Cisco MeetingPlace Audio Server コンフィギュレーション ガイド Release 5.3
Cisco MeetingPlace Audio Server シ ステムの設定
Cisco MeetingPlace Audio Server システムの設定
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco MeetingPlace Audio Server システムの設定

Cisco MeetingPlace 8100 シリーズ用の LAN パラメータの設定

Cisco MeetingPlace 8100 シリーズの時間帯の設定

ブレードの設定について

T1 CAS Cisco MeetingPlace システムの設定

576 T1 CAS ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8106 のみ)の例

1152 T1 CAS ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例

T1 CAS Cisco MeetingPlace システム用のスパンの設定

T1 PRI Cisco MeetingPlace システムの設定

368 T1 PRI ポートの設定の例

736 T1 PRI ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例

ポート グループの設定

ポート グループへのポートの割り当て

ポート レコードのコピー

T1 PRI Cisco MeetingPlace システム用の T1 スパンの設定

E1 Cisco MeetingPlace システムの設定

240 E1 ポートの設定の例

720 E1 ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例

960 E1 ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例

ポート グループの設定

ポート グループへのポートの割り当て

ポート レコードのコピー

E1 Cisco MeetingPlace システム用のスパンの設定

純粋な IP Cisco MeetingPlace システムについて

QoS 設定について

タイプ オブ サービス バイトについて

IP precedence について

DSCP について

ジッタ バッファの設定について

ジッタ バッファの設定について

純粋な IP Cisco MeetingPlace システムの設定

480 IP ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8106 のみ)の例

960 IP ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例

IP コーデック設定

Cisco MeetingPlace システムの混合設定について

96 T1 CAS ポートと 240 IP ポートの設定の例

23 T1 PRI ポートと 120 IP ポートの設定の例

120 E1 ポートと 120 IP ポートの設定の例

480 E1 ポートと 480 IP ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例

Cisco MeetingPlace 8100 シリーズの日付と時刻の設定

MeetingTime を使用したポートの設定

Cisco MeetingPlace Audio Server システムの設定

この章では、新しくインストールした Cisco MeetingPlace Audio Server システムを設定する方法について説明します。この設定には、次のアクティビティがあります。

「Cisco MeetingPlace 8100 シリーズ用の LAN パラメータの設定」

「Cisco MeetingPlace 8100 シリーズの時間帯の設定」

「T1 CAS Cisco MeetingPlace システムの設定」

「T1 PRI Cisco MeetingPlace システムの設定」

「E1 Cisco MeetingPlace システムの設定」

「純粋な IP Cisco MeetingPlace システムの設定」

「Cisco MeetingPlace 8100 シリーズの日付と時刻の設定」

「MeetingTime を使用したポートの設定」


) CLI コマンドについては、付録 A「コマンドライン インターフェイス リファレンス」を参照してください。


Cisco MeetingPlace 8100 シリーズ用の LAN パラメータの設定

LAN パラメータにより、Cisco MeetingPlace 8100 シリーズが TCP/IP ネットワーク上で識別されます。LAN パラメータについては、『 Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3 』の ワークシート 3-3 を参照してください。


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 getether と入力します。Cisco MeetingPlace 8100 シリーズのイーサネット アドレスが表示されます。次に例を示します。

meetingplace: tech$ getether
0001af0bc2cd
 

ステップ 3 後で使用するために、イーサネット アドレスを記録しておきます。

ステップ 4 net と入力します。次のメニューが表示されます。

meetingplace:tech$ net
1) View the server & site configuration
2) Modify the server configuration
3) Select another server (current unit = #0)
99) Quit
Select:
 

ステップ 5 2 と入力して、Cisco MeetingPlace Audio Server の設定を変更します。次のメニューが表示されます。

Select: 2
 
1) View the current configuration
2) Select a different site for this server
3) Change the host and site names
4) Change server IP address and Ethernet address
5) Change site subnet mask or broadcast addr
6) Change site routing information
7) Change network time protocol servers
99) Return to the main menu
 

ステップ 6 3 4 5 6 、および 7 を順番に選択し、プロンプトに従って、『 Installation Planning Guide for Cisco
MeetingPlace Release 5.3
』のワークシート 3-3 を参照して値を入力します。

各パラメータの詳細については、 表2-1 を参照してください。

 

表2-1 Cisco MeetingPlace Audio Server システムの設定パラメータ

パラメータ
説明

Active

システムのステータス。編集不可です。

Description

次の 3 つの名前を指定します。

Host name :Cisco MeetingPlace CLI のコマンドライン プロンプトとして表示される名前。


) ネットワーク保守の問題を軽減するために、この名前を外部 DNS 名と同一にすることをお勧めします。この外部 DNS 名は、ネットワークが Cisco MeetingPlace 8100 シリーズを参照する際に使用されます。ただし、このホスト名を Cisco MeetingPlace に設定しても、DNS サーバに DNS エントリが自動的に設定されるわけではありません。また、Cisco MeetingPlace は内部で DNS をサポートするように設定されていないため、Cisco MeetingPlace から他のサーバにアクセスしようとする場合は、アクセス先のサーバの IP アドレスが使用されます。


Host description :Cisco MeetingTime および Cisco MeetingPlace Web
Conferencing で表示される Cisco MeetingPlace Audio Server の名前。TCP/IP 名と異なる名前にできるので、このフィールドで「MeetingPlace」を使用すると便利です。

Site name :Cisco MeetingPlace Audio Server の場所の任意の名前。

IP address

ネットワーク要件に対応する必要があります。『 Installation Planning Guide for
Cisco MeetingPlace Release 5.3
』の ワークシート 3-3 を参照してください。

Ethernet address

Cisco MeetingPlace Audio Server の Media Access Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレス。ネットワークの各ノードを一意に識別する MAC
ハードウェア アドレスと対応します。セットアップ時に、 getether コマンドによってこの値が生成されます。

NTP server

この IP アドレスは、LAN 上の Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)サーバを指定します。これを使用して、Cisco MeetingPlace はクロックをネットワーク タイム サーバに同期します。

Site subnet mask

IP アドレスが属するサブネットを特定するために使用されるビット マスク。この値は、ネットワーク管理者が指定します。『 Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3 』の ワークシート 3-3 を参照してください。

Site broadcast address

LAN セグメントにパケットをブロードキャストするために使用されるアドレス。これは、Cisco MeetingPlace Audio Server によって自動的に提供されます。『 Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3 』のワークシート 3-3 を参照してください。

Site default gateway

情報を受け取り、他のネットワークにルーティングするゲートウェイのアドレス。『 Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3 』のワークシート 3-3 を参照してください。

ホスト名およびサイト名を変更する場合の例については、次を参照してください( net コマンド メニューのオプション 3)。

Select: 3
Enter new host name [giraffe]: giraffe
Enter new host description [MeetingPlace]: MeetingPlace
Enter new site name [Home Site]: Home Site
1) View the current configuration
2) Select a different site for this server
3) Change the host and site names
4) Change server IP address and Ethernet address
5) Change site subnet mask or broadcast addr
6) Change site routing information
7) Change network time protocol servers
99) Return to the main menu
 

IP アドレスを変更し、イーサネット アドレスを確認する場合の例については、次を参照してください( net コマンド メニューのオプション 4)。

Select: 4
Enter new IP address [172.20.21.13]: 172.20.21.13
 
Please enter the 12-digit Ethernet address (e.g., 0000c0112233).
[0001af0bc2cd]: 0001af0bc2cd
 
1) View the current configuration
2) Select a different site for this server
3) Change the host and site names
4) Change server IP address and Ethernet address
5) Change site subnet mask or broadcast addr
6) Change site routing information
7) Change network time protocol servers
99) Return to the main menu
 

サイト サブネット マスクまたはブロードキャスト アドレスを変更する場合の例については、次を参照してください( net コマンド メニューのオプション 5)。 net コマンドを実行すると、デフォルトのサイト サブネット マスクとブロードキャスト アドレスが表示されます。デフォルトと異なる場合を除いては、これらを変更する必要はありません。

Select: 5
Enter new subnet mask [255.255.0.0]: 255.255.0.0
 
Enter new broadcast address [172.20.255.255]: 172.20.255.255
 
1) View the current configuration
2) Select a different site for this server
3) Change the host and site names
4) Change server IP address and Ethernet address
5) Change site subnet mask or broadcast addr
6) Change site routing information
7) Change network time protocol servers
99) Return to the main menu
 

サイト ルーティング情報を変更する場合の例については、次を参照してください( net コマンド メニューのオプション 6)。 net コマンドを実行すると、デフォルトのゲートウェイが表示されます。デフォルトと異なる場合を除いては、変更する必要はありません。

Select: 6
To specify no default gateway, enter "0.0.0.0".
Enter new default gateway address [172.20.1.1]: 172.20.1.1
 
1) View the current configuration
2) Select a different site for this server
3) Change the host and site names
4) Change server IP address and Ethernet address
5) Change site subnet mask or broadcast addr
6) Change site routing information
7) Change network time protocol servers
99) Return to the main menu
 

ネットワーク タイム プロトコル サーバを変更する場合の例については、次を参照してください( net コマンド メニューのオプション 7)。

Select: 7
 
The IP addresses for up to three Network Time Protocol servers may be entered.
To clear an entry, use the address "0.0.0.0".
NTP server #1 [198.201.208.114]: 198.207.208.114
NTP server #2 [198.201.208.84]: 198.207.208.84
NTP server #3 [0.0.0.0]: 0.0.0.0
 
1) View the current configuration
2) Select a different site for this server
3) Change the host and site names
4) Change server IP address and Ethernet address
5) Change site subnet mask or broadcast addr
6) Change site routing information
7) Change network time protocol servers
99) Return to the main menu
 

ステップ 7 99 と入力して、変更を終了します。

ステップ 8 y と入力して、変更を保存します。 net コマンド メニューが表示されます。

ステップ 9 1 と入力して、新しい設定を表示し、確認します。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ net
1) View the server & site configuration
2) Modify the server configuration
3) Select another server (current unit = 30)
99) Quit
Select: 1
Current server configuration:
Unit: #0 (giraffe)
Active: YES
Description: MeetingPlace
Kind: Conference server
IP Address: 172.20.21.13
Ethernet address: 0001af0bc2cd
NTP servers: 198.207.208.114 198.207.208.84
Site: #0 (Home Site)
Site subnet mask: 255.255.0.0
Site broadcast addr: 172.20.255.255
Site default gateway: 172.20.1.1
1) View the server & site configuration
2) Modify the server configuration
3) Select another server 9current unit = 30)
99) Quit
Select:
 

ステップ 10 99 と入力して、 net コマンドを終了します。


net コマンドで行った変更の中には、Cisco MeetingPlace システムを再起動しないと有効にならないものもあります。Cisco MeetingPlace システムを再起動する必要がある場合は、Cisco MeetingPlace システムによって通知されます。Cisco MeetingPlace システムを再起動して変更をテストする必要がある場合は、Cisco MeetingPlace システムを再起動し、5 分間待ってから、net コマンドで入力した IP アドレスに ping を実行します。



 

Cisco MeetingPlace 8100 シリーズの時間帯の設定

この項では、Cisco MeetingPlace 8100 シリーズの時間帯を設定する方法について説明します。


) 時間帯が正しく設定されていないと、会議は間違った時刻に行われます。



ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 timezone と入力します。次の例のように表示されます。

meetingplace:tech$ timezone
Please select the region where this server is installed:
1) Europe
2) Far East
3) North America
99) quit
Select:
 

ステップ 3 Cisco MeetingPlace Audio Server が配置されている地域に対応する番号を入力します。その地域のオプションを示す別のメニューが表示されます。表示される画面の例を次に示します。

Select: 3
Please select the time zone for this server.
 
