Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing コンフィギュレーション ガイド Release 6.x
マルチサーバ会議の設定
マルチサーバ会議の設定
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

マルチサーバ会議の設定

要件

マルチサーバ会議の概要

設定例

サーバ情報の収集

MeetingTime での Server Information レコードの作成

マルチサーバ会議用の Cisco Unified MeetingPlace Web サーバの設定

トラブルシューティング

マルチサーバ会議の設定

Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムでのマルチサーバ会議の設定方法の詳細については、『 Cisco Unified MeetingPlace Audio Server アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco Unified MeetingPlace Audio Server の設定」の章の「マルチサーバ会議のための Cisco Unified MeetingPlace サーバの設定」の項を参照してください。このガイドは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/prod_maintenance_guides_list.html で入手できます。

この章は、具体的な例を挙げてマルチサーバ会議を設定する方法について説明します。

次の項を参照してください。

「要件」

「マルチサーバ会議の概要」

「設定例」

「トラブルシューティング」

要件

マルチサーバ会議を設定する前に、ユーザの Cisco Unified MeetingPlace システムが次の要件を満たしていることを確認してください。

ユーザ プロファイルがすべてのシステムを通じて同一である。ユーザは、自身のプロファイルが影響するすべてのサーバと一致しない場合はマルチサーバを設定できません。

スケジューリングの動作を制御するすべての Cisco Unified MeetingPlace システム パラメータがすべてのシステムを通じて等しいことを確認する。たとえば、あるシステムで[Allow Vanity ID]を[Yes]に設定した場合、マルチサーバ会議の設定で影響を受ける他のすべての Cisco Unified MeetingPlace システムでも同様に設定されていることを確認してください。


) プライマリ サーバで会議がスケジュールされると、セカンダリ サーバは会議のスケジューリング要求を同一の会議 ID で受信します。ただし、セカンダリ サーバで[Allow vanity ID]が[No]に設定されている場合は、空白の会議 ID の要求がセカンダリ サーバに送信されるため、セカンダリ サーバは会議 ID を自動生成して会議を正常にスケジュールできます。


マルチサーバ会議の概要

マルチサーバ会議の機能を使用するには、Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムおよび Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing の両方で設定が必要です。MeetingTime および Web Conferencing オンライン管理インターフェイスの両方で設定が完了します。

マルチサーバ会議の機能を設定するには、次のタスクを実行します。

1. マルチサーバ会議に関係する Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムの Server Information レコードを作成します。このタスクは MeetingTime で実行します。


) このタスクに関する詳細情報は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/ps5664/ps5669/prod_maintenance_guides_list.html にある『Cisco Unified MeetingPlace Audio Server アドミニストレーション ガイド 』の Cisco Unified MeetingPlace サーバの Server Information の作成」の項を参照してください。


2. マルチサーバ会議に関係する Web サーバ、サイト、およびこの Web サーバのサイト ルートを設定します。これらのタスクは、Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing オンライン管理インターフェイスで実行します。

設定例

次に、San Jose、New York、Boston の 3 箇所で 3 つの Cisco Unified MeetingPlace システムを使用する場合の例を示します。それぞれの Cisco Unified MeetingPlace システムは、1 つの Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムと対応する Cisco Unified MeetingPlace Web サーバで構成されています。この例では、プライマリ Cisco Unified MeetingPlace システムとして San Jose のシステムが選択されています。New York と Boston のシステムはセカンダリ Cisco Unified MeetingPlace システムとして選択されています。

これによって次のようなマルチサーバ会議のシナリオが得られます。

New York と San Jose の間では、相手側がセカンダリ サーバとして動作する間は、いずれもプライマリ Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムとして動作することが可能。

Boston と San Jose の間では、相手側がセカンダリ サーバとして動作する間は、いずれもプライマリ Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムとして動作することが可能。

New York と Boston は、プライマリとセカンダリの関係でのマルチサーバ会議は設定されていない。

次のタスクを参照してください。

「サーバ情報の収集」

「MeetingTime での Server Information レコードの作成」

「マルチサーバ会議用の Cisco Unified MeetingPlace Web サーバの設定」

サーバ情報の収集

2 つの Cisco Unified MeetingPlace サーバを接続可能にする前に、それぞれのサーバは、他のサーバに関する情報を自身のデータベースに入力する必要があります。プロファイルで Cisco Unified MeetingPlace ユーザを識別するのと同様、各サーバにも他のサーバを識別するための Server Information レコードが必要です。 表C-1 表C-2 、および 表C-3 に、San Jose、New York、Boston の各サーバに関する Server Information レコードの例を示します。

 

表C-1 San Jose Cisco Unified MeetingPlace Audio Server のサーバ情報

フィールド
サーバ情報

Name

San Jose

ID number

1000

Phone number

408-123-1234

Ethernet address

0001af00aa00

Web Publisher Location

http://172.27.15.156

Data conference active?

