Cisco Unified MeetingPlace の アクセス電 話番号および通知ラベルの設定
MeetingPlace Conference Manager リ ファレンス
MeetingPlace Conference Manager リファレンス
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

MeetingPlace Conference Manager リファレンス

フィールド リファレンス:会議のスケジューリング ページ

フィールド リファレンス:会議の開催パターン オプション

フィールド リファレンス:詳細オプション

フィールド リファレンス:会議のスケジューリング ページ

 

パラメータ
説明

件名(Subject)

検索結果に表示される会議とユーザ用の会議確認ページを区別するための簡単な説明。件名が指定されない場合、このフィールドには会議のスケジュール担当者の姓が入力されます。

会議 ID(Meeting ID)

特定の時間に行われている会議をシステムが一意に識別するための番号。会議 ID は、システムによって自動的に割り当てることも、ユーザがカスタム ID を割り当てることもできます。

開始時間(Start Time)

会議の開始時刻。これは、時間帯の設定に基づいています。

期間(Duration)

会議の長さ(分単位)。デフォルトでは、音声会議の最長時間は 24 時間、Web 会議の最長時間は 12 時間です。会議の最短時間は 2 分です。

次のユーザの代理(On behalf of user)

自分が代わりに会議をスケジュールしている人のユーザ ID。

(注) このフィールドを使用できるのは、コンソール担当者またはシステム管理者権限を持つユーザだけです。

公開(Public)

このパラメータをオンにすると、ユーザがエンドユーザ Web インターフェイスで [会議の検索(Find Meeting)] 機能を使用する際、結果のリストにこの会議が表示されます。

種類(Type)

会議の種類。

[個人(Personal)]:プロファイル番号に関連付けられた会議。この会議はただちに開始できます。Cisco Unified MeetingPlace では、予約不要の会議とも呼ばれます。

[通常(Regular)]:デフォルトの会議の種類。システム管理者によって設定されます。

[講義形式(Lecture-style)]:発言者が 1 人以上存在する会議。参加者の大半はリスナーで、会議の主催者だけが発言権を与えます。通常、この会議の種類は 1 対多の会議用です。

[すべてのポートを会議に予約(Reserve all ports)]:システム管理者がメンテナンス ウィンドウをスケジュールできるよう、すべてのポートが予約される会議。

(注) (Cisco WebEx 統合のみ)Cisco WebEx を Web 会議プロバイダー(Web conference provider)として選択した場合は、個人会議と通常会議のみスケジュールできます。

カテゴリ(Category)

指定した会議のカテゴリ内(たとえば、すべての販売会議や緊急会議など)で会議を設定できるオプション パラメータ。

(注) このフィールドは、システム管理者が会議カテゴリを設定した場合に限り使用できます。

パスワード(Password)

会議に設定するオプション パスワード。

会議をパスワードで保護する場合、すべての招待者はこのパスワードを入力して会議にアクセスする必要があります。パスワードで保護する必要がない場合は、このフィールドを空白のままにしておきます。

課金コード(Billing code)

会社がコストの付け替えを行っている場合は、この会議のコストを負担するグループまたは部門を識別するための番号を、このフィールドに入力します。

オーディオ ポート(Audio ports)

会議用に予約するオーディオ ポートの数。

ビデオの有効化(Enable video)

このパラメータをオンにすると、会議でビデオが有効になります。

ビデオの予約(Reserve video)

このパラメータをオンにすると、[オーディオ ポート(Audio ports)] フィールドで指定したのと同じ数のビデオ ポートが会議用に予約されます。

定例(Recurrence)

会議の開催パターンを変更するには、このボタンをクリックします。

Web 会議プロバイダー(Web conference provider)

Cisco WebEx または Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing のいずれかを選択します。

(注) このフィールドは、Cisco Unified MeetingPlace が Cisco WebEx に統合されている場合にだけ表示されます。

フィールド リファレンス:会議の開催パターン オプション

 

頻度
説明

1 回(Once)

繰り返し行われない会議です。

毎日(Daily)

毎日同じ時刻に行われます。

毎週(Weekly)

毎週 1 回、同じ曜日の同じ時刻に行われます。

毎月(Monthly)

毎月 1 回、特定の日または曜日に行われます。

継続(Continuous)

いつでも随時に行われます。終了日時はありません。ただし、1 回の継続会議は 24 時間に制限されています。

このフィールドを使用できるのは、システム管理者権限を持つユーザだけです。

(注) ビデオ端末は、継続会議に招待できません。招待したビデオ端末で継続会議をスケジュールしようとすると、エラーが表示されます。ビデオ エンドポイントが継続会議に参加できるのは、まだ予約されていないポートが使用できる場合だけです。

