Cisco Unified MeetingPlace ユーザ ガイド Release 7.0
用語集
glossary
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

glossary

 


C
Cisco Unified MeetingPlace PhoneView
Cisco Unified IP Phone には標準の電話にはない画面とボタンがあります。Cisco Unified IP Phone があり、システム管理者が Cisco Unified MeetingPlace PhoneView を設定している場合は、Cisco Unified IP Phone の画面にあるボタンとオプションを使用して、 予約不要の会議 の開始、会議への参加、会議詳細の参照、一部の会議内機能の実行ができます。

 


W
Web 会議
Web 会議室に表示される会議の一部。Web 会議には通常、 音声会議 、および ビデオ会議 も関連付けられています。
Web 会議室
Web ブラウザを使用して会議に参加する際に表示される Cisco Unified MeetingPlace 会議の一部。このリリースの Cisco Unified MeetingPlace には、Cisco Unified MeetingPlace と Cisco WebEx の 2 つの Web 会議オプションがあります。
Web リンク
Cisco Unified MeetingPlace Web 会議のツールの 1 つ。このツールを使用すると、Web 会議のすべての参加者に Web ページを配信できます。

 


アウトダイヤル
プロファイルの電話番号、または要求時に提示した電話番号を使用して、Cisco Unified MeetingPlace から実行するユーザ(または他の人)の呼び出し。
すべてのユーザに対してこの機能が有効になっているかどうかは、システム管理者の設定によって異なります。

 


一斉アウトダイヤル
会議の時間になるとすべての会議参加者へ自動的に発信されるアウトダイヤル。ユーザは、会議をスケジュールする際に一斉アウトダイヤルを有効にできます。

 


ウェブセミナー
1 人の参加者が主催者を務め、1 人または複数のプレゼンタが存在し、残りの参加者が受動的な聴衆者となる、講義形式の会議。こうした種類の会議では、デフォルトで、聴衆者にリスナー音声権限(音声がオフに設定されている)が設定されます。「 プレゼンテーション 会議」と比較。

 


オーナー
通常、会議のオーナーは、会議のスケジュール担当者です。ただし、システム管理者または出席者が他のユーザの代理として会議をスケジュールした場合、システム管理者や出席者は会議のスケジュール担当者になりますが、依頼したユーザが会議のオーナーになります。
オプション キー
製品に含まれるオプション機能を有効にするために使用する英数字の文字列。
音声会議
会議の音声部分。電話、またはビデオ エンドポイントのマイクを通じて、音声会議に参加できます。会議には通常、 Web 会議 も関連付けられています。

 


会議 ID
スケジュールされている会議の日付、時刻、期間で会議を一意に識別する番号。最大 17 文字までの英数字を使用でき、スペースは使用できません。
定例会議をスケジュールする場合、この値は、定例で開催される一連の会議に一意の会議 ID として使用できるようにする必要があります。
会議のプリファレンス
会議の動作を指定するオプション パラメータのデフォルト設定。各ユーザ プロファイルには、デフォルトの会議のプリファレンスが関連付けられています。ユーザは、個々の会議ごとにデフォルトの会議のプリファレンスと異なる設定を選択できます。
会議のロック
会議へのアクセスが制限された状態。会議への参加を希望するユーザまたはゲストは、主催者から承認されるまで会議室に入れません。
外部アクセス
企業のファイアウォールの外から Cisco Unified MeetingPlace Web 会議にアクセスする機能。外部アクセスがスケジュールされている会議は、専用に設定された特定のサーバで実行されます。このような会議をスケジュールする際は、[外部 Web 参加者を許可]パラメータを[はい]に設定する必要があります。
外部サーバ
企業ファイアウォールの外側に配置された Cisco Unified MeetingPlace Web サーバ。外部サーバが使用できると、ユーザは内外の参加者を招待できます。つまり、企業ネットワークの外側にいる参加者も会議に招待できます。

 


共有ツール
Cisco Unified MeetingPlace の フル会議室 、または 共有のみの会議室 のツール。会議参加者は、アプリケーションを共有したり、すべての参加者に対してドキュメントまたはデスクトップを表示することができます。
共有コンテンツの注釈は、透過的なオーバーレイに表示されます。このため、注釈の処理時にオリジナルのファイルは変更されません。
共有のみの会議
ユーザが Cisco Unified Personal Communicator アプリケーションから起動した Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室。
記録
セッション中機能のオプションの 1 つ。参加者は会議の音声、音声/Web、または音声/ビデオ コンポーネントを記録して、後からストリームとして再生できます。

 