The following timezones are available:
1) America/Anchorage
2) America/Chicago
3) America/Denver
4) America/Edmonton
5) America/Fort_Wayne
6) America/Halifax
7) America/Los_Angeles
8) America/Montreal
9) America/New_York
10) America/Phoenix
11) America/Vancouver
12) America/Winnipeg
13) America/Honolulu
99) no action
Select:
 

ステップ 4 Cisco MeetingPlace Audio Server が存在する場所の横に表示されている番号を入力します。Los
Angeles に対応するオプション 7 を選択した場合に表示される画面の例を次に示します。

Select: 7
 
The local time zone (PST) is 480 minutes west of GMT
Daylight savings time policy: US/Canada
 
Please confirm (y/n):
 

ステップ 5 y と入力して、選択を確認します。「DONE」という行と tech$ プロンプトが表示されます。


) 時間帯コードの完全なリストについては、付録 B「時間帯コード」を参照してください。



 

ブレードの設定について

この項では、Cisco MeetingPlace 8100 シリーズのブレードを設定する方法について説明します。ブレードには、次の 4 タイプがあります。

T1 Smart Blade

Multi Access Blade(MP-MA-16)

Multi Access Blade(MP-MA-4)

Smart Blade

各ブレード タイプの説明については、 表2-2 を参照してください。

 

表2-2 ブレード タイプ

ブレード タイプ
説明

T1 Smart Blade

PRC と MSC の両方の機能を提供するとともに、デジタル T1 CAS 電話回線用のトランク インターフェイス機能を提供します。

Multi Access Blade
(MP-MA-16 および MP-MA-4)

E1 デジタル テレフォニー、T1 PRI 機能、および IP ベース テレフォニーに必要なトランク インターフェイス カード機能を提供します。Multi
Access Blade は、Euro ISDN と QSIG の両方のテレフォニー プロトコル、北米(米国およびカナダ)用の T1 PRI サポート、および IP 用の音声エンコーディング G.711 および G.729a をサポートします。

MP-MA-16:最大 16 スパンをサポートします。

MP-MA-4:最大 4 スパンをサポートします。

Smart Blade

1 枚のカードで PRC と MSC の両方の機能を提供します。


IP ポートと組み合わせる場合を除いて、プロトコルの混合はサポートされません。たとえば、Cisco
MeetingPlace システムには、T1 ポートと E1 ポートの両方を設定することはできませんが、T1 ポート(PRI または CAS)と IP ポート、または E1 ポートと IP ポートを設定することはできます。また、Cisco MeetingPlace システムには、T1 CAS および T1 PRI ポートを設定することもできません。表2-3 を参照してください。


 

表2-3 ブレード設定の可否

設定不可
設定可能

T1 CAS および E1

T1 PRI および IP

T1 PRI および E1

E1 および IP

T1 PRI および T1 CAS

T1 CAS および IP

次の手順では、Cisco MeetingPlace Audio Server を設定する方法について説明します。

「T1 CAS Cisco MeetingPlace システムの設定」

「T1 PRI Cisco MeetingPlace システムの設定」

「E1 Cisco MeetingPlace システムの設定」

「純粋な IP Cisco MeetingPlace システムについて」

「Cisco MeetingPlace システムの混合設定について」

T1 CAS Cisco MeetingPlace システムの設定


) Cisco MeetingPlace Audio Server の背面にあるトランジション モジュールに必要なケーブルをすでに接続している必要があります。まだ接続していない場合は、『Installation and Upgrade Guide for
Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。



ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、IP 設定を含めずに、T1 CAS Cisco MeetingPlace システムだけの blade -t
number_of_T1_ports
を入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定される対象が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -t <# T1 ports>
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring "X" T1 ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。「1152 T1 CAS ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例」の手順 5 の例を参照してください。

ステップ 5 画面の出力結果を見て、正しく設定されていることを確認します。

ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

576 T1 CAS ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8106 のみ)の例


) Cisco MeetingPlace 8112 に 576 T1 CAS ポートを設定することはできますが、この例では、Cisco
MeetingPlace 8106 の場合に限定しています。



ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -t 576 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -t 576
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 576 T1 ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 CG6000C T1 0 0-23, 24-47, 48-71, 72-95
2 CG6000C T1 1 96-119, 120-143, 144-167, 168-191
3 CG6000C T1 2 192-215, 216-239, 240-263, 264-287
4 CG6000C T1 3 288-311, 312-335, 336-359, 360-383
5 CG6000C T1 4 384-407, 408-431, 432-455, 456-479
6 CG6000C T1 5 480-503, 504-527, 528-552, 552-575
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

1152 T1 CAS ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -t 1152 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -t 1152
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 1152 T1 ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 CG6000C T1 0 0-23, 24-47, 48-71, 72-95
2 CG6000C T1 1 96-119, 120-143, 144-167, 168-191
3 CG6000C T1 2 192-215, 216-239, 240-263, 264-287
4 CG6000C T1 3 288-311, 312-335, 336-359, 360-383
5 CG6000C T1 4 384-407, 408-431, 432-455, 456-479
6 CG6000C T1 5 480-503, 504-527, 528-552, 552-575
11 CG6000C T1 6 576-599, 600-623, 624-647, 648-671
12 CG6000C T1 7 672-695, 696-719, 720-743, 744-767
13 CG6000C T1 8 768-791, 792-815, 816-839, 840-863
14 CG6000C T1 9 864-887, 888-911, 912-935, 936-959
15 CG6000C T1 10 960-983, 984-1007, 1008-1031, 1032-1055
16 CG6000C T1 11 1056-1079, 1080-1103, 1104-1127, 1128-1151
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

T1 CAS Cisco MeetingPlace システム用のスパンの設定

T1 スパンは、Cisco MeetingPlace Audio Server の背面にある T1 Smart Blade トランジション モジュールに接続します。 blade コマンドを実行すると、T1 スパンは自動的にアクティブになり、デフォルト設定で設定されます。 表2-4 に、デフォルトのスパン設定を示します。

ご使用の Cisco MeetingPlace システムがこのように設定されているかどうかを調べるには、
『Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3』のワークシートを確認します。ご使用のシステムについてデフォルト設定で問題がなければ、この項の作業を実行する必要はありません。

 

表2-4 デフォルトの T1 CAS スパン設定

パラメータ
デフォルト
説明
取り得る値

Activate the DTI span?

y

スパンがアクティブの場合に指定します。

y = アクティブ

n = 非アクティブ

Framing

ESF

このスパンで使用されるフレーミング プロトコルを指定します。サービス プロバイダーによって決定されます。

ESF のみの使用をお勧めします。

D4

ESF

Zero code suppression

B8ZS

スパンにゼロ コード抑制を指定します。サービス プロバイダーによって決定されます。

B8ZS のみの使用をお勧めします。

なし

B8ZS

ジャムビット

Timing

external

Cisco MeetingPlace Audio Server が
PBX またはセントラル オフィスからクロック タイミングを取得する場合、または Cisco MeetingPlace によってタイミングが生成される場合に指定します。

すべてのスパンを external として設定する必要があります。internal 設定は診断目的で使用します。

internal

external(PBX など、パブリック ネットワークまたは信頼できるシステムにスパンが接続されている)

External sync priority

なし

スロット 1 の T1
Smart Blade に接続された T1 スパン(回線 A は sync
priority 1 を取得し、回線 B は sync
priority 2 を取得し、以降の回線も同様に sync priority を取得します)

外部タイミングに設定されたスパンの優先順位を指定します。Cisco
MeetingPlace システムは常に、最も優先順位の高いスパンから同期化を試行します。そのスパンの同期化が終了すると、Cisco MeetingPlace システムは次に優先順位の高いスパンに同期化を自動的に切り替えます。それよりも優先順位の高いスパンが発生した場合、Cisco MeetingPlace システムはそのスパンから同期化を自動的に実行します。

1 ~ 255(1 が最高で、255 が最低)

never

Trunk [x]

1、2、3 の順に付番されます。例:

Trunk [1]:ポート 0

Trunk [2]:ポート 1

Trunk [3]:ポート 2

カード上にある特定のハードウェアのトランクに割り当てられる、データベース内のポートを指定します。

番号

Remote loopback to network

n

リモート エンドからテストを行うために、スパンをループバック モードに設定する必要がある場合に指定します。

y = 指定する

n = 指定しない(通常の運用)

Internal data loopback

n

診断を行うために、ローカルでスパンをループバックさせる必要がある場合に指定します。

y = 指定する

n = 指定しない(通常の運用)


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade と入力します。次のいずれかの例のように表示されます。

Cisco MeetingPlace 8106 の場合

meetingplace:tech$ blade
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..6]: 1
 
Type [T1]:
Number of spans [ 1]:
Line A
Span [ 0]:
Framing [ESF]:
Line Coding [B8ZS]:
Timing [external]:
Sync Priority [never]:
Port Group [ 0]:
1st Port [ 0]:
Span Flags [0x00000000]:
 
Slot Card Type CardId Ports
1 CG6000C T1 0 0-23, none, none, none
2 CG6000C
3 CG6000C
4 no card
5 no card
6 TP1610-4 IP 0 24-83 (172.27.6.140)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

Cisco MeetingPlace 8112 の場合

meetingplace:tech$ blade
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 1
 
Type [T1]:
Number of spans [ 1]:
Line A
Span [ 0]:
Framing [ESF]:
Line Coding [B8ZS]:
Timing [external]:
Sync Priority [never]:
Port Group [ 0]:
1st Port [ 0]:
Span Flags [0x00000000]:
 
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 T1 0 0-22, 23-45, 46-68, 69-91
92-114, 115-137, 138-160, 161-183
184-206, 207-229, 230-252, 253-275
276-298, 299-321, 322-344, 345-367
2 TP1610 T1 1 368-390, 391-413, 414-436, 437-459
460-482, 483-505, 506-528, 529-551
552-574, 575-597, 598-620, 621-643
644-666, 667-689, 690-712, 713-735
3 CG6000C SB 2
4 CG6000C SB 3
5 CG6000C SB 4
6 CG6000C SB 5
11 CG6000C SB 6
12 CG6000C SB 7
13 CG6000C SB 8
14 CG6000C SB 9
15 no card
16 no card
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 3 表2-4 を参照して値を入力します。各値を入力し、次の行が表示されたら、 Enter キーを押します。使用可能なポートの数を超過したというエラーが表示された場合は、MeetingTime の設定を調べます。


