Cisco Unified MeetingPlace Express コンフィギュレーション メンテナンス ガイド Release 1.2
Cisco Unified MeetingPlace Express の 基本的な動作パラメータ の設定
Cisco Unified MeetingPlace Express の基本的な動作パラメータの設定
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified MeetingPlace Express の基本的な動作パラメータの設定

オペレータ支援について

オペレータ支援の設定

言語について

アメリカ英語以外の言語の設定

言語の有効化

ユーザ グループまたはユーザ プロファイルの言語プリファレンスの設定

メジャー アラーム コールについて

メジャー アラーム コールの設定

会議電話番号と通知ラベルについて

フル Web 会議室の電話ポップアップ通知ボックスの文字数制限について

会議電話番号と通知ラベルの設定

Cisco Unified MeetingPlace Express の基本的な動作パラメータの設定

改訂: 2006 年 10 月 18 日、OL-12185-01-J

 

この項の内容は、次のとおりです。

「オペレータ支援について」

「言語について」

「メジャー アラーム コールについて」

「会議電話番号と通知ラベルについて」

「外部ディレクトリによるユーザ認証について」

「12 時間制または 24 時間制での会議時刻の表示」

「概要: 使用状況の設定」

この章の内容は、Cisco Unified MeetingPlace Express システムのみに適用されます。Cisco Unified MeetingPlace Express VT システムには適用されません。

オペレータ支援について

次に示す状況のときにコールをアテンダントまたはヘルプ デスクに転送するように、Cisco Unified MeetingPlace Express を設定できます。

発信者が「0」をダイヤルしてオペレータ支援を要請した。

音声プロンプトの後に発信者が番号を入力しない。

関連項目

「オペレータ支援の設定」

オペレータ支援の設定

この項では、必要に応じて発信者からのコールをアテンダントまたはヘルプ デスクに転送するように設定する方法を説明します。

始める前に

Cisco Unified MeetingPlace Express と Cisco Unified CallManager リリース 4.x との統合のために SIP トランクを使用する場合は、アテンダントへのコールはサポートされません。 この制限の詳細は、「SIP 環境での統合の Cisco Unified CallManager の制約事項」を参照してください。

手順


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace Express にログインします。

ステップ 2 ページの上部にある[管理]をクリックします。

ステップ 3 ページの左側で次の操作を実行します。

a. [System Configuration] をクリックします。

b. [Usage Configuration] をクリックします。

ステップ 4 [Usage Configuration] ページで、次のフィールドを設定します。

Dial attendant on timeout :[Yes] に設定します。

Attendant phone :ヘルプ デスクまたはアテンダントの電話番号を入力します。

ステップ 5 [Save] をクリックします。


 

関連項目

「オペレータ支援について」

「概要: 使用状況の設定」

言語について

Cisco Unified MeetingPlace Express では、さまざまな言語が音声プロンプト、電子メール通知、エンドユーザ Web インターフェイス、および Web 会議室に対してサポートされます。ただし、管理センターの Web インターフェイスでは、アメリカ英語のみが使用されます。

言語は、Cisco Unified MeetingPlace Express とともに自動的にインストールされます。 特定のリリースでインストールされる言語を確認するには、『 Cisco Unified MeetingPlace Express リリースノート 』を参照してください。 インストールとアップグレードについては、『 Cisco Unified MeetingPlace Express インストレーション アップグレード ガイド 』を参照してください。

関連項目

「アメリカ英語以外の言語の設定」

「ダイヤルアウト機能および音声プロンプト言語」

「言語のプリファレンスについて」

「ゲスト プロファイルおよびゲスト ユーザについて」

「電子メール通知テンプレートおよび言語プロパティファイルについて」

アメリカ英語以外の言語の設定

デフォルトでは、すべての音声プロンプト、電子メール通知、エンドユーザ Web インターフェイス、および Web 会議室でアメリカ英語が使用されます。 別の言語を使用する場合や、複数の言語からエンドユーザが選択できるようにする場合は、ここで説明する高レベル タスクを実行してください。

手順

 

高レベル タスク
手順の説明

ステップ 1

(複数言語の場合のみ) languages ライセンスを購入、ダウンロード、インストールします。

languages ライセンスがインストールされていない場合は、システム上で有効にすることのできる言語は 1 つだけになります。 languages ライセンスがインストールされている場合は、Cisco Unified MeetingPlace Express に対して最高 4 つの言語を有効にできます。

