Cisco Unified MeetingPlace ユーザ ガイド Release 7.0
Cisco Unified MeetingPlace へ ようこそ
Cisco Unified MeetingPlace へようこそ
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified MeetingPlace へようこそ

と CiscoWebEx Web 会議の相違点

Cisco Unified Personal Communicator を用いた共有のみの会議について

アカウントについて

プロファイル ユーザに限定される機能

ユーザ ID とパスワード

にサインインする方法

サインイン方法

プロファイル ユーザでの Web からのサインイン

ゲスト ユーザでの Web からのサインイン

CiscoWebEx の統合ホームページへのサインイン

新しいログインの強制の使用

Cisco Unified MeetingPlace と Cisco WebEx Web 会議の相違点

Cisco Unified MeetingPlace では、2 つの Web 会議プロバイダから選択することができます。以下は、2 つの会議の主要な相違点をまとめたものです。

 

機能
Cisco Unified MeetingPlace Web 会議
Cisco WebEx Web 会議

権限モデル

プロファイル ユーザまたはゲスト ユーザとしてのステータスと、使用される会議テンプレートに基づいて、権限が参加者に割り当てられます。

主催者には、音声コントロールを含む会議のフル コントロールがあります。

プレゼンタは常に共有が可能です。

聴衆者は発言と表示のみが可能です。

1 つの会議に複数のホストとプレゼンタが参加できます。

デフォルトでは、会議のホストがプレゼンタとして会議を開始します。その後ホストは、これらの権限を別のユーザに渡すことができます。

ホストには、共有と音声コントロールを含む会議のフル コントロールがあります。

プレゼンタは、権限が付与されていれば、共有が可能です。

出席者は発言と表示のみが可能です。

1 人のホストと 1 人のプレゼンタのみが常に会議に参加できます。

会議テンプレート

多対多のコラボレーション スタイルの会議と 1 対多の ウェブセミナー スタイル の会議を提供します。

1 対多のウェブセミナー スタイルの会議を提供します。

最初の会議入室

Flash プラグインをダウンロードします。

参加者は、主催者より先に Web 会議に参加できます。

Cisco WebEx クライアントまたは Java ベースのクライアントをインストールします。

会議全般で、参加者は主催者より先に Web 会議に参加できます。

エンドツーエンド暗号化による会議(E2E 会議)の場合は、ホストが Web 会議に参加してからでないと、他の参加者は Web 部分に参加できません。

一般的な会議の入室

パスワードの使用は任意です。

パスワードの使用が強く推奨されています。会議の音声部分と Web 部分の両方に参加する場合、参加者はパスワードを使用する必要があります。

会議のアナウンス

ユーザは、Cisco Unified MeetingPlace の Web ページと Web 会議室から、さまざまな会議アナウンスを変更、有効化、および無効化できます。

ユーザは、Cisco Unified MeetingPlace の Web ページから、さまざまな会議アナウンスを変更、有効化、および無効化できます。ただし、Cisco WebEx Web 会議室からの入室アナウンスおよび退室アナウンスの無効化はサポートされていません。

会議の添付

ユーザは、会議前、会議中、および会議後に会議資料を添付できます。

ユーザは、会議前に会議資料を添付できません。

共有

主催者とプレゼンタは常に共有が可能です。

複数のユーザが同時に共有できます。

管理された Q&A とプレゼンタ限定領域のみが使用可能です。

デュアル モニタ設定をサポートしています。

Windows コンピュータと Mac OS コンピュータからの共有をサポートしています。

Linux & Unix コンピュータからの表示をサポートしています。

ホストのみが共有を開始できます。Cisco WebEx 会議内で他のユーザが共有するにはホストが共有の権利を渡す必要があります。ホストが会議に参加しない場合は、会議がスケジュールされるときに代理ホストが割り当てられる必要があります。つまり代理ホストが代理ホスト キーを入力して共有を開始する必要があります。