) Cisco TAC の担当者による指示がない限り、Span Flags フィールドは変更しないでください。


ステップ 4 (オプション) 2 と入力して、別のスパンを設定します。

ステップ 5 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

T1 PRI Cisco MeetingPlace システムの設定


) Cisco MeetingPlace Audio Server の背面にあるトランジション モジュールに必要なケーブルをすでに接続している必要があります。まだ接続していない場合は、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。


Cisco MeetingPlace 8106:T1 PRI 設定では、1 スパンあたりのポートの最大数は 23 です。各
MP-MA-16-PRI は最大 16 スパンをサポートでき、Cisco MeetingPlace 8106 は Multi Access Blade を 1 つ(MP-MA-4-PRI または MP-MA-16-PRI のいずれか)だけ持つことができるので、Cisco MeetingPlace 8106 の T1 PRI ポートの最大数は 368 です。16 スパン x 23 ポート(1 スパンあたりのポート数)= 合計 368 ポート。

Cisco MeetingPlace 8112:T1 PRI 設定では、1 スパンあたりのポートの最大数は 23 です。各 Multi Access Blade が最大 16 スパンをサポートするので、Cisco MeetingPlace 8112 の T1 PRI ポートの最大数は 736 です。Cisco MeetingPlace 8112 は 2 つの MP-MA-16-PRI を持つことができるので、合計で 32 スパンを持つことができます。32 スパン x 23 ポート(1 スパンあたりのポート数)= 合計 736 ポート。


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、IP 設定を含めずに、T1 PRI Cisco MeetingPlace システムだけの blade -p
number_of_T1_PRI_ports
を入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定される対象が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -p <# T1 PRI ports>
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring "X" T1 PRI ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 画面の出力結果を見て、正しく設定されていることを確認します。

ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

368 T1 PRI ポートの設定の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation
and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -p 368 と入力し、 Enter キーを押します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -p 368
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 368 T1 PRI ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 T1 0 0-22, 23-45, 46-68, 69-91
92-114, 115-137, 138-160, 161-183
184-206, 207-229, 230-252, 253-275
276-298, 299-321, 322-344, 345-367
2 CG6000C SB 1
3 CG6000C SB 2
4 CG6000C SB 3
5 CG6000C SB 4
6 no card
11 no card
12 no card
13 no card
14 no card
15 no card
16 no card
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

) Cisco MeetingPlace 8106 は、6 スロットだけを持ちます。したがって、上記の例で 11 ~ 16 とラベルが付けられているスロット(強調表示されている行)は、Cisco MeetingPlace 8112 専用です。


ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

736 T1 PRI ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -p 736 と入力し、 Enter キーを押します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -p 736
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 736 T1 PRI ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力し、 Enter キーを押して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 T1 0 0-22, 23-45, 46-68, 69-91
92-114, 115-137, 138-160, 161-183
184-206, 207-229, 230-252, 253-275
276-298, 299-321, 322-344, 345-367
2 TP1610 T1 1 368-390, 391-413, 414-436, 437-459
460-482, 483-505, 506-528, 529-551
552-574, 575-597, 598-620, 621-643
644-666, 667-689, 690-712, 713-735
3 CG6000C SB 2
4 CG6000C SB 3
5 CG6000C SB 4
6 CG6000C SB 5
11 CG6000C SB 6
12 CG6000C SB 7
13 CG6000C SB 8
14 CG6000C SB 9
15 no card
16 no card
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

ポート グループの設定

同一のパラメータでポートのグループを設定できるように、ポート グループを作成することができます。ポート グループは、Cisco MeetingPlace Audio Server の機能を、アウトダイヤルを許可するかしないか、T1 CAS と IP のどちらを使用するかなどと分けるために使用します。


) このインストールに NSF コードが必要な場合、または必要かどうか不明な場合は、第 4 章「Network Specific Facility コードの設定」を参照してください。



ステップ 1 tech$ プロンプトで、 port と入力します。次のメニューが表示されます。

meetingplace:tech$ port
 
***** P O R T / G R O U P C O N F I G M E N U *****
 
1) View port record(s)
2) Modify port record
3) Copy port records
4) View group record(s)
5) Modify group record
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 2 5 と入力して、グループ レコードを変更します。次の例の 2 行目が表示されます。

Enter command: 5
Enter port group record number [0..31, <cr> for all] : 0
 
------------ GROUP 0 --------------
--- To skip over a field, just press <cr> ---
Activate the group? [y] : y
Card type [ T1] : T1
Signaling [ ] : protocol table
Protocol table [0] : 2
Number of DID digits [0] :
Human assistance? [n] :
Flash transfer? [n] :
Outdial? [y] :
 
Enter command: x
 

ステップ 3 該当のポート グループ レコード番号を入力します。上記の例では、ポート グループ 0 のため 0 と入力します。上記の例の残りの部分が表示されます。

ステップ 4 y と入力して、ポート グループを有効にします。

ステップ 5 T1 と入力して、カード タイプを選択します。

ステップ 6 protocol table と入力して、シグナリングを選択します。

ステップ 7 該当のプロトコルテーブル番号を選択します。この例では、プロトコルテーブル 2 のため 2 と入力します。デフォルトのプロトコルテーブルのリストについては、 表2-5 を参照してください。

 

表2-5 デフォルトのプロトコルテーブル設定:T1 PRI

プロトコルテーブル番号
デフォルトのプロトコル

2

AT&T PRI

3

Nortel PRI

4

Bell PRI


) プロトコルテーブルは、使用されるシグナリングのタイプに関する設定情報で構成されています。すべての T1 PRI Cisco MeetingPlace システムは、AT&T PRI プロトコルのデフォルト設定を使用するためにプロトコルテーブル 2、Nortel PRI を使用するためにプロトコルテーブル 3、Bell PRI を使用するためにプロトコルテーブル 4 が設定されて工場から出荷されます。これがご使用の Cisco MeetingPlace システムにとって正しくない場合は、protparm コマンドを使用して変更してください。


ステップ 8 (オプション)複数のポート グループが必要な場合は、この手順を繰り返します。

ステップ 9 port コマンドを終了するには、 x と入力します。


 

ポート グループへのポートの割り当て

すべてのポートに同一のパラメータを設定するために、特定のポートをポート グループに割り当てることができます。


ステップ 1 tech$ プロンプトで、 port と入力します。「ポート グループの設定」の手順 1 の例を参照してください。

ステップ 2 2 と入力して、ポート レコードを修正します。次の例の 1 行目が表示されます。

Enter port record number [0..735] : 0
 
-------------- UNIT 0 PORT 0 -------------
--- To skip over a field, just press <cr> ---
Uses port group [ 2] :
 

) 上記の例は Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、0 ~ 368 までのポート番号になります。


ステップ 3 ポート番号を入力します。この例では、ポート 0 のため 0 と入力します。上記の例の残りの部分が表示されます。

ステップ 4 ポート グループの番号を入力します。この例では、ポート グループ 0 のため 0 と入力します。


) このポート レコードを他のポートにコピーする場合は、「ポート レコードのコピー」を参照してください。


ステップ 5 x と入力して、 port コマンドを終了します。


 

ポート レコードのコピー

ポート レコードをコピーすると、1 つのポートのポート レコードを、複数の別のポートに必要な数だけ簡単にコピーできます。ポート レコードをコピーするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 port コマンドにまだアクセスしていない場合は、tech$ プロンプトで port と入力します。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ port
 
***** P O R T / G R O U P C O N F I G M E N U *****
 
1) View port record(s)
2) Modify port record
3) Copy port records
4) View group record(s)
5) Modify group record
x) Exit program
 
Enter command: 3
Enter port record number to copy from [0..735] : 0
Enter port(s) to copy to [0-735] : 1-735
Copied to port record(s) 1-735.
 
Enter command: x
 

) 上記の例は Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、0 ~ 368 までのポート番号になります。これは、許可されるポートの最大数です。設定によっては、ポートの数が最大数より少ない場合もあります。


ステップ 2 3 と入力して、ポート レコードをコピーします。

ステップ 3 コピー元のポート番号を入力します。上記の例の 13 行目を参照してください。この例では、ポート 0 のため 0 と入力します。

ステップ 4 コピー先のポート番号を入力します。上記の例の 14 行目を参照してください。この例では、すべてのポートをポート 0 と同じパラメータで設定しているので、Cisco MeetingPlace 8112 の場合は 1-735 、Cisco MeetingPlace 8106 の場合は 1-368 と入力します。

ステップ 5 Cisco MeetingPlace システムにより、コピー先のポートが通知されます。上記の例の 15 行目を参照してください。

ステップ 6 x と入力して、 port コマンドを終了します。


 

T1 PRI Cisco MeetingPlace システム用の T1 スパンの設定

T1 スパンは、Cisco MeetingPlace AudioServer の背面にある Multi Access Blade トランジション モジュールに接続します。


blade コマンドを実行すると、T1 スパンは自動的にアクティブになり、デフォルト設定で設定されます。表2-6 に、デフォルトのスパン設定を示します。


ご使用の Cisco MeetingPlace システムがこのように設定されているかどうかを調べるには、
『Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3』のワークシートを確認します。ご使用のシステムについてデフォルト設定で問題がなければ、この項の作業を実行する必要はありません。ご使用のシステムについてデフォルト設定で問題があれば、下記の手順を実行します。

 

表2-6 デフォルトの T1 PRI スパン設定

パラメータ
デフォルト
説明
取り得る値

Activate the DTI span?

y

スパンがアクティブの場合に指定します。

y = アクティブ

n = 非アクティブ

Framing

ESF

このスパンで使用されるフレーミング プロトコルを指定します。サービス プロバイダーによって決定されます。

ESF のみの使用をお勧めします。

D4

ESF

Zero code suppression

B8ZS

スパンにゼロ コード抑制を指定します。サービス プロバイダーによって決定されます。

B8ZS のみの使用をお勧めします。

なし

B8ZS

ジャムビット

Timing

external

Cisco MeetingPlace Audio Server が
PBX またはセントラル オフィスからクロック タイミングを取得する場合、または Cisco MeetingPlace によってタイミングが生成される場合に指定します。

すべてのスパンを external として設定する必要があります。internal 設定は診断目的で使用します。

internal

external(PBX など、パブリック ネットワークまたは信頼できるシステムにスパンが接続されている)

External sync priority

なし

スロット 1 の T1
Smart Blade に接続された T1 スパン(回線 A は sync
priority 1 を取得し、回線 B は sync
priority 2 を取得し、以降の回線も同様に sync priority を取得します)

外部タイミングに設定されたスパンの優先順位を指定します。Cisco
MeetingPlace システムは常に、最も優先順位の高いスパンから同期化を試行します。そのスパンの同期化が終了すると、Cisco MeetingPlace システムは次に優先順位の高いスパンに同期化を自動的に切り替えます。それよりも優先順位の高いスパンが発生した場合、Cisco MeetingPlace システムはそのスパンから同期化を自動的に実行します。

1 ~ 255(1 が最高で、255 が最低)

never

Trunk [x]