「ライセンスのインストールと管理の方法」

ステップ 2

使用可能な言語を設定します。

「言語の有効化」

ステップ 3

(複数言語の場合のみ)ユーザ グループまたはユーザ プロファイルの言語プリファレンスを設定します。


) エンドユーザがエンドユーザ Web インターフェイスまたは電話で選択した言語は、ここでの設定よりも優先されます。 『Cisco Unified MeetingPlace Express ユーザ ガイド』を参照してください。


「ユーザ グループまたはユーザ プロファイルの言語プリファレンスの設定」

ステップ 4

(Cisco Unified MeetingPlace Express service for the Cisco Unified IP Phone を使用する場合のみ)Cisco Unified IP Phone で使用するために、対応する言語を Cisco Unified CallManager でインストールおよび設定します。

「Cisco Unified IP Phone 用 Cisco Unified MeetingPlace Express サービスの言語の要件について」

関連項目

「言語について」

「ダイヤルアウト機能および音声プロンプト言語」

「ゲスト プロファイルおよびゲスト ユーザについて」

「電子メール通知テンプレートおよび言語プロパティファイルについて」

「Cisco Unified IP Phone サービスについて」

言語の有効化

この項では、インストールされている言語を Cisco Unified MeetingPlace Express で使用できるようにする方法を説明します。

始める前に

「アメリカ英語以外の言語の設定」を参照してください。 言語を有効にする前に、必須のタスクをすべて実行してください。

言語の有効化や無効化を行うときは、システムの再起動が必要です。 フィールドに言語が表示される順序を切り替えるときは、システムの再起動は不要です。

手順


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace Express にログインします。

ステップ 2 ページの上部にある[管理]をクリックします。

ステップ 3 ページの左側で次の操作を実行します。

a. [System Configuration] をクリックします。

b. [Usage Configuration] をクリックします。

ステップ 4 [Usage Configuration] ページの [Language] フィールドを設定して、インストール済みの言語を選択します。

ステップ 5 [Save] をクリックします。

ステップ 6 システムを再起動します。

システムを再起動するには、CLI で「sudo mpx_sys restart」と入力します。 CLI へのログイン方法については、 『Cisco Unified MeetingPlace Express インストレーション アップグレード ガイド』 を参照してください。

ステップ 7 ユーザ グループまたはユーザ プロファイルの言語プリファレンスを設定するには、「ユーザ グループまたはユーザ プロファイルの言語プリファレンスの設定」に進んでください。


 

関連項目

「言語について」

「概要: 使用状況の設定」

ユーザ グループまたはユーザ プロファイルの言語プリファレンスの設定

この項では、ローカライズされた言語を特定のユーザ グループまたはユーザ プロファイルに対して指定する方法を説明します。

ユーザがエンドユーザ Web インターフェイスで選択した言語は、ここでの設定よりも優先されます。 『User Guide for Cisco Unified MeetingPlace Express Release 1.2』を参照してください。

始める前に

「アメリカ英語以外の言語の設定」を参照してください。 ユーザ グループまたはユーザ プロファイルの言語プリファレンスを設定する前に、必須のタスクをすべて実行してください。

手順


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace Express にログインします。

ステップ 2 ページの上部にある[管理]をクリックします。

ステップ 3 ページ左側の [User Configuration] をクリックします。

ステップ 4 次のいずれかを実行します。

ユーザ グループを設定するには、[User Group Management] をクリックします。

個人のユーザ プロファイルを設定するには、[User Profile Management] をクリックします。

ステップ 5 次のいずれかを実行します。

既存のユーザ グループまたはユーザ プロファイルを設定するには、[Edit] をクリックします。

新しいユーザ グループまたはユーザ プロファイルを設定するには、[Add New] をクリックします。 必須のフィールド(アスタリスク(*)が付いています)を設定します。

ステップ 6 次のいずれかのフィールドを設定します。

「Language」(ユーザ グループ)

「Language」(ユーザ プロファイル)

ステップ 7 [Save] をクリックします。

ステップ 8 言語プリファレンスを設定するすべてのユーザ グループおよびユーザ プロファイルについて、このタスクを繰り返します。


 

関連項目

「言語について」

「概要: ユーザ グループの追加」

「概要: ユーザ プロファイルの追加」

「ゲスト プロファイルおよびゲスト ユーザについて」

メジャー アラーム コールについて

メジャー アラーム発生時にシステム管理者に電話をかけるように、Cisco Unified MeetingPlace Express を設定できます。 この電話に出ると、次の情報が伝えられます。

