Cisco MeetingPlace Audio Server インストレーション アップグレード ガイド Release 5.3
Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェアのインストールおよび アップグレード
Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェアのインストールおよびアップグレード
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェアのインストールおよびアップグレード

ソフトウェアのアップグレード

アップグレードのテストについて

Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェアのインストールおよびアップグレード

Cisco MeetingPlace Audio Server システムは、Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェア Release 5.3 がすでにインストールされた状態で出荷されます。このため、Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェア Release 5.3 を新しい Cisco MeetingPlace Audio Server システムにインストールする必要はありません。ただし、すでに Cisco MeetingPlace Audio Server ハードウェアがあり、Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェア Release 5.2 を使用しているが Release 5.3 に移行する場合には、Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェアをアップグレードする必要があります。

この章では、Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェアを Release 5.2 から Release 5.3 にアップグレードする方法について説明します。次の項で構成されています。

「ソフトウェアのアップグレード」

「アップグレードのテストについて」

ソフトウェアのアップグレード

Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェアを Release 5.2 から Release 5.3 にアップグレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 アップグレード CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。


) リモート ロケーションからソフトウェアをアップグレードしている場合は、現場担当者に CD-ROM の挿入を依頼します。


ステップ 2 (オプション)リモート ロケーションからソフトウェアをアップグレードしている場合は、モデムを使用して Cisco MeetingPlace にダイヤルインします。

ステップ 3 technician として Cisco MeetingPlace システムに Telnet 接続します。

ステップ 4 デフォルトのユーザ名とデフォルトのパスワードを入力します。デフォルトのパスワードを変更した場合は、新しいパスワードを使用します。


) Release 5.2 の場合、デフォルトのユーザ名は tech で、デフォルトのパスワードは wit!tra$ です。Release 5.3 の場合、デフォルトのユーザ名は admin で、デフォルトのパスワードは cisco です。


ステップ 5 down と入力して、Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェアをシャットダウンします。

ステップ 6 現在の時刻を書き留めます。

ステップ 7 セッション キャプチャを upgrade.txt というファイル名でデスクトップに保存します。アップデートの処理中に予期しない事態が発生した場合、このログが Cisco TAC で必要になります。


) アップグレード セッションをログ ファイルに記録しておくことを強く推奨します。


ステップ 8 update と入力して、ソフトウェア アップグレード処理を開始します。

ステップ 9 Cisco MeetingPlace システムによってアップグレード ソースを示すメニューが表示されたら、 1 を入力します。アップデートは CD-ROM から行います。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ update
Update is from
1) CD
2) Diskette
3) Remote File
4) Local File
q) (Quit Update)
Enter choice:
 

ステップ 10 ドライブが静止して、ソフトウェアをインストールする準備ができたら、 Enter キーを押します。これには約 1 分かかります。Cisco MeetingPlace システムは、アップデート ファイル セットがあるかどうか CD-ROM 内のデータを確認します。

ステップ 11 アップデート セットの確認を求められたら、 y を入力します。これによって、ソフトウェアのアップグレードが開始されます。


注意 ソフトウェアのアップグレード中は、Cisco MeetingPlace Audio Server システムを再起動しないでください。再起動すると、Cisco MeetingPlace Audio Server システムがクラッシュし、データはすべて失われます。

Cisco MeetingPlace Audio Server システムにより CD-ROM が約 3 分間読み取られます。

ステップ 12 Enter キーを押して、アップグレードを続行します。

ステップ 13 次のメッセージが表示されたら、 restart disable と入力して Cisco MeetingPlace Audio Server システムを再起動します。

A disk backup appears to be active...
You may restart the system to stop it.
 

Cisco MeetingPlace Audio Server システムが再起動したら、Cisco MeetingPlace Audio Server システムにダイヤルインして technician としてログインし、この手順をステップ 6 から再開します。

ソフトウェア アップグレードのフェーズ 1 が開始されます。ソフトウェア アップグレードのフェーズ 1 が完了した後、Cisco MeetingPlace Audio Server システムは再起動し、引き続きソフトウェア アップグレードのフェーズ 2 を実行します。

この時点で、モデムの接続は終了します。約 5 分後に Cisco MeetingPlace Audio Server システムは起動し、モデムの接続を再確立することができます。

ステップ 14 アップグレード ステータスを表示するには、 update status と入力します。リアルタイムのステータスを取得するには、 update trace と入力します。

アップグレードのフェーズ 2 が終了すると、Cisco MeetingPlace Audio Server システムは自動的に再起動します。Cisco MeetingPlace Audio Server システムはおよそ 5 分後に起動します。

ステップ 15 ネットワークまたはモデム接続を使用して、Cisco MeetingPlace Audio Server システムに Telnet 接続します。


) Cisco MeetingPlace Audio Server システムが自動的に起動しない場合に再起動するには、 restart enable と入力します。


ステップ 16 アップグレードが完了した時刻および Cisco MeetingPlace Audio Server システムが再起動してオンラインに戻った時刻を書き留めます。

ステップ 17 ログ ファイルを閉じ、今後使用する場合に備えてファイルの場所を記録します。


 

アップグレードのテストについて

アップグレードをテストするには、次の項を参照してください。

「循環検索を使用した T1 CAS、T1 PRI、および E1 テレフォニーの着信コール テスト」

「ダイヤリング シーケンスを使用した T1 CAS、T1 PRI、および E1 テレフォニーの着信コール テスト」

「T1 CAS、T1 PRI、および E1 テレフォニーの発信コール テスト」

「スケジューリングのテスト」

「記録される会議での会議テスト」

「アドホックの記録を使用した記録されない会議での会議テスト」

「Cisco MeetingPlace Web Conferencing のテスト」

「ネットワーク遅延のテスト」


) IP テレフォニーをテストするには、『Configuration Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』の第 5 章にある「IP Ports That Do Not Answer」および「IP Calls Connect But No Audio is Heard」の項を参照してください。