1 人のユーザだけが常に共有可能です。

シングル モニタのみをサポートしています。

Windows、MAC、Linux & Unix コンピュータからの共有をサポートしています。

セッション中の参加者管理

主催者は自分自身と他ユーザのミュートのオン/オフ、個々のユーザは自分自身のミュートのオン/オフをいつでも行うことができます。

すべてのミュート解除は、サポートされていません。

発信者 ID が、ダイヤルインするゲストに表示されます。

主催者は、個々の発言者の機能をオン/オフすることができます。

ユーザは、音声インターフェイスと Web インターフェイスの両方から会議のロックとロック解除を行うことができます。

主催者は、それぞれ Web にダイヤルインしている参加者とログインしている参加者を結合できます。

主催者は、聴衆者とリスナーを Web から待合室に移動できます。

ホストは自分自身と他のユーザをミュートすることができます。ホストによってミュートされると、個々のユーザは自分自身のミュートを解除できません。出席者は自分自身をいつでもミュートおよびミュート解除できます。

ホストはすべてのミュートを解除できます。

ダイヤルインしているゲストは、Call In User 1、Call In User 2 のように識別されます。

ホストは、[ミュート オン/オフ]ボタンを使用して、個々の発言者の機能をオン/オフにします。

Web から会議をロックすると、Web と音声の両方がロックされます。音声から会議をロックすると、音声会議のみがロックされます。

サブ会議室

ユーザは 9 つのサブ会議室の中から 1 つを選択し、そのサブ会議室でトピックを検討してからメイン会議に戻ることができます。ユーザは、Web 会議室と電話の両方からサブ会議室にアクセスできます。

ユーザがサブ会議室に移動すると、Cisco Unified MeetingPlace Web 会議室に反映されます。

ユーザは電話で適切な一連のキーを使用して、サブ会議室に移動できます。

ユーザは Web からサブ会議室にアクセスすることができず、サブ会議室での在席は Cisco WebEx Web 会議室に反映されません。

参加者の名前変更

主催者は、Web 参加者リストの他のユーザの名前を変更できます。

適切な権限を持つユーザは、自分自身と Web 会議室の他の参加者の名前を変更できます。ただし、この変更は他のユーザには確認できません。

会議の記録

ユーザが会議をスケジュールするとき、Web 会議プロバイダとして Cisco Unified MeetingPlace を使用する場合は、次が可能になります。

電話から開始される音声のみの記録。

音声/Web が同期された記録、あるいは Web またはビデオ エンドポイントから開始された音声/ビデオの記録は、デフォルトではローカル Web サーバに格納されます。

参加者は、Web または音声から記録を取得できます。

記録は Web ブラウザから直接表示できます。

音声と Web の記録のオフライン表示は使用できません。

記録のストレージは、ローカルおよびネットワークのストレージ領域によって制限されます。

ユーザが会議をスケジュールするとき、Web 会議プロバイダとして Cisco WebEx を使用する場合は、次のようになります。

電話から開始される音声のみの記録は、Cisco WebEx 会議ではサポートされていません。

音声/Web が同期された記録、あるいは Web から開始された音声/ビデオの記録は、WebEx.com に格納されます。

会議のホストだけが記録を取得できます。ホストは参加者にリンクを送信できます。

記録を表示するには、Cisco WebEx Player をダウンロードする必要があります。

音声と Web の記録は、オフライン表示用に Flash または WMV に変換できます。

記録は Cisco WebEx に格納され、サイト設定の制限を受けます。

レイアウト管理

柔軟性のあるレイアウト、コラボレーション、プレゼンテーション、およびウェブセミナーのテンプレートを使用できます。

ユーザはカスタム テンプレートを作成できます。

会議中のレイアウト変更は、すべてのユーザに影響します([全画面表示]ボタンを使用すると個々のユーザのみに影響することが可能なオプションがあります)。

固定レイアウト、変更できません。

カスタム テンプレートは使用できません。

全画面表示にすることができるのはホストですが、表示サイズの制御は個人で行うことができます。

ビデオ

ビデオは、会議室の独立したウィンドウに表示されます。

会議参加者は、標準ベースの H.323 または Cisco Unified Communications Manager ビデオ テレフォニーのエンドポイント(SCCP と SIP)を使用している場合は、ビデオを共有できます。また H.320 ISDN ビデオは、Cisco Unified Video 3500 ISDN ゲートウェイを使用してサポートされます。