1、2、3 の順に付番されます。例:

Trunk [1]:ポート 0

Trunk [2]:ポート 1

Trunk [3]:ポート 2

カード上にある特定のハードウェアのトランクに割り当てられる、データベース内のポートを指定します。

番号

Remote loopback to network

n

リモート エンドからテストを行うために、スパンをループバック モードに設定する必要がある場合に指定します。

y = 指定する

n = 指定しない(通常の運用)

Internal data loopback

n

診断を行うために、ローカルでスパンをループバックさせる必要がある場合に指定します。

y = 指定する

n = 指定しない(通常の運用)


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade と入力します。次のいずれかの例のように表示されます。

Cisco MeetingPlace 8106 の場合

meetingplace:tech$ blade
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..6]: 1
 
Type [T1]:
Number of spans [ 1]:
Line A
Span [ 0]:
Framing [ESF]:
Line Coding [B8ZS]:
Timing [external]:
Sync Priority [never]:
Port Group [ 0]:
1st Port [ 0]:
Span Flags [0x00000000]:
 
Slot Card Type CardId Ports
1 CG6000C T1 0 0-23, none, none, none
2 CG6000C
3 CG6000C
4 no card
5 no card
6 TP1610-4 IP 0 24-83 (172.27.6.140)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

Cisco MeetingPlace 8112 の場合

meetingplace:tech$ blade
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 1
 
Type [T1]:
Number of spans [ 1]:
Line A
Span [ 0]:
Framing [ESF]:
Line Coding [B8ZS]:
Timing [external]:
Sync Priority [never]:
Port Group [ 0]:
1st Port [ 0]:
Span Flags [0x00000000]:
 
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 T1 0 0-22, 23-45, 46-68, 69-91
92-114, 115-137, 138-160, 161-183
184-206, 207-229, 230-252, 253-275
276-298, 299-321, 322-344, 345-367
2 TP1610 T1 1 368-390, 391-413, 414-436, 437-459
460-482, 483-505, 506-528, 529-551
552-574, 575-597, 598-620, 621-643
644-666, 667-689, 690-712, 713-735
3 CG6000C SB 2
4 CG6000C SB 3
5 CG6000C SB 4
6 CG6000C SB 5
11 CG6000C SB 6
12 CG6000C SB 7
13 CG6000C SB 8
14 CG6000C SB 9
15 no card
16 no card
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 3 表2-6 を参照して値を入力します。各値を入力し、次の行が表示されたら、 Enter キーを押します。使用可能なポートの数を超過したというエラーが表示された場合は、MeetingTime の設定を調べます。


) Cisco TAC の担当者による指示がない限り、Span Flags フィールドは変更しないでください。


ステップ 4 (オプション) 2 と入力して、別のスパンを設定します。

ステップ 5 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

E1 Cisco MeetingPlace システムの設定


) Cisco MeetingPlace Audio Server 背面にあるトランジション モジュールに必要なケーブルをすでに接続している必要があります。まだ接続していない場合は、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。



ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、IP 設定を含めずに、E1 Cisco MeetingPlace システムだけの blade -e
number_of_E1_ports
を入力します。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -e <# E1 ports>
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring "X" E1 ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定される対象が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 画面の出力結果を見て、正しく設定されていることを確認します。

ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


) -r オプションを設定して blade コマンドを使用することで、後で使用するためにスロットを予約できます。



 

240 E1 ポートの設定の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -e 240 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -e 240
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 240 E1 ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のいずれかのような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

Cisco MeetingPlace 8106 の場合

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610-4 E1 0 0-29, 30-59, 60-89, 90-119
2 TP1610-4 E1 1 120-149, 150-179, 180-209, 210-239
3 CG6000C SB 0
4 CG6000C SB 1
5 no card SB 2
6 no card
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

Cisco MeetingPlace 8112 の場合

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 E1 0 0-29, 30-59, 60-89, 90-119
120-149, 150-179, 180-209, 210-239
2 CG6000C SB 0
3 CG6000C SB 1
4 CG6000C SB 2
5 no card
6 no card
11 no card
12 no card
13 no card
14 no card
15 no card
16 no card
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

720 E1 ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -e 720 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、入力した blade コマンドを確認します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -e 720
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 720 E1 ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

Meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 E1 0 0-29, 30-59, 60-89, 90-119
120-149, 150-179, 180-209, 210-239
240-269, 270-299, 300-329, 330-359
360-389, 390-419, 420-449, 450-479
2 TP1610 E1 1 480-509, 510-539, 540-569, 570-599
600-629, 630-659, 660-689, 690-719
3 CG6000C SB 0
4 CG6000C SB 1
5 CG6000C SB 2
6 CG6000C SB 3
11 CG6000C SB 4
12 CG6000C SB 5
13 CG6000C SB 6
14 CG6000C SB 7
15 no card
16 no card
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

960 E1 ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -e 960 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -e 960
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 960 E1 ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

Meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 E1 0 0-29, 30-59, 60-89, 90-119
120-149, 150-179, 180-209, 210-239
240-269, 270-299, 300-329, 330-359
360-389, 390-419, 420-449, 450-479
2 TP1610 E1 1 480-509, 510-539, 540-569, 570-599
600-629, 630-659, 660-689, 690-719
720-749, 750-779, 780-809, 810-839
840-869, 870-899, 900-929, 930-959
3 CG6000C SB 0
4 CG6000C SB 1
5 CG6000C SB 2
6 CG6000C SB 3
11 CG6000C SB 4
12 CG6000C SB 5
13 CG6000C SB 6
14 CG6000C SB 7
15 CG6000C SB 8
16 CG6000C SB 9
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

ポート グループの設定

同一のパラメータでポートのグループを設定できるように、ポート グループを作成することができます。ポート グループを作成および設定する方法を次に示します。


ステップ 1 tech$ プロンプトで、 port と入力します。次のメニューが表示されます。

meetingplace:tech$ port
 
***** P O R T / G R O U P C O N F I G M E N U *****
 
1) View port record(s)
2) Modify port record
3) Copy port records
4) View group record(s)
5) Modify group record
x) Exit program
 
Enter command: 3
 

ステップ 2 5 と入力して、グループ レコードを変更します。次の例の 2 行目が表示されます。

Enter command: 5
Enter port group record number [0..31, <cr> for all] : 0
 
------------ GROUP 0 --------------
--- To skip over a field, just press <cr> ---
Activate the group? [y] : y
Card type [ T1] : E1
Signaling [ ] : protocol table
Protocol table [0] : 0
Number of DID digits [0] : 0
Human assistance? [n] : n
Flash transfer? [n] : n
Outdial? [y] : y
 
Enter command: x
 

ステップ 3 該当のポート グループ レコード番号を入力します。この例では、ポート グループ 0 のため 0 と入力します。上記の例の残りの部分が表示されます。

ステップ 4 y と入力して、ポート グループを有効にします。

ステップ 5 E1 と入力して、カード タイプを選択します。

ステップ 6 prococol table と入力して、シグナリングを選択します。

ステップ 7 該当のプロトコルテーブル番号を選択します。上記の例では、プロトコルテーブル 0 のため 0 と入力します。デフォルトのプロトコルテーブルのリストについては、 表2-7 を参照してください。


) プロトコルテーブルは、使用されるシグナリングのタイプに関する設定情報で構成されています。シスコシステムズは、すべての E1 Cisco MeetingPlace システムに、Euro ISDN プロトコルのデフォルトの設定を使用するためにプロトコルテーブル 0 を設定し、QSIG プロトコルを使用するためにプロトコルテーブル 1 を設定して出荷します。これがご使用の Cisco MeetingPlace システムにとって正しくない場合は、protparm コマンドを使用して変更してください。

現在の作業が、5.1 より前のリリースからのアップグレードの一環である場合、デフォルトのプロトコルテーブル 3 および 4 は正しくありません。これを解決するには、protparm コマンドを使用して、テーブル 3 および 4 を削除します。この作業により、表2-7 にリストされているデフォルトに戻ります。


 

表2-7 デフォルトのプロトコルテーブル設定:E1

プロトコルテーブル番号
デフォルトのプロトコル

0

Euro ISDN

1

QSIG ECMA

5

QSIG ETSI


) QSIG ECMA と QSIG ETSI の 2 つの QSIG バリアントがあります。PBX が使用するように設定されているものと同じバリアントを使用してください。


ステップ 8 (オプション)複数のポート グループが必要な場合は、この手順を繰り返します。

ステップ 9 x と入力して、 port コマンドを終了します。


 

ポート グループへのポートの割り当て

すべてのポートに同一のパラメータを設定するために、特定のポートをポート グループに割り当てることができます。


ステップ 1 tech$ プロンプトで、 port と入力します。「ポート グループの設定」の手順 1 のメニューが表示されます。

ステップ 2 2 と入力して、ポート レコードを変更します。次の例の 1 行目が表示されます。

Enter port record number [0..7] : 0
 
--------------UNIT 0 PORT 0 -------------
--- To skip over a field, just press <cr> ---
Uses port group [ 0] : 0
 

ステップ 3 ポート番号を入力します。上記の例では、ポート 0 のため 0 と入力します。上記の例の残りの部分が表示されます。

ステップ 4 ポート グループの番号を入力します。上記の例では、ポート グループ 0 のため 0 と入力します。


) このポート レコードを他のポートにコピーする場合は、「ポート レコードのコピー」を参照してください。


ステップ 5 x と入力して、 port コマンドを終了します。


 

ポート レコードのコピー

ポート レコードをコピーすると、1 つのポートのポート レコードを、複数の別のポートに必要な数だけ簡単にコピーできます。


ステップ 1 port コマンドにまだアクセスしていない場合は、tech$ プロンプトで port と入力します。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ port
 
***** P O R T / G R O U P C O N F I G M E N U *****
 
1) View port record(s)
2) Modify port record
3) Copy port records
4) View group record(s)
5) Modify group record
x) Exit program
 
Enter command: 3
Enter port record number to copy from [0..959] : 0
Enter port(s) to copy to [0-959] : 1-959
Copied to port record(s) 1-959.
 
