Cisco Unified MeetingPlace ユーザ ガイド Release 7.0
Cisco Unified MeetingPlace での 会議室接続の管理
Cisco Unified MeetingPlace での会議室接続の管理
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified MeetingPlace での会議室接続の管理

Web 会議室への接続の確認

Web 会議室への接続速度の確認

Web 会議室への再接続

すべての参加者の接続ステータス インジケータの監視

Web 会議室の帯域幅の最適化

Web 会議室への接続の確認

開始する前に

Cisco Unified MeetingPlace フル会議室 に入室している必要があります。

主催者 または プレゼンタ である必要があります。

手順


ステップ 1 メニュー バーの右端を見て、接続ステータスを判断します。

緑色のバー:会議室の接続ステータスは最適です。

黄色のバー:ネットワークの混雑が発生しています。Web 会議室を適切に表示できない場合があります。

赤色のバー:ネットワーク問題が発生し、Web 会議室への接続を切断されました。残りの手順をスキップし、「Web 会議室への再接続」を参照してください。

ステップ 2 (オプション)接続ステータスの詳細を表示する場合は、インジケータ バーをクリックします。


 

Web 会議室への接続速度の確認

使用するインターネット接続の種類に基づいて、会議への接続速度を選択します。これにより、使用するシステムに適した速度で会議のデータが配信されるようになります。

開始する前に

Cisco Unified MeetingPlace フル会議室 に入室している必要があります。

主催者 または プレゼンタ である必要があります。

手順


ステップ 1 [会議] >[接続速度]の順にクリックします。

ステップ 2 接続の種類を選択します。

モデム:最も遅い接続の種類です。

DSL/Cable:多くの中小企業や家庭で一般的な高速の接続です。

LAN:最速の接続です。大部分の社内ネットワークで一般的です。


 

トラブルシューティングのヒント

ネットワークの問題が原因で Web 会議室を適切に表示できない場合は、現在選択されているオプションより遅いオプションを選択します。

[モデム]を選択しても接続の問題が発生する場合は、会議の主催者に連絡してください。

社内ネットワークを経由して接続している場合に問題が頻繁に発生する場合は、Cisco Unified MeetingPlace システム管理者に連絡してください。

Web 会議室への再接続

開始する前に

Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室に入室している必要があります。

メニュー バーの右端にあるインジケータの色が赤色であることを確認します。

手順


ステップ 1 赤色の接続インジケータをクリックします。

ステップ 2 Cisco Unified MeetingPlace によって再接続が試みられている間、待機します。


 

トラブルシューティングのヒント

接続できない場合は、出席している会議の主催者に連絡してください。

すべての参加者の接続ステータス インジケータの監視

Web 会議室が次のような状況の場合、より大きな帯域幅が必要です。

複雑で、高解像度、ハイカラーの画像を共有している。

アクティブなプレゼンタが複数存在する。

スクリーンの変化が速い(プレゼンタがスライドを早くめくる場合など)。

主催者の場合は、参加者のネットワーク接続を監視し、参加者が Web 会議を表示したり Web 会議に参加したりできることを確認できます。

開始する前に

主催者 である必要があります。

Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室に入室している必要があります。

手順


ステップ 1 [参加者リスト]ツールを探します。

ステップ 2 >[接続ステータスの表示]の順にクリックします。

ステップ 3 次の表の情報を使用すると、参加者が会議に適切に接続できるかどうかを判断するのに役立ちます。

 

オプション
説明

アイコンなし

ユーザのネットワーク接続は許容範囲内にあります。

 

このユーザの接続が適切でないか、Web 会議の表示や Web 会議への参加を簡単に実行できない可能性があります。

このユーザの接続帯域幅が現在の会議室の帯域幅より狭く、このユーザが接続しているネットワークにおいて高い割合で遅延(0.2~4 秒遅延している、またはこのユーザのネットワーク接続でパケットの 5~20% が破棄されている)が発生しています。

 

このユーザの接続が不十分で、ユーザは Web 会議を表示したり Web 会議に参加したりできません。

このユーザのネットワーク遅延は 4 秒より大きく、Web 会議室は LAN に接続されていますがユーザはモデム速度で接続しています。あるいは、このユーザのネットワーク接続でパケットの 20% 以上が廃棄されています。


 

トラブルシューティングのヒント

会議に多くの受動的な参加者が参加し、1 人のユーザのみがコンテンツを共有している場合は、Web 会議室の解像度を 1024x768 に設定します。 Cisco Unified MeetingPlace Web 会議の管理 モジュール内の 会議室のスクリーン解像度の設定を参照してください。

問題を抱えている参加者に、Web 会議室へのネットワーク接続速度を低減するように呼びかけます。「Web 会議室への接続速度の確認」を参照してください。

これまでの解決策で問題が解決しない場合は、Web 会議室のネットワーク接続速度を低減します。「Web 会議室の帯域幅の最適化」を参照してください。

Web 会議室の帯域幅の最適化

参加者が使用する接続速度に合った会議室の帯域幅を選択します。参加者がさまざまな接続速度を使用する場合は、参加者が使用する可能性のある最も低速の速度を選択してください。たとえば、ある参加者がモデムを使用する場合は、会議室の帯域幅に[モデム]を選択して、すべての参加者が問題なく接続できるようにしてください(参加者の接続速度を判別するには、[参加者リスト]ツールの参加者の名前の上にマウスを置きます)。

開始する前に

主催者 である必要があります。

Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室に入室している必要があります。

手順


ステップ 1 [会議室] >[会議室の帯域幅の最適化]の順にクリックします。

ステップ 2 状況に応じて、会議室の接続を設定します。

 

状況
操作内容

参加者には接続の問題はありません。

[LAN]を選択します。

参加者は広帯域インターネット接続を使用して会議に参加しています。

または

[会議室の帯域幅の最適化]が LAN に設定されると、接続の問題が発生します。

[DSL/Cable]を選択します。

参加者はダイヤルアップ インターネット接続を使用して会議に参加しています。

または

[会議室の帯域幅の最適化]が DSL に設定されると、接続の問題が発生します。

[モデム]を選択します。


 

トラブルシューティングのヒント

[DSL]設定にしても問題が発生する場合は、[モデム]設定を試します。