Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing インストレーション アップグレード ガイド Release 5.4
索引
A
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 838KB) | フィードバック

A

Audio Server

インストール要件  2-5

ホスト名  2-8

C

Cisco MCS

オペレーティング システム、インストール  2-10

オペレーティング システムのバージョン、確認  6-2

プロダクト キー  2-10

Cisco MeetingPlace Agent Service、~について  1-4

Cisco Unified MeetingPlace について  1-1

D

DMZ、~について  3-2

非武装地帯 DMZ を参照

G

Gateway System Integrity Manager(SIM)、インストール  2-12

GUIDS

内部 Web サーバから外部 Web サーバへのコピー(SMA-2S)  3-9

内部 Web サーバから外部 Web サーバへのコピー(ロード バランシング)  4-18

H

HTTP

接続、Web サーバのテスト  2-15

接続に関する問題の解決  6-4

HTTPS

接続、Web サーバのテスト  2-15

接続に関する問題の解決  6-4

I

IP アドレス、Web サーバ  2-9

J

Jabber Integration

X-Windows GUI インストーラ  A-3

アップグレード  A-4

アンインストール  A-5

インストーラ、~について  A-2

インストール  A-1

コマンドライン インストーラ  A-2

再インストール  A-4

設定  A-3

Jabber Integration の再インストール  A-4

Java Runtime Environment、~について  2-4

M

MPWEB データベース、バック アップ  5-4

MSDE

自動インストールの条件  2-3

インストール オプション  2-3

ソフトウェアの削除  5-11

データベース サイズ  2-2

データベースのスケーラビリティ  2-2

統合、~について  2-2

N

NetMeeting、共通のエンドポイント  1-3

S

SMA

~について  3-2

ビデオ会議、考慮事項  4-8

Segmented Meeting Access SMA を参照

SMA-1S 構成

Web Conferencing のインストール  3-6

情報の収集  3-5

図  3-3

~について  3-2

SMA-2S 構成

内部サーバへの Web Conferencing のインストール  3-8

SSL およびセグメント化された DNS を使用した  3-4

外部サーバへの Web Conferencing のインストール  3-10

情報の収集  3-7

図  3-4

~について  3-3

SQL Server

ユーザへのインストールおよび処理続行権限の割り当て  2-6

ユーザへのサーバおよびデータベース役割の割り当て  2-7

インストール オプション  2-3

最小権限アカウント、作成  2-5

自動インストールの条件  2-3

ソフトウェアの削除  5-11

統合、~について  2-2

場所  2-9

ビデオ会議の考慮事項  4-9

ホスト名  2-9

ユーザ名  2-9

リモート サーバへのインストール、~について  2-5

SSL

HTTPS 接続に関する問題の解決  6-4

セグメント化された DNS を使用した SMA-2S 構成  3-4

Secure Socket Layer SSL を参照

T

Terminal Services、インストールの制約事項  2-11

W

Web Conferencing

インストールされるコンポーネント  2-11

インストール、~について  2-2

ソフトウェア、アンインストール  5-11

ソフトウェア、インストール  2-11

~について  1-2

Cisco MeetingPlace Agent Service  1-4

会議の信頼性  1-4

共通のエンドポイント  1-3

コンポーネント、概要  1-2

サーバベース  1-4

使用条件  1-7

接続手順  1-5

ネットワーク セキュリティ  1-4

ユーザの要求の処理、図  1-6

利点  1-3

Web Conferencing ソフトウェア アップグレードの準備  5-6

Web サーバ

Web 会議負荷の表示(ロード バランシング)  4-26

内部から外部への GUIDS のコピー(SMA-2S)  3-9

内部、Web Conferencing のインストール(SMA-2S)  3-8

HTTP 接続でのテスト  2-15

HTTPS 接続でのテスト  2-15

外部

最初のインストール(ロード バランシング)  4-18

最初のサービスの設定(ロード バランシング)  4-20

追加のインストール(ロード バランシング)  4-21

Web Conferencing のインストール(SMA-2S)  3-10

スタンドアロンのアップグレード  5-7