Yes

Server number

0

 

表C-2 New York Cisco Unified MeetingPlace Audio Server のサーバ情報

フィールド
データベース レコード #1

Name

New York

ID number

2000

Phone number

212-123-1234

Ethernet address

0001af00aa11

Web Publisher Location

http://172.27.15.154

Data conference active?

Yes

Server number

0

 

表C-3 Boston Cisco Unified MeetingPlace Audio Server のサーバ情報

フィールド
データベース レコード #1

Name

Boston

ID number

3000

Phone number

617-123-1234

Ethernet address

0001af00aa22

Web Publisher Location

http://172.27.15.155

Data conference active?

Yes

Server number

00

MeetingTime での Server Information レコードの作成

この例では、San Jose をプライマリ Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムに指定しています。New York と Boston のシステムはセカンダリ Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムです。

MeetingTime を使用して Server Information レコードを設定する


ステップ 1 MeetingTime にログインします。

ステップ 2 San Jose Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムを設定します。

a. MeetingTime を使用して San Jose Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムにログインします。

b. [Configure] をクリックします。

c. [Other MeetingPlace Server] をクリックしてから、右側の [Query] ボタンをクリックします。

d. 表C-1 表C-2 、および 表C-3 で収集した情報を使用して San Jose、New York、Boston それぞれに 1 つづつ、3 つのサーバ レコードを作成します。

ステップ 3 New York Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムを設定します。

a. MeetingTime を使用して New York Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムにログインします。

b. [Configure] をクリックします。

c. [Other MeetingPlace Server] をクリックしてから、右側の [Query] ボタンをクリックします。

d. 表C-1 および 表C-2 で収集した情報を使用して San Jose 用と New York 用の 2 つのサーバ レコードを作成します。

ステップ 4 Boston Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムを設定します。

a. MeetingTime を使用して Boston Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムにログインします。

b. [Configure] をクリックします。

c. [Other MeetingPlace Server] をクリックしてから、右側の [Query] ボタンをクリックします。

d. 表C-1 および 表C-3 で収集した情報を使用して San Jose 用と Boston 用の 2 つのサーバ レコードを作成します。


 

マルチサーバ会議用の Cisco Unified MeetingPlace Web サーバの設定

次の作業を行って、マルチサーバ会議に参加する Cisco Unified MeetingPlace Web サーバを設定します。

ローカルの Web サーバの設定

マルチサーバ会議に参加する追加の Web サーバの作成および設定

ローカル サイトの設定

他の Cisco Unified MeetingPlace システムを表す追加のサイトの作成および設定

サイト間のサイト ルートの作成

この例では、San Jose、New York、および Boston という 3 台の Web サーバを設定します。

プライマリ Web サーバを設定する

この例では、プライマリ Web サーバは「San Jose」という名前で、セカンダリ Web サーバはそれぞれ「New York」と「Boston」という名前です。

この手順を行うには、Cisco Unified MeetingPlace のプロファイルに関するシステム管理者の権限が必要です。


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing にログインします。

ステップ 2 [Admin] をクリックし、 [Web Server] をクリックします。

ステップ 3 ローカルの Web サーバを設定します。

a. ページの[View]セクションで、ローカルの Web サーバ名をクリックします。このサーバの情報が、ページの[Edit]セクションに表示されます。

b. Web サーバ名のエントリを NetBIOS 名ではなく、より意味のあるものに変更します。この例では、 San Jose を使用しています。

c. [Hostname[Home Page]]フィールドの値を確認します。この値はインストール時に設定されたもので、Web サーバのプライマリ IP アドレスまたは FQDN になっている必要があります。このエントリは、対象ユーザのネットワークから解決できるものにする必要があります。この例では、IP アドレス 172.27.15.156 を使用しています。

d. [Submit] をクリックします。

ステップ 4 追加の Web サーバがある場合は、[Web Server Name]フィールドまたは[Hostname]フィールドに値を入力するか適切な値を選択して作成します。

a. この例では、最初のリモート Web サーバを作成するために、[Web Server Name]に New York と入力します。[Hostname]には 172.27.15.154 と入力し、 [Submit] をクリックします。

b. この例では、2 番目のリモート Web サーバを作成するために、[Web Server Name]に Boston と入力します。[Hostname]には 172.27.15.155 と入力し、 [Submit] をクリックします。

