Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 インストレーション ガイド
Cisco Unified Messaging Gateway の インストールの概要
Cisco Unified Messaging Gateway のインストールの概要
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 591KB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Messaging Gateway のインストールの概要

ネットワーク モジュールの概要

の設定と操作

このガイドの対象範囲

の関連マニュアル

関連する Cisco IOS マニュアル

インストールの要約

工場出荷時に設定されている制限

Cisco Unified Messaging Gateway のインストールの概要

Last updated: November 9, 2007

この章は、次の項で構成されています。

「Cisco Unified Messaging Gateway ネットワーク モジュールの概要」

「Cisco UMG の設定と操作」

「このガイドの対象範囲」

「インストールの要約」

「工場出荷時に設定されている制限」

Cisco Unified Messaging Gateway ネットワーク モジュールの概要

Cisco Unified Messaging Gateway(Cisco UMG)は、広く事業を展開している企業が Cisco IPT ソリューションにシームレスに移行するために必要なエンドツーエンドのメッセージ ネットワーク機能を提供します。広く事業を展開している企業の大半は、オープン標準をサポートしていないさまざまなレガシー ボイス メッセージング製品を使用しています。Cisco UMG ソリューションは、これらのネットワークに対応したゲートウェイ機能を提供し、メッセージのインテリジェントなルーティング、サブスクライバおよびディレクトリ情報の交換、メッセージング ネットワーク内での相互運用性の確立を実現します。Cisco UMG は、特に次のものから構成される分散型メッセージング展開の中央ハブとして動作します。

Cisco Unity Express

Cisco Unity バージョン 4.2 以降、Microsoft Exchange 対応のみ

Avaya Interchange バージョン 5.4

Cisco UMG を使用すると、最大規模の実装でも必要に応じてメッセージング ネットワークを拡大できるとともに、すべてのエンドポイントの設定を簡素化できます。特に、Cisco Unity Express バージョン 3.1 以降 のシステムへの自動登録を可能にします。

Cisco UMG は、Enhanced Network Module(NME)に常駐するアプリケーションです。モジュールは、Cisco IOS ソフトウェアを実行するホスト シスコ ルータにプラグインされます。

Cisco Unified Messaging Gateway Enhanced Network Module(デバイスの NME-Cisco UMG ファミリ)には、2 つのモデルがあります( 表1 を参照)。すべてのモジュールは、工場でソフトウェアがプレインストールされた状態で出荷されます。

 

表1 Cisco UMG Enhanced Network Module - モデルとキャパシティ

モデル
1 つの Cisco UMG ネットワーク モジュールがサポートする Cisco Unity Express エンドポイントの最大数
1 つのシステム(20 の Cisco UMG で構成)がサポートする Cisco Unity Express エンドポイントのサブスクライバ数

NME-UMG

250

125,000

NME-UMG-EC

1000

500,000

20 の Cisco UMG から構成されるシステムには、プライマリとセカンダリの両方のメッセージング ゲートウェイが組み込まれています。そのため、このようなシステムがサポートするサブスクライバ数は、1,000,000 ではなく 500,000 です。


注意 1 つのシステムに 2 つのタイプのネットワーク モジュールを混在させないでください。メッセージング ゲートウェイは同期する必要があるので、すべてが同じサイズのデータ ダンプを収容可能である必要があります。

Cisco UMG の設定に関するガイドラインおよび手順は『 Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 CLI Administrator Guide 』に記載されています。また、個々の CLI コマンドについては『 Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 Command Reference 』で説明されています。

Cisco UMG の設定と操作

Cisco UMG は、ルータ上の Cisco IOS ソフトウェアの設定とは独立した、専用のスタートアップ コンフィギュレーションとランタイム コンフィギュレーションを持つスタンドアロンのコンテンツ エンジンです。モジュールには、外部コンソール ポートはありません。代わりに、モジュール上で設定セッションを使用して、ルータを介して起動および設定されます。セッションが終了すると、ルータ CLI に戻り、セッションは切断されます。

ネットワーク モジュール CLI は、Cisco IOS の標準のナビゲーション方法とコマンド終了規則に準拠しており、ルータ CLI と同一ではないがよく類似しています(たとえば、 ? でオプション リストを表示し、 TAB キーでコマンドを終了させ、 | show コマンド出力をダイレクトするなど)。

ただし、標準のコマンド名とオプションが常に使用できるとは限りません。

Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 CLI Administrator Guide 』で説明されている管理タスクを実行する前に、このガイドに記載されたタスクと手順を実行してください。

