33) Nicaragua
17) Dominican Republic 34) Panama
#? 45
Please select one of the following time zone regions.
1) Eastern Time
2) Eastern Time - Michigan - most locations
3) Eastern Time - Kentucky - Louisville area
4) Eastern Time - Kentucky - Wayne County
5) Eastern Standard Time - Indiana - most locations
6) Eastern Standard Time - Indiana - Crawford County
7) Eastern Standard Time - Indiana - Starke County
8) Eastern Standard Time - Indiana - Switzerland County
9) Central Time
10) Central Time - Michigan - Wisconsin border
11) Central Time - North Dakota - Oliver County
12) Mountain Time
13) Mountain Time - south Idaho & east Oregon
14) Mountain Time - Navajo
15) Mountain Standard Time - Arizona
16) Pacific Time
17) Alaska Time
18) Alaska Time - Alaska panhandle
19) Alaska Time - Alaska panhandle neck
20) Alaska Time - west Alaska
21) Aleutian Islands
22) Hawaii
#? 16
The following information has been given:
United States
Pacific Time
Therefore TZ='America/Los_Angeles' will be used.
Is the above information OK?
1) Yes
2) No
#? 1
Local time is now: Thu Mar 22 19:50:59 PDT 2007.
Universal Time is now: Fri Mar 23 02:50:59 UTC 2007.
Configuring the system. Please wait...
Changing owners and file permissions.
Change owners and permissions complete.
Creating Postgres database .... done.
INIT: Switching to runlevel: 4
INIT: Sending processes the TERM signal
STARTED: cli_server.sh
STARTED: ntp_startup.sh
STARTED: LDAP_startup.sh
STARTED: SQL_startup.sh
STARTED: dwnldr_startup.sh
STARTED: HTTP_startup.sh
STARTED: probe
STARTED: superthread_startup.sh
STARTED: /bin/products/umg/umg_startup.sh
waiting 42 ...
IMPORTANT::
IMPORTANT:: Administrator Account Creation
IMPORTANT::
IMPORTANT:: Create an administrator account. With this account,
IMPORTANT:: you can log in to the Cisco Unity Express GUI and
IMPORTANT:: run the initialization wizard.
IMPORTANT::
Enter administrator user ID:
(user ID): mycompany
Enter password for mycompany:
(password): umg
Confirm password for mycompany by reentering it:
(password): umg
SYSTEM ONLINE
umg-1>
 

使用可能な他の設定を確認するには、『 Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 CLI Administrator Guide 』を参照してください。

DNS サーバの追加

Cisco UMG の使用方法(Cisco Unity と併用する場合)

Cisco UMG と一緒に Cisco Unity を使用している場合は、フェールオーバーをサポートするために DNS サーバが必要となります。プライマリ/セカンダリ Cisco UMG は Cisco Unity システムに対して透過的です。ただし、プライマリ/セカンダリ Cisco UMG に関する情報は DNS サーバにだけ設定されるので、Cisco Unity は Exchange SMTP に基づいて、発信メッセージの送信先 Cisco UMG を決定します。プライマリおよびセカンダリの Cisco UMG のドメイン名が同じ場合、Cisco Unity は、両方の Cisco UMG からのメッセージを受信できる必要があります。そのため、DNS 上で Cisco UMG ドメイン名を 2 つの IP アドレス(プライマリ Cisco UMG とセカンダリ Cisco UMG)にマップします。

Cisco UMG は、UDP パケットと TCP パケットの両方をポート 53 でリッスンするキャッシュ専用 DNS サーバを使用します。DNS サーバ キャッシュ ポリシーでは、キャッシュされたエントリの Time To Live(TTL; 存続可能時間)が期限切れになると自動的にそのエントリが再度有効にされます。エントリが廃棄されるのは、親 DNS サーバがアクセス可能で、かつ、エントリのドメイン名が親 DNS サーバ上からすでに消去されている場合だけです。大半の DNS キャッシュでは、単に、TTL が期限切れになったときにエントリが廃棄されるだけです。

Cisco UMG の使用方法(Cisco Unity を併用しない場合)

Cisco Unity を使用していない場合は、DNS サーバを使用しない方がメッセージ交換のパフォーマンスは向上します。これは、Cisco UMG とエンドポイントが DNS ホスト名ではなく IP アドレスを使用して互いにやり取りできるからです。そのためには、ピアに IP アドレスをプロビジョニングするか、DNS 名から解決された IP アドレスを各エンティティにキャッシュさせます。