Enter command: x
 

) 上記の例は Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、0 ~ 479 までのポート番号になります。これは、許可されるポートの最大数です。設定によっては、ポートの数が最大数より少ない場合もあります。


ステップ 2 3 と入力して、ポート レコードをコピーします。

ステップ 3 コピー元のポート番号を入力します。上記の例の 13 行目を参照してください。上記の例では、ポート 0 のため 0 と入力します。

ステップ 4 コピー先のポート番号を入力します。上記の例の 14 行目を参照してください。上記の例では、すべてのポートをポート 0 と同じパラメータで設定しているので、Cisco MeetingPlace 8112 の場合は 1-959 、Cisco MeetingPlace 8106 の場合は 1-479 と入力します。Cisco MeetingPlace システムにより、コピー先のポートが通知されます。上記の例の 15 行目を参照してください。

ステップ 5 x と入力して、 port コマンドを終了します。


 

E1 Cisco MeetingPlace システム用のスパンの設定

E1 スパンは、Cisco MeetingPlace AudioServer の背面にある Multi Access Blade トランジション モジュールに接続します。


blade コマンドを実行すると、E1 スパンは自動的にアクティブになり、デフォルト設定で設定されます。表2-8 に、デフォルトのスパン設定を示します。


ご使用の Cisco MeetingPlace システムがこのように設定されているかどうかを調べるには、
『Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3』のワークシートを確認します。ご使用のシステムについてデフォルト設定で問題がなければ、この項の作業を実行する必要はありません。ご使用のシステムについてデフォルト設定で問題があれば、下記の手順を実行します。

 

表2-8 デフォルトの E1 スパン設定

パラメータ
デフォルト
説明
取り得る値

Activate the ACTI span?

y

スパンがアクティブの場合に指定します。

y = アクティブ

n = 非アクティブ

Framing

CRC4

このスパンで使用されるフレーミング プロトコルを指定します。サービス プロバイダーによって決定されます。

CRC4 のみの使用をお勧めします。

CRC4

non-CRC4

Zero code suppression

HDB3

スパンにゼロ コード抑制を指定します。サービス プロバイダーによって決定されます。

HDB3 のみの使用をお勧めします。

HDB3

Timing

external

Cisco MeetingPlace Audio Server が
PBX またはセントラル オフィスからクロック タイミングを取得する場合、または Cisco MeetingPlace によってタイミングが生成される場合に指定します。

すべてのスパンを external として設定する必要があります。internal 設定は診断目的で使用します。

internal

external(PBX など、パブリック ネットワークまたは信頼できるシステムにスパンが接続されている)

External sync priority

なし

スロット 1 の T1
Smart Blade に接続された T1 スパン(回線 A は sync
priority 1 を取得し、回線 B は sync
priority 2 を取得し、以降の回線も同様に sync priority を取得します)

外部タイミングに設定されたスパンの優先順位を指定します。Cisco
MeetingPlace システムは常に、最も優先順位の高いスパンから同期化を試行します。そのスパンの同期化が終了すると、Cisco MeetingPlace システムは次に優先順位の高いスパンに同期化を自動的に切り替えます。それよりも優先順位の高いスパンが発生した場合、Cisco MeetingPlace システムはそのスパンから同期化を自動的に実行します。

1 ~ 255(1 が最高で、255 が最低)

never

Trunk [x]

1、2、3 の順に付番されます。例:

Trunk [1]:ポート 0

Trunk [2]:ポート 1

Trunk [3]:ポート 2

カード上にある特定のハードウェアのトランクに割り当てられる、データベース内のポートを指定します。

番号

Remote loopback to network

n

リモート エンドからテストを行うために、スパンをループバック モードに設定する必要がある場合に指定します。

y = 指定する

n = 指定しない(通常の運用)

Internal data loopback

n

診断を行うために、ローカルでスパンをループバックさせる必要がある場合に指定します。

y = 指定する

n = 指定しない(通常の運用)


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade と入力します。次のいずれかの例のように表示されます。

Cisco MeetingPlace 8106 の場合

meetingplace:tech$ blade
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..6]: 1
 
Type [T1]:
Number of spans [ 1]:
Line A
Span [ 0]:
Framing [ESF]:
Line Coding [B8ZS]:
Timing [external]:
Sync Priority [never]:
Port Group [ 0]:
1st Port [ 0]:
Span Flags [0x00000000]:
 
Slot Card Type CardId Ports
1 CG6000C T1 0 0-23, none, none, none
2 CG6000C
3 CG6000C
4 no card
5 no card
6 TP1610-4 IP 0 24-83 (172.27.6.140)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

Cisco MeetingPlace 8112 の場合

meetingplace:tech$ blade
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 1
 
Type [E1]:
Number of spans [ 1]:
Line A
Span [ 0]:
Framing [CRC4]:
Line Coding [HDB3]:
Timing [external]:
Sync Priority [never]:
Port Group [ 0]:
1st Port [ 0]:
Span Flags [0x00000000]:
 
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 T1 0 0-22, 23-45, 46-68, 69-91
92-114, 115-137, 138-160, 161-183
184-206, 207-229, 230-252, 253-275
276-298, 299-321, 322-344, 345-367
2 TP1610 T1 1 368-390, 391-413, 414-436, 437-459
460-482, 483-505, 506-528, 529-551
552-574, 575-597, 598-620, 621-643
644-666, 667-689, 690-712, 713-735
3 CG6000C SB 2
4 CG6000C SB 3
5 CG6000C SB 4
6 CG6000C SB 5
11 CG6000C SB 6
12 CG6000C SB 7
13 CG6000C SB 8
14 CG6000C SB 9
15 no card
16 no card
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 3 表2-8 を参照して値を入力します。各値を入力し、次の行が表示されたら、 Enter キーを押します。使用可能なポートの数を超過したというエラーが表示された場合は、MeetingTime の設定を調べます。


) Cisco TAC の担当者による指示がない限り、Span Flags フィールドは変更しないでください。


ステップ 4 (オプション) 2 と入力して、別のスパンを設定します。

ステップ 5 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

純粋な IP Cisco MeetingPlace システムについて

この項では、純粋な IP Cisco MeetingPlace システムに関する基本的な情報を取り上げます。ここで説明されている技術を実装する方法の詳細については、「純粋な IP Cisco MeetingPlace システムの設定」を参照してください。

IP システムに Multi Access Blade を設定する前に、使用する QoS(Quality of Service)設定、つまり IP precedence メカニズムまたは Differentiated Services Code Point(DSCP)メカニズムのいずれかについて理解しておく必要があります。その後、そのメカニズムのための特定の設定を行う必要があります。次の各項では、各メカニズムとそれらの各種設定について説明します。

QoS 設定について

純粋な IP 設定の場合、使用できる QoS メカニズムは 2 つあります。IP precedence または DSCP です。まず、IP ネットワークで使用するメカニズムを決定し、次に、それらの値の適切な設定を IT 部門とともに決定します。


) Cisco MeetingPlace IP ゲートウェイは、レイヤ 2 QOS(COS)の送信をサポートしません。つまり、レイヤ 2 スイッチ レベルには、Cisco MeetingPlace システムまたは Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP
Gateway の QOS 優先順位を設定できません。


タイプ オブ サービス バイトについて

音声パケット内において、Type of Service(ToS; タイプ オブ サービス)バイトは、IP ヘッダーにある 8 ビット フィールドで、IP precedence または DSCP 用に使用されます(バイトは オクテット とも呼ばれます)。このバイトが IP precedence 用に使用された場合、3 ビットが IP precedence 値のために使用され、4 ビットが ToS 値のために使用されます。

ビット レイアウトを次に示します。

 

7

6

5

4

3

2

1

0

IP precedence

タイプ オブ サービス


) 次の用語の違いに注意してください。 ToS バイトは、8 ビットすべてを意味しますが、ToS フィールド は、そのバイト内の 4 ビットだけを意味します。IP precedence メカニズムでは、ToS バイトは IP precedence フィールドと ToS フィールドに区分化されます。


このバイトが DSCP 用に使用された場合、6 ビットが DSCP 用に使用されます。ビット レイアウトを次に示します。

 

7

6

5

4

3

2

1

0

Differentiated Services Code Point

DSCP フィールドが IP precedence 用に使用されるフィールドと重なることに注意してください。したがって、各デバイスが混在するネットワークの場合(一部で IP precedence が使用され、その他で DSCP が使用されている場合)、DSCP 値を慎重に選択すれば、下位互換性が達成されます。

IP precedence について

従来の IP precedence QoS メカニズムを使用する場合、純粋な IP 設定に使用される次の 2 つの値を指定する必要があります。

IP precedence 値: 0 ~ 7 のいずれかの値。IP precedence は、トラフィックの種類を分類し、優先順位を付けるために使用されます。ほとんどの実装では、IP precedence 値 5 が使用されます。すべての値を次に示します。

0:ルーチン
1:優先
2:即時
3:フラッシュ
4:フラッシュ オーバーライド
5:CRITIC/ECP
6:インターネットワーク制御
7:ネットワーク制御

ToS 値: 0 ~ 15 のいずれかの値。ToS 値により、遅延の最小化やスループットの最大化など、パケットの特別な処理が指定されます。この値は、0 に設定するのが最適です。

DSCP について

DSCP(「DiffServ」とも呼ばれる)は、比較的新しいメカニズムです。これは、RFC 2474 で規定されています。DSCP の範囲は 0 ~ 63 です。実際には、ほとんどの実装で DSCP 値 40 が使用され、この値は、IP precedence 値 5 と正確に対応します。

ジッタ バッファの設定について

ジッタ バッファの概念は、ネットワーク遅延、遅延ジッタ、パケット損失、クロック ドリフトなど、音声パケット ネットワークの現実から必要とされています。ジッタ バッファ(「遅延ジッタ バッファ」とも呼ばれる)は、通常 50 ~ 150 ミリ秒さらに遅延させる追加のパケット遅延を強制的に実行しますが、次の重要な利点があります。

ジッタの平滑化:すべてのパケットを遅延させることで、遅延ジッタのほとんどの影響を排除することが可能です。つまり、ジッタ バッファを使用すると、わずかに早くまたはわずかに遅く到着するパケットすべてを正確な間隔で処理することが可能になります。ただし、ジッタ バッファのサイズより早くまたは遅く到着するパケットは、すべて廃棄されます。したがって、ジッタ バッファを小さく設定しすぎない必要があります。また、ジッタ バッファを大きく設定しすぎない必要もあります。遅延が大きすぎると、通話している参加者がそれに気付く可能性があるためです。

順序どおりでないパケットの処理:一部のケースでは、さまざまな遅延が原因で、後続パケットが順序どおり受信されないことがあります。ジッタ バッファを使用すると、それらのパケットを適切な順序に戻すことができる場合があります。

損失パケットの処理:ジッタ バッファを使用すると、損失(単なる遅延とは異なる)パケットの処理が簡単になります。パケットが失われたとソフトウェアが判断した場合、損失パケットの妥当な近似が提供されます。これは、送信者が冗長性サポートを有効にしていることを前提としています(RFC 2198)。

オーバーランとアンダーランの処理:クロックが同期されていない場合、パケットのオーバーランまたはアンダーラン(遠端のクロックが進んでいるか、遅れているかによる)が発生することがあります。ジッタ バッファを使用すると、より適切な方法でこれに対処できます。

ジッタ バッファの設定について

設定できるジッタ バッファ パラメータには、次の 2 つがあります。

ジッタ バッファの最小サイズ:ジッタ バッファは変化するジッタ値に自動的に適応しますが、最小値を定義する必要があります。デフォルト値は 100 ミリ秒です。これは、ほとんどのインストールにとって妥当な値です。ただし、一部の環境では、別の値を設定したほうがよい場合があります。 blade コマンドで、1 ~ 1000 ミリ秒の値を指定できます。

値を小さくした場合、顕著な音声の遅延は抑えられますが、パケット損失により音声品質が低下するリスクは高くなります。次の IP ネットワークの場合は、値を小さくすることを検討できます。