1. 対処が必要なエラーが発生したことの通知

2. アラームを確認することの要請

3. アラーム コールを認識したことの意思表示の要請

関連項目

「メジャー アラーム コールの設定」

メジャー アラーム コールの設定

この項では、メジャー アラーム発生時にシステム管理者に電話をかけるように Cisco Unified MeetingPlace Express を設定する方法を説明します。


) ポケットベルでアラーム コールを受けることはできません。


手順


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace Express にログインします。

ステップ 2 ページの上部にある[管理]をクリックします。

ステップ 3 ページの左側で次の操作を実行します。

a. [System Configuration] をクリックします。

b. [Usage Configuration] をクリックします。

ステップ 4 次のフィールドを設定します。

Call out on major alarm :[Yes] に設定します。

Phone number to call on alarm :システム管理者の電話番号を入力します。

ステップ 5 [Save] をクリックします。


 

関連項目

「メジャー アラーム コールについて」

「概要: 使用状況の設定」

会議電話番号と通知ラベルについて

ユーザが音声会議に参加するための電話番号と説明ラベルを、4 つまで設定できます。 この電話番号とラベルは、次の場所に表示されます。

電子メール通知

エンドユーザ用の Web インターフェイス

フル Web 会議室の電話ポップアップ通知ボックス

Cisco Unified IP Phone の画面(Cisco Unified MeetingPlace Express service for the Cisco Unified IP Phone に登録済みの場合のみ)

関連項目

「フル Web 会議室の電話ポップアップ通知ボックスの文字数制限について」

「会議電話番号と通知ラベルの設定」

フル Web 会議室の電話ポップアップ通知ボックスの文字数制限について

フル Web 会議室の電話ポップアップ通知ボックスに表示できる文字数には、制限があります。 この制限は、会議 ID、HMTL タグ、スペース、句読点など、すべての文字に適用されるので、ラベルに実際に表示される文字の数は会議ごとに異なります。

この文字数制限を回避するために、ラベル フィールドに入力する文字の数を最小限に抑えることをお勧めします。 最大文字数を超えると、電話ポップアップ通知ボックスに表示される情報は、文字数が最大文字数を下回るまで自動的に修正されます。修正は、次に示す順序で行われます。

1. ポップアップ通知ボックスの見出しが削除されます(たとえば「電話からダイヤルイン」)。

2. 太字の文字が、通常の文字に変更されます。

3. [ Label for access phone number 3 ] フィールドのテキストが「Or: 」に変更されます。

4. [ Label for access phone number 4 ] フィールドのテキストが「Or: 」に変更されます。

フル Web 会議室の電話ポップアップ通知ボックスに電話番号とラベルが正しく表示されることを確認するには、次のとおりに実行します。

1. 17 桁の会議 ID(許容される最大文字数)を使用して、Web および音声の会議のスケジュールを作成します。

2. この フル Web 会議に参加します。

3. フル Web 会議室の右上にある電話アイコンにマウス ポインタを合わせて、ポップアップ通知ボックスの内容を表示します。

会議電話番号と通知ラベルが正しく表示されない場合は、通知ラベルの文字数を減らしてください。

関連項目

「会議電話番号と通知ラベルの設定」

「概要: 使用状況の設定」

「Cisco Unified MeetingPlace Express の電子メール通知の設定」

会議電話番号と通知ラベルの設定

この項では、ユーザが会議に参加するときに使用する電話番号と、その電話番号の説明として表示されるラベルを設定する方法を説明します。

始める前に

「フル Web 会議室の電話ポップアップ通知ボックスの文字数制限について」を参照してください。


) ここで行う設定を有効にするには、システムを再起動する必要があります。


手順


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace Express にログインします。

ステップ 2 ページの上部にある[管理] をクリックします。

ステップ 3 ページの左側で次の操作を実行します。

a. [System Configuration] をクリックします。

b. [Usage Configuration] をクリックします。

ステップ 4 [Usage Configuration] ページで、次のフィールドを設定します。

Access phone number 1

Label for access phone number 1

Access phone number 2

Label for access phone number 2

Access phone number 3

Label for access phone number 3

Access phone number 4

Label for access phone number 4

ステップ 5 [Save] をクリックします。

ステップ 6 システムを再起動します。

システムを再起動するには、CLI で「sudo mpx_sys restart」と入力します。 CLI へのログイン方法については、『 Cisco Unified MeetingPlace Express インストレーション アップグレード ガイド 』を参照してください。


 

関連項目

「会議電話番号と通知ラベルについて」

「概要: 使用状況の設定」

「Cisco Unified MeetingPlace Express の電子メール通知の設定」