このガイドの対象範囲

このガイドでは、Cisco UMG のインストール時に実行する必要のある手順について説明します。ネットワークを実際に物理的にインストールする手順については、次の URL の『 Installing Cisco Network Modules in Cisco Access Routers 』で説明されています。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps2797/products_installation_guide_chapter09186a008007c8ec.html

ここでは、モジュールとホスト ルータ間の IP 接続を設定する方法と、ソフトウェア アップデートおよびアップグレードをダウンロードしてインストールする方法について説明します。また、Cisco UMG ネットワーク モジュールが適切に機能していることを確認するための手順についても説明します。

このマニュアルでは、Cisco UMG のインストールを中心に取り扱っています。シスコ ルータ、シスコ ネットワーク モジュール、Cisco Unified Communications Manager サーバ、Cisco Unified Communications Manager Express ルータ、または Cisco Unity Express のインストールに関する情報は記載されていません。

Cisco Unified Messaging Gateway の関連マニュアル

 

関連するトピック
マニュアル タイトル

Cisco UMG 1.0 の CLI 管理

Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 CLI Administrator Guide

Cisco UMG 1.0 のコマンド リファレンス

Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 Command Reference Guide

Cisco Unified Messaging Gateway 1.0 に関する最新情報

Cisco Unified Messaging Gateway 1.0.1 Release Notes

シスコ モジュール ハードウェアのインストール

Cisco Network Modules Hardware Installation Guide 』、第 22 章

Installing Cisco Network Modules in Cisco Access Routers

Cisco Unity Express

Cisco Unity Express :次の URL で一連のマニュアルをすべて入手できます。
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps5520/tsd_products_support_series_home.html

Cisco Unity

Cisco Unity :次の URL で一連のマニュアルをすべて入手できます。http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/tsd_products_support_series_home.html

シスコ ハードウェア プラットフォーム

Cisco 2800 Series Hardware Installation Guide

Cisco 2800 Series Hardware Configuration Notes

Voice Features on Cisco 2800 Series Routers

Cisco 3800 Series Hardware Installation

Cisco 3800 Series Integrated Services Routers Configuration Guides

関連する Cisco IOS マニュアル

 

関連するトピック
マニュアル タイトル

Cisco IOS の設定

Cisco IOS Debug Command Reference, Release 12.4(11)T 以降のリリース

Cisco IOS Voice Command Reference


) 音声設定の一般的なトピックについては、『Cisco IOS Voice Configuration Library』を参照してください。


Cisco IOS における音声のトラブルシューティング情報

Cisco IOS Voice Troubleshooting and Monitoring Guide

Cisco IP テレフォニー

IP Telephony Solution Reference Network Design Guide

インストールの要約

1. Cisco UMG インストールのシステムの前提条件を満たしていることを確認するには、 Cisco Unified Messaging Gateway のインストールの前提条件を参照してください。

2. Cisco UMG ネットワーク モジュールをホスト ルータにインストールするには、 Cisco Unified Messaging Gateway のインストールを参照してください。

3. 設定をコピーするか、または工場出荷時のデフォルト値に戻すには、 コピーおよび復元操作を参照してください。

4. ネットワーク モジュールのシャットダウンおよび起動、システム ステータスの確認、ロギングの設定などを実行するには、 Cisco Unified Messaging Gateway ネットワーク モジュールの操作、 保守、およびトラブルシューティングを参照してください。

5. 必要に応じて、 Cisco Unified Messaging Gateway ソフトウェアの再インストールを参照してください。

ルーティングするメッセージの送信元システムとの間で基本的な IP ネットワーク接続を確立するように Cisco UMG を設定するには、『 Cisco Unified Messaging Gateway 1 .0 CLI Administrator Guide 』を参照してください。

工場出荷時に設定されている制限

Cisco UMG システムは、すべて同じタイプの最大 20 のフル メッシュ構造のメッセージング ゲートウェイから構成できます。NME-UMG は最大 250 のエンドポイントをサポートし、20 の NME-UMG から構成されるシステムは 12,500 以上のサブスクライバをサポートします。NME-UMG-EC は最大 1000 のエンドポイントをサポートし、20 の NME-UMG-EC から構成されるシステムは 500,000 以上のサブスクライバをサポートします。


注意 1 つのシステムに 2 つのタイプのネットワーク モジュールを混在させないでください。1 つの Cisco UMG システム内では、NME-UMG または NME-UMG-EC のどちらかに統一します。