ステップ 5 [Back]ボタンをクリックしてメインの管理ページに戻ります。

ステップ 6 ローカル サイトを設定します。

a. メインの管理ページで、 [Site] をクリックします。

b. ページの[View]セクションで、ローカル サイトの名前をクリックします。このサイトの情報が、ページの[Edit]セクションに表示されます。

c. [Site Name]のエントリを NetBIOS 名ではなく、より意味のあるものに変更します。この例では、 San Jose を使用しています。

d. [Submit] をクリックします。

ステップ 7 追加のサイトがある場合は、[Site Name]フィールドおよび[External Web Server]フィールドに値を入力するか適切な値を選択して作成します。

a. この例では、最初のリモート サイトを作成するために、[Site Name]に New York と入力します。[External Web Server]で、 [New York] を選択し、 [Submit] をクリックします。

b. この例では、2 番目のリモート Web サーバを作成するために、[Site Name]に Boston と入力します。[External Web Server]で、 [Boston] を選択し、 [Submit] をクリックします。

ステップ 8 [Back]ボタンをクリックしてメインの管理ページに戻ります。

ステップ 9 2 サイト間のラウンドトリップ サイトのルートを設定します。

a. メインの管理ページで[ Site Route] をクリックします。

b. [Add]セクションで、 [From] [To] のそれぞれでサイトを選択し、 [Add] をクリックします。この例では、San Jose から New York、New York から San Jose、San Jose から Boston、Boston から San Jose のサイト ルートを作成します。


 

第 1 のセカンダリ Web サーバを設定する

次の例では、New York をセカンダリ Web サーバとしてこのマルチサーバ会議の設定に使用します。

この手順を行うには、Cisco Unified MeetingPlace のプロファイルに関するシステム管理者の権限が必要です。


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing にログインします。

ステップ 2 [Admin] をクリックし、 [Web Server] をクリックします。

ステップ 3 ローカルの Web サーバを設定します。

a. ページの[View]セクションで、ローカルの Web サーバ名をクリックします。このサーバの情報が、ページの[Edit]セクションに表示されます。

b. Web サーバ名のエントリを NetBIOS 名ではなく、より意味のあるものに変更します。この例では、 New York を使用しています。

c. [Hostname[Home Page]]フィールドの値を確認します。この値はインストール時に設定されたもので、Web サーバのプライマリ IP アドレスまたは FQDN になっている必要があります。このエントリは、対象ユーザのネットワークから解決できるものにする必要があります。この例では、IP アドレス 172.27.15.154 を使用しています。

d. [Submit] をクリックします。

ステップ 4 追加の Web サーバがある場合は、[Web Server Name]フィールドまたは[Hostname]フィールドに値を入力するか適切な値を選択して作成します。

この例では、リモートの Web サーバを作成するために、[Web Server Name]に San Jose と入力します。[Hostname]には、 172.27.15.156 と入力し、 [Submit] をクリックします。

ステップ 5 [Back]ボタンをクリックしてメインの管理ページに戻ります。

ステップ 6 ローカル サイトを設定します。

a. メインの管理ページで、 [Site] をクリックします。

b. ページの[View]セクションで、ローカル サイトの名前をクリックします。このサイトの情報が、ページの[Edit]セクションに表示されます。

c. [Site Name]のエントリを NetBIOS 名ではなく、より意味のあるものに変更します。この例では、 New York を使用しています。

d. [Submit] をクリックします。

ステップ 7 追加のサイトがある場合は、[Site Name]フィールドおよび[External Web Server]フィールドに値を入力するか適切な値を選択して作成します。

この例では、リモート サイトを作成するために、[Site Name]に San Jose と入力します。[External Web Server]で、 [San Jose] を選択し、 [Submit] をクリックします。

ステップ 8 [Back]ボタンをクリックしてメインの管理ページに戻ります。

ステップ 9 2 サイト間のラウンドトリップ サイトのルートを設定します。

a. メインの管理ページで [Site Route] をクリックします。

b. [Add]セクションで、 [From] [To] のそれぞれでサイトを選択し、 [Add] をクリックします。この例では、New York から San Jose と San Jose から New York の 2 つのサイト ルートを作成します。


 

第 2 のセカンダリ Web サーバを設定する

次の例では、Boston をもう 1 つのセカンダリ Web サーバとしてこのマルチサーバ会議の設定に使用します。

この手順を行うには、Cisco Unified MeetingPlace のプロファイルに関するシステム管理者の権限が必要です。


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing にログインします。

ステップ 2 [Admin] をクリックし、 [Web Server] をクリックします。

ステップ 3 ローカルの Web サーバを設定します。

a. ページの[View]セクションで、ローカルの Web サーバ名をクリックします。このサーバの情報が、ページの[Edit]セクションに表示されます。

b. Web サーバ名のエントリを NetBIOS 名ではなく、より意味のあるものに変更します。この例では、 Boston を使用しています。

c. [Hostname[Home Page]]フィールドの値を確認します。この値はインストール時に設定されたもので、Web サーバのプライマリ IP アドレスまたは FQDN になっている必要があります。このエントリは、対象ユーザのネットワークから解決できるものにする必要があります。この例では、IP アドレス 172.27.15.155 を使用しています。

d. [Submit] をクリックします。

ステップ 4 追加の Web サーバがある場合は、[Web Server Name]フィールドまたは[Hostname]フィールドに値を入力するか適切な値を選択して作成します。

