Cisco Unified MeetingPlace の アクセス電 話番号および通知ラベルの設定
Cisco Unified MeetingPlace ユーザ プロ ファイルでのユーザ ステータス の変更
Cisco Unified MeetingPlace ユーザ プロファイルでのユーザ ステータスの変更
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Unified MeetingPlace ユーザ プロファイルでのユーザ ステータスの変更

アクティブ、非アクティブ、およびロック状態

ユーザ プロファイルのロック解除

ユーザ プロファイルのロックまたは無効化

アクティブ、非アクティブ、およびロック状態

 

表 1 ユーザ ステータス オプション

状態
説明

アクティブ(Active)

アクティブなユーザ プロファイルを持つユーザは、Cisco Unified MeetingPlace へのログインとその使用が可能です。

非アクティブ(Inactive)

ユーザ プロファイルが非アクティブなユーザは、Cisco Unified MeetingPlace にログインできません。ただし、プロファイル ユーザに制限されていない会議には参加できます。

従業員が退職する場合、そのユーザ プロファイルを非アクティブにすると、その従業員によってそれ以降の会議がスケジュールされるのを防止できます。あるいは、ユーザ プロファイルを削除し、そのユーザがスケジュールした過去の会議をすべてシステムから消去することもできます。

ロック(Locked)

ユーザ プロファイルがロックされているユーザは、Cisco Unified MeetingPlace にログインできません。ただし、非アクティブ プロファイル ユーザと同様、プロファイル ユーザに制限されていない会議に参加できます。

ユーザ プロファイルをロックするには、次の 2 種類の方法があります。

ユーザ ログインの試行が設定可能な回数だけ失敗すると、自動的にユーザ プロファイルがロックされます。

システム管理者またはコンソール担当者が手動でユーザ プロファイルをロックできます。

関連トピック

「ユーザ プロファイルのロック解除」

「ユーザ プロファイルのロックまたは無効化」

Cisco Unified MeetingPlace のユーザ プロファイルおよびユーザ グループの設定モジュールの ユーザ プロファイルの削除

Cisco Unified MeetingPlace へのデータのインポートモジュールの インポートによるユーザ プロファイルの削除

ユーザ プロファイルのロック解除

手順


ステップ 1 管理センターにログインします。

ステップ 2 [ユーザ設定(User Configuration)] > [ロックされたプロファイル(Locked Profiles)] の順にクリックします。

ステップ 3 ロックを解除するユーザ プロファイルと同じ行にあるチェックボックスをオンにします。複数のユーザ プロファイルを選択できます。

ロック解除の対象でないユーザ プロファイルのチェックボックスをオフにしないようにしてください。

ステップ 4 [選択項目をアクティブに設定する(Set Selected to Active)] をクリックします。

ステップ 5 確認のポップアップ ウィンドウで [OK] をクリックします。

ステップ 6 ロックを解除したユーザ プロファイルが [ロックされたプロファイルの表示(View Locked Profiles)] ページに表示されていないことを確認します。


 

関連トピック

Cisco Unified MeetingPlace の管理センター ページ リファレンスモジュールの 「ナビゲーション リファレンス:[ロックされたプロファイルの表示(View Locked Profiles)] ページ」

「アクティブ、非アクティブ、およびロック状態」

「ユーザ プロファイルのロックまたは無効化」

ユーザ プロファイルのロックまたは無効化

制約事項

システム管理者プロファイルはロックできません。

手順


ステップ 1 管理センターにログインします。

ステップ 2 [ユーザ設定(User Configuration)] > [ユーザ プロファイル(User Profiles)] の順にクリックします。

ステップ 3 ロックするユーザ プロファイルを検索します。

ステップ 4 ロックするユーザ プロファイルと同じ行にある [編集(Edit)] をクリックします。

ステップ 5 [ ユーザ ステータス(User status)] フィールドを[ロック(Locked)] または [非アクティブ(Inactive)] に設定します。

ステップ 6 [保存(Save)] をクリックします。


 

関連トピック

Cisco Unified MeetingPlace の管理センター ページ リファレンスモジュールの 「ナビゲーション リファレンス:[ユーザ プロファイル(User Profiles)] ページ」

「アクティブ、非アクティブ、およびロック状態」

「ユーザ プロファイルのロック解除」