ユーザは、Web から標準ビデオ エンドポイントにアウトダイヤルできます。

ユーザは、Web からビデオ レイアウト(アクティブな発言者/継続的な在席)の一時停止または変更を行うことができます。

統合型 Web カメラ ビデオは使用できません。

ビデオは、Web 会議ウィンドウに直接表示されます。

会議のホストは、使用しているコンピュータの Web カメラからビデオを直接共有できます。

Web カメラ ビデオは使用できますが、標準エンドポイントとは相互運用しません。

Web カメラ ビデオが使用できるため、ファイアウォール内外でビデオを使用できます。

会議の終了

2 人の参加者が会議に残っている限り、会議は自動的に延長されます。主催者は、いつでも会議に参加し会議から退室できます。

個人の参加者は、Web セッションから退室した後でも、音声上でとどまることができます。

会議はホストが退室すると終了しますが、会議を続行するために、ホストが他の出席者にホストの権限を渡すこともできます。

Web セッションが一旦終了すると、個々の参加者は会議から(音声からも)退室します。

Cisco Unified Personal Communicator を用いた共有のみの会議について

Cisco Unified Personal Communicator ユーザは、アドホックな Cisco Unified MeetingPlace Web 会議を Cisco Unified Personal Communicator クライアントから起動し、ホワイトボード、デスクトップ、アプリケーション、またはドキュメントを共有しコラボレーションすることができます。これらのアドホック会議には、Cisco Unified MeetingPlace の音声は含まれません。参加者は、Cisco Unified Personal Communicator クライアントから会議室に入室できますが、会議へのダイヤルインや、会議室から電話へのダイヤルアウトは実行できません。

Cisco Unified Personal Communicator から起動されたアドホック Web 会議には、次のような特性もあります。

会議には任意の会議 ID が割り当てられます。会議を起動したユーザの予約不要 ID は使用されません。

会議は公開されません。ユーザは、[会議の検索]ページを使用して会議を検索できません。また、Cisco Unified MeetingPlace ホームページに会議 ID を入力したり、Cisco Unified MeetingPlace PhoneView を使用して、会議に参加することはできません。

会議はパスワードで保護されていません。

会議用の電子メール通知は生成されません。

会議では、共有ツールのみを含む特別な会議テンプレートが使用されます。すべての会議参加者には、プレゼンタ権限があります。

Cisco Unified Personal Communicator 音声会議またはビデオ会議からの Cisco Unified MeetingPlace 会議室へのアクセスの詳細は、Cisco Unified Personal Communicator システムのオンライン ヘルプを参照してください。

アカウントについて

Cisco Unified MeetingPlace アカウントには、ユーザ ID とパスワード、連絡先情報、権限などの、連絡先とアクセスに関するすべての情報が含まれています。通常、プロファイル ユーザとしてログインしている場合は、システム管理者が制限付きでプロファイルを設定していない限り、すべての機能を使用できます。

電子メール アドレスや電話番号などのアカウント内の特定の情報を変更することもできます。プロファイル内の権限を変更する場合は、システム管理者に連絡してください。

「プロファイル ユーザに限定される機能」

「ユーザ ID とパスワード」

関連トピック

Cisco Unified MeetingPlace のアカウント基本情報の変更 モジュール

プロファイル ユーザに限定される機能

Cisco Unified MeetingPlace にログインしている プロファイル ユーザ に限り、次の機能を使用できます。

会議のスケジュールや開始を行う。

会議 ID を用いて、公開されていない会議を検索する。

選択した Web 会議プロバイダの詳細に基づいて、 Web 会議室 で会議と参加者の管理操作を実行する。

電話インターフェイスから会議を終了する。

プロファイル設定を変更する。

ログインしていなければ、Cisco Unified MeetingPlace プロファイル ユーザであっても、 ゲスト ユーザ が使用可能な機能しか使用できません。