継続会議
すべての人が退出し、電話を切った後も常に画面上に表示される永続的な会議。
ゲスト ユーザ
Cisco Unified MeetingPlace プロファイル のないユーザ、または、会議や Cisco Unified MeetingPlace システムにCisco Unified MeetingPlace ユーザ ID (または 電話プロファイル番号 )とパスワードを使用してログインしていないユーザ。
権限レベル
Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室内で会議参加者それぞれに設定される権限を指定します。権限レベルには、 聴衆者 プレゼンタ 、および 主催者 があります。

 


公開された会議
アクセス制限なしにスケジュールされた会議。公開された会議の検索およびアクセスは、[会議の検索]ページから実行できます。Cisco Unified MeetingPlace へのアクセス権を持つユーザは、公開された会議を検索して参加できます。「 プライベート会議 」も参照。
公開されている会議
ユーザが[会議の検索]ページで検索を実行したときに公開されているものとして検索対象になる会議。会議が公開されていない場合は、会議のスケジュール担当者、会議のオーナー(スケジュール担当者が別のユーザの場合)、出席者、システム管理者、会議の招待者のみに詳細が提示されます。ただし、公開されていない会議でも、会議 ID がわかれば、だれでも会議を検索することはできます。
デフォルトでは、予約不要の会議はすべて、公開されている会議になります。
講義形式の会議
会議のセッションを明示的に開始すること、会議室の開閉、Q&A 機能の有効化、必要に応じてリスナーを待合室に移動することなどを、主催者が制御できる会議。
コラボレーション テンプレート
オープン フォーラム形式の会議では、デフォルトですべての参加者にプレゼンタ会議コンソールアクセス権が設定されます。

 


サブ会議セッション
会議内の音声のみの会議。この機能は、たとえば、会議中に一部の参加者と個人的に話し合いたい場合、オフラインでディスカッションを実行し、何らかの決定を得た上でメインの会議に戻る場合などに便利です。
1 つの会議では、同時に 9 つまでのサブ会議セッションを使用できます。
サンカシャ
Cisco Unified MeetingPlace PhoneView で、ユーザの Cisco Unified IP Phone に表示される参加者のリスト。
参加者リスト
Web 会議室に表示される参加者のリスト。Cisco Unified IP Phone では、同様の情報が「参加者」と呼ばれます。
参加者リスト ツール
Web 会議室のセクションで、参加者のリストと複数のユーザ機能へのアクセスと共に表示されます。Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室では、参加者リスト ツールを使用して、会議の出席を管理したり、参加者のアクセス権を変更したり、選択した参加者をサブ会議室に移動したり、参加者のミュートのオン/オフを実行できます。

 


システム管理者
ユーザ クラスの 1 つ。通常、システム管理者は Cisco Unified MeetingPlace のセットアップと保守を担当する組織内の人物です。システム管理者は、システム設定情報やユーザ コミュニティに関する情報など、Cisco Unified MeetingPlace データベースに保存されているすべての情報にアクセスできます。別の権限によって招待された場合を除き、デフォルトでは、システム管理者にはすべての会議に対して主催者権限が設定されています。
主催者
Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室の 3 つの権限レベルの 1 つ。主催者権限のある参加者は、Web 会議室のすべてのアクティビティを実行できます。デフォルトでは、Cisco Unified MeetingPlace プロファイルを使用して会議室に入室したすべての参加者(Cisco Unified MeetingPlace ユーザ ID とパスワードを使用して入室した参加者)に主催者権限が設定されます。
出席者
Cisco Unified MeetingPlace システム管理者により、Cisco Unified MeetingPlace Web サイトを使用して、すべての会議をスケジュール、再スケジュールおよび終了する権限が設定された個人。出席者は、管理センターでのアラームおよびレポートの表示など限定的なシステム管理タスクも実行できます。
準備モード
会議の参加者に表示される画面に影響を及ぼすことなく、主催者が会議室の複数のレイアウト間を移動できるモード。このモードでは、他の参加者のプレゼンテーション中に会議レイアウトの編集や準備を実行できます。「 レイアウト 」も参照。

 


スクリーン共有
アプリケーション、ドキュメント、プレゼンテーションなどのコンテンツを Web 会議室のすべての参加者で共有すること。Cisco Unified MeetingPlace Web 会議の場合、この操作は プレゼンタ および 主催者 に限定されます。
スケジュール担当者
会議のスケジュールの実行者。通常、会議のスケジュール担当者は会議の オーナー です。ただし、システム管理者または出席者が他のユーザの代理として会議をスケジュールした場合は、そのシステム管理者や出席者が会議のスケジュール担当者になります。

 