この例では、リモートの Web サーバを作成するために、[Web Server Name]に San Jose と入力します。[Hostname]には、 172.27.15.156 と入力し、 [Submit] をクリックします。

ステップ 5 [Back]ボタンをクリックしてメインの管理ページに戻ります。

ステップ 6 ローカル サイトを設定します。

a. メインの管理ページで、 [Site] をクリックします。

b. ページの[View]セクションで、ローカル サイトの名前をクリックします。このサイトの情報が、ページの[Edit]セクションに表示されます。

c. [Site Name]のエントリを NetBIOS 名ではなく、より意味のあるものに変更します。この例では、 Boston を使用しています。

d. [Submit] をクリックします。

ステップ 7 追加のサイトがある場合は、[Site Name]フィールドおよび[External Web Server]フィールドに値を入力するか適切な値を選択して作成します。

この例では、リモート サイトを作成するために、[Site Name]に San Jose と入力します。[External Web Server]で、 [San Jose] を選択し、 [Submit] をクリックします。

ステップ 8 [Back]ボタンをクリックしてメインの管理ページに戻ります。

ステップ 9 2 サイト間のラウンドトリップ サイトのルートを設定します。

a. メインの管理ページで [Site Route] をクリックします。

b. [Add]セクションで、 [From] [To] のそれぞれでサイトを選択し、 [Add] をクリックします。この例では、Boston から San Jose と、San Jose から Boston の 2 つのサイト ルートを作成します。


 

トラブルシューティング

Q. スケジューリングのページに[マルチサーバ会議]オプション ボタンが表示されない場合はどうすればよいですか。

A. マルチサーバ会議をスケジュールするためのプロファイルに正しい設定がない可能性があります。MeetingTime を使用して[Outdial Meeting Defaults]セクションの[Call other server?]プロファイル設定を確認してください。

Q. [Invited Servers]ページの[Add]セクションの下に表示される特定のサイトのサーバ名は変更できますか。たとえば、セカンダリ サーバが Name = chamberlain および Site = New York と一覧されます。

A. [Add]セクションの下に表示される情報は、ユーザの現在の Web サーバに接続している Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムのものです。この例では、ユーザが San Jose の Web サーバを使用する場合は、San Jose の Cisco Unified MeetingPlace Audio Server システムを使用してこの問題を解決する必要があります。

MeetingTime を使用して適切な Cisco Unified MeetingPlace Audio Server にログインしてください。[Other MeetingPlace Server]セクションで、名前を変更します。手動でサイトをリフレッシュしてアップデートされた情報が Web サーバのデータベースに表示されるようにしてから、続いて Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing ユーザ インターフェイスにも表示させてください。手順については、「手動でサイトをリフレッシュする」を参照してください。

Q. [Invited Servers]ページでセカンダリ サーバの表示が 2 つの領域で異なるのはなぜですか。たとえば、ページの[Add]セクションに、正しい名前(Boston など)でセカンダリ サーバが表示されています。しかし、サーバを招待すると、ページの[View]セクションに mp-vc-01 と表示されます。

A. [View]セクションに表示される情報は、実際の Cisco Unified MeetingPlace Audio Server のものです。この例の「mp-vc-01」という名前は、Boston の Cisco Unified MeetingPlace Audio Server で設定されたものです。

MeetingTime を使用して適切な Cisco Unified MeetingPlace Audio Server にログインしてください。[Other MeetingPlace Server]セクションで、名前を変更します。手動でサイトをリフレッシュしてアップデートされた情報が Web サーバのデータベースに表示されるようにしてから、続いて Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing ユーザ インターフェイスにも表示させてください。手順については、「手動でサイトをリフレッシュする」を参照してください。

Q. サイトの管理ページで新規サイトを追加しました。しかし、管理ページの[Site Routes]の[Site]ドロップダウン リストに新規サイトが表示されません。

A. データベースがアップデートされていません。「手動でサイトをリフレッシュする」で説明した手順でアップデートを強制的に実行してください。

手動でサイトをリフレッシュする

この手順を行うには、Cisco Unified MeetingPlace のプロファイルに関するシステム管理者の権限が必要です。


ステップ 1 Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing にログインします。

ステップ 2 [Admin] をクリックし、 [Site] をクリックします。

ステップ 3 ページの[View]セクションで、サイトの名前をクリックします。これで、このサイトに関する情報がページの[Edit]セクションに表示されます。

ステップ 4 何も変更せずに、 [Submit] をクリックします。

ステップ 5 他のすべてのサイトについてもステップ 3ステップ 4 を繰り返します。