スタンドアロン、共有データベース構成へのアップグレード  5-8

接続のトラブルシューティング  6-4

定義  2-14

同一のデータベースを共有する、アップグレード  5-9

場所  2-8

ホスト名または静的 IP アドレス  2-9

Web サーバの定義  2-14

アイコン、Cisco Unified MeetingPlace  2-12

アカウント、最小権限 SQL、作成  2-5

アップグレード

Jabber Integration  A-4

スタンドアロン Web サーバ  5-7

スタンドアロン Web サーバから共有データベース構成へ  5-8

制約事項  5-2

同一のデータベースを共有する Web サーバ  5-9

認証の考慮事項  5-3

~の準備  5-6

ロード バランシングの考慮事項  5-3

アップグレードのための認証の考慮事項  5-3

アプリケーション ファイル、Web Conferencing のバックアップ  5-5

アンインストール

Jabber Integration  A-5

SQL Server または MSDE ソフトウェア  5-11

Web Conferencing ソフトウェア  5-11

インストール

Cisco MCS へのオペレーティング システム  2-10

MSDE、自動の条件  2-3

リモート サーバへの SQL Server、~について  2-5

最初の外部 Web サーバ(ロード バランシング)  4-18

追加の内部 Web サーバ(ロード バランシング)  4-15

Audio Server 要件  2-5

Jabber Integration  A-1

SQL Server、自動の条件  2-3

Terminal Services の制約事項  2-11

Web Conferencing

SMA-1S 構成での  3-6

外部サーバへの(SMA-2S)  3-10

ソフトウェア  2-11

内部サーバへの(SMA-2S)  3-8

値の収集  2-8

キー、~について  2-12

最初の内部 Web サーバ(ロード バランシング)  4-13

作業  2-10

追加の外部 Web サーバ(ロード バランシング)  4-21

テスト  2-14

トラブルシューティング  6-2

インストール前の作業  2-5

エンドポイント、共通  1-3

会議

アドホック、設定(ロード バランシング)  4-26

外部、リダイレクトの設定(ロード バランシング)  4-24

信頼性、~について  1-4

会議コンソール

共通のエンドポイント  1-3

接続、テスト  2-16

外部 Web サーバ

~への GUIDS のコピー(ロード バランシング)  4-18

追加のインストール(ロード バランシング)  4-21

最初のサービスの設定  4-20

外部クラスタ

共通格納場所(ロード バランシング)  4-11

共通管理アカウント(ロード バランシング)  4-11

準備(ロード バランシング)  4-11

~について  4-3

確認、Cisco MCS オペレーティング システムのバージョン  6-2

完全修飾ドメイン名、入力  2-14

共通格納場所

外部クラスタ(ロード バランシング)  4-11

作成(ロード バランシング)  4-12

内部クラスタ(ロード バランシング)  4-11

共通管理アカウント

外部クラスタ(ロード バランシング)  4-11

内部クラスタ  4-10

クラスタ

外部

共通格納場所(ロード バランシング)  4-11

共通管理アカウント(ロード バランシング)  4-11

準備(ロード バランシング)  4-11

~について  4-3

内部

共通格納場所(ロード バランシング)  4-11

共通管理アカウント(ロード バランシング)  4-10

準備(ロード バランシング)  4-10

~について  4-3

コピー

内部 Web サーバから外部 Web サーバへの GUIDS  4-18

内部 Web サーバから外部 Web サーバへの GUIDS(SMA-2S)  3-9

サーバベースの会議、~について  1-4

作業

Web Conferencing ソフトウェアのアップグレード  5-6

アップグレード前のバックアップ  5-4

インストール  2-10

インストール システムのテスト  2-14

インストール前  2-5

ロード バランシングのインストール  4-13

ロード バランシングのインストール後  4-26

ロード バランシングのインストール前  4-10

削除

SQL Server または MSDE ソフトウェア  5-11

Web Conferencing ソフトウェア  5-11

作成

共通格納場所(ロード バランシング)  4-12

最小権限 SQL アカウント  2-5

使用条件、Web Conferencing  1-7

制約事項

SQL Server または MSDE ソフトウェアの削除  5-11

アップグレード

Web Conferencing  5-2

スタンドアロン Web サーバから共有データベース構成へ  5-8

同一データベースを共有する Web サーバ  5-9

アドホック ビデオ会議の設定  4-26

