Cisco Unified MeetingPlace ユーザ ガイド Release 7.0
Cisco Unified MeetingPlace での 自分の会議のプリファレンスの変更
Cisco Unified MeetingPlaceでの自分の会議のプリファレンスの変更
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified MeetingPlaceでの

会議のアナウンスの変更

会議のセキュリティ設定のアップデート

Cisco Unified MeetingPlaceでの
自分の会議のプリファレンスの変更

リリース: 7.0

[会議のプリファレンス]ページには、会議のスケジュールや運営方法に関するビジネス ルールが表示されます。ほとんどの情報は、システム管理者がアカウントを作成したときに設定されています。

「会議のアナウンスの変更」

「会議のセキュリティ設定のアップデート」

会議のアナウンスの変更

Cisco Unified MeetingPlace には、会議の管理に役立つアナウンスがいくつか用意されています。これらのアナウンスは、会議に新しい参加者が参加した場合、会議から退室する場合、会議の終了が近い場合、および会議が延長される場合に使用されます。これらのアナウンスは変更したり、すべて無効にすることなどができます。

また、ユーザが電話で会議に参加しようとする際のアナウンスを選択することもできます。

手順


ステップ 1 プロファイル ユーザとして Cisco Unified MeetingPlace にサインインします。

ステップ 2 [アカウント]をクリックします。

ステップ 3 [会議のプリファレンス]をクリックします。

ステップ 4 次の設定を行います。

入室のアナウンス

退室のアナウンス

会議の終了

会議の延長

会議入室モード

ステップ 5 [送信]をクリックします。


 

関連トピック

リファレンスモジュール内の フィールド リファレンス:[会議のプリファレンス]ページ

会議のセキュリティ設定のアップデート

手順


ステップ 1 プロファイル ユーザとして Cisco Unified MeetingPlace にサインインします。

ステップ 2 [アカウント]をクリックします。

ステップ 3 [会議のプリファレンス]をクリックします。

ステップ 4 [会議のセキュリティ]セクションまでスクロールして、自分の設定を変更します。

外部 Web 参加者を許可

パスワードが必要

パスワードをスキップできるユーザ

会議の存在を公開

会議の参加者の資格

ステップ 5 [会議メモ]セクションまでスクロールします。

ステップ 6 MeetingNotes にアクセスできるユーザ]のオプションを選択して、会議の添付および記録にアクセスできるユーザを指定します。

ステップ 7 (オプション)下にスクロールして、[ プロファイル パスワードの要求]に[はい]を選択します

ステップ 8 [送信]をクリックします。


 

関連トピック

リファレンス モジュール内の フィールド リファレンス:[会議のプリファレンス]ページ