フィールド リファレンス:詳細オプション

 

フィールド
説明

参加者の資格(Who can attend)

リストからオプションを選択して、会議の参加者の資格を指定します。

[全員(Anyone)]:会議に制約はありません。プロファイル ユーザとゲスト ユーザの両方が参加できます。

[MeetingPlace プロファイル ユーザ(MeetingPlace Profile Users)]:会議のすべてのコンポーネント(音声、Web、およびビデオ)は、Cisco Unified MeetingPlace のユーザ ID とパスワードを使用してサインインしたプロファイル ユーザだけに制限されます。

[招待されたプロファイル ユーザ(Invited Profile Users)]:会議のすべてのコンポーネント(音声、Web、およびビデオ)は、招待されたプロファイル ユーザだけに参加が制限されます。招待されたすべてのユーザは、Cisco Unified MeetingPlace のユーザ ID とパスワードを使用してサインインする必要があります。

最初の参加でのアウトダイヤル(Outdial on first join)

このフィールドをクリックした場合、最初の 1 人が会議に参加すると、システムはすべての招待者にダイヤルアウトします。

(注) この機能を使用できるのは、継続会議をスケジュールするシステム管理者だけです。

会議入席モード(Meeting entry mode)

会議の音声部分に参加しようとするユーザに対して再生される音声を選択します。

[会議 ID のエコー(Echo meeting ID)]:ユーザが自身の選択を確認できるよう、会議 ID が繰り返し再生されます。ユーザが最初に会議 ID を入力すると、確認のためその ID が繰り返されます。会議 ID の確認が済むと、ユーザは名前を登録するよう求められ、その後、会議に配置されます。

[エコーのスキップ(Skip echo)]:会議 ID の反復を省略します。最初に会議を入力すると、ユーザは名前を登録するよう求められ、その後、会議に配置されます。

[エコーのスキップおよび名前のスキップ(Skip echo and name)]:会議 ID および登録の反復を省略します。最初に会議 ID を入力すると、ユーザは名前を登録せずに直接会議に配置されます。

入席のアナウンス(Entry announcement)

新しい参加者が会議に入席するときユーザに再生される音声を選択します。

[ビープのみ(Beep Only)]:会議中に短いビープ音が鳴り、会議に入席者があったことを通知します。

[ビープと名前(Beep + Name)]:短いビープ音の後、参加者の登録名がアナウンスされます。

入席時に参加者の名前が聞こえない場合は、その参加者が会議への入席前に名前を登録しなかった可能性があります。会議が始まる前に、参加者に名前を確認してください。

[なし(None)]:入席者があっても何も通知されません。

退席のアナウンス(Exit announcement)

新しい参加者が会議を退席するときユーザに再生される音声を選択します。

[ビープのみ(Beep Only)]:会議中に短いビープ音が鳴り、会議に退席者があったことを通知します。

[ビープと名前(Beep + Name)]:短いビープ音の後、参加者の登録名がアナウンスされます。

退席時に参加者の名前が聞こえない場合は、その参加者が会議への入席前に名前を登録しなかった可能性があります。

[なし(None)]:退席者があっても何も通知されません。

自動記録(Auto record)

会議が開始されると、その会議が自動的に記録されるようにするかどうかを指定します。この機能を使用できるのは、[記録用のリソースを予約(Reserve resources for recording)] フィールドが [はい(Yes)] に設定されている場合だけです。

会議室または電話機から手動で記録を開始する場合は [いいえ(No)] を選択します。

ヒント 電話機の #61 を押して、会議中に記録を手動で開始することもできます。

記録リソースの予約(Reserve recording resources)

この会議の記録リソースを予約するかどうかを指定します。予約を指定すると、システムで使用可能な 100 の記録リソースのうちの 1 つが予約されます。

[いいえ(No)] に設定した場合は、リソースが使用可能であればいつでも会議中に記録を開始できます。この場合も、100 の記録リソースのうちの 1 つが使用されます。

通知の送信(Send notifications)

システムから会議の通知を送信する場合は、このオプションをオンにします。

通知に添付ファイルを追加(Include attachments in notifications)

通知に添付ファイルを含める場合は、このオプションをオンにします。

会議変更の通知(Meeting change notification)

会議がアップデートまたは再スケジュールされた場合にシステムから通知を送信する場合は、このオプションをオンにします。

通知に招待者を追加(Include invitees in notification)

通知に招待者の名前を含める場合は、このオプションをオンにします。