Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 インストレーション ガイド
制約事項
制約事項
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 591KB) | フィードバック

目次

制約事項

バックアップと復元

設定

ハードウェアの制限

ネットワーキング

その他の制約事項

システムの機能

制約事項

Last updated: November 9, 2007

バックアップと復元

スタートアップ コンフィギュレーションをバックアップおよび復元するには、「設定とデータのバックアップおよび復元」を参照してください。Cisco UMG 1.0 はスケジュールされたバックアップの機能は備えていません。


注意 「データのみ」のバックアップと復元の実行は避けることを強くお勧めします。「データのみ」のバックアップと復元は、コンフィギュレーション ファイルとデータ ファイルの間に不整合を招く可能性があるからです。

設定

ホスト ルータの単一のシリアルポート コンソール ポートに接続されたコンソールを使用した場合にのみ、サービスモジュール ソフトウェアを設定できます。コンソールで、ルータの Cisco IOS ソフトウェア CLI を使用して、サービスモジュールにアクセスできます。

ハードウェアの制限

ネットワーク モジュールのハード ディスクは交換できません。モジュールのハード ディスクが破損した場合は、そのモジュールを交換する必要があります。

ネットワーク モジュールの前面パネルにある ファスト イーサネット 0 ポートは、Cisco UMG では使用されず、無効になっています。ファスト イーサネット 1 ポートは Cisco UMG ネットワーク モジュールをルータに接続し、ネットワーク モジュール上で唯一アクティブなファスト イーサネット ポートです。

ネットワーキング

Cisco UMG は、Cisco Unity Express、Cisco Unity、および Avaya Interchange システムとのメッセージ ネットワーキングをサポートします。このバージョンの Cisco UMG では、他のメッセージング システムとのネットワーキングはサポートされていません。

その他の制約事項

Cisco UMG は組み込みのシステムです。他のアプリケーションを Cisco UMG モジュールに追加することはできません。

Cisco UMG は、CiscoWorks Configmaker をサポートしていません。

システムの機能

Cisco Unified Messaging Gateway は、同時ログインはサポートしていません。

Cisco UMG は、NTP クライアントとして設定できます。詳細については、
Cisco Unified Messaging Gateway 1 .0 CLI Administrator Guide 』の NTP の設定に関する項、およびお使いの NTP サーバに付属のマニュアルを参照してください。