地理的に小規模である。

ホップがほとんどない。

帯域幅が大きい。

値を大きくした場合、音声品質は向上しますが、遅延が増大することでユーザに不快感をもたらす可能性があります。次の IP ネットワークの場合は、値を大きくすることを検討できます。

地理的に大規模である。

ホップ数が多い。

帯域幅がボトルネックになる可能性がある。

ジッタ バッファの最適化:ジッタ バッファの最適化係数は、ジッタ バッファがネットワーク ジッタに対処する速さを制御します。 blade コマンドでは、最適化係数の値を 0 ~ 12 の範囲で指定でき、デフォルトは 7 です。

最も高く設定した場合、ジッタ バッファは、すぐに最大のネットワーク遅延まで進み、そこで、パケット エラー率を最小化するとともに、遅延を最大化します。最も低く設定した場合、ジッタ バッファは、クロック ドリフトを相殺するためにだけ遅延を増大させ、すぐに最小の設定値まで戻ります。中間の値(デフォルトの 7 など)を指定した場合、ほとんどのシステムにとって適切で、理にかなった妥協点となります。

純粋な IP Cisco MeetingPlace システムの設定


) Cisco MeetingPlace Audio Server 背面にあるトランジション モジュールに必要なケーブルをすでに接続している必要があります。まだ接続していない場合は、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。


blade コマンドを使用して純粋な IP Cisco MeetingPlace システムを設定する前に、 表2-9 に示されている前提を理解する必要があります。ご使用のインストレーションがこれらの前提と一致しない場合は、 blade コマンドの 2 つ目のオプションを使用してブレードを変更することで、設定をカスタマイズする必要があります。

 

表2-9 純粋な IP Cisco MeetingPlace システムに関する Blade コマンドの前提

IP ポートの数
前提とされる Multi Access Blade タイプ

1-120

1 MP-MA-4

121-240

2 MP-MA-4

241-480

1 MP-MA-16

481-600

1 MP-MA-4 および 1 MP-MA-16

601+

2 MP-MA-16

純粋な IP Cisco MeetingPlace システムを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation
and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -i number_of_IP_ports と入力します。これは、純粋な IP Cisco MeetingPlace システムのためのコマンドです。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定される対象が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -i <# IP ports>
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring "X" IP ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 画面の出力結果を見て、正しく設定されていることを確認します。

ステップ 6 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 16
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610]:
Port Group [ 1]:
Number of Ports [ 480]:
1st Port [ 480]:
IP address [0] [0.0.0.0]: 10.10.10.10
IP address [1] [0.0.0.0]: 10.10.10.11
Subnet Mask [0.0.0.0]: 255.255.255.0
Default Gateway [0.0.0.0]: 10.10.10.1
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Base UDP Port [1] [ 6000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]:
Jitter Buffer Optimization [ 7]:
IP Precedence [0]:
Type of Service (TOS) [ 0]:
DSCP / DiffServ [unused]:
RTCP Interval [default]:
 

) 上記の例は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合、設定するブレード スロットはスロット 6 で、ポート数は 120、最初のポートは 23 です。また、Cisco MeetingPlace 8106 の場合、IP address [1] フィールドの値は 0.0.0.0 です。上記の例で太字で示した行(Base UDP Port [1])は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合にだけ表示されます。この行は、Cisco MeetingPlace 8106 のコードでは表示されません。


ステップ 7 スロット番号を入力して、ブレードを変更します。この設定では、Cisco MeetingPlace 8112 の場合は、スロット 16 のため 16 と入力します。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、スロット 6 のため 6 と入力します。

ステップ 8 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 9 IP アドレスを入力します。MP-MA-4 の場合、Cisco MeetingPlace システムにより、1 つの IP アドレスが求められます。MP-MA-16 の場合、Cisco MeetingPlace システムにより、2 つの IP アドレスが求められます。MP-MA-16 上で使用しているポート数が 240 より少ない場合は、2 番目の IP アドレスを 0.0.0.0 のままとします。

ステップ 10 Enter キーを押して続行し、デフォルトの設定がこのインストレーションにとって正しいことを確認します。ご使用のインストレーションがデフォルト以外の値を必要とする場合は、必要な変更を行います。


) Base UDP Port フィールドの値は、10 で割り切れる値にする必要があり、それ以外の値ではエラーが発生します。


blade コマンドを使用して IP Precedence 値 5 と ToS 値 0 を設定する例を次に示します。DSCP が無効になっていることに注意してください。


) この設定は、純粋な IP 設定に使用される Multi Access Blade に対して実行する必要があります。


***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 16
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610]:
Port Group [ 1]:
Number of Ports [120]:
1st Port [ 46]:
IP address [0] [172.20.18.30]:
IP address [1] [172.20.18.31]:
Subnet Mask [255.255.0.0]:
Default Gateway [172.20.1.1]:
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Base UDP Port [1] [ 6000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]:
Jitter Buffer Optimization [ 7]:
IP Precedence [0]: 5
Type of Service (TOS) [ 0]: 0
DSCP / DiffServ [unused]: unused
RTCP Interval [default]:
 

) 上記の例は Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、設定されるブレード スロットはスロット 6 で、最初のポートは 23 です。上記の例の太字で示した行(IP address [1] と Base UDP Port [1])は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合にだけ表示されます。この 2 つの行は Cisco MeetingPlace 8106 のコードには表示されません。


blade コマンドを使用して DSCP 値 40 を設定する方法の例を次に示します。


) この設定は、純粋な IP 設定に使用される Multi Access Blade に対して実行する必要があります。


***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 16
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610]:
Port Group [ 1]:
Number of Ports [120]:
1st Port [ 46]:
IP address [0] [172.20.18.30]:
IP address [1] [172.20.18.31]:
Subnet Mask [255.255.0.0]:
Default Gateway [172.20.1.1]:
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Base UDP Port [1] [ 6000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]:
Jitter Buffer Optimization [ 7]:
IP Precedence [0]: unused
Type of Service (TOS) [ 0]: unused
DSCP / DiffServ [unused]: 40
RTCP Interval [default]:
 

) 上記の例は Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、設定されるブレード スロットはスロット 6 で、最初のポートは 23 です。上記の例の太字で示した行(IP address [1] と Base UDP Port [1])は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合にだけ表示されます。この 2 つの行は Cisco MeetingPlace 8106 のコードには表示されません。


ジッタ バッファの最小サイズを 150 ミリ秒に、ジッタ バッファの最適化係数を 9 に設定する方法の例を次に示します。


) この設定は、IP 設定に使用される Multi Access Blade に対して実行する必要があります。


***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 16
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610]:
Port Group [ 1]:
Number of Ports [120]:
1st Port [ 46]:
IP address [0] [172.20.18.30]:
IP address [1] [172.20.18.31]:
Subnet Mask [255.255.0.0]:
Default Gateway [172.20.1.1]:
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Base UDP Port [1] [ 6000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]: 150
Jitter Buffer Optimization [ 7]: 9
IP Precedence [0]:
Type of Service (TOS) [ 0]:
DSCP / DiffServ [unused]:
RTCP Interval [default]:
 

) 上記の例は Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、設定されるブレード スロットはスロット 6 で、最初のポートは 23 です。上記の例の太字で示した行(IP address [1] と Base UDP Port [1])は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合にだけ表示されます。この 2 つの行は Cisco MeetingPlace 8106 のコードには表示されません。


ステップ 11 1 と入力して、IP アドレスが正しく変更されたことを確認します。

ステップ 12 確認するブレードのスロット番号を入力します。

ステップ 13 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

480 IP ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8106 のみ)の例


) Cisco MeetingPlace 8112 に 480 IP ポートを設定することはできますが、この例では、Cisco
MeetingPlace 8106 の場合に限定しています。



ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -i 480 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -i 480
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 480 IP ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 CG6000C SB 0
2 CG6000C SB 1
3 CG6000C SB 2
4 CG6000C SB 3
5 CG6000C SB 4
6 CG6000C IP 0 0-479 (No IP address)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 

ステップ 6 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。

ステップ 7 ブレードのスロット番号を入力して、ブレードを変更します。この例では、スロット 6 のため 6 と入力します。

***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..6]: 6
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610-4]:
Port Group [ 3]:
Number of Ports [120]:
1st Port [ 23]:
IP address [0] [0.0.0.0]: 10.10.10.10
Subnet Mask [0.0.0.0]: 255.255.255.0
Default Gateway [0.0.0.0]: 10.10.10.1
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]:
Jitter Buffer Optimization [ 7]:
IP Precedence [0]:
Type of Service (TOS) [ 0]:
DSCP / DiffServ [unused]:
RTCP Interval [default]:
 

ステップ 8 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 9 IP アドレスを入力した後、 Enter キーを連続して押して、 blade コマンド メニューに移動します。

ステップ 10 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。

ステップ 11 5 と入力して、スロット 5 のブレードを選択します。


) 上記の例では、スロット 6 が示されていますが、スロット 6 はすでに設定されているので、ここではスロット 5 を選択する必要があります。


ステップ 12 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 13 IP アドレスを入力した後、 Enter キーを連続して押して、 blade コマンド メニューに移動します。

ステップ 14 1 と入力して、IP アドレスが正しく変更されたことを確認します。

ステップ 15 確認するブレードのスロット番号を入力します。

ステップ 16 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

960 IP ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -i 960 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -i 960
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 960 IP ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 CG6000C SB 0
2 CG6000C SB 1
3 CG6000C SB 2
4 CG6000C SB 3
5 CG6000C SB 4
6 CG6000C SB 5
11 CG6000C SB 6
12 CG6000C SB 7
13 CG6000C SB 8
14 CG6000C SB 9
15 TP1610 IP 1 480-959 (No IP address)
16 TP1610 IP 0 0-479 (No IP address)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 

ステップ 6 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。

ステップ 7 変更するブレードのスロット番号を入力します。この例では、スロット 16 のため 16 と入力します。

***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 16
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610]:
Port Group [ 1]:
Number of Ports [480]:
1st Port [ 0]:
IP address [0] [0.0.0.0]: 10.10.10.10
IP address [1] [0.0.0.0]: 10.10.10.11
Subnet Mask [0.0.0.0]: 255.255.255.0
Default Gateway [0.0.0.0]: 10.10.10.1
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Base UDP Port [1] [ 6000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]:
Jitter Buffer Optimization [ 7]:
IP Precedence [0]:
Type of Service (TOS) [ 0]:
DSCP / DiffServ [unused]:
RTCP Interval [default]:
 

ステップ 8 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 9 IP アドレスを入力した後、 Enter キーを連続して押して、 blade コマンド メニューに移動します。

ステップ 10 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。上記の例の 8 行目を参照してください。

ステップ 11 15 と入力して、スロット 15 のブレードを選択します。

ステップ 12 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 13 IP アドレスを入力した後、 Enter キーを連続して押して、 blade コマンド メニューに移動します。