関連トピック

「Cisco Unified MeetingPlace と Cisco WebEx Web 会議の相違点」

ユーザ ID とパスワード

Cisco Unified MeetingPlace プロファイル ユーザ には、それぞれ 2 つのユーザ ID があります。各ユーザ ID には異なるパスワードが設定されます。各ユーザ ID とパスワードについては、システム管理者から通知されます。

 

ログイン時に使用する手段
使用する ID とパスワード

Cisco Unified MeetingPlace または Cisco WebEx の統合ホームページ

ユーザ ID と関連付けられたパスワード

タッチトーン式の電話機またはCisco Unified IP Phone の Cisco Unified MeetingPlace PhoneView

電話のプロファイル番号と、関連付けられている電話のプロファイルのパスワード

関連トピック

Cisco Unified MeetingPlace のアカウント基本情報の変更モジュール内の Cisco Unified MeetingPlace のパスワードの制限

Cisco Unified MeetingPlace での PhoneView の使用 モジュール

「アカウントについて」

「Cisco Unified MeetingPlace にサインインする方法」

Cisco Unified MeetingPlace にサインインする方法

「サインイン方法」

「Cisco Unified MeetingPlace プロファイル ユーザでの Web からのサインイン」

「Cisco Unified MeetingPlace ゲスト ユーザでの Web からのサインイン」

「Cisco WebEx の統合ホームページへのサインイン」

サインイン方法

プロファイル ユーザ として Cisco Unified MeetingPlace にサインインするには、3 つの方法があります。

会議通知の電子メールの会議 ID リンクをクリックして、Cisco Unified MeetingPlace ホームページに移動します。

Cisco Unified MeetingPlace サーバの電話番号をダイヤルし、案内に従います。


) 自動的に会議に接続されるようにプロファイルが設定されている場合は、サーバにコールを発信するとすぐにログイン状態になります。


Web ブラウザを開いて、Cisco Unified MeetingPlace サーバの URL を入力します。

関連トピック

「Cisco Unified MeetingPlace プロファイル ユーザでの Web からのサインイン」

「Cisco Unified MeetingPlace ゲスト ユーザでの Web からのサインイン」

「Cisco WebEx の統合ホームページへのサインイン」

会議への参加モジュール内の 電子メールの招待状による Cisco Unified MeetingPlace 会議への参加

Cisco Unified MeetingPlace プロファイル ユーザでの Web からのサインイン

開始する前に

Cisco Unified MeetingPlace のユーザ ID とパスワードを確認します。パスワードでは、大文字と小文字が区別されます。

このサインイン方法を使用すると、Cisco Unified MeetingPlace 会議と Cisco WebEx 会議をスケジュールしその会議に参加できます。ただし、双方の Web 会議プロバイダに対応するようにシステムが設定されている場合に限ります。


) 会議中に Web からサインアウトすると、会議のすべての部分から除外されます。


手順


ステップ 1 Web ブラウザを開きます。

ステップ 2 Cisco Unified MeetingPlace の URL を入力します。

ステップ 3 [サインイン]をクリックします。

ステップ 4 ユーザ ID を入力します。

ステップ 5 パスワードを入力します。

ステップ 6 (オプション)毎回自動的にサインインするには、[ユーザ情報を保存]をクリックします。

セキュリティ強化のために、この機能は使用しないでください。

ステップ 7 [すぐにサインイン]をクリックします。


 

トラブルシューティングのヒント

何度もログインしようとしてもできない場合は、失敗したログインが最大試行回数を超過している可能性があります。Cisco Unified MeetingPlace システム管理者に連絡して、 プロファイル のロック解除を依頼してください。