即時会議
即時開始されるようにスケジュールされた会議。 プロファイルを持つユーザ は、Web ブラウザを使用して即時会議をスケジュールできます。「 予約不要の会議 」を参照。
ソフトキー
Cisco Unified IP Phone の電話の画面の直下にあるボタンの 1 つ。各ソフトキーの機能は、ボタンの真上にある画面下部に表示されます。各キーの機能は、表示している画面によって変わります。

 


帯域幅
通信チャネルの情報伝送容量。デジタル システムの場合はビット/秒(bps)単位で測定され、アナログ システムの場合はメガヘルツ(MHz)単位で測定されます。
ダイヤルアウト
Cisco Unified MeetingPlace からユーザに電話をかけること。この呼び出しに応じたら、再生される音声案内に応答します。
代理人
ある人物の代わりに特定の操作を実行することを許可された人。操作には、会議の再スケジュール、表示、削除、終了などが含まれます。代理人は、ある人物の代わりとして会議をスケジュールすることはできません。他のユーザに向けて会議をスケジュールできるのは、システム管理者または 出席者 の権限があるユーザに限定されます。
代理人の候補者はシステム管理者によって指定されます。

 


チャット ツール
Cisco Unified MeetingPlace フル会議室 、および標準 Cisco WebEx 会議室のツールで、会議参加者によるメッセージの相互送信を可能にします。
注釈
文書やプレゼンテーションに対話的な方法でテキストやグラフィックをリアルタイムに追加すること。この機能は、Cisco Unified MeetingPlace で権限に応じて使用できます。
聴衆者
Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室の 3 つの権限レベルの 1 つ。聴衆者権限のある人には、会議中に限定的な権限が設定されます。 フル会議室 で、聴衆者は、共有コンテンツ、チャット メッセージ、ノートを表示したり、チャット メッセージを送信することができます。主催者とプレゼンタは、聴衆者のチャット メッセージを制限できます。
デフォルトでこの権限レベルが設定される参加者はありません。ただし、主催者は会議中に参加者をこの権限レベルに降格させて、その参加者のアクティビティを制限することができます。

 


通知
会議に招待する際、および会議をスケジュールする際に送信される電子メールによる招待状。予約不要の会議では、通知は送信されません。
会議に Cisco Unified MeetingPlace フル会議室が含まれる場合、「通知」という用語は、共有ツールを全画面で表示しているときにチャット通知を有効にして、テキスト メッセージを受信したときに表示されるポップアップ通知も意味します。

 


定例会議
たとえば、毎日、3 週間ごと、のように定期的なパターンに従って開催される一連の会議。
添付ファイル
会議に関連付けられた追加情報。適切な権限を持つユーザは、会議前、会議中、または会議後のいつでも、会議に情報を関連付けることができます。
電話のプロファイル番号
電話を使用してログインする際にユーザを一意に識別するユーザ ID。

 


投票
Cisco Unified MeetingPlace の機能の 1 つ。この機能では、主催者またはプレゼンタの権限を持つユーザが、会議の参加者からアイデアや意見などのフィードバックを収集するために複数選択または複数回答形式の質問を作成できます。
ドメイン名
シンボル名の中で IP アドレスのネットワーク番号に対応する部分。シンボル名が name@mycompany.com の場合、ドメイン名は mycompany.com の部分になります。

 


認証
ユーザの身元を確認するために、ディレクトリにある情報と照らし合わせてユーザの情報をチェックするプロセス。

 


ノート ツール
Cisco Unified MeetingPlace フル会議室 のツールの 1 つ。会議参加者は、会議のすべての参加者に表示されるノートを作成できます。

 


ビデオ会議
ビデオ エンドポイントを使用して参加する会議の一部。ビデオ エンドポイントを使用する参加者に対しては、音声とビデオが結合されます。会議には通常、 Web 会議 も関連付けられています。
ビデオ端末
特定の会議時間に対して予約できる、Cisco Unified MeetingPlace プロファイルを持つビデオ エンドポイント。例として、会議室ビデオ システムなどがあります。

 