ステップ 14 1 と入力して、IP アドレスが正しく変更されたことを確認します。

ステップ 15 確認するブレードのスロット番号を入力します。

ステップ 16 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

IP コーデック設定

この項の手順は、Cisco MeetingPlace システムが IP ポートを使用する場合にだけ実行する必要があります。


ステップ 1 Cisco MeetingPlace IP ゲートウェイをインストールし、設定します。手順については、『Administrator's
Guide for Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Release 5.2.1』を参照してください。

ステップ 2 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation
and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 3 CLI に technician としてログインします。

ステップ 4 restart と入力します。

ステップ 5 y と入力して、Cisco MeetingPlace システムを再起動することを確認します。

ステップ 6 Cisco MeetingPlace システムが再起動を完了したら(約 5 分後)、Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP
Gateway マシン上で稼働する Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway サービスを起動します。サービスの起動方法については、『 Administrator's Guide for Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway
Release 5.2.1
』を参照してください。

ステップ 7 CLI に technician としてログインします。

ステップ 8 swstatus と入力して、ソフトウェアの状態が動作中であることを確認します。

ステップ 9 gwstatus と入力して、Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway サービスの状態が動作中であることを確認します。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ gwstatus
Gateway SIM Status/Mon Aug 23 20:06:24 2004
-------------------------------------------
Remote Units:
Unit 16 mpgateway v5.3.0.10 Ok 8/23/04 20:06:10
 
Gateways:
Unit 16 WebPub:DataSvc v4.3.0.100 Ok 8/23/04 18:54:02
Unit 16 WebPub:MPAgent v4.3.0.100 Ok 8/23/04 18:53:58
Unit 16 MPConvert v4.3.0.100 Ok 8/23/04 18:54:06
Unit 16 IP Gateway v5.2.0.7 Ok 8/23/04 18:53:25
Unit 16 WebPub:Master v4.3.0.100 Ok 8/23/04 18:53:25
Unit 16 DataConf:GW v4.3.0.100 Ok 8/24/04 20:05:48
Unit 16 DataConf:MCS v4.3.0.100 Ok 8/24/04 20:05:36
Unit 16 DataConf:GCC v4.3.0.100 Ok 8/24/04 20:05:36
 

ステップ 10 setipcodec と入力します。次の例の最初の 7 行が表示されます。

meetingplace:tech$ setipcodec
 
***** I P C O D E C C O N F I G M E N U *****
1) View IP codec configuration
2) Modify IP codec configuration
x) Exit program
Enter command: 2
Codec Priorities (highest = 1)
------------------------------
G.711 mu-law [ 10] :
G.711 A-law [ 11] :
G.722 [unused] :
G.723 [unused] :
G.726-16 [unused] :
G.726-24 [unused] :
G.726-32 [unused] :
G.726-40 [unused] :
G.728 [unused] :
G.729 [unused] :
GSM [unused] :
GSM-EFR [unused] :
QCELP [unused] :
Codec Attributes
----------------
G.711 packet size (ms) [ 20] :
G.723 frames per packet [ 1] :
G.723 low rate (5.3 kb/s)? [y] :
G.728 frames per packet [ 8] :
G.729 frames per packet [ 2] :
G.729A support? [y] :
G.729B support? [y] :
GSM frames per packet [ 1] :
GSM-EFR frames er packet [ 1] :
QCELP frames per packet [ 1] :
Miscellaneous
-------------
Silence Suppresion? [n] :
 

ステップ 11 2 と入力して、IP コーデック設定を変更します。上記の例の次の行が表示されます。

ステップ 12 Enter キーを押して続行し、インストール要件に基づいて、コーデックの適切な優先順位を入力します。上記の例では、G.711 mu-law に最も高い優先順位が指定されていて、G.711 A-law に 2 番目に高い優先順位が指定されています。G.729 は使用されません。これらはデフォルトの設定です。別の設定が必要な場合は、 setipcodec コマンドを使用して設定を変更します。


) Cisco MeetingPlace システムで複数のコーデックを使用する場合は、それぞれ個別に有効にし、テストします。その後、それらすべてを正しい優先順位で有効にし、再度テストします。


ステップ 13 Enter キーを押して続行し、残りの設定のデフォルトを受け入れます。

ステップ 14 Cisco MeetingPlace システムに対して IP コールを発信します。コールが成功した場合、設定は完了です。

コールが失敗する場合、次のコマンドを使用します(これらのコマンドは、コールが失敗した理由についての情報を示すログを生成します)。それでも失敗の理由が特定できない場合は、Cisco TAC にお問い合せください。テクニカル サポートを受けるための詳細については、『Guide to Cisco Conferencing Documentation and Support』を参照してください。

errorlog -s info -l

cptrace および cptrace -v

gwcptrace unit_number

tvportstat -s および tvportstat -c


 

Cisco MeetingPlace システムの混合設定について

この項では、Cisco MeetingPlace システムの次の一般的な混合設定の例を示します。

「96 T1 CAS ポートと 240 IP ポートの設定の例」

「23 T1 PRI ポートと 120 IP ポートの設定の例」

「120 E1 ポートと 120 IP ポートの設定の例」

「480 E1 ポートと 480 IP ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例」


) この項では、スパン、ポート、ポート グループの設定など、設定を完了するために必要な追加手順は説明していません。それらの情報については、設定するポートの種類に応じて次の各項を参照してください。
T1 CAS Cisco MeetingPlace システムの場合は、「T1 CAS Cisco MeetingPlace システムの設定」を参照してください。
T1 PRI Cisco MeetingPlace システムの場合は、「T1 PRI Cisco MeetingPlace システムの設定」を参照してください。
E1 Cisco MeetingPlace システムの場合は、「E1 Cisco MeetingPlace システムの設定」を参照してください。
純粋な IP Cisco MeetingPlace システムの場合は、「純粋な IP Cisco MeetingPlace システムについて」を参照してください。


96 T1 CAS ポートと 240 IP ポートの設定の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -t 96 -i 240 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -t 96 -i 240
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 96 T1 ports
Configuring 240 IP ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のいずれかのような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

Cisco MeetingPlace 8106 の場合

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 CG6000C T1 0 0-23, 24-47, 48-71, 72-95
2 CG6000C SB 1
3 CG6000C SB 2
4 CG6000C SB 3
5 TP1610-4 IP 1 96-215 (No IP address)
6 TP1610-4 IP 0 216-335 (No IP address)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

Cisco MeetingPlace 8112 の場合

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 CG6000C T1 0 0-23, 24-47, 48-71, 72-95
2 CG6000C SB 1
3 CG6000C SB 2
4 CG6000C SB 3
5 no card
6 no card
11 no card
12 no card
13 no card
14 no card
15 TP1610-4 IP 1 216-335 (No IP address)
16 TP1610-4 IP 0 96-215 (No IP address)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。

Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 16
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610-4]:
Port Group [ 1]:
Number of Ports [120]:
1st Port [ 96]:
IP address [0] [0.0.0.0]: 10.10.10.10
Subnet Mask [0.0.0.0]: 255.255.255.0
Default Gateway [0.0.0.0]: 10.10.10.1
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]:
Jitter Buffer Optimization [ 7]:
IP Precedence [0]:
Type of Service (TOS) [ 0]:
DSCP / DiffServ [unused]:
RTCP Interval [default]:
 

) 上記の例は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、設定するブレード スロットはスロット 6 で、ポート グループは 3、最初のポートは 23 です。影響を受ける値は強調表示されています。


ステップ 7 変更するブレードのスロット番号を入力します。この設定では、Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、スロット 6 のため 6 と入力します。Cisco MeetingPlace 8112 の場合は、スロット 16 のため 16 と入力します。

ステップ 8 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 9 IP アドレスを入力した後、 Enter キーを連続して押して、 blade コマンド メニューに移動します。

ステップ 10 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。

ステップ 11 変更するブレードのスロット番号を入力します。この設定では、Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、スロット 5 のため 5 と入力します。Cisco MeetingPlace 8112 の場合は、スロット 15 のため 15 と入力します。

ステップ 12 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 13 IP アドレスを入力した後、 Enter キーを連続して押して、 blade コマンド メニューに移動します。

ステップ 14 1 と入力して、IP アドレスが正しく変更されたことを確認します。

ステップ 15 確認するブレードのスロット番号を入力します。

ステップ 16 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

23 T1 PRI ポートと 120 IP ポートの設定の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -p 23 -i 120 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -p 23 -i 120
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 23 T1 PRI ports
Configuring 120 IP ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のいずれかのような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

Cisco MeetingPlace 8106 の場合

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610-4 T1 0 0-22, none, none, none
2 CG6000C SB 0
3 CG6000C SB 1
4 no card
5 no card
6 TP1610-4 IP 1 23-142 (No IP address)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

Cisco MeetingPlace 8112 の場合

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610-4 T1 0 0-22, none, none, none
2 CG6000C SB 0
3 CG6000C SB 1
4 no card
5 no card
6 no card
11 no card
12 no card
13 no card
14 no card
15 no card
16 TP1610-4 IP 1 23-142 (No IP address)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。

***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 16
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610-4]:
Port Group [ 1]:
Number of Ports [ 480]:
1st Port [ 480]:
IP address [0] [0.0.0.0]: 10.10.10.10
IP address [1] [0.0.0.0]: 10.10.10.11
Subnet Mask [0.0.0.0]: 255.255.255.0
Default Gateway [0.0.0.0]: 10.10.10.1
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Base UDP Port [1] [ 6000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]:
Jitter Buffer Optimization [ 7]:
IP Precedence [0]:
Type of Service (TOS) [ 0]:
DSCP / DiffServ [unused]:
RTCP Interval [default]:
 

) 上記の例は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、設定するブレード スロットはスロット 6 で、ポート グループは 3、ポート数は 120、最初のポートは 23 です。影響を受ける値は強調表示されています。上記の例で太字で示した行(Base UDP Port [1])は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合にだけ表示されます。この行は、Cisco MeetingPlace 8106 のコードでは表示されません。


ステップ 7 変更するブレードのスロット番号を入力します。この設定では、Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、スロット 6 のため 6 と入力します。Cisco MeetingPlace 8112 の場合は、スロット 16 のため 16 と入力します。

ステップ 8 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 9 IP アドレスを入力した後、 Enter キーを連続して押して、 blade コマンド メニューに移動します。

ステップ 10 1 と入力して、IP アドレスが正しく変更されたことを確認します。

ステップ 11 確認するブレードのスロット番号を入力します。

ステップ 12 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

120 E1 ポートと 120 IP ポートの設定の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -e 120 -i 120 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -e 120 -i 120
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 120 E1 ports
Configuring 120 IP ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のいずれかのような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

Cisco MeetingPlace 8106 の場合

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 E1 0 0-29, 30-59, 60-89, 90-119
2 CG6000C SB 0
3 CG6000C SB 1
4 CG6000C SB 2
5 CG6000C
6 TP1610 IP 1 120-239 (No IP address)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

Cisco MeetingPlace 8112 の場合

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 E1 0 0-29, 30-59, 60-89, 90-119
2 CG6000C SB 0
3 CG6000C SB 1
4 CG6000C SB 2
5 CG6000C
6 CG6000C
11 CG6000C
12 CG6000C
13 CG6000C
14 CG6000C
15 CG6000C
16 TP1610 IP 1 120-239 (No IP address)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。