外部サーバへの Web Conferencing のインストール  3-10

追加の内部 Web サーバのインストール(ロード バランシング)  4-15

内部クラスタの準備(ロード バランシング)  4-10

内部サーバへの Web Conferencing のインストール  3-8

ロード バランシング構成での Web Conferencing のインストール  4-2

セキュリティ

SMA-2S 構成  3-3

ネットワーク、~について  1-4

接続

HTTP の問題、解決  6-4

HTTPS に関する問題、解決  6-4

トンネル、~について  1-5

設定

最初の外部 Web サーバに対するサービス(ロード バランシング)  4-20

最初の内部 Web サーバに対するサービス(ロード バランシング)  4-14

アドホック ビデオ会議(ロード バランシング)  4-26

外部会議のリダイレクト(ロード バランシング)  4-24

ソフトウェア、インストール  2-11

データベース

外部会議、設定(ロード バランシング)

MPWEB および MPWEB-Slave のバックアップ  5-4

サイズ、MSDE  2-2

スケーラビリティ、MSDE  2-2

テスト

HTTP 接続での Web サーバ  2-15

HTTPS 接続での Web サーバ  2-15

会議コンソールの接続  2-16

動作

ビデオ対応システムでのロード バランシング デフォルト  4-8

フェールオーバー  4-7

ロード バランシング  4-5

トラブルシューティング

Cisco MCS オペレーティング システムのバージョンの確認  6-2

インストールに関する問題  6-2

エラー 21776  2-7

サーバ接続に関する問題  6-4

トンネル接続、~について  1-5

内部 Web サーバ

~からの GUIDS のコピー(ロード バランシング)  4-18

最初、サービスの設定(ロード バランシング)  4-14

追加、インストール(ロード バランシング)  4-15

最初、インストール(ロード バランシング)  4-13

内部クラスタ

共通格納場所(ロード バランシング)  4-11

共通管理アカウント(ロード バランシング)  4-10

準備(ロード バランシング)  4-10

~について  4-3

ネットワーク セキュリティ、~について  1-4

場所

SQL Server  2-9

Web サーバ  2-8

バック アップ

Cisco Unified MeetingPlace レジストリ情報  5-5

MPWEB および MPWEB-Slave データベース  5-4

Web Conferencing アプリケーション ファイル  5-5

ビデオ会議

SMA の考慮事項  4-8

SQL Server の考慮事項  4-9

ユーザの考慮事項  4-9

ロード バランシング、デフォルトの動作  4-8

ロード バランシングの考慮事項  4-8

プロダクト キー、Cisco MCS  2-10

ホスト名

Audio Server  2-8

SQL Server  2-9

Web サーバ  2-9

役割、SQL Server ユーザへのサーバおよびデータベースの割り当て  2-7

ユーザ、ビデオ会議の考慮事項  4-9

ユーザ名、SQL Server  2-9

リダイレクション

外部会議、設定(ロード バランシング)  4-24

図  4-6

レジストリ、Cisco Unified MeetingPlace 情報のバックアップ  5-5

ロード バランシング

Web Conferencing と標準の Web サーバとの比較  4-2

Web Conferencing クラスタ、~について  4-3

アップグレードのための考慮事項  5-3

アルゴリズム  4-6

インストール

最初の外部 Web サーバ  4-18

最初の内部 Web サーバ  4-13

追加の外部 Web サーバ  4-21

追加の内部 Web サーバ  4-15

インストール後の作業  4-26

インストールの作業  4-13

インストール前の作業  4-10

外部クラスタの準備  4-11

共通格納場所の作成  4-12

堅固なシステムのための推奨事項  4-7

混合クラスタおよび単一構成、図  4-4

混合クラスタ構成、図  4-4

サーバにおける Web 会議負荷の表示  4-26

制約事項  4-2

設定

アドホック ビデオ会議  4-26

最初の外部 Web サーバに対するサービス  4-20

最初の内部 Web サーバに対するサービス  4-14

単一クラスタ構成、図  4-3

動作  4-5

内部 Web サーバから外部 Web サーバへの GUIDS のコピー  4-18

内部クラスタの準備  4-10

~について  4-2

ビデオ対応システム  4-8

フェールオーバー  4-7

無効化  4-27

リダイレクション、図  4-6

設定

外部会議のリダイレクト  4-24

ロード バランシングのアルゴリズム  4-6

ロード バランシングの無効化  4-27

割り当て

SQL Server ユーザへのインストールおよび処理続行権限  2-6

SQL Server ユーザへのサーバおよびデータベース役割  2-7