ファイアウォール
内部の企業ネットワークと外部のインターネットを分離するハードウェアおよびソフトウェア ツール。
プライベート会議
公開された会議としてアクセスできないように制限付きでスケジュールされた会議。プライベート会議への参加または検索を行うには、その会議の会議 ID を知っている必要があります。
ブラウザ テスト
Cisco Unified MeetingPlace の会議の Web 部分に参加する前に実行を要するテスト。このテストは、コンピュータで Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室を正しく表示できるかどうかを確認するため、会議への初回参加時には特に重要です。
フル会議室
Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室の設定の 1 つ。フル会議室には参加者リストが共有ツールと共に表示され、使用するコンピュータ、チャット ツール、およびノート ツールでコンテンツを共有したり、注釈を付けることができます。各参加者が使用できる機能は、参加者の 権限レベル によって異なります。
プレゼンタ
Web 会議室の 3 つの権限レベルの 1 つ。プレゼンタ権限を持つ参加者には、聴衆者権限より大きく、主催者権限より小さい権限が設定されます。フル会議室の場合、プレゼンタは共有コンテンツの制御、ノートの転送、チャット機能の制御、および聴衆者権限の参加者が使用可能なすべての機能を使用できます。
Cisco Unified Personal Communicator によって開始された共有のみの会議の場合、プレゼンタはコンテンツの共有、個人的な表示機能の制御、および共有コンテンツの表示が可能です。
デフォルトでは、ゲスト ユーザはプレゼンタ権限で会議に入室します。プレゼンタの権限レベルは、共有機能を備えていない Cisco Unified MeetingPlace の会議では実用性がありません。
プレゼンタ限定領域
主催者とプレゼンタがツールを配置できる、会議コンソール画面の「オフステージ」領域。この領域に配置されたツールは聴衆者には見えません。この領域に配置されたツールが見えるのは、他の主催者とプレゼンタに限られます。プレゼンタはここに配置されたツールを使用して、メモやテキスト メッセージなどを個人的にやりとりしたり、聴衆者に表示する新しいコンテンツを事前に準備したりすることができます。プレゼンタ限定領域には、任意の会議ツールを配置できます。
プレゼンテーション テンプレート
1 人または複数の参加者が 1 人または複数のアクティブな聴衆者に向けてプレゼンテーションを行う会議。こうした種類の会議では、すべての参加者がフル発言権限で会議に入室します。「 ウェブセミナー 会議」と比較。
プロファイル
組織内の一部、大半、またはすべての人に Cisco Unified MeetingPlace プロファイルが設定されます。このプロファイルには、ユーザ ID とパスワード、連絡先情報、および権限が保存されます。
自分のプロファイルに定義されているユーザ ID とパスワードを使用して Cisco Unified MeetingPlace にログインすると、システム管理者がアクセスを制限している機能を除き、プロファイル ユーザが使用可能なすべての機能にアクセスできます。
プロファイル ユーザ
Cisco Unified MeetingPlace で定義されたプロファイルを持つ個人。
プロファイル番号
電話を通じてユーザの識別に使用される最大 17 桁の番号。プロファイル番号には、それに対応する数字のパスワード(プロファイル パスワード)があり、Web アクセス用のユーザ ID に関連付けられた英数字のパスワードと区別されます。

 


ホワイトボード
Web コラボレーション モードの 1 つで、自発的な対話形式のコラボレーションに使用できる空白のページが Web 会議室に表示されます。

 


待合室
会議参加者が、会議の開始前に 予約不要の会議 に入室した場合は、会議の開始まで待合室で待機することになります。

 


ミュート オン/オフ
発言を行っていない参加者が自分の電話回線をミュートできるセッション中の機能。ミュートを使用すると、周囲の雑音が会議の音声に混じることを防げます。ユーザが再び発言する場合は、ミュートを解除する必要があります。

 


ユーザ ID
すべての プロファイル ユーザ にユーザ ID が 2 つずつ設定されます。1 つは 電話のプロファイル番号 で、もう 1 つは Web ユーザ ID です。
ユーザ クラス
プロファイル ユーザ が表示できるもの、Cisco Unified MeetingPlace システム、および会議への参加時に実行可能な操作を指定します。ユーザ クラスとしては、 ゲスト ユーザ 代理人 出席者 、およびシステム管理者があります。
ユーザ グループ
共通の属性を持つプロファイル ユーザのグループ。システム管理者は、ユーザ グループを定義することで、個々のユーザ プロファイルの設定と管理に必要な時間を節約できます。

 


予約不要の会議
事前にスケジュールしない会議。
予約不要の会議の ID
予約不要の会議の会議 ID には、常に会議のオーナーの 電話のプロファイル番号 が設定されます。

 


リスナー
リスナー権限を持つユーザ。これは最下位の権限レベルです。リスナーは会議中に発言できません。

 


レイアウト
会議でのツール ウィンドウの配置。レイアウトには、種類の異なる複数のツールや、同じツールの複数のインスタンスを組み込めます。会議の主催者は、1 つの会議に対して複数のレイアウトを定義し、[レイアウト]メニュー、またはステージの下にある[レイアウト]ツールバーを使用してレイアウト間を移動できます。