ステップ 7 変更するブレードのスロット番号を入力します。この設定では、Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、スロット 6 のため 6 と入力します。Cisco MeetingPlace 8112 の場合は、スロット 16 のため 16 と入力します。

***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 16
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610]:
Port Group [ 1]:
Number of Ports [ 480]:
1st Port [ 480]:
IP address [0] [0.0.0.0]: 10.10.10.10
IP address [1] [0.0.0.0]: 10.10.10.11
Subnet Mask [0.0.0.0]: 255.255.255.0
Default Gateway [0.0.0.0]: 10.10.10.1
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Base UDP Port [1] [ 6000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]:
Jitter Buffer Optimization [ 7]:
IP Precedence [0]:
Type of Service (TOS) [ 0]:
DSCP / DiffServ [unused]:
RTCP Interval [default]:
 

) 上記の例は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合です。Cisco MeetingPlace 8106 の場合は、設定するブレード スロットはスロット 6 で、ポート数は 120、最初のポートは 120 です。影響を受ける値は強調表示されています。上記の例で太字で示した行(IP address [1] および Base UDP Port [1])は、Cisco MeetingPlace 8112 の場合にだけ表示されます。これらの行は、Cisco MeetingPlace 8106 のコードでは表示されません。


ステップ 8 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 9 IP アドレスを入力した後、 Enter キーを連続して押して、 blade コマンド メニューに移動します。

ステップ 10 1 と入力して、IP アドレスが正しく変更されたことを確認します。

ステップ 11 確認するブレードのスロット番号を入力します。

ステップ 12 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

480 E1 ポートと 480 IP ポートの設定(Cisco MeetingPlace 8112 のみ)の例


ステップ 1 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 2 tech$ プロンプトで、 blade -e 480 -i 480 と入力します。

ステップ 3 y と入力して、 blade コマンドを実行します。

Cisco MeetingPlace システムにより、設定されるポートの数が通知されます。設定が完了すると、tech$ プロンプトが表示されます。次の例を参照してください。

meetingplace:tech$ blade -e 480 -i 480
This will reset many DB tables, are you sure? (y/n): y
 
Configuring 480 E1 ports
Configuring 480 IP ports
 
Restart the system for changes to take effect
meetingplace:tech$
 

ステップ 4 blade と入力して、設定を確認します。

ステップ 5 次の例のような出力結果が画面に表示されていることを確認します。

meetingplace:tech$ blade
Slot Card Type CardId Ports
1 TP1610 E1 0 0-29, 30-59, 60-89, 90-119,
120-149, 150-179, 180-209, 210-239
240-269, 270-299, 300-329, 330-359,
360-389, 390-419, 420-449, 450-479
2 CG6000C SB 0
3 CG6000C SB 1
4 CG6000C SB 2
5 CG6000C SB 3
6 CG6000C SB 4
11 CG6000C SB 5
12 CG6000C SB 6
13 CG6000C SB 7
14 CG6000C SB 8
15 CG6000C SB 9
16 TP1610 IP 1 480-959 (No IP address)
 
***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command:
 

ステップ 6 2 と入力して、ブレードを変更します。変更するブレード スロットのプロンプトが表示されます。

ステップ 7 変更するブレードのスロット番号を入力します。この設定では、スロット 16 のため 16 と入力します。

***** B L A D E C O N F I G M E N U *****
 
1) View blade details
2) Modify blade
x) Exit program
 
Enter command: 2
Enter blade slot [1..16]: 16
 
Type [IP]:
Card Type [TP1610]:
Port Group [ 1]:
Number of Ports [480]:
1st Port [ 480]:
IP address [0] [0.0.0.0]: 10.10.10.10
IP address [1] [0.0.0.0]: 10.10.10.11
Subnet Mask [0.0.0.0]: 255.255.255.0
Default Gateway [0.0.0.0]: 10.10.10.1
Base UDP Port [0] [ 5000]:
Base UDP Port [1] [ 6000]:
Jitter Buffer Minimum Size [ 100]:
Jitter Buffer Optimization [ 7]:
IP Precedence [0]:
Type of Service (TOS) [ 0]:
DSCP / DiffServ [unused]:
RTCP Interval [default]:
 

ステップ 8 IP アドレスの入力を求められるまで、 Enter キーを連続して押します。

ステップ 9 IP アドレスを入力した後、 Enter キーを連続して押して、 blade コマンド メニューに移動します。

ステップ 10 1 と入力して、IP アドレスが正しく変更されたことを確認します。

ステップ 11 確認するブレードのスロット番号を入力します。

ステップ 12 x と入力して、 blade コマンドを終了します。


 

Cisco MeetingPlace 8100 シリーズの日付と時刻の設定

date コマンドを使用して、Cisco MeetingPlace 8100 シリーズの日付と時刻を設定します。上位のパラメータを指定することなく、任意の日付と時刻を設定できます。たとえば、日や月を設定することなく、時を設定できます。ただし、時を設定する際には分を指定する必要があります。


) 日付と時刻を設定する前に、Cisco MeetingPlace Audio Server に時間帯を設定する必要があります。まだ時間帯を設定していない場合は、「Cisco MeetingPlace 8100 シリーズの時間帯の設定」の手順を完了してください。



ステップ 1 tech$ プロンプトで、 down を入力して、Cisco MeetingPlace Audio Server ソフトウェアをシャットダウンします。

ステップ 2 y と入力して、Cisco MeetingPlace システムをシャットダウンすることを確認します。次の例の 3 行目と 4 行目が表示されます。

meetingplace:tech$ down
Are you sure (y/n)? y
Checking to see if the system is loaded...OK
System DOWN procedure has been initiated.
The system is DOWN.
meetingplace:tech$
 

ステップ 3 約 1 秒間待ちます。上記の例の 5 行目と 6 行目が表示されます。

ステップ 4 端末のロギングをまだ有効にしていない場合は、有効にします。ロギングについては、『Installation and Upgrade Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。

ステップ 5 date と入力します。現在の日付、時刻、および短縮形の時間帯が表示されます。次の例の 2 行目を参照してください。

meetingplace:tech$ date
Mon Aug 23 15:07:32 PST 2004
meetingplace:tech$ date 0408291508
Sun Aug 29 15:08:00 PST 2004
 

ステップ 6 date と入力し、その後にスペースを入力したら、次のいずれかの形式で日付または時間を入力します。

yyyymmddhhmm:年、月、日、時、分

yymmddhhmm:年、月、日、時、分

mmddhhmm:月、日、時、分

hhmm:時、分

新しい日付と時刻が表示されます。上記の例の最後の行を参照してください。月、日、時、分の値はすべて 2 桁の数字であり、値が 10 未満の場合は先頭にゼロが入ります。年については、年の 4 桁すべて(たとえば 1998)を使用することも、下 2 桁だけ(たとえば 2002 年の 02)を使用することもできます。時は 24 時間制(00 ~ 23)です。1 つのピリオドと 2 桁の数字を追加することによって、どの書式にも秒を付加できます(たとえば、.34 は 34 秒を表します)。

ステップ 7 Cisco MeetingPlace システムを再起動して、日付と時刻を有効にします。Cisco MeetingPlace システムを再起動するには、 restart と入力します。

ステップ 8 y と入力して、Cisco MeetingPlace システムを再起動することを確認します。


 

MeetingTime を使用したポートの設定

この項では、MeetingTime を使用して Cisco MeetingPlace システムの設定を完了する方法を説明します。この手順では、『 Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3』 のワークシートの情報を MeetingTime 画面に移します。


) MeetingTime の詳細については、『Administrator's Guide for Cisco MeetingPlace Audio Server Release 5.3』を参照してください。



ステップ 1 システム管理者の PC に MeetingTime をインストールします。Cisco MeetingPlace 8100 シリーズに同梱されているメディア キットに含まれている説明に従います。

ステップ 2 MeetingTime アイコンをダブルクリックします。 MeetingTime Login ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 大文字と小文字を区別して、ユーザ ID、パスワード、および Cisco MeetingPlace Audio Server の IP アドレスを入力します。パスワードがわからない場合は、Cisco TAC にお問い合せください。テクニカル サポートを受けるための情報については、『Guide to Cisco Conferencing Documentation and Support』を参照してください。

ステップ 4 鍵のアイコンをクリックします。 MeetingPlace Lobby ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 受付デスクの登録簿をクリックします。

ステップ 6 Configure タブをクリックします。 MeetingTime Configure ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 7 左側の Views の下の Port Groups を選択します。ポート グループ 0(ID 番号 0)の属性が値なしで表示されます。

ステップ 8 Query をクリックします。ポート グループ 0 の値が表示されます。

ステップ 9 次の操作を行って、属性を変更します。

a. value をクリックします。すべての値が変更可能なわけではありません。変更可能な値の場合は、編集可能なフィールドが表示され、クリックした現在の値がそこに表示されます。斜体で表示されているフィールドは変更できません。

b. 新しい値を入力するか、ドロップダウン メニューから値を選択します。

c. OK をクリックします。フィールドが非表示になり、新しい値が表示されます。


) コマンドライン インターフェイスを使用して、すでにこれらの値を設定してある場合は、変更する必要はありません。


ステップ 10 Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3』のワークシート 4-7 の情報に基づいて、ポート グループ 0 の属性を変更します。

ステップ 11 Views で、 Telephony Access を選択します。テレフォニー アクセスの属性が右側に表示されます。

ステップ 12 Query をクリックします。値が表示されます。

ステップ 13 ステップ 9 で説明されている方法で、『 Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3』のワークシート 4-5 の情報に基づいてテレフォニー アクセスの属性を変更します。

ステップ 14 Views で、 Ports を選択します。ポートの属性が右側に表示されます。

ステップ 15 Query をクリックします。値が表示されます。

ステップ 16 ステップ 9 で説明されている方法で、『 Installation Planning Guide for Cisco MeetingPlace Release 5.3』のワークシート 4-6 の情報に基づいてポートの属性を変更します。

ステップ 17 Views で、 Server Configuration を選択します。サーバ設定の属性が右側に表示されます。

ステップ 18 Query をクリックします。値が表示されます。

ステップ 19 ステップ 9 で説明さている方法で、サーバ設定の属性を変更します。


) これらの値が正しくない場合、Cisco MeetingPlace は正しく動作しません。


ステップ 20 System タブの Alarm Tables を選択することでアラーム テーブルをチェックし、 Execute をクリックします。

ステップ 21 すべてのアラームを強調表示し、 Clear Alarm(s) をクリックすることでアラーム テーブルをクリアします。


) これらのアラームは正常です。


ステップ 22 System タブで、 System Shutdown を選択します。

ステップ 23 属性に「System restart」、「All Servers」、および「Immediate」を設定します。

ステップ 24 Execute をクリックして、Cisco MeetingPlace を再起動します。


) Cisco MeetingPlace システムが再起動するとき、エラーが表示される場合があります。これは、MeetingTime と Cisco MeetingPlace Audio Server との接続が切断されるためです。これは正常な動作です。