パスワードを忘れた場合は、システム管理者に連絡してください。

[ユーザ情報を保存]チェックボックスをオンにしていても、別の会議室がまだ開かれている場合には、新しい Cisco Unified MeetingPlace セッションにサインインすることはできません。この場合、[新しいログインの強制]機能を使用して、前のセッションを終了します。

関連トピック

「ユーザ ID とパスワード」

「新しいログインの強制の使用」

Cisco Unified MeetingPlace での会議の検索 モジュール内の 会議の検索

Cisco Unified MeetingPlace の トラブルシューティングとヘルプの参照 モジュール内の ログインに関する問題の解決方法

会議への参加 モジュール内の 会議に出席する方法

Cisco Unified MeetingPlace ゲスト ユーザでの Web からのサインイン

ゲスト ユーザには、Cisco Unified MeetingPlace システムにプロファイルがありません。ゲスト ユーザは、特定の会議に参加したり、登録後に公開会議のリストを閲覧したりできます。ただし、会議をスケジュールすることはできません。

開始する前に

このサインイン方法を使用すると、Cisco Unified MeetingPlace 会議か Cisco WebEx 会議のいずれかに参加できます。ただし、双方の Web 会議プロバイダに対応するようにシステムが設定されている場合に限ります。

手順


ステップ 1 Web ブラウザを開いて、アドレス フィールドに Cisco Unified MeetingPlace の URL を入力します。

ステップ 2 Enter キーを押します。

ステップ 3 [会議に参加]をクリックします。

ステップ 4 [サインイン]ページに、ゲスト ユーザの名前を入力します。

ステップ 5 (オプション)参加する会議の ID がわかっている場合は、該当するフィールドにその ID を入力します。

ステップ 6 [会議の検索]をクリックします。


 

Cisco WebEx の統合ホームページへのサインイン

システムの展開に Cisco Unified MeetingPlace ホームページからサインインするオプションがない場合は、この手順を実行して、Cisco WebEx の統合ホームページに直接サインインします。

開始する前に

この手順は、以下を前提としています。

システムは、Cisco WebEx Web 会議用に設定されている。

Cisco Unified MeetingPlace ホームページからサインインするオプションがない。

Cisco Unified MeetingPlace ユーザ ID とパスワードを知っている。

手順


ステップ 1 ブラウザを開きます。

ステップ 2 https://< サーバ >.cisco.com に移動します。 <サーバ> には Cisco Unified MeetingPlace アプリケーション サーバの名前が入ります。

ステップ 3 Cisco Unified MeetingPlace のユーザ ID とパスワードでログインします。

[Cisco WebEx 会議センター]ページが表示されます。


 

トラブルシューティングのヒント

Cisco WebEx のさまざまな機能と特徴に関する情報を確認するには、Cisco WebEx Web 会議室、または WebEx.com から使用できるヘルプを参照してください。

関連トピック

Cisco Unified MeetingPlace の トラブルシューティングとヘルプの参照 モジュール内の Cisco WebEx ユーザ ドキュメントへのアクセス

新しいログインの強制の使用

1 度に使用できるアクティブな Cisco Unified MeetingPlace ログイン セッションは 1 つだけです。同じユーザ ID で複数のセッションにログインしようとすると、Cisco Unified MeetingPlace によってエラー メッセージが表示され、[ログイン]ページに戻ります。[新しいログインの強制]機能を使用して、前のセッションを終了します。

開始する前に

この手順は、Cisco Unified MeetingPlace セッションにすでにサインインしていることを前提としています。

手順


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace にサインインします。

別のサインインを求めるエラー メッセージが表示されます。

ステップ 2 ユーザ ID とパスワードを入力します。

ステップ 3 [新しいログインの強制]をクリックします。

ステップ 4 [すぐにサインイン]をクリックします。

[すぐにサインイン]をクリックすると